カテゴリ:音楽( 193 )

リコーダーコンサート終了!

昨夜はリコーダー教師Carole Rogentineさんのお宅で行われたコンサートで
G. Sammartiniのソナタを弾いてきました。
これで今回のワシントンDC滞在中の本番はすべて終了!
あとは、泊めていただいているReikoさんのレッスンと、
3年前にお世話になったWashington Recorder Societyの皆さんとの
ワークショップだけ。少し気が楽になりました。

♪♪♪♪♪

月曜日から泊めていただいているReikoさんの家には、
2匹のニャンコがいます。
私が着いた時には、駆け寄ってきてすりすり・・・
熱烈歓迎されました!(犬みたいな猫たち・・・)
そして、その日の夜にはなんと、私のベッドに入ってきてくれて、一緒に寝ました。
心地の良いベッドに、添い寝してくれる猫付きのお宅ってもう、
猫好きにはたまりませんわ~(ハート)

そうそう、今回もチェンバロ製作者のMark Adler さんの
美しいスピネットをお借りしました。
f0018790_22481076.jpg
猫たちは、スピネットの音が大好き。
弾いていると寄ってくるばかりでなく、ちょっと目を離すとこんな有様に・・・
f0018790_22543611.jpg
あ~らら~そんなとこにいていいのかしら~?
f0018790_22582959.jpg
チェンバロだーい好き♪

Markさんがこれを見ていないことを祈る・・・(笑)

3年前の猫たちの様子はこちら

[PR]

by cembalonko | 2016-05-26 23:12 | 音楽 | Comments(0)

「ケーテンのバッハ」終了!

チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座 
特別講座「ケーテンのバッハ」
無事に終了いたしました。ご来場いただいた皆様方、ありがとうございました。 
f0018790_23413189.jpg
ケーテンの街角

今回の講座のために、初めてプロジェクターを用意しました。
会場に送り、前日にセッティングと操作のリハーサルに行ったら!なんと!
私のタブレットとつなぐUSBケーブルのデバイスをインストールしなければならず。
そして会場はネット環境ゼロ!結局自宅に持ち帰り、セットアップをすることに・・・
うまくいってよかった~ 
ケーテンや他の街の風景を大写しにして見られたのは、私も楽しかったし 良かったと思いました。
話題はまた多すぎて、準備したこと全部をお話しきれませんでした・・・
そろそろ、90分では何をどのくらい話せるのかを、把握できるようになりたい・・・

=== 講座報告 ===

日時 2015年11月19日 (木) 10:30-12:00 
会場 タニタ楽器 北浦和東口センター (JR北浦和駅より徒歩4分)

ケーテンは、J.S.バッハが「ブランデンブルク協奏曲」「平均律クラヴィーア曲集」などの
数々の名曲を生み出した、旧東ドイツの町です。
来年出版予定の『古楽でつづるヨーロッパの古都(仮題)』のための取材旅行で
今年6月に撮影したばかりの2500枚の写真の中から選んだ街の画像と、
ケーテン時代に作曲された音楽で、バッハの活躍の足跡をたどります。

講師 渡邊温子(タニタ楽器音楽教室チェンバロ科講師、武蔵野学院大学・大学院非常勤講師)
受講料 ¥2,500(ペア割引あり・2名同時申込みで1名¥2,000)
お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910
後援 日本チェンバロ協会

[PR]

by cembalonko | 2015-11-19 23:49 | 音楽 | Comments(0)

ハンブルク美術工芸博物館 作者不詳 オッタヴィーナ(1720年頃)


f0018790_01435596.jpg
全体像 通常よりオクターブ高い音の小型チェンバロです
f0018790_01463860.jpg
後ろ側より
f0018790_01471386.jpg
鍵盤側から見たところ
f0018790_01472912.jpg
象牙のボタンの装飾

メルマガ「月刊バロック通信」第52号で詳しく解説します。
★△◆□★ ご登録はこちらからどうぞ! ★△◆□★




[PR]

by cembalonko | 2015-09-21 01:53 | 音楽 | Comments(0)

