カテゴリ:コンサート報告( 79 )

風流楽(ふる~ら)第2日目終了!

世田谷・松本記念音楽迎賓館での公演が無事、終了いたしました。
開演前は、皆様が無事にお越しになれるか
心配になるほどの強い風雨でしたが、
開演後はまるで嘘のように青空が広がり、
松本記念音楽迎賓館のAホールのステンドグラスからの光が
大変美しかったです。
そんな天気の中、足を運んでいただいた皆様方に、
感謝の心でいっぱいです。心より御礼申し上げます。
今日は、当日直接会場にいらしてくださった方々もありまして、
とても感激いたしました。ありがとうございました。
松本記念音楽迎賓館スタッフのOさん、受付のSさん、
記録撮影のボックリ博士にも、心より御礼申し上げます。

さて、熊本地震へ寄せた義援金ですが、
2日間で合計9450円となりました。
皆様のご協力に、心より感謝いたします。
皆様のお心をどのようにしたら一番現地の方に
有効に届けられるか、風流楽でよく検討し、
またご報告させていただきたく存じます。


[PR]

by cembalonko | 2016-04-17 22:52 | コンサート報告 | Comments(0)

風流楽(ふる~ら)第1日目終了!

立川・新紀元での公演が終了いたしました。
ご来場いただきました皆様方に、心より御礼申し上げます。
新紀元のスタッフの皆様、楽器運搬のYさん、受付のAさん、
温かいサポートを、ありがとうございました。

風流楽の春の公演は、これまで何度かご紹介していますように、
5年前の東日本大震災に心を寄せて行ってまいりました。
しかし、一昨日からの九州の惨事に触れ、
朗読の野田さんとともに、とても心を痛め、
今日も開演前は複雑な気持ちでおりました。
東日本大震災後に書かれた林佐知子先生の詩集を、今日
聞いてくださった皆様方は、さまざまな思いをもって
受け止めてくださったことと存じます。

現地では、きっと不安な夜を過ごされている方が多いと思います。
どうか、出来るだけ安全にすごせますように、
そして、どうか、必要なものが必要な方の手に届きますように・・・
今は、祈ることしかできませんが・・・

今日に引き続き、明日の公演でも、
熊本地震の被災者のための募金箱を設置します。

(本日の公演はうっかり写真を撮り忘れました・・・)

[PR]

by cembalonko | 2016-04-16 21:39 | コンサート報告 | Comments(0)

土合公民館ふれあいコンサートで演奏してきました!

今日、さいたま市桜区の
中島小学校の体育館で行われた、
「土合公民館ふれあいコンサート」で演奏してきました。
大雪が懸念されていましたが、雨にも降られず、ラッキーでした。
が!!!小学校の体育館は、とにかく寒かった!
でも、チェンバロを初めて聞くという方が多いところで
演奏することができたことは、本当に良かったです。
いつものごとく、演奏前後の楽器の周りには、黒山の人だかり・・・
楽器を貸してくださった菅野充さま、ありがとうございました!

前半には埼玉大学の教育学部の学生さんの演奏が5組あり、
ユーフォニアム、トランペット、ヴァイオリンの独奏や、
ピアノ連弾、ソプラノ独唱のフレッシュな演奏でした。
このような形で、地元の音楽専攻の学生さんたちが
舞台に出る経験が積めることは、とても良いことだと思いました。
大学と地域とが連携することで、
学生さんは経験が積めて、聴きに来たお客様は喜ばれる。
音楽を楽しんでいただく間口を広げることにもなります。

また今回、このコンサートの相談役をしていらっしゃり、
埼大生を率いていらしたのは、
現代音楽の権威でいらっしゃるピアニストで教授の
蛭多令子先生でした。
控室でお話させていただきまして、
昨日の記事はもう削除したい・・・という気持ちになっております(恥;;
矢代秋雄氏によるバッハ平均律クラヴィーア曲集の楽曲分析の書籍を
出版していらっしゃいます。

最後に、今回共演させていただいた、
さいたま市を中心に、300校近い学校で
子供のためのコンサートを実施していらっしゃる
オーボエの千葉敏幸さんにも、感謝をお伝えしたいと思います。
[PR]

by cembalonko | 2016-01-30 17:51 | コンサート報告 | Comments(0)

ハイドン「天地創造」弾いてきました♪

中央大学音楽研究会混声合唱団の「天地創造」で演奏させていただきました。
実際に歌った皆さん、そしてこの大変な年に演奏会を成功に導いた運営の皆さん、
マエストロの飯坂純さん、ソリストの岩本麻里さん、大久保憲さん、千葉裕一さん、
そしてアレクテ室内管弦楽団の皆さん、ご一緒させていただいて、
本当に本当に幸せでした。ありがとうございました!

