初合わせ

クリスマスって気分を味わう暇もなく、今日は、
バロックヴァイオリンの丹沢さんと、
ガンバの藍原さんと、1月31日のプログラムの初合わせでした。

なにせ~ 曲目が多いので~ 
1時半ごろ、作戦会議から始まって
途中、お茶休憩を挟み、終了したのは8時ごろ!
目がしょぼしょぼ、肩はぱんぱん。
でも、イタリアものがお得意のお2方との合わせは、
充実してて、楽しかったです。

今日さらったのは・・・

ヴィヴァルディ「四季」 春 冬 全楽章 ←チェンバロがオーケストラパートを
ほとんど弾いているので結構大変。
セルマ「スザンナ・パッサジアータ」(ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音)
カステッロ「ソナタ」 マレ「鐘」 ビーバー「描写的ソナタ」
バッハ「G線上のアリア」 ボッケリーニ「メヌエット」

・・・ね、これなら練習に5時間以上かかるってものです。

他に、パッヘルベル「カノン」もあったけど、これは
バランスの問題があり、
チェンバロソロで弾くことに! きゃー練習しなきゃー!
明日仕事納めですが、神様は、そうそう休ませてはくれないようで。
[PR]

by cembalonko | 2008-12-26 01:14 | 音楽 | Comments(0)