プラネタリウムでコンサート

11月21日(火)に、
中央区民カレッジの講座の一環として、
プラネタリウムでチェンバロコンサートをすることになりました。

当初は、午前中だけ、
受講者のみを対象とする予定でしたが、
先日、中央区教育委員会社会教育課の主査の方が
銀座のコンサートを聴いてくださり、
1回だけの公演ではもったいない」と、
午後にもう一公演、
一般市民の方も入場できる回を設けて下さることに。

*****

昨日、その打ち合わせで、
タイムドーム明石」に行ってきたんですが、
プラネタリウムを見るのなんて、何年ぶりかしら・・・
涼しげな星空と、神話にまつわるファンタジックな映像が
空一面に映し出されるのに、
仕事を忘れて、感動してしまいました!
いや~、プラネタリウム、いいものですね~♪
はまりそうな予感・・・

コンサートの時には、「バッハが見ていた星空」とか、
映し出してもらおうかな~~~
(弾いてないで私も見たい!)
世界各国・過去も未来も、どんな星空も映し出せるんだとか!
すごい~ イメージが膨らみますねー

もうすぐ終わってしまいますが、平日の18時10分からは、
星の王子様」の上演があるそうで(私はまだ見ていない)、
タイムドーム明石」の全天蓋に映し出される映像システムが、
特に生かされた番組とのこと。
また足を運ぶことになりそう・・・ みなさまも機会があったら是非!
[PR]

by cembalonko | 2006-08-30 10:06 | 日々のいろいろ | Comments(0)

箱根旅行記

某氏から、昨日の日記は手抜きだ!とのご指摘を受けまして、
頑張って緊急UPです。だって、昨日はよれよれだったんだもん・・・
その理由は、旅行記で!

1日目

2006年8月26日から27日、
土日一泊で、箱根に行ってきました。
今年の夏は、温泉続きです・・・(^^;

新宿から、小田急線のロマンスカーを利用するよりも、
バスで直行の方が速いし、
乗換えも面倒くさくないから、いいと思っていたのですが・・・
夏休み最後の週末を甘く見ていた・・・
行きは3時間15分、
帰りはなんと!4時間かかった!!!どよ~ん・・・

そんな訳で、10時新宿発、午後1時過ぎに、箱根の仙石原に到着。

*****

ダンナも私も、もうお腹ぺこぺこ。
その日は、「ガラスの森美術館」へ行く予定にしていたのですが、
私たちの乗った高速バスは、
「ガラスの森」廻りではなかった・・・(TT)
(毎時、00分発のは、直接行かないのが多いようです。
30分発のなら、「ガラスの森美術館前」に止まります。)

仕方がないので、バス停2つ分くらい歩いた。
途中で、高速バスの中で宣伝していた、
フレンチレストランが入っているホテルの前を通ったので、
「入ろうよぉぉぉ~~」と駄々をこねてみたけれど、
ダンナから却下される。(T0T)

*****

ガラスの森」は、独身時代、
私たちがまだ、お付き合いも始めていないときに、
グループ旅行で一緒に行ったことがあるのです。
今回、2回目ということで、
コレクションの質のよさに、度肝を抜かれた1回目の時に比べると、
驚きは少なかったです。
(それでも、前回見ていない素晴らしい作品が目白押し)
しかし、今回改めて気がついたのは、建物やインテリアへのこだわり。
そして、イタリアン・レストラン。
インターネットでメニューを検索した時には、
「なーんだ、大した物はないね」と侮っていたのですが、
カンツォーネの生演奏と一緒に頂いた、
生ハムのフォカッチャの美味しかったこと!

