カテゴリ:知的好奇心( 25 )

音楽はいつ、神から人の手へともどってきたか

9月27日(月)、私の大学デビューが近づいてきました。

授業内容は、13回分ほとんど出来上がっていますが、
大事なのはやはり、第1回。そこの内容を、今、詰めている最中です。
物事、最初が肝心ですからね~

「非言語コミュニケーションとして見た西洋音楽」

という、大学からの「お題(観点)」を頂き、
改めてクラシック音楽の世界を眺めてみると、
今までと違った「景色」が見えてきます。

第1回目の授業では、

音楽表現において、言語的要素が担う役割は意外に小さいこと
  (声楽作品は、歌詞は言語による伝達を担うが、それよりも
   非言語的に伝わることの方がはるかに大きいこと)

を「体験」していただこうかと。その仕掛けは、当日までナイショです。

第1回目の授業の、もうひとつの柱が、

西洋音楽(書き残されている芸術音楽)は 誰に 何を 伝えるべきものか

「神」にさえ伝わればよかったものが、
「人」の心を動かすものに変わったのが、
ダ・ビンチ、ガリレイらが生きたルネサンス時代。
そして、それを権威の象徴として政治的に利用する
生身の人間の手中に完全に堕ちたバロック時代。(←悪い意味じゃないですよ^^;)

ここの、「神」から「人」への境目のところを今、調べ直しています。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

しかしですね・・・
ワタクシ、学術書を2時間読み続けると具合が悪くなるっていう・・・(←おいおい・・・)
さっきなんか、疲れてふっと絨毯の上に転がったら、
日本家屋に閉じ込められて、外から命を狙われているっていう、
超怖い夢まで見た。(←ほんと、大丈夫か?私)

で、気分転換で、ついったー見てたら、そこ経由で興味深い一文を発見♪
怪我の功名?
「メディアの発生-聖と俗をむすぶもの」という本を紹介した、あるブログの一文です。

「・・・浪花節にしても盆踊りにしても、耳や身体でその場、その時間に参加して味わうもので、
その形は固定されていません。ましてや旅ともなれば、自らの日常を離れて、
非日常的な空間・時間に自らの積極的な体験を通じて飛び込むことになります。
それは誰が受け取っても情報そのものには変化のないテレビやインターネットの情報とは異なり、
受け手の積極的な関与によっては情報の形そのものが変化するインタラクティブな性質をもった情報です。」

(DESIGN IT! w/LOVE
http://gitanez.seesaa.net/article/160359385.html
「メディアの発生-聖と俗をむすぶもの」)

この文を書いた方は
「このインタラクティブな性質をもった情報というのは、
さかのぼれば神との交信につながる」
というご意見をお持ちのようです。

その時その場限りで消えて無くなる運命にある、Performing Art。
西洋音楽でいえば、その源泉は単声聖歌にあり、
中世までは確かに、神への交信または発信
(神から何かを受けとることを前提としていたかは分からないので)であった訳です。

それが、どのような経緯をたどって、
生身の人間の心を動かすように方向転換をしたのか、
そこのところを、もうちょっと、虫めがねや顕微鏡で覗いてみたい!と思っております。

でも閉じ込められるのも命狙われるのもいやだぁぁぁ~~~
[PR]

by cembalonko | 2010-08-31 00:42 | 知的好奇心 | Comments(0)

涼し~い!ガラス作品、完成!

さて、私の作品はどれでしょう???
f0018790_13294776.jpg
f0018790_13295959.jpg
f0018790_13301185.jpg


7月15日、るりいろ工房にて製作しました♪
[PR]

by cembalonko | 2010-07-26 13:32 | 知的好奇心 | Comments(0)

フリーランスのためのマネー管理術 参加レポート♪

Rhythmoon SHAKE!VOL.1
「フリーランスのための仕事と暮らしのマネー管理術」


参加してきました!

