どっひゃあ!

・・・いいトシして、こういうタイトルも何だとは思うが・・・

昨日も、京子ちゃん達の室内楽コンサートの
譜めくりをしました。
そしたら・・・なんと!
大学時代の担当教授が客席に!!!
何年かぶりの再開。
あれ?もしかして私たちの結婚式以来かしら!?

いや~、今の私があるのは、
その、めちゃくちゃ厳しかったO先生のお陰なのですが、
思い出といえば、緊張したことばかり。

中学校時代からお世話になっていたのですが、
毎週レッスンに通うとき、
最寄り駅から先生のお宅に伺うまでの道筋で、
腹痛を起こしたり、
レッスン終わって帰るときに
手が震えて、靴紐が結べなかった、とかね。
泣かされて帰るなんて、日常茶飯事だったし。



間が悪いことに、コンサートのプログラムに、
私のリサイタルのチラシを挟み込ませてもらってた。
それを、先生に発見され、
来てくださる・・・ことになったのは嬉しいのだけれど・・・

いつもの30倍は緊張しそうです・・・ふぅ・・・
[PR]

by cembalonko | 2006-05-31 00:41 | 日々のいろいろ | Comments(0)

譜めくりすと

ぴあの猫のらくがき in Wienの京子ちゃんが、
コンサートのために帰国中です。
(左側のメニュー欄のエキサイトブログ参照)

昨日・今日と、下北沢のサロン・ド・ミューズで、
室内楽のコンサートで弾いています。
一昨日、「譜めくりすと」がいない、と、
マネージャーの方から電話があり、
急遽、助っ人に行くことになりました。

譜めくりすと=コンサートのとき、
特にピアニストの楽譜のページをめくる人のこと。
ちなみに、正式名称ではありません

クラリネットとチェロとピアノのトリオで、
ベートーベンとブラームスの間に、
小品の名曲のリクエストにお答えする、というプログラム。
京子ちゃんのとなりで冷や汗かいてないで、
客席で聞きたかったなぁ・・・
お客様も一緒にコンサートを作っているってコンセプト、
大賛成です。
会場には、そうした演奏者の気持ちと、
それを受け取ったお客様とで作り上げられた、
温かい空気が満ちていました。


ああいう空気を作り出せたらなぁ。


この記事をご覧の皆様、今日は、13:30と19:00に、公演がありますよ~!
彼女のブログに詳細が載ってます。
さあ、皆さんも、下北沢へGO! (←どなたかの真似してみた)
[PR]

by cembalonko | 2006-05-29 09:25 | 音楽 | Comments(2)

ライバルの結婚式

今日は、私の小学生時代のライバル、Nくんの結婚式でした。
いや、ライバルって思ってたのは、一方的に私の方だけで、
小学校5・6年生のとき、彼だけには勝てなかったのが、
未だに悔しいのです。くぅ~~~

・・・考えてみれば、当たり前で、
彼は小学校卒業後、神奈川県随一の中高一貫の男子校に進学し、
その後、東大へ。
今は関西の大学の先生なのです。そりゃ、かなわんわ。


実は、ダンナが中高時代の友人でもあるので、
夫婦で「友人」ということで出席させていただきました。
いきなり、司会者のインタビューに当たり、どぎまぎ・・・
前もって耳打ちしてくれていれば、もっとマトモなことをしゃべれたのに・・・
と、機転の利かなさが、悔やまれます。 あー

びっくりしたのは、彼のお母様が、全くお変わりなくお見受けしたこと。
お母様にお会いするのは、小学生のとき以来だったのですが。
お母様が私に、「お綺麗になったわね・・・」と言って下さっている横で、
ダンナ

「昔はそんなにブスだったんですか?」

と言うのを、必死で押さえていたそうだ・・・  なにげない結婚式での一コマ。

場所は、渋谷のレストラン、ル・プチ・ブドン。
お2人の行きつけのレストランとのことで、
本当にお料理、おいしかったです。
ほんわかした、本当に心の温かな方々に囲まれた、
いいお式でした。末永くお幸せに~♪
(新郎側の紅一点だった友人より)
[PR]

by cembalonko | 2006-05-27 21:58 | 日々のいろいろ | Comments(0)

