カテゴリ:古武道( 63 )

古武道と楽器の稽古について真剣に考えてみたVol.2

私が古武術を教わっている福島督元師範は、
古武術に携わって40年になる、と仰っていました。
古武術に入門する前は、いわゆる現代武道
(スポーツとされている武道。柔道や合気道、空手など)の修行も
されていたとのことですが、「会得がゆかず」
伝承者がたった一人という富山藩に伝わる流派の門前に毎日通い、
何年目かに(!)ようやく入門が許されたとのこと。
そして、そのたった一人の伝承者となられました。

私は、ほぼ毎日鍵盤に触る生活を始めてもうすぐ40年。
チェンバロに変わってから、やっと18年。
そして、柔術を始めて、4年目に入りました。
柔術を始めて、何が変わったかといいますと・・・
一年前(2010年3月)に書いた柔術教室のアンケートを転載しておきます。

「・・・もともと、楽器を弾くために無理のない体の使い方を習得したくて、柔術を始めたのですが、丹田が分かってきたら、それ以上の効果があることが分かり、驚いております。例えば先月、かなりプレッシャーのかかるコンサートがあり、その数日前から緊張のために眠れなくなったのですが、その時に丹田に意識を下ろしたところ、不安でいっぱいになっていた「思考」のスイッチがOFFになり、眠れたという経験がありました。」

「また、楽器を弾いているときも、丹田に気合を入れておくと、腕や手に力が入らずに、楽器の鳴りが良くなることも体感できております。チェンバロはピアノと違い、本来、音量を変化させることがほとんど出来ない筈なのですが、演奏者による楽器の鳴り方の違いは、確かにあり、そこには、物理的なものではない何かが働きかけているのではないか、そしてそれを自分で操れるようになったら、演奏技術としてまた一歩前進できるとのではないか、と感じています。・・・」

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、古武術の稽古と楽器の練習の違いを考えることで、
何が見えてくるのだろうか、と思って書き始めたので、続けますね。

私は、前回書いたような、合理的な練習方法を
(自分の状態を分析し、よりよい状態で再現するために反復練習)
子供のころから叩き込まれました。
私のピアノの先生は、
手指や腕の解剖学的な構造まで加味したテクニックを教えて下さいました。
それは今でも役に立っています。

この、西洋合理主義的な練習方法に、私は
一つのキーワードが隠れている、と思いました。

それは「効率」。

プロを目指して音楽教育を受けてきた人なら誰でも、
少しでも早く、少しでも高いテクニックを身に付けるには
どうしたら良いかを、常に考えて(考えさせられて)きたでしょう。
だから時には、自分の身体に本当に合ったテクニックとは何かを
身体が気付いていく前に、先生からどんどん課題を与えられ、
それをこなすのに必死だった、という経験があったかもしれません。

今、身体意識という言葉で表現される、
古武術の極意のしっぽに触れるか触れないかの所にいて、
過去の自分を振り返ると、
「身体意識を開く」という観点からみた場合、
この、効率重視の練習方法でガンガンやってたのが
はたして良かったのかどうか・・・考えてしまったりもします。
私にとっては、こういう時期は絶対に必要だったと確信しますが、
今、教えるという立場になって、
動きの質が判断できるようになって・・・
生徒さんの身体の動き=出てくる音色を通して
内面の状態までくっきりわかるようになって・・・
でも、私が楽器で教えられるやり方は、私自身が教わってきたやり方で・・・

それでいいのか????

実は、悩んじゃったりもしてます。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

あー、やっぱりもうちょっとつづくかも~
今回も長文にお付き合い下さり、ありがとうございましたm(__)m
[PR]

by cembalonko | 2011-07-06 00:49 | 古武道 | Comments(8)

古武道と楽器の稽古について真剣に考えてみた

2日の土曜日に、柔術の新クールが始まりました。
前クールでは、稽古の前に「ミニ講座」があり、
道歌(古武術の教えなどを説いた詩歌)を教わりました。

その中で、脳裏を離れなくなった言葉が。

「型をしっかり身につけ守らなければならないが、囚われてはいけない

・・・これ、何かと似てません???
演奏のこと!?って思ったくらい。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

私の習っている古武術(柔術)は、
受け身、捌き技、短刀などの「」を
繰り返し稽古して、身に付けていきます。
この、反復練習をして、最終的には無意識に出来るようにする、っていうところ、
前から、楽器の練習と同じかもね~、と思っていたわけです。

・・・でも、実はちっとも同じじゃなかった。

楽器の練習の場合、
例えば、あるフレーズが無意識にとっても上手に弾けちゃったとしたら、
まず何をするかというと、
その、うっかり弾けちゃった時の手や指の状態や、
音楽の状態を思い出して分析し、再現しようと試みます。
4の指(薬指)をゆっくりと上げたかな?とか、
3拍目が紙一枚分くらい早かったかな?とか・・・
この方法は、かなり合理的で、
思考」によって描いた設計図をなぞって、
何度でも同じように再現できるようになるのが目標。