私は予想通り、ちょっぴりの「場違い感」を感じながらも、
普段はお目にかかれない、いろいろな業種の方と交流ができ、
緊張しましたが、よい刺激になりました。

講座の内容は、マネー管理については、よいヒントをいただけました。
ただ、毎年確定申告をしているので、
今回の大きなテーマのひとつ、「何を経費に計上できるか」
これに関しては、「まかせて!」という感じでもありましたので・・・^^;
知っていることが多かったです。

講義をしてくださった先生の目線は、
あくまでも、会社員と比較して、というところだったようでした。
参加者も、年齢層若かったですし。
「扶養に入ったままで『ちまちま』と事業を続けることは・・・○※△□・・・」
というような言葉があり、
そうか、私のやってることは「ちまちま」なんだー、と・・・
まあ、そういわれても仕方ないわねぇ・・・

収穫だったのは、やっぱりもう青色申告にしたほうが良い、
ということが分かった事かな。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、ここから本題。
音楽屋さんは、よく聞いてください。

いろんな業種で、これから事業者となろうとしている人、
今の事業を発展させようと思っている人、
そういう方々とお話していた時に、
決定的なことに気がつきました。

それは、私が日ごろ、クラシック音楽を生きたエンターテインメントとして、
多くの人、特に若い世代の人に広めたい、と思っているのにも関わらず、
クラシックのこと、ましてやチェンバロのことを知らない方々に
その魅力をつなぐすべを、持っていなかったこと。

他の方がご自分の事業について語る「語り方」に耳を傾けたら、
そんなことに気がついた。
事業として成り立たせるには、まず、ここを解決しなければいけない、
と思いました。

「やさしいバロック音楽」の本原稿、まる一冊分が、
ボツリヌスになりそうなんです。
何人かの方に読んで頂いて、ご意見を伺ったところ、
「難しすぎる」んだそう。
自分としては、かなり、噛み砕いて書いたつもりだったのですが・・・

つまり、何が言いたいかというと、
私なんか特にですけれど、音楽を生業とする人は、どこか浮世離れしていて、
知らないうちに、自分たちが当たり前に理解できる言葉と世界の中に生きてしまいがち。
だから、まったく違う分野の方を前にしたときに、
万人に受けることは無理でも、
誰にでも「これっていいかも♪」と思わせる何か、
キーワードでも、イメージでも、探し出しておく必要があると、強く感じました。

うん、これが私にとっての、一番の勉強だったかも。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日お目にかかった皆様方

今回の講座のプロデューサー
Rhythmoon発起人 オノリナさん
講師
ファイナンシャルプランナー ハートマネー代表 氏家祥美さん

AEAJ認定アロマセラピスト satocoさん
Webメディアプロデュース・デザイン 日比野まり子さん
アメリカの手技療法 オステオパシー 大迫由香さん
PMI公認PMP 十返文子さん
ほっとママ倶楽部 押木美智子さん
ファミリスト 篠原広高さん
二級建築士/インテリアコーディネーター 渡邊由香里さん
せかいの子育て研究所 山岡文絵さん

いろんな情報をシェアさせていただき、ありがとうございました!
[PR]

by cembalonko | 2010-05-22 23:59 | 知的好奇心 | Comments(14)

絵の展覧会へ♪

土屋多加史 展 へ行ってきました。築地のWada Fine Artにて。
蓮の花がモチーフの、生物的な、増殖していきそうな造形でした。
色が、ブルーから紫、桃色といった独特のトーンで、
美しいけれど、夢に出てきそうなくらい、何ともいえない強いインパクトを感じました。
29日までです。

土屋さんは、3月の「バッハの饗宴Vol.2」のチラシをデザインして下さった方。
そちらの方面でも、引っ張りだこの方です。
「古風な絵が飾ってあるコンサートホールに、ぜひ自分の絵を納めたい!」
というのが、土屋さんの目下の野望だそうです!
ホール関係者、または学校・公共施設の関係の方はぜひ、
土屋さんの絵をご覧になってみてください!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、私の方は、あまり体調が思わしくありません。
一昨日あたりから、胃がとても存在感を誇示しています。
あ、ラディッシュの食べ過ぎではないからね(笑)
昨日の夜も早寝、今日の午前中も、出かけるまで休んでおりました。
なんでかしらー???
というわけで、今日も早めに寝ようっと。
[PR]

by cembalonko | 2010-05-21 22:21 | 知的好奇心 | Comments(0)

「フリーランスのための仕事と暮らしのマネー管理術」

私たちのような業種でも、参考になることはあるのかしら・・・?

