発音が悪くなってる!!!

今日、久しぶりに実家に行ったら、
早めのお誕生日プレゼントをもらいました!ラッキー!
妹からは、トイレ用のスリッパとタオルのセット。
グリーンが基調で、これからの季節にぴったり♪
両親からは、カートつきのバッグ(の予定)。

f0018790_22254718.jpg
                妹にもらったスリッパセット


そのあと、英会話に行きました。
最近、気合が入っていないことを、もろに反映して、
時制は間違えるわ、じゃぱにーずいんぐりしゅになるわ、
今クラスに在籍している以上、ちょっとヤバい力の落ち方です・・・
明日から、音読の練習を再開しよう。
[PR]

by cembalonko | 2006-02-28 23:40 | Comments(2)

師匠が送ってくれたCD

師匠、Glen Wilsonが、Naxosからまた、CDを出したようです。
先週送ってくれたので、今日、じっくり聴いてみました。

曲目は、William Byrdと並ぶ、イギリスのヴァージナリストの一人、
Giles Farnabyのチェンバロ曲全集です。
ジャケットは何と!アメリカから帰る直前に、
ラスベガスのWynnホテルのギャラリーで見た、
最も新しくフェルメールの「真作」と鑑定された
「ヴァージナルを弾く若い女」!
なんか、運命を感じるわー

師匠に御礼とともに、感想を書いて送ってあげたい。
でも、ぜんぜん言葉に出来ないの。
わー、とか、うっ、とか、うげー、とかになっちゃう。すごすぎる。
奇抜なことは何一つしないで、あれだけのエネルギーと、
心にダイレクトに「音の並びの秩序の力」を伝える演奏。
どうやったら出来るんだろう~~
(って、それを散々習ったはずなんですがね)

やっぱり、私には、誰の演奏よりも、ずーっと凄みがあるように聴こえる。

それにしても。
この強烈なインパクトは、作品の力を、
彼のパフォーマンスによって、最大限に引き出しているからだろうな。
ファンタジー(曲種)ばっかりなんて、普通、渋いと思うでしょ?
それが、ホントにpyrotechnicalなんだから!

CDの音楽で、久しぶりに、パワーをいっぱいもらいました。
オリンピックとどっちが?っていうほど。
でも~伝えられないだろーなー・・・どうしよう・・・

f0018790_23262551.jpg

[PR]

by cembalonko | 2006-02-27 23:29 | 音楽 | Comments(4)

もうすぐアニバーサリー

今日は、ダンナは一人でスキーに行き、私はお留守番。
別に、前回のスキーで懲りたという訳ではなく、
片付けなければならない仕事などがあったため。
ダンナによると、石打丸山スキー場は、強風のために、
23基あるはずのリフトが3基しか動いていなかったらしいです。
雨も降っていて、いまいちだったとか。

*****

2月28日は、8回目のアニバーサリーです。
最近、平日は一人暮らしなので、28日の代わりに今日、
記念日の前祝で、ちょっとだけ、ご馳走を作りました。
アメリカにいた時に、中華料理教室で習ったオレンジビーフを、
久しぶりにやってみたのですが、
日本は、やっぱり、牛肉高い!!!
レシピによると、テンダーロインを1Lb=約450g使うことに
なっているのですが、もったいなくて・・・ 買えないです・・・
お肉を一ランク落として、半分の量にしました。
っていうか、レシピどおりの量を作ったら、完全にアメリカンサイズだわ・・・

あとは、お客様のときに使う、綺麗な食器を使って、
気分だけは、お祝いって言う感じにしました。

*****

毎年、アニバーサリーを迎えるたびに、
「よく頑張った!」と、お互いを褒め合います。
それまで、生活環境も、文化的背景も違う赤の他人が、
一緒に生活を始めて、大した破綻もなく、
ずっと一緒に生活するのって、それなりに大変なことではあります。
人間誰しも、欠点とか、相手と違うところとかあるから、
大変なのは、お互い様なのですが。
金婚式を仲良く迎えられる夫婦は、それだけで、尊敬に値するんだなぁ・・・
と、しみじみ思う今日この頃。
とりあえずは、目指せ!スィート・テン・ダイヤモンド!かな?(^^;
[PR]

by cembalonko | 2006-02-27 00:17 | 日々のいろいろ | Comments(1)