マグデブルク G.P.テレマンの生誕地

祝!メルマガ第50号 連動企画! マグデブルク G.P.テレマンの生誕地
f0018790_14032852.jpg
マグデブルク大聖堂。968年より大司教座がおかれる。
現在の建物は1362年に完成した、ドイツで最も古いゴシック建築。
f0018790_14041276.jpg
大聖堂内部。祭壇から後ろに向かってみたところ。
f0018790_14050164.jpg
市壁の跡 少年だったマルティン・ルターはこの門をくぐったのだろうか・・・
f0018790_14053191.jpg
市庁舎とマルクト広場
f0018790_14055853.jpg
テレマン記念碑。もともとこの場所には彼が洗礼を受けた聖霊教会があった。
f0018790_14080025.jpg
聖ヨハネ教会前のマルティン・ルター像。
1497-98年にマグデブルクの学校に通い、1524年に何度もこの街で説教を行った。
その結果、マグデブルクの街はその年のうちにルター派に改宗。大聖堂もルター派の教会となった。


    ▽◆△ 無料メルマガ「月刊バロック通信」のご登録は こちらからどうぞ! ▽◆△



[PR]

by cembalonko | 2015-07-22 14:43 | 音楽 | Comments(0)

ハンブルク美術工芸博物館 ツェル製作2段鍵盤チェンバロ(1728年)

祝!メルマガ第50号 連動企画! ハンブルク美術工芸博物館 所蔵楽器 Part.1
クリスティアン・ツェル(Christian Zell, 1683?-1763、活動期間c.1722-c.1741)1728年製作 2段鍵盤チェンバロ
f0018790_1012521.jpg
楽器全体
f0018790_10123442.jpg
ケースの装飾アップ
f0018790_10131326.jpg
ふたの裏に描かれた絵
f0018790_1016411.jpg
響板に描かれた絵
f0018790_10135952.jpg
楽器を裏側から見たところ(ケースの表側と違う模様)
f0018790_10155463.jpg
鍵盤側


    ▽◆△ 無料メルマガ「月刊バロック通信」のご登録は こちらからどうぞ! ▽◆△
[PR]

by cembalonko | 2015-07-21 10:31 | 音楽 | Comments(0)

チェンバロの日!2015終了しました!

f0018790_21554075.jpg

怒濤の2日間が終了致しました!

可愛い手作りのチェンバログッズ、ゲット\(^O^)/
大人買いしてしまいましたー♪

会場は、コンサートもその他のイベントも、
両日ともに大盛況。
通奏低音講座も、40人近い入場者数でした。

いらして下さった皆様方、ありがとうございましたm(__)m
[PR]

by cembalonko | 2015-05-10 21:55 | 音楽 | Comments(0)

ミニチュア・チェンバロを作ろう!

今日も、「チェンバロの日!2015」コンサートやレクチャー、ワークショップやっております!
f0018790_22183122.jpg
f0018790_12315093.jpg

こちらは、久保田みずきさんによる、紙クラフト製作ワークショップです。

私もやりたーい!!!
でもスタッフなので見るだけ・・・(T_T)
[PR]

by cembalonko | 2015-05-10 12:31 | 音楽 | Comments(0)

分割鍵盤!

f0018790_16455452.jpg

[PR]

by cembalonko | 2015-05-09 16:45 | 音楽 | Comments(0)

「チェンバロの日!2015」 今日から2日間 開催!

f0018790_844326.jpg

手作り感満載の資料、出来あがりました!

5月9日10日の両日、世田谷の松本記念音楽迎賓館にて、
国内のチェンバロ製作家によるさまざまなタイプのチェンバロ8台が
やってきます!

実物を見られるチャンスはほとんどないと思われる
分割鍵盤の楽器もあります。しかも、触れるかも?

私は10日に、通奏低音の初歩講座を担当します。

ご来場をお待ちしております。
[PR]

by cembalonko | 2015-05-09 08:04 | 音楽 | Comments(0)