私にとっても、いろいろ胸のつまる演奏会で、
思いがいっぱいで、夕べもよく眠れませんでした。
書きたいことはたくさんあるのですが、
まずは、アレク亭ラーメン!
f0018790_10213657.jpg
アレクテ室内管弦楽団の代表、ホルンの大貫ひろしさんが
何日もかけて仕込んでくださったラーメンを、ゲネプロ前に楽屋で頂きました。
しょうがの効いたあっさりスープと超ジューシーな鶏チャーシュー。ごちそうさまでした!!!

そして、マエストロから頂いてしまったお花!
f0018790_10222955.jpg
今回のマエストロ・飯坂純さんは、白石さんとは全く異なるタイプの指揮者。
ひとりひとりの演奏者への気遣い、音楽づくりへの気迫・情熱がダイレクトに伝わってきました。
80を超えるオペラの演目が頭に入っていらっしゃるとのこと。すごい、の一言です。

学生の皆さんからは、クッキーやマカロンのプレゼントが!幸せ倍増です♪

======

この「天地創造」は、28年間中大混声の音楽監督をしていらして、
4月に突然、天国に旅立たれてしまった白石卓也さんが計画なさっていた
最後の演奏会でした。
中大混声にとって、今回の演奏会は大きな区切りだったと思います。
これまで関わってきたみんなが、私たちも含めて、新たな一歩を踏み出す時かもしれませんね。

個人的には、大編成のオーケストラの中で5日間乗り切れて、本当に良かった。
↑ここ、いちばん大事。

さて、今日から大みそかまでは、いよいよ最終章!
原稿書きに励むことにします!まだ頭がくらくらしてるんですけど。
っていうか、ほんとに今年中に脱稿できるのか!?

[PR]

by cembalonko | 2015-12-20 10:56 | コンサート報告 | Comments(0)

ドラマチック・バロック!Vol.5 ご来場ありがとうございました!

ドラマチック・バロック!Vol.5
おかげさまでたくさんの皆様方に囲まれて
コンサートを終えることができました。
ご来場くださった皆様方、サポートしてくださった武蔵野合唱団の皆様方、
撮影のボックリ博士、本当にありがとうございました。(以下、写真はボックリ博士)
f0018790_22501839.jpg
f0018790_22503845.jpg
f0018790_22510190.jpg
f0018790_22511892.jpg
秋吉さんの後半の衣装はなんと特注!超バロック!

追記:翌日にリフレクソロジー(足つぼマッサージ)に行ったのですが、
もー どこもかしこも、痛いのなんのって。
施術者「少し弱めにしますか~?」
私「・・・い、いいえ、いいですっっ!」
どこまで負けん気が強いんだ・・・自分・・・(笑)




[PR]

by cembalonko | 2015-10-31 23:41 | コンサート報告 | Comments(0)

風流楽(ふる~ら)春のコンサート♪ 終了しました!

暖かな晴天に恵まれて、
風流楽(ふる~ら)春のコンサートが終了いたしました。
この素晴らしい春の週末に、
足をお運びくださった皆様方に、心より御礼申し上げます。

春のコンサートは昼間の2回公演なので、
いつも時間の余裕がなくバタバタしてしまうのですが、
今回は楽器の調子もよく、
調律もそこそこ持ってくれて、良かったです♪

今回は、前半のチェンバロについての説明のときに、
バッハと同年代と、それより100年前の作曲家の
音楽の作り方の違いに焦点を合わせてお話してみました。
といっても5分くらいですが・・・分かりやすく話せたかな・・・???
その後に、F.C.de アラオホとD.スカルラッティの曲を演奏し、
聴き比べのような形にしてみました。

後半のあまんきみこさんの童話は、
「くもんこの話」には私のオリジナルの音を(最後の曲はF.クープラン)、
「ひゃっぴきめ」には現代曲を参考にした音を(最後の曲はラモー)
付けてみました。
野田さんとの、アンサンブル的な緻密さを必要とする掛け合いも、
うまくかみ合ったような気がしました(でも気が抜けなかったです)。