以前、区が主催する起業ビジネス講座にも参加したことがあり、
↓の講座のテーマは、自分の一番苦手とするところでもあるので、興味津々。。。
まだ行くか決めていないけれど、ブログで紹介すると半額になるらしいので、
一応掲載してみました。ご興味のある方はどうぞ。

■■Rhythmoon SHAKE!VOL.1
■■「フリーランスのための仕事と暮らしのマネー管理術」


時間、お金、リスク、健康など、
トータルで自分をマネジメントする力が必要となるフリーランスですが、
中でも最も重要なのがお金回りの管理術。

念願の独立を果たし、これからさらなる一歩を踏み出すために、
今だからこそ知っとくべき税金、保険の仕組みや制度、
フリーランスならではのお金の流れと、それに合わせた管理術などについて
グループワークなども交えながら、楽しく考え、学んでいきましょう。

現在は会社員だけれども、将来、フリーランスになりたいと考えている方にも、
「今からどんな準備をしておくべきか」が具体的に見えてくるのでおすすめです。

【今回のナビゲーター】
氏家祥美(うじいえよしみ)さん
ファイナンシャルプランナー /ハートマネー代表

会社員、派遣社員、専業主婦、会社役員を経験して、独立。
ひとりひとりの価値観によりそうマネー相談は、ムリなく貯まるしくみができると好評。
女性誌などにも多数登場。
http://www.heart-money.net/

【こんな方におすすめ】
・将来フリーランスになるために必要なお金まわりの準備について知りたい方
・独立したはいいけれども、お金まわりの苦手意識がなかなか克服できない方
・現在は白色申告だが、いつか青色申告にチャレンジしたい!と思っている方
・不安定な収入でも、長期的なマネープランを立てていくための管理術について知りたい方
など

○予定している講座内容の詳細は、こちらのページをご覧ください
http://www.onolina.com/2010/04/rhythmoon-shake-vol1.php

【イベント詳細】
日時:2010年5月22日(土) 10:00~11:30
会場:女性と仕事の未来館(東京都港区芝5‐35‐3) 第2セミナー室
○地図はこちら>>
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html
定員:30名
参加費:4000円(事前振込/申込確認時にご連絡します)
※ブログでの紹介、友人との参加で参加費が半額になる割引特典あり!
 詳しくはこちらから↓
 http://www.onolina.com/2010/04/rhythmoon-shake-vol1.php

※終了後は、希望者でランチを予定しています。
 フリーランスの方々との交流の場としてぜひご活用ください。

■申込はこちらから>>
http://rhythmoon.wufoo.com/forms/rhythmoon-shakeie-vol1/
[PR]

by cembalonko | 2010-05-03 01:55 | 知的好奇心 | Comments(3)

聖地チベット展

今日は自分のご褒美日。
三智子さんのアロマリーディング の帰り、
思いついて、「聖地チベット展 」(上野の森美術館)に行ってきました。

チベットの天然石、といえば、
ダライ・ラマも身につけているという、
天眼石(チベットアゲード)が有名ですが、
数々の仏像や装身具でひときわ目についたのが、トルコ石(ターコイズ)。

現代のチベットに生きる女性も、
伝統的な装身具を身につけるとのことですが、
ターコイズは、単なるファッションではなく、
チベット仏教という、しっかりとした信仰に結びついた「お守り石」として
身につけられている、と、解説されていました。

え?石の話はいいって?

今日は、音声ガイドを借りてみました。
圧巻だったのは、等身大の仏像や、
祖師といわれる、悟りを開いた人たちの像。
少しひねったメリハリボディーや、
インド系の顔立ち、
男女の神が抱き合っている姿など、
独特の造形美を堪能しました。
阿修羅像もかなわぬ、イケメン祖師像さま、見とれました・・・
(どういう観点で見てるんだっっ)

最近のNHKの番組で、仏教ブームが取り上げられていましたが、
そのせいか、会場はかなり混んでいました。
まだ、かなり先までやっているのにねー

ミュージアムショップでは、アジア系外国人の売り子さんが、
チベットグッズの販売に、熱をいれておりました。
私も、メノウのペンダントを熱心に勧められ、かなーり心が揺らぎましたが・・・
今日はもう、贅沢しちゃったから~ がまんがまん・・・

出口近くに、やったら大きなラピスラズリのネックレスが数本。
拾五万円也!見るだけ見るだけ・・・
最後はやっぱり石ネタですみません・・・
[PR]

by cembalonko | 2009-10-05 00:23 | 知的好奇心 | Comments(2)

「森の声が聞いてみたい」

ピアノとおはなしの世界
森の声が聞いてみたい
出演 河村真希(ピアノ) 野田香苗(朗読)

プログラム
森の情景  (シューマン作曲)
年とったカシワの木のさいごの夢 (アンデルセン作)
~~休憩~~
音楽物語 ぞうのババール (ジャン・ド・ブリュノフ 作/矢川澄子 訳/プーランク 作曲)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

中秋の名月の今日、
和みの風」さんの出演した公演に行ってきました。
午後に3コマ、レッスンを終え、時間的には、余裕余裕♪と思っていたら・・・
電車に乗り間違えた!でも、ぎりぎり間に合いました!ホッ!