ところが、柔術の稽古の場合は、
思考」が働きすぎると、とたんに技がかからなくなる。

鉄則その1 「分析しちゃいけない」

柔術の基本は、丹田(おへその下の指3本分くらい下がったところ)を
常に意識しておくことなのですが、
そうすることによって、過剰な「思考」をOFFにし、無我の状態になる。
そうなった時に初めて、技がかかるのです。

ここで疑問が。
楽器であるフレーズを練習するのも、
武術の型を稽古するのも、同じ反復練習の繰り返しなのに、
なぜ、武術では、動きを「分析」すると、出来なくなってしまうのか?

それは、柔術は「武」の「術」でありながら、実は「身体意識」の訓練だから。
師範代がおっしゃるには、

型を身につけることは、長年の身体の癖をとること」だそうです。

身体の癖をとる、ということは、
同時に、その原因を作っていた
自我」に囚われていた自分に気づく、っていうことなのです。
自我を捨てて、それまでそのせいで封じ込められていた潜在能力を
出し易くする、そんな訓練なのですね。

でも、実際にやってみると、
身体意識」というものが、いかに脆く崩れやすいものか
=いかに自分が「自我」に囚われ易いか、よーく分かります。
ほんと、私なんか凝り固まった自我のカタマリですから・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

あ、ほんとに書きたいところまで たどり着かんかったー (^^;
このお話、続くかも、です。

長文にお付き合い下さり、ありがとうございました。m(__)m
[PR]

by cembalonko | 2011-07-05 01:08 | 古武道 | Comments(0)

「受け身」って能動的なものなんだ!

柔術の稽古にて。
いつも受け身が下手な私なのですが、
昨日、師範に言われたことで、目からウロコが落ちました!

「『受け身』は受動的なものではなくて、能動的なもの」

・・・技を受けた時に、能動的に自分の身を守る姿勢をとるのが
「受け身」、なんですねー
考えてみたら、当たり前のようでいて、
言葉にして頂いて初めて、腑に落ちました。 だからといって上手く出来る訳じゃないけどー^^;

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、明日は多摩市の観音寺で弾いてきます。
音楽作品の50パーセント以上がキリスト教音楽である
バロック音楽の世界にいながら、
今年に入ってお寺さんでの演奏は、すでに3回目。
日本人らしくてよろしい。ってことで、頑張ってきまーす!

「音楽現代」6月号 まだの方はぜひ読んでね~♪
「震災に際して、音楽家に何が出来るか」についての記事を書いています。
こちらから送料無料で買えるようですよ~!
f0018790_9331015.jpg

[PR]

by cembalonko | 2011-05-29 09:49 | 古武道 | Comments(0)

古武術、にわかに楽しくなってきたよん♪

最近よく「古武術に興味がある」っていう方にお目にかかります。
例えば、来週日野で共演させて頂く読○交響楽団のOさんとか、
先日、護国寺コンサートにいらして下さったフリーライターのNさんとか、
少し前には、フルーティストのYちゃんとも、
古武術の話で盛り上がったことがあったなぁ・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今日も稽古に行ってきました。
今日は、稽古の合間に、
5~6人で動かないように押さえた木刀を、
丹田の意識だけで動かし、さらに
それを押さえている人を崩す、という技を、
師範が実演して下さいました。

その後、師範が「自信のある人はやってみて」と仰られました。
しばらく、しーん、となった後、私が指されてしまいました!
(刺されて、じゃないですよ^^;)
私の前に指名された方は、一度は辞退していました。
気持ちはわかります。
絶対無理だってばさ!

だけれど、そこは能天気なワタクシ、
チャンス!と思って、トライさせて頂きました。
そしたら、その技、出来ちゃった♪

木刀を握る時、師範に
「握らないで、軽ーく触れるだけ」と言われました。
その感覚、楽器に触れるときの、
特にチェンバロの鍵盤に触れるときの感覚に、
とっても、似ていた。
力を入れたら、伝わらなくなる、という感覚・・・

私の中でまた、何かが弾ける音が聞こえました。
[PR]

by cembalonko | 2011-02-19 23:01 | 古武道 | Comments(0)

目標!飛んでるおばあちゃん!