フォカッチャとは、イタリアのパンに、
生ハムを自分で挟んで作るサンドイッチ。
オリーブオイルとバルサミコと岩塩を、
自分の好みでブレンドしてつけて食べるのですが、
このソースが、生ハムの香りを引き立てるのです。
侮っててごめんなさい!野菜のマリネも美味しかったです♪

*****

私、ミュージアムショップに弱いのですよねー。
ショップを隅々まで見て回り、ガラス製のイカをゲット!
白い半透明のイカの質感と、
銅箔の上に着せられたモスグリーンのガラスが見事なのです。
1500円くらいのおみやげ物とは思えない出来栄えに、一目惚れしました。
ガラス製品って、爬虫類なども、質感がよく表現されて、好きです

******

さて、今日のお宿は、「東京放送前」バス停から徒歩1分の、「魯山荘」。
見た目は、いかにも、バブルがはじけて、
どこかの企業が手放しました!っていう保養所を買収して、
民宿に改装した感じ。
建物自体は古いです。
部屋はサンルームつきで、広々していました。
畳が傷んでなければ、なお良し!ですかね。

午後6時に夕食。
夕食は・・・家庭料理っぽい。
っていうより、素人っぽかった。
けれど、品数もそれなりにあったし、私は何も問題なかったです。
男性にとっては、量が少なめだったかも。

そして、肝心なお風呂。
大浴場は、一面ガラス張りの向こうに、
森の木々と、ライトアップされた花などが眺められ、なかなかいい雰囲気。
中浴場は、景色は見えるけれど、大浴場と比べると、極端に狭かったです。
(男湯と女湯が、時間帯によって入れ替わるので、いつかは必ず大浴場に入れます)

ダンナは、2日前の徹夜疲れもあり、
夕食後7時から11時ごろまで、部屋で寝ていました。
その間、私は2度ほど大浴場に入りに行き、
合間にストレッチなどをして、
コンサートで凝り固まった肩や背中が、かなり解けた感じ♪


2日目

2日目は、朝食前に一風呂浴びて、
朝食後は、魯山荘の周りを散歩。
高原の晩夏の空気はすがすがしかったです。
宿の周りには、企業の保養所や、
高級そうな別荘が、たくさん並んでいました。

その後、湿生花園へ。
ここは、日本各地・世界各国の植物が集められていて、
「生きた植物図鑑」といった感じ。
この前の、北海道旅行で出会った植物も
たくさんありました。
植物名の書いたプレートが、目にうるさく感じましたが、
それらは、研究者の方や、夏休みの自由研究の子供たちには、必要な物ですものね。
文句言ってはいけません!

植物園の一部を形成する、仙石原湿原の保護地帯では、
邪魔な(失礼^^;)プレートもなく、
まさに、かつてあった湿原の自然の姿、そのまま。
細長くとがった葦の葉の間に、
霧に吹かれて露をたたえた
色とりどりの花が顔を覗かせる、湿原の美しさは、言葉にならず。
青いサワギキョウ、オレンジのコオニユリ、
黄色のツキミソウ、ピンクのヤナギラン・・・
その美しさは、写真に納まりきるものではない、と分かっていながら、
立ち止まっては、シャッターを切っていました。

*****

ダンナが、「お昼には、フレンチとかイタリアンとか上品なものじゃなくて、
ラーメンとか丼とか食べたい。」というので、
湿生花園のすぐ近くの、中華食堂へ。
ダンナ・パイコー麺とギョーザ、私・チャーシュー麺。

*****

そのあと、ピカソ展開催中の「ポーラ美術館」へ。
ここの近代絵画のコレクションがまた!すごかったです。
ピカソ、セザンヌ、ルノアール、マチス、モネなど、ビッグネームが勢ぞろい!
ピカソの企画展では、ピカソが描いた女性のコーナーが、充実していましたねー。
西洋絵画以外には、日本の人間国宝の焼き物のコーナー、
トルクメニスタンの宝飾品のコーナーなどがありました。
私は、充実した西洋絵画の展示だけで、お腹いっぱいって感じでした。

その後、お決まりのミュージアムカフェでお茶タイム。
涼しげなブルーの、シトラスムースが素敵♪
でも、アメリカのすべて巨大なスィーツに慣れてしまった私たち、
「これで8ドルなんて信じられない!ってアメリカ人なら言うよね~」とか言いながら、
3分(?)で完食。