そんな2回公演、集中力が切れないように頑張ったら・・・
帰りのバスの中の記憶が飛んでいる・・・
野田さんとスタッフのAさんと一緒だったにもかかわらず・・・zzz。。。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今回も、風流楽「音楽スタッフの会」のSさん、Tさんに
受付を担当していただき、
Aさんにチーフをお願いしました。
お三方の素敵な笑顔と、細やかな心遣いのサポートのお陰で、
気持ちよく上演に臨むことができました。心より感謝いたします。

うーん?何かが足りない・・・
そう、ボックリ博士がお仕事の都合で欠席でした・・・
今回は、日頃から地域の方々の素晴らしい写真を撮っていらっしゃるSさんに、
終演後に撮っていただきました。
Sさんが写真展をなさるときには、ぜひ何かの形でご協力したいと思います♪
f0018790_9551241.jpg
     皆様、ご来場ありがとうございましたm(__)m 野田さんの桜の小紋のお着物が素敵!

=====

コンサートの記録

風流楽(ふる〜ら)春のコンサート「見える? 聞こえる?」
〜チェンバロと あまんきみこの不思議な世界〜
2015年4月18日(土)11時30分/14時(同内容2回公演)
松本記念音楽迎賓館(世田谷)
出演:
 野田香苗(朗読) 渡邊温子(チェンバロ)
演目:
 朗読と音楽 あまんきみこ童話集より「くもんこの話」「ひゃっぴきめ」(音楽構成:渡邊温子)
 チェンバロ独奏 D. スカルラッティ作曲 ソナタK.208、K.119 ほか
f0018790_16291225.jpg
f0018790_16292255.jpg

[PR]

by cembalonko | 2015-04-19 00:07 | コンサート報告 | Comments(0)

バッハのアリア

いったい何回弾いて、何回聴いただろう・・・
バッハのアリア。
東日本大震災から今日までの4年間のうちに・・・

昨日のコンサートのアンコールにも、アリアを演奏しました。
今日が4年目ということには触れずに。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日14時46分に黙祷しながら、
あの日のこと、そして、その翌日のことを思い出しました。

壁から落ちた白い小さな塊が散らばる近江楽堂で、
やるはずだったコンサートを中止したものの、
万が一いらっしゃるお客様がいらしたらと思い、
会場で待機したことを。

その後「自粛」とかいう言葉はあったけれど、
音楽をする私たちは、それを続けるしかなかいこと、
また、それが求められていたのを肌で感じる経験を
たくさんしたことを。

その時のことを、忘れないでいることは、
小さな力でしかないけれど、
しっかり胸に刻んでこれからも歩んでいきます。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

昨日のコンサート「阿部真也と仲間たち室内楽シリーズ」に
いらしてくださった皆様方、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
120席すべてが埋まり、いい演奏会でした。
私は、自分の力ではなく、
お客様の温かさと、共演者の温かさにがっしり包まれていたから、
いい演奏をさせて頂けたと思います。感慨無量でした。

そして、あるお客様がかけて下さった「癒されました」の一言。
私たちには、これしかできないけれど、
これからも心を傾けて演奏していこう、という勇気を頂きました。

===コンサートの記録===

阿部真也と仲間達 室内楽コンサート Vol.37
〜協奏曲の夕べ〜

日時 2015年3月10日(火)19:00
会場 近江楽堂(京王新線初台駅・東京オペラシティ内)
チケット 3000円

曲目
バッハ:ブランデンブルグ協奏曲5番
テレマン:ヴィオラ協奏曲
バッハ:ブランデンブルク協奏曲4番
バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ニ短調

出演
鈴木真紀子、君塚仁子(フルート)
江原泰子(オーボエ)
加藤美菜子、生方真里(ヴァイオリン)
阿部真也(ヴァイオリン、ヴィオラ)
法橋泰子(ヴィオラ)
石川理史(チェロ)
中村杏葉(コントラバス)
渡邊温子(チェンバロ)
f0018790_13365972.jpg
f0018790_13371431.jpg

[PR]

by cembalonko | 2015-03-11 23:42 | コンサート報告 | Comments(0)

風流楽コンサート「衝き動かすもの~女性の生き方に焦点を合わせて~」

f0018790_23223676.jpg

風流楽コンサート「衝き動かすもの~女性の生き方に焦点を合せて~」 終了いたしました!