カシワの木のお話は、365年生きたカシワの木が、
嵐で倒れる前の日に見た、夢のお話。
その前に、たった1日しか生きない、カゲロウとの会話があり、
長く生きるカシワと対比されていました。
でも、命の重さは、寿命が1日だろうが、400年だろうが、同じ・・・
というメッセージが、この物語には流れていたように思いました。
非常~~に深いお話。

そうのババールって、昔、明石家さんまが語ったCDがあったんですよねー 関西弁で。
そのインパクトが強くて、お話の筋をよく覚えていなかったのですが、
今回聴いて、目の前に情景が浮かんできて、楽しかったです。
音楽と朗読のバランスが、絶妙。
ピアニストの河村さんは、とてもクリアな音楽を作っていて、
朗読のテンポ感も、お話と音楽のつながりも、
よく考え抜かれた構成で、あっという間に時が経ってしまいました。

生の公演、やっぱり良いわー・・・
[PR]

by cembalonko | 2009-10-04 00:13 | 知的好奇心 | Comments(2)

4時間30分バレエ三昧♪

友人のお嬢ちゃまが出演する
バレエの発表会に行ってきました~! (岸辺バレエスタジオ第22回発表会)

発表会とはいえ、侮るなかれ!
お子ちゃま方の踊りのレベルの高さには、正直驚きました!
さらに、振付&衣装&構成も、
「舞台構成で見せる」「子供たちそれぞれに見せ場を作る」ことが
考慮されていた気がして、
思いがけず(ごめんなさい!)、夢中になってしまいました。

さらに・・・
卒業生や賛助出演のダンサーによるコンテンポラリーや、
有名な白鳥の湖とドン・キホーテのパ・ド・ドゥ、
第3部と第4部は、なんと、ジゼル全曲!!!
5時間近い演目で、どんなに疲れるかと思っていたけれど、
あっという間に時間が経ってしまいました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

開演したのは、午後5時。
第1部の4つの演目のうち、
1から3までは、クラス別による子供の群舞でした。
(応援してたMちゃん、にこやかに上手~に踊っていましたよ!)
4番目のプログラムが、キミホ・ハルバート氏振付のコンテンポラリー。
ブリューゲルの世界を彷彿とさせる舞台美術で、
クラシックバレエで鍛え上げられたダンサーたちが描き出す世界は、
身体表現の抽象画のようでした。(雰囲気はブリューゲルなんだけど)

第2部の初めのプログラムは、小3までのクラス。
んもー、出てきただけで可愛いわ~♪♪♪
2番目の演目・小4から小6?のクラスで、一人光っていた子がいました。
腕の使い方、体のポジションの決め方など、
一人だけ、浮いているくらい、違う子が。
あの才能は、天性のものではないかな~・・・これからが楽しみでしょうね。

第3部・第4部・・・ジゼルって、本当に名作です・・・
第2幕の美しさは、もう、感涙もの・・・でした。

終演後、今日のプリマMちゃんとそのご家族と、写真を撮って、
夜10時近くにお開き。
近づきつつある台風の雨風に、
衆院選での暴風をも予感しつつ、帰途につきました。
[PR]

by cembalonko | 2009-08-31 00:42 | 知的好奇心 | Comments(0)

にいみずよし/杉江みどり 切り絵展

Mちゃんに誘われて、切り絵展に行ってきました。
彼女のお友達の、にいみずよしさんは、
ミュシャに影響を受けたとのことで、
アールヌーボー風の様式の中に、
ダイナミックな構図と、流れるような曲線、そして、
細かい連続模様(Mちゃんは「装飾音みたい」って言ってた)が
いっぱいに施された画面。
その中央に、天使や伝説の女性などが描かれていました。
縦120cm×横90cmくらい?の大画面なのに、
細部は、虫眼鏡で見たいほどの細かさ。
切り絵の概念が覆りました。
f0018790_22281556.jpg
←お土産に買った絵葉書

にいみずよし/杉江みどり 切り絵展
2007年8月13日(月)~19日(日)
11:00am-7:00pm 
(最終日4:00pmまで)
ギャラリーくぼた 4階
東京都中央区京橋2-7-11
Tel. 03-3563-0003

その後、ギャラリーのすぐ前の立ち食い(?)のお店で、
タコライスとタイカレーのランチ。

京橋まで来ていたら、銀座のヤ○ハに寄らない手はないでしょう!
楽譜係の方にさんざん、あーだこーだ言って、
楽譜を探していただきました。難しいお客ですみませーん!