そして、またまたやってきました!ミュージアムショップ。
大きな演奏会もひとつ終わって、
ちょっとばかり、懐も温かくなったような気がして、さらに!
この緊張が解けた開放感が、危険なのですよ、奥さん。
腕時計、衝動買いしてしまいました・・・
普段に使えるの、1つしか持ってなかったんだもーん・・・
でも、実用的だし、旅の思い出にもなって一石二鳥♪ということで許して~・・・

さて、帰りの高速バスに乗る前に、
どうせ渋滞するだろうから、
ダンナにコンビニで雑誌を買ってきてもらうように頼みました。
そしたら、そのコンビニには、「フライデー」しか置いていなかったんだって!
代わりにダンナが買ってきたものは・・・「料理のレシピ本」!
「そういうことを忘れたいから旅行に来るんでしょう?!」と私、怒り爆発。
再びコンビニに行った彼は、仕方なく、
懸賞がいっぱいついた、クロスワードパズルを買ってきました。
しかし、このパズルがまさか、4時間も、もてあました時間つぶしの
役に立つことになろうとは・・・

せっかく温泉で疲れが取れたのに、最後のバス渋滞4時間で、
水の泡になりそうに。
でも、きれいな物もたくさん見られたし、温泉気持ちよかったし、
命の洗濯にはなったかな。(終)
[PR]

by cembalonko | 2006-08-28 23:25 | | Comments(0)

箱根に行ってきました!

土日で、箱根に行ってきました。
一日目は、ガラスの森美術館に行き、
温泉のある魯山荘に宿泊。
f0018790_23414359.jpg
外装もインテリアも、べネツィアのイメージの「ガラスの森」


2日目は、湿生花園と、ポーラ美術館へ行きました。
f0018790_23432269.jpg
見事な仙石原の湿原

取り急ぎ、ちょっとだけ写真をUPしました。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-27 23:44 | | Comments(0)

コンサート、終了!

銀座のコンサート、
昼夜2回で、着物から洋装への「お色直し」ありの公演、
無事、終了~~~!
いらしてくださった皆様方、本当にありがとうございました。

今日は(もう昨日か・・・)、朝7時半に美容院へ。
「とにかく痛くないように、一日持つように、
それでもって、和装と洋装両方に合うように!」
という無理難題に、朝も早くから答えてくださった美容師さんに、感謝です。

着物を着ての初めての演奏は、
先輩チェンバリストがおっしゃっていた通り、
思ったよりも、帯で上半身が安定して、弾きにくくはなかったです。
袖は多少気になりましたけれど、まあ、大丈夫な程度でした。よかった。

休憩あり(=正味1時間40分くらい)の公演を、
一日に2回すると、
2回目の後半あたりに、ドーパミンが切れるようです。
1回目と2回目の間に、しっかり休んでおかなければ!
今日の教訓。
f0018790_716357.jpg
撮影・中村義政様
こちらのページに、他の写真もUPしてくださるそうです。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-24 00:35 | 音楽 | Comments(3)

コンサートのご案内

f0018790_22463974.jpg

総工費一億円をかけてリニューアルされた、
着物店のショールームで行われるコンサート。
床は寄木のフローリングで、
隅々まで品良くあつらえられた内装は、和風の宮廷といったところ。
そして、もうひとつの見所は、
和風装飾が施された、安達正浩氏製作のチェンバロ。
さらに、私、前半は着物を着て演奏します!
他では見られない、視覚と聴覚の、
和と洋のコラボレーションがお楽しみ頂けると思います。

ご予約はお早めに、一蔵(03-5293-7566)までお願いいたします。

(この記事は、しばらくはトップに置かせていただきます。)
[PR]

by cembalonko | 2006-08-23 00:45 | 音楽 | Comments(6)

銃撃された!?

パンっっ!

・・・  んじゃらんじゃら~~  ・・・


はい、ここで問題です。
コレは何の音でしょう?