美味しいお蕎麦屋さん

今日は、4月に日野の公民館のコンサートでお世話になった
Sさんのオススメのお蕎麦屋さんに連れて行っていただきました。
お蕎麦は、とても細くて、しこしこした食感。
普通のお蕎麦を4種類と、
お蕎麦を使ったサラダやあんかけなど、
店長さんのお勧めの品は、ほとんど頂いた(すごい食欲!)のですが、
どれも、本当に美味しかったです。
お蕎麦の味って、そば粉の挽き方や配合で、
こんなに違うのか、と、新たな感覚が開かれました。

びっくりしたのは、岩海苔と蕎麦とアボカドの、
繊細な組み合わせ!
味と言うよりも、香りを楽しむといった感じ。
こういうものに、飢えていたのです!
(まあ、どこぞのだだっ広い国では、味わえなかったもので・・・)

そして、なんと!お店では、コレッリとかC.Ph.E.バッハとか、
バロック音楽がかかっていた・・・♪
オルガン曲になったときには、
まるで、ウィーンの聖シュテファン寺院の真ん中で
お蕎麦を食べているみたいなミスマッチ感が、なんとも・・・

お店はこちら! 素朴庵

f0018790_23203634.jpg

[PR]

by cembalonko | 2006-05-26 23:20 | 日々のいろいろ | Comments(4)

豪雨!

夕方までは、とてもよいお天気だったのだ。
洗濯物も干したしね。
ところが、午後3時過ぎになって、にわかに空は掻き曇り、
まさに、pouring rainとなりました。

そんな、土砂降りのピークのときに限って、
予約を取ってしまってた。英会話。
ズボンはずぶ濡れ、肩にも傘かさからのしずくがかかって、
本当に、風邪ひきそうでした。
ああ、日ごろの行いが・・・ --;

今日は、ラッキーマンツーマンでしたが、
(マンツーマンのときは、雑談になることが圧倒的に多い)
今日は、ちゃんと教科書を使ってくれて、テーマは「教育」。
国によっての義務教育の年数を比較したり、
試験があるのとないのと、それぞれの長所・短所を比較したり、
しっかり復習しないと覚えられない表現が多かったですねー。

で、復習・・・明日にしよっかなー・・・

(ほんとにするのだろうか・・・)
[PR]

by cembalonko | 2006-05-24 22:44 | 日々のいろいろ | Comments(4)

お客様の日々

今日は、声楽家の後輩が遊びに来てくれました。
明日は、同級生のヴァイオリンの友人が
ランチに来てくれます。 (^^)

うーん、ひさびさにマジメに料理したぞ!
明日も頑張るぞ!

後輩を駅まで送って行った後は、英会話に行きました。
今日は、クラスは満員御礼の、生徒4人!
私の隣に座ったのは、中学生位の女の子。
たまたま、その子と組んだ会話練習が、
「子供の遊び方が、母親や祖母の年代と比べて、どう変わったか」
と言うテーマだったので、
「あなたはどうなの?おうちでビデオゲームする?」とか、
素で訊いてしまいました。

その女の子、実は大学生だった・・・ (ムンクの叫び!)
話す文脈が大人びてるとは思ったんだけど・・・
いや、スキー場で小学生と間違えられた中年女もいるから・・・ね・・・^^;;
ともあれ、ごめんなさい!

その後、なぜか私が、生徒さんの一人の
昨日お誕生日を迎えた方へ、
「ハッピーバースディ」の歌を歌うことになり、
赤○駅周辺のぬかみそを腐らせましたとさ。
[PR]

by cembalonko | 2006-05-22 22:24 | 日々のいろいろ | Comments(0)

コンサートに行ってきました!

Baroque Songsの相方、
ソプラノの岩見真佐子さんの、オールモーツァルト・リサイタル、
行ってきました!