今日、生徒Aが、レッスンについて表現してくれたことに
感動したので書いてみますね。

「私のレッスンは、生命保険の勧誘と似てる」 え? 
生命保険の勧誘って、懇切丁寧に沢山沢山説明してくれて、
加入するときは、ああ、こんなにいいことがあるんだ!って納得するんだけれど、
入った一年後には、いったいどんな保険に入ったのか、分からなくなっている。

で、私のレッスンも、レッスン中に沢山曲例や説明を聞いて、
ああ、そうか!そうか!と納得するし、楽譜にメモ書きもするのだけれど、
家に帰ったら、「ここに書いてあることの意味は???」になってしまう ・・・のだそう。

すごく分かりやすい例えでしょう!?
私もほかの習い事のときに、こういうが経験あった気がする。
でも、自分がレッスンする時には確かに、
できるだけ深く多く理解していただきたくて、
弾丸のように弾いたり説明したりしてるよねー・・・ 反省します。。。

*****

さて、午前中は柔術の稽古でした。
クールの初回だったので、円座になって自己紹介から始まりました。
自己紹介の時には、これまで柔術を習っての感想や、
自分の今の課題などもお話しします。

私は、肉体は衰えても、身体意識は死ぬまで成長し続ける
寝たきりになっても技がかかる、ということに、いつも励まされている、
ということを言いたいなぁ、と思っていました。
肉体の衰えは、体使っていれば、日々感じてるからね。

その時ふと、前に聞いた友人の話を思い出したのです。

友人のオーボエ奏者M君が、
灯もない真っ暗な道をバイクで走っていた時、
何か気配を感じて、ふっと横を向くと、
正座をしたおばあちゃんが、
バイクと同じスピードで飛んでいた!

・・・これ、ただのよくある怖い話なんですが、
もし、身体意識を究極まで成長させることができて、
99歳とかになって肉体を完全にコントロールできるようになったら!
こんな風に飛べる かも! かも! かも! ...

「何の話をしているのかな?」 と
師範に冷ややかに言われてしまいました・・・ (^^;ゞポリポリ・・・
[PR]

by cembalonko | 2011-01-08 23:05 | 古武道 | Comments(3)

明日は何の先生?

大学にて。
先週の月曜日は、西洋史を約80分、講義しました。
明日は、キリスト教や聖書について、お話せねばなるまい・・・と思っています・・・
私が本当にやりたかった事にたどり着くまでの道のりは、予想外に長かった。
でも、将来学生達が、西洋の文化や芸術に、より興味を持った時に役に立つ「種」を、
たくさん撒いておいてあげるのが、
結果的には彼らのためになるのではないか、と。
西洋人の中に、キリスト教というのは、
まさに、非言語的なレベルで浸透しているものではないか、と思うからです。

さて、昨日は柔術の稽古でした。
先週の課題だった所は、感覚がつかめてきて、嬉しかったな~♪
言葉ではうまく言えないけれど、
「力を抜き」「頭で考えず」「心と一体になった動き」
が出来た時は、本当にスッキリします。

最近、レクチャーを準備する機会が多く、
スズメの涙ほどしかない左脳をフル回転させていたけれど、
身体(古武術の場合は特に丹田と第1・第2の腰)に意識を戻すことで、
そのスイッチが切れます。
左脳スイッチOFF! これは、楽器を弾く時の理想的な状態ですが、
習得するまでの道は、まーだまだ険しいです。ハイ。 道着を着ただけじゃだめだぁ。
[PR]

by cembalonko | 2010-12-05 22:03 | 古武道 | Comments(5)

師範の木刀 私のチェンバロ

さっきSkypeでスイスのお友達とお話しました♪
ちょっと時差があるのと、友達の声が低く聞こえるのが
直接電話するのと違ったところ。でも、音はクリア。
・・・まあ、遠方の方とのリハーサルに使うのはやっぱり無理そうだわ・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて今日から、柔術の新クール開始。
私は始めてから、3年3ヶ月が経ちました。

初回なので、参加者全員が円座になって、自己紹介。
そのときに、みんな自分が今抱えている課題を言い、
それについて、師範がコメントして下さいます。

ある方の課題についてのコメントの時・・・

技をかける時、「(相手に自分の力を)預け、(相手の力を)預かる」のですが、
それが、人に対してだけでなく、
例えば、料理人だったら、包丁とか、
武術家だったら、刀とか、
そういう「道具=物」に対しても適用することができ、
そうすると、道具と自分が一体化する。
一流の料理人は、そういうことが体得できているそうです。



そう!ピンと来ちゃったもんね!
師範にとっての木刀は、私にとってのチェンバロだから、
楽器に、力を「預け、預かって」もらえば、一体化できるということではないの!?

でも、ピンと来たからって、出来るとは限らないんだなこれが。
まだまだ修行あるのみ。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

それなのに!とうとう稽古着を注文してしまいました!キャー!
自分のレベルも顧みず・・・
でも、影響されやすいタイプなので、制服マジックで上達するかも!?