119日(日)14時 ギャラリー「新紀元」(立川)/

1129日(土)14時 松本記念音楽迎賓館(世田谷)


朗読と音楽のユニット・風流楽(ふる~ら)は、今年は11月に2か所で公演を行うこととなりました。演目にもテーマ性を持たせ、激動の時代を生き抜いた女性をめぐる作品を取り上げます。「詩」と「随筆」という2つの文学のジャンル=山本有三氏の格調高い随筆と、感覚をずばりと衝く茨木のり子氏の詩の世界を、音楽で彩っていきます。チェンバロ独奏と、ゲストの藍原ゆきさんによる低音の魅力と気品があふれるヴィオラ・ダ・ガンバの演奏もお楽しみください。


お申込み・お問い合わせは、この記事へ非公開コメントか、

cembalonko♪excite.co.jpまでお願いいたします。

(♪を@に変えて下さい)

f0018790_23231139.jpg



[PR]

by cembalonko | 2014-11-29 15:25 | コンサート報告 | Comments(0)

チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座 第16クール 終了!

チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座 第16クール (終了)

~古楽でめぐる ヨーロッパ街歩き~

作曲家が活躍していた時代、その町ではいったい何が起きていたのでしょうか。

前回に引き続き、作曲家が活躍した「町」にスポットを当て、

そのコミュニティと音楽活動との関わりについて探っていきます。

チェンバロの演奏やCD音源で音楽もたっぷりお楽しみ頂きます。( 各木曜日・10:3012:00

f0018790_01154507.jpg

第1回 9/25 ザンクト・ガレン(スイス)グレゴリオ聖歌とバロック音楽のつながり

第2回 10/2 ニコシア(キプロス)ヨーロッパの果てまで伝わった音楽

第3回 10/16 ハノーファー(ドイツ)ヘンデルのドイツとイギリスでの活躍

第4回 11/6 セビーリャ(スペイン)ヨーロッパから新大陸へ伝わった音楽

第5回 11/20 マンハイム(ドイツ)モーツァルトが憧れたオーケストラ

● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩4分)

● 受講料 5回シリーズ受講 ¥12,0002名様同時申込みで1\10,000

※1回毎の受講の場合、\2,5002名様同時申込みで1\2,000

● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910

http://www.e-tanita.jp/top/baro.html

講師:渡邊温子(タニタ楽器チェンバロ科講師)
会場 :タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩4分)
受講料 5回シリーズ受講 ¥12,000 
※1回毎の受講も可能です。(1回¥2,500)
お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910
 
お誘い合わせの上、ぜひお越しくださいませ!



[PR]

by cembalonko | 2014-11-20 15:43 | コンサート報告 | Comments(0)

風流楽(ふる~ら)初の立川公演、終了いたしました!

心配された雨もさほどでもなく、
60名近く、ほぼ満席のお客様にお越しいただき、
風流楽(ふる~ら)初の立川・ギャラリー新紀元でのコンサートが終了いたしました。
いらしてくださった皆様方には、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

昨日は、朝7時45分に家を出て、
青梅の生徒さん宅へ、自分の楽器をピックアップ。
10時40分ごろ会場に着き、11時に楽器搬入。
調律・リハーサル・本番調律の合間に、3分ぐらいでおにぎりを食し、
13時30分開場・14時開演。なかなかタイトでした。

茨木のり子さんの詩の世界は、今回が初演なので、
皆様にどのように受け止めて頂けたのか、ドキドキしています。
4年ぶりに演じた、山本有三さんの作品もしかり。
皆様から頂いたアンケートをまだ拝見していないので、
それまで、ドキドキしておきます・・・汗;
ゲストのヴィオラ・ダ・ガンバの藍原ゆきさんとは、
もう何度も共演させていただいているので、
合わせはとても順調に進み、本番も楽しく弾けました!
やっぱりアンサンブルはいいなぁ!

今回は久しぶりにフレミッシュの一段鍵盤を自分で運びました。
(もちろんもう1名、プロの運送業者の方の手を借りてですが)
腰や背中は全く問題ないのに、今日になってなぜか、太ももの内側が筋肉痛・・・
そんなに踏ん張ったのかなぁ?
f0018790_17441245.jpg
f0018790_17454865.jpg
f0018790_17442746.jpg
写真:黒須美代子さん撮影

最後になりましたが、ギャラリー新紀元のスタッフの皆様、
受付と記録撮影をしてくださった黒須美代子さん、
心のこもったサポートをありがとうございました。
お陰さまで、安心して公演に臨むことが出来ました。



[PR]

by cembalonko | 2014-11-10 18:01 | コンサート報告 | Comments(0)