もう書き尽くされてること。だけど

朝起きて、BSをつけたら、ドイツ語ニュースをやってたので、そのまま見る。
あー、誰がメダルを取ったのかなー、と、気になりつつ・・・
燃えないごみの日だったから、出しに行く。
誰がメダルを取ったのか、知るのが怖かったのだ。

ごみ出しに行って帰ってきて、地上波に切り替えた。
目に飛び込んできたのは
           
    ・・ピカピカ ☆  ☆ ピカピカ・・

の文字。メダル圏内だとは思っていたけれど、まさか、金とは!!!
荒川選手、本当におめでとうございます。
演技内容も素晴らしく、テレビの解説者が行っていたように、
文句なしの金メダル。

*****

今、がんを克服した、ネット上のお友達のサイトに行ってきました。
彼女は、ソルトレークオリンピック中に、乳がんの治療中で、
次のオリンピックは見られないかもしれない、と思っていたそうです。
日記に、「トリノオリンピックを見て、生きる意味を見つけた」と書いていました。

いろいろな厳しい状況の中、あえて自分に重圧を課して、
リサイタルに意欲的に臨む、オフラインの友人は、
荒川選手の言葉に、自分を重ねていました。

*****

人に感動を残すだけでなく、
人生観まで変えてしまうようなドラマが展開するのが
オリンピックのような気がします。
私は何を得たのだろう・・・
得ようとしていた物があるとすれば、
勝っていける選手の、強い精神力を支えているもの。
そんなの、試合を見たからといって、早々学べる物ではない。
けれど、荒川選手の笑顔の裏にある、試合に臨んだ時のスタンスや、
悔しさを言葉にはしない村主選手の涙は、
ずっと、忘れられないと思う。
[PR]

by cembalonko | 2006-02-25 00:44 | 日々のいろいろ | Comments(0)

コンタクトレンズ事件簿

母屋の方が、60000ヒットを超えていた!
どなたか、60000踏んだ方は、いらっしゃいませんかぁ???
いらしたら、申告お願いしまーす! m(__)m

*****

今年は、お正月早々、コンタクトレンズを割ってしまった。
で、作り直したわけだが、実は未だに、調整中なのだ。

初め、割れた方の右目だけ作ってもらった。
そしたら、レンズが古い左目の見え方が
かなり悪くなっていることに気が付いたため、
結局、左目も作り直すことに。

さらに、目のカーブが変化していたため、
少しカーブをきつくしてもらったようだ。
(ようだ、っていうのは、後からわかったことだから)。

ところが、なぜかとても充血するので、
ドクターのいるときに行って、調べてもらうと、
私の場合、ぴったりのカーブの内側に涙がとられてしまい、
レンズの周りが乾き、眼球に傷がつく事態となっていた。
これって、事前には分からないことなの???

再び交換してもらったレンズは、
今度は、視力を矯正する度がきつすぎて、
実は先週からずっと、頭痛や気分の悪さに悩まされていた。

意を決して、もう一度来店すると、
前回見てくれたのと同じ、女性のドクター。
そこで言われた言葉。

「・・・これじゃきつすぎると思っていたのよね・・・」


ぶちっっっ


それじゃ、どうして前回に、そうしてくれなかったのですかっっっ!!!?
ちゃんと眼科医に行かずに、横着をするから、
こういうことになるの!?
でも、池袋○武7階の○京○ガネに限らず、
どこのコンタクトレンズを扱うお店だってだって、
眼科医がいるから、安心して買いに行くのじゃないですか。

それに・・・
池袋○武7階の○京○ガネ、
店員さんとドクターの、コミュニケーションに
問題ありです。
だって、前回ドクターが言ってたこと、
ぜんぜん伝わってなかったもん。
それで、人のカルテとかレンズとかを
お客様の前で探したりして、
いったい、どれだけの時間を無駄にしたというの・・・?


むかむかっっ
[PR]

by cembalonko | 2006-02-23 22:55 | 日々のいろいろ | Comments(5)

Yahoo!カテゴリに掲載されました!

アメリカ旅行記の拙サイト
「ビケ♪とダンナのアメリカ珍道中」が、
Yahoo!カテゴリに掲載されました!