ついでに再来年のワシントン古楽祭の衣装決定か!?^^;
[PR]

by cembalonko | 2010-10-09 23:19 | 古武道 | Comments(0)

ちょっとご無沙汰しました。

f0018790_183237.jpg

写真は、我が家のリアルベランダ農園です。

ワシントンから帰って以来、
忙しい日が続き、気が張り続けていました。
今頃になってようやく、じわじわと身体と心の疲れが出てきて、
何をするのにも、モチベーションを上げるのが大変な状況。
でも、先への一歩は確実に踏み出さなくては、と思っています。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

昨日は、柔術の稽古に行きました。
先週から新クールが始まったので、
実践に入る前に、師範による講義がありました。

先週も、昨日も、私にとって、はっ!とする言葉の連続。
私が音楽を通して、何がやりたいかを
はっきりと実感できた瞬間がありました。

というよりも・・・

私が何となく「こうなんじゃないかな?」と思っていたことが、
確信に変わった、と言う方が近いかも。

今この瞬間に生きている自分の肉体を使って
何かを極めようとする時
そのすべてに通じること。
それは、いろいろな言い方があるけれど、例えば
仏教の言葉で表現すると「悟りを開く」。
武術の言葉で表現すると「『今』を捕える」。

キリスト教がもたらした西洋の合理主義の恩恵は
計り知れないけれど、
今、鍼灸の中医学やヨガのアユルヴェーダなど、
東洋のモノの考え方に、欧米で注目が集まっているのは、
師範曰く、その合理主義の行き詰まりを感じている人が
増えているからだ、ということです。
確かに、アメリカでも武術に食いついてきた人が結構いたものなー

西洋音楽に携わりながら、こうした東洋的なものに
後れ馳せながら触れることが出来て、
またそれが、自分に新たな気付きをもたらしてくれたことに気がつき・・・
感慨深かった、この2回の稽古でした。
[PR]

by cembalonko | 2010-07-11 18:03 | 古武道 | Comments(5)

怒涛の土曜日

午前中、柔術の稽古へ。

今日は、関節を固めるのが2種類入った、新技の稽古。
師範に見本を見せていただいたときに、
右手の腱鞘炎の話をしたら、
師範が気合を入れてくださいました。
気を流していただいている時は、まるで遠赤外線みたいに温かかったです。
これできっと楽器も上達するに違いない! 
(そこまで他力本願になりたくて大丈夫か!?)

この柔術教室、現在は区が主催でやっているのだけれど、
次のクールで撤退してしまうんだって!
たまたま、私が欠席した回に、師範からそのお話があったそうで、
その日はみんな、ショックで上の空だったとか・・・

で、続ける方法は2つ。
① どなたかが、サークルを立ち上げて下さってそれに参加する案。(こっちも他力本願です・・・)
② 道場に通う案。(道着を買わなくてはならないのですが、ちょっと憧れます♪)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

午後は、音楽教室のレッスン。
その後は即行で新宿へ、もろもろの用事を足しに。
結局、一番しなければならなかったことが出来ずじまい。
事前調査不足。反省・・・
でも、他80パーセントできたからいいや。

夜は、オペラシティ近江楽堂で、万葉集を歌う歌手のコンサート。
日本語を素で読むところの発声も、声楽家ならではで、美しい♪
後半には、イギリスものやイタリアものも少し。
スペインギター風にアレンジされた「アマリッリ」、かっこよかった!
ラテン系同士だから合うのかな?スペインの伴奏とイタリアの歌・・・
作曲者カッチーニ自身が聴いたらどう思うかは謎ですが、
あのメロディーがこんなアレンジも許容するの?
っていうフレキシブルさ、興味深かったです♪
[PR]

by cembalonko | 2010-06-05 23:39 | 古武道 | Comments(0)

魔の右手・・・と呼ばれたい

昨日の古武術の稽古にて。

両手取りで、丹田からまっすぐ下に”気”を落とす練習をしていた時、
パートナーのHさんが、いつも、右側の方に転がってしまったの。
Hさん曰く、「右手から出ているパワーの方がずっと強い」
「右手は触った瞬間に、下へと引っ張られる」んだそうで。

うーん、だから本人はまっすぐに落としたつもりでも、
右寄りに技がかかってしまったのですねぇ。。。どうしてかなぁ・・・

思い当たる理由としては、チェンバロをさらっている時、
最近右手のテクニックを少し変えているところがあって、
そちらの方に意識が向きやすくなっているからかしら・・・

考えてもしょうがないので、まあ、気にしないことにしようっと。
利き手とそうではない方の手では、バランスが違って当たり前だし。


↓実験。うまくいくかな?
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]

by cembalonko | 2010-05-30 14:31 | 古武道 | Comments(0)