正解は、チェンバロの弦が切れたときの音。
ちなみに、最初の「パンっっ!」は、
切れた勢いで弦が響板に当たる音、
その次の「んじゃらんじゃら~~」は、
切れた弦が隣近所の弦を撫で回しつつ丸まっていく音です。
怖い音なのよ~ホラー映画の効果音みたいで。特に夜中とか。


うちの「お椀ちゃん」は、普通はめったに切れないはずの、
低い音域の太い弦に、よく切れる癖があるようなのです。
今までの経験では、弾いている最中に弦が切れたことはなく、
たいてい、しーんとした部屋に突然
銃で撃たれたような音が響いて、
いつも、心臓が止まるかと思うほど、びっくりするんです。

で、その後は、落胆・・・    どよ~ん・・・
だって、新しい弦を張るのに、時間かかるし、
音程が安定するまで、一週間くらいはかかるし。
本番前に限って、よく切れる。
ついでに、プレクトルム(弦をはじく爪)も、よく折れる。


なんか一気に疲れてしまった・・・
私も、んじゃらんじゃら~~、と、丸まりたい気分。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-21 21:14 | 日々のいろいろ | Comments(4)

みんな夏休みでいいなぁ~~~

今日、もう我慢の限界を通り越していた重たい髪の毛を、
やっと、カットしてもらいに行ってきた。
だって担当の先生が、昨日まで夏休みだったから~~~
先週行けば、60日以内の再来店割引が使えたのにぃ~~~

そして、私のぶっとい二の腕をケアしてくれている先生も、
明日から夏休み。 来週演奏会なのにぃ~~~~~ (TT)
(いまさら細くしようとしてる訳じゃないですよ>二の腕)



23日の銀座のコンサート、昼の部も夜の部も、
まだお席に余裕があるようです。
ご都合がつく方は、ぜひ!いらして下さいませ。
演奏もトークも、
気楽にくつろいで聴いていただける感じに、仕上がってます。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-20 00:16 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ダンナの策略

夏休みが取れない私たちは、
26・27日の土日で、箱根に行くことに決めました。

先日の奥多摩のコンサートの朝、
ダンナは言いました。

「あなたがコンサート終わって帰ってきて、
『あー反省することがいっぱい!』とか言ってたら、
箱根行きはキャンセルします


なので、「反省しなくていいように」いつもより、余計に頑張った!!!


・・・こんなことで左右されるのもナンですが・・・
生身の人間がすべてを賭けてしていることなので、
どんなことをモチベーションにして弾いてたとしても、
先日の演奏は、きっといい出来だったに違いありません。なんてね。


===ここから、更新報告です===
コンサート案内
渡邊佳子展’06
ワシントン古楽祭’06写真集
[PR]

by cembalonko | 2006-08-16 00:53 | 更新報告 | Comments(4)

コンサート終了!

初めてケイタイからの更新です。
奥多摩でのコンサート、無事に終了しました。
キリスト教関係の信者さん方の研修で、
70名くらいの方がいらして下さいました。
温かい雰囲気に包まれて、気持ち良く演奏させて頂きました。
共演の塚田雅子さんは、
前半約一時間は、チェンバロ伴奏でバロックものの
リコーダーと歌曲を、
後半は、自作の賛美歌を歌われ、会場の皆さんにも
歌って頂く、というスーパーウーマンぶりでした。
そのタフさを見習いたいデス。
帰りの中央線の中からのご報告でした。
[PR]

by cembalonko | 2006-08-13 23:13 | 日々のいろいろ | Comments(0)

へこんだ。

・・・本番の日にちを、こともあろうに、すっかり勘違いしていた。
12日の土曜日、ではなくて、13日の日曜日だった。
昨日、共演する方から頂いたメールで分かった。

13日は、Y子ちゃんちに遊びに行く約束をしていたのに。
あーばかばか!Y子ちゃん、ホントにごめんなさい。 
凹凹凹凹凹・・・ (インベーダーゲームではありません) 
[PR]

by cembalonko | 2006-08-09 22:32 | 日々のいろいろ | Comments(5)