そして、グランドサークル3日目続き(2ページ)更新しました。
(実は先週末にもう更新してたのですが、報告を忘れてました^^;)
デリケートアーチの美しい姿は、必見です!
3日目その2(ダブルアーチ)
3日目その3(デリケートアーチ)
[PR]

by cembalonko | 2006-02-22 12:12 | 更新報告 | Comments(2)

フリーダンス

またまたオリンピック三昧の日記でございます。

夕べ、カーリングの対スイス戦の再放送を楽しみにしていたのに、
ノルディック複合の試合時間が1時間遅れたため、
放送されなかったみたいなのですよねー。残念。
で、録画しておいたアイスダンスのフリーダンスを見ました。

採点競技って難しいと思います。
上位に残ったどの選手のすべりを見ても、
甲乙つけがたく見えました。
上位7人(そこしか見てないのだ)のフリーダンス、
これらまとめて、演奏会のプログラムだったとしたら、
完成度が高く、バラエティーに飛んだ、
素晴らしいプログラムだと思います。
どの演技も、もう一度見たいぞ!!!

しかし、採点方法が変わったために、
ペアの演技により近くなり、
これぞダンス!という、エレガントな演技が減ったことは、
とても残念。
オリジナルダンスでは、転倒者も続出したそうですし。
私は、5位に入ったブルガリアのデンコワ・スタビスキー組の演技が、
一番好きでした。でも、ああいう美しくて、柔らかさと表現力で魅せる
「ダンスらしい」演技では、得点が取れないのでしょうか。

そして、もう一つの魅力、それは、
それぞれのお国柄が、如実に出ていたこと!
アメリカのベルビン・アゴスト組は、個性的で魅力的なカップルで、
私達がアメリカにいた頃から応援していましたが、
ヨーロッパ勢と並ぶと、アメリカっぽさが際立っていて、
思わず笑ってしまいました。
フラメンコなのに、なぜにミュージカルっぽく見えるの?
特に、動きの派手さ、直線的なところとかがね~
アメリカ人、こういうの、好きよねぇ、って感じがしました。

さて、今朝方、女子シングルのショートプログラムが終わりましたが、
日本人選手、3人とも、プレッシャーの中、
実力をほぼ出し切ったのではないかしら。
フリーが楽しみです。
とにかく、それぞれの選手が、
自分に悔いが残らない演技をしてくれさえすれば、
結果はどうでもいい、と思います。
がんばれー!
[PR]

by cembalonko | 2006-02-22 10:33 | 日々のいろいろ | Comments(0)

カーリングにはまる

オリンピックのカーリング、カナダ戦と昨日のイギリス戦を見て、
とりこになった人は多いと思います。
私も、昨日の日記を途中で送信してしまってから、
結局、最初から最後まで見入ってしまいました。
神業的なショットが決まったときのぞくぞくした感じは
病み付きになりますねー
今日も、午後5時からのイタリア戦、
見たいのは山々ですなのですが・・・
それまでにいろいろ片付けなければいけない事が・・・
あぁ~~~
[PR]

by cembalonko | 2006-02-20 10:17 | 日々のいろいろ | Comments(2)

講座は無事終了

昨日、日野のバロックの会の講座、
無事に終了しました。
講義を持つのは、アメリカに行く前以来、
約3年半ぶりくらいだったので、
なかなかツボがつかめずに、苦しみました。

先週は、かなり頑張って勉強しました。
が、頑張りすぎて、用意した内容を、
前の日にしゃべってみたら、
どう考えても2時間で終わる内容ではなかった・・・

当日は、はしょった部分もありつつも、
皆さんに喜んでいただけた内容になったようで、
ほっとしました。



・・・と、ここまで書いたところで、
ダンナがアイスクリームをコンビニから買ってきてくれ、
食べているうちに、お仕事の電話が一本。
そして、オリンピックのカーリングのゲーム、
日本対イギリスが始まり、そのまま2時間半、
カウチポテトと化した日曜日の夜。
[PR]

by cembalonko | 2006-02-19 21:10 | 日々のいろいろ | Comments(2)

プルシェンコおめでとう!

2003年、ワシントンDCで行われた、
世界選手権でライブのすべりを見て以来のファンです。
念願の金メダル、おめでとう!

f0018790_947732.jpg

うちのPCの壁紙はプルシェンコ!

f0018790_9474925.jpg

2003年の世界選手権、エキシビションより。
こういうエンターティナーなところも、素敵です。
[PR]

by cembalonko | 2006-02-17 09:48 | 日々のいろいろ | Comments(2)