ヤ○ハのあとは、24日の歌の会の打ち合わせ(3パーセント)
愚痴雑談漫談おしゃべり大会(97パーセント)

帰りに、上野の音楽資料館にも寄ってみましたが、
月曜日は休館日だったことを忘れてた・・・
f0018790_236391.jpg
おまけ・・・ヤ○ハで見つけたスグレモノ。
五線が書いてあるテープ!
上に書き込めるんですって!!!
これで、五線譜を細~く切って
糊で貼ったりしなくても大丈夫!
作った人は、偉いっっ♪
[PR]

by cembalonko | 2009-08-18 22:28 | 知的好奇心 | Comments(0)

草木染め体験

いつも、いろんな方から
いろんな方とのご縁をつなげて頂くので、
今回は、私がその、縁結び役をしてみよう!と思い、
フィトセラピー(植物療法)のYukoさんと、
優舎・優美さんの草木染め工房にお邪魔しました。
(素敵なお2人のブログは、うちのエキサイトブログに入っています。ぜひ、覗いてみてくださいませ!→ ↓)

私も一緒に、初めての草木染め体験、させて頂きました。
f0018790_923375.jpg
優美さん。作業中・・・ 青いつなぎ姿も 可愛いです♪

その日の午前中に、優美さんは、ご自分の畑から収穫してきた
レモンバームと、あと一つなんだっけ?2種類のハーブの生葉から、
染液を作っておいて下さいました。
染液は、鮮度が命で、時間がたつと、どんどん染まりにくくなるそうです。

f0018790_9242196.jpg
セージを抽出中。 優美さんも、セージは初めて、とのことでした。

ハーブ染めのいいところは、いい香り(ちょっと薬草っぽい?)の蒸気を、
ずっと吸い込みながら作業できるところかな。
よく、「ヨモギ蒸し風呂」とかありますよね。
あれを地で行ってる感じで、体によさそう~♪

さて、染液は、材料を20分くらい煮出すのですが、
同じ材料から、数回とれる場合もあるとのこと。
その一回ごとに、違う色の染液ができるそうです。濃さだけでなく、色味も。

もっと面白いのは、同じ種類の植物でも、
時期がちょっとずれただけで、全く違う色に染まるんですって!
例えば、ヨモギは、夏に近づくにつれて、
鮮やかな緑色が、どんどん渋い色になってしまうとか。
f0018790_924582.jpg
企業秘密? 袋に詰められた桜の葉、シラカバなど。 保存ができる材料は、良い色が出る時期にまとめて取っておくとのこと。

Yukoさんと私は、絹のスカーフを、レモンバームで染めました。
草木の染料は、たんぱく質に付着するため、絹はよく染まるのだそうです。
綿や麻を染める時には、牛乳や豆乳などに一度浸けて乾かす
下処理をすると、染まりやすくなるとのこと。

f0018790_926890.jpg
80度くらいで約20分煮込み(?)、
一度上げて、媒染液(今回はミョウバン溶液)に30分つけて、一旦色を止め、
さらに20分煮込みます。

染め上がり♪
f0018790_9263661.jpg

何とも優しい、緑がかったクリーム色になりました!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

Yukoさんとは、クリスタルのクラスでご一緒しました。
アロマセラピーや、ハーブを使ったハーバルセラピーなどをしていらっしゃいます。
優美さんの草木染めと、きっと素敵なコラボが実現するのでは?と、
仕掛け人の私、秘かに期待しております♪ 
「自然」から生まれたモノって、神様が作った芸術品だと思う。
目に見えるもの(色や造形)にしても、無いもの(香り、音)にしても。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

オ・マ・ケ!f0018790_22371582.jpg

帰ってきて、夕食を作っているときに、
小松菜とオクラを茹で、さらにトウモロコシを蒸かしたお鍋をみたら、
綺麗な黄緑色!
思わず周りを見回して、染められそうなものを探しちゃいました。
(影響されやすい人!)

そういえば、白い絹のパジャマがあったなぁ・・・
小松菜トウモロコシ染めパジャマができたら、この場で発表しますよ~♪
(何把茹でなきゃならないんだか)
[PR]

by cembalonko | 2009-07-14 09:27 | 知的好奇心 | Comments(4)