実は、彼女のプログラムに、
私のリサイタルのチラシを挟み込んでもらうため、
午後2時開演だったのに、午前11時前には銀座にいたのです~
外は暑いくらいの、かんかん照り。
いや~、お天気まで味方につけるとは、岩見さんのパワー恐るべし!

カフェに入って、本を読んで小一時間。
そして、軽いランチの後、山野楽器とヤマハへ。
折角銀座にいるのに、真っ先にそういうところに足が向いてしまうのが悲しい。

さて、コンサート前半は、昔、歌曲伴奏法の授業でよーく勉強した(はずの)
モーツァルトの歌曲と、後半はオペラやモテットからの選曲。
イタリア語もフランス語も、もちろんドイツ語も!!!
一つのコンサートで歌い分けられるのってすごい。

ソプラノにありがちな、キーンと突っ張るところがなくて、
素敵な声。
有名な「春への憧れ」の演奏中には、私の席の隣と後ろから、時々、
一緒に口ずさむ声が・・・

いいコンサートでした。


銀座の風景
f0018790_147127.jpg


f0018790_147559.jpg

[PR]

by cembalonko | 2006-05-21 01:50 | 音楽 | Comments(2)

ダ・ヴィンチ・コード

上巻を、遅ればせながら借りてきて、読んでいる。
ひさびさに、止められない止まらない状態の、
エキサイティングな小説。

ちょっと今日、めげてるので、
気晴らしに、続きでも読むかー!
[PR]

by cembalonko | 2006-05-19 23:31 | 日々のいろいろ | Comments(4)

うるさーい! & 風姿花伝

うちのまん前で、
新築マンションが、完成間近である。
なのに!!!

この期に及んで、鉄筋の何かを壊している・・・


がががが!ごごごご!バンバンバン!!!


うるさーーーーいぃっっっ!
練習にならなーーーーーいっっっ!(怒)









それはさておき、(唐突だな)
最近えらく感動した本がある。それは・・・

「すらすら読める 風姿花伝」 林望著 講談社

中学の古文の時間に、ほんの少しかじった時には、
ガキンチョすぎて、
その意味を味わうことなんて出来なかったのでしたが、
改めて読んでみると、
世阿弥が伝えんとしたところの英知の深さに、
非常に心打たれたのでした。

どのような心得で能の稽古に臨むべきかを、年齢別に説いた
「年来稽古条々」は、
芸能を志す人にはすべて、当てはまるところがあると思いました。
どんぴしゃり。

それよりも・・・
「問答条々」や「別紙口伝」に記された、
場の空気を読むこと、
時の運のあしらい方、などは、
芸能に限らず、人生どんな場面にも応用できる、鋭い見解。




世阿弥ほどの天才が、
もうこれ以上、何もすることがない、と言うほどにまで
稽古を積んだ上でも、
時の運、場の空気に左右されて
出来の良し悪しがあった、ということなのでしょう。

ましてや、毎日必死で稽古を積んでも、
まだまだするべきことが尽きることのない、凡人の自分は?

場の空気や、時の運、
そういうものを読み取れるだけ、
自分に余裕を持たなくてはいけない、と言うことなのか。
そんなこと考えるのは、100万年早い、ということなのか。

どっちだろう。
後者だな、きっと。
[PR]

by cembalonko | 2006-05-17 22:43 | 日々のいろいろ | Comments(12)

支笏湖&札幌 旅行記 4日目

更新報告です。

支笏湖&札幌 旅行記 4日目

UPしました!これにて完成です!


今日は、注文してから、はや1ヶ月近く待たされ、
やっと水揚げされたという生うにが、
礼文島の水産業者から届きました。 (^^)
配送に関しては、いろいろトラブルもあったのですが、
とにかく、届いてよかったです。
ダンナは、今日しか食べる日がないので、
昼も夜も、うに三昧。幸せ♪

(コレステロールという言葉はこの際禁句ですっ)
[PR]

by cembalonko | 2006-05-15 01:07 | 更新報告 | Comments(5)