レッスンを午前中に変更したせいで。

・・・衝動買い。

午前中にお仕事が終わってしまうのは、
非常に危険である。
前にも、午前のコンサートのあと、
同じようなことやったことあるのですよね。
入ったのがユニクロだったのは、
まだ理性が働いていた、と言えましょう。(?)

今日はですね・・・
うっかり、ブーツのかかとを直そうと入った百貨店で、
たまたま、ポイント10倍セールをやっていた。
主婦はポイントに弱い。
そこに付け込まれたのだぁ!
(自分でハマったくせに、と言われれば返す言葉がありません^^;)

でも、なかなか良い買い物をしたと思ってます。
ツィード風のマーメードスカートと、
暖かい起毛のカーキ色のスリムパンツ。
これで、舞台衣装以外のお仕事に行く時も、
しばらくは大丈夫♪
めでたしめでたし。
[PR]

by cembalonko | 2006-11-30 01:22 | 日々のいろいろ | Comments(4)

チェンバロ弾きのお客様

先日、プラネタリウムコンサートに来てくださった
私と同年代の女性の方が、
私のチェンバロ(お椀ちゃん)を、見にいらっしゃいました。
年齢や、家族構成や、
ご主人様関係での海外滞在経験があることなど、
共通点が多く、
チェンバロや音楽のお話よりも、
世間話に花が咲いて、
とても楽しく、有意義な午後となりました。


話題になったのは、30代後半は、難しい年代だ、ということ。

例えば・・・

今まで突っ走ってきたのを、不可抗力で、
不意に止められるような経験をする、とか。

「人生の下り坂」を感じ始める、とか。

裏を返せば、それまでの人生を、
大した障害も無く、突っ走って来れた訳で
順調にやってこられた証拠でもあるかもしれません。


ここをご覧の皆さま、
そんな経験、ありませんか?
[PR]

by cembalonko | 2006-11-29 00:19 | 日々のいろいろ | Comments(0)

歌舞伎とフレンチとピアノコンチェルト 

よく遊び、よく食べ、ちょっとだけ学んだ週末。

******

昨日(土曜日)は、久しぶりに歌舞伎を見に行きました。
演目は、伽羅先代萩・全幕。

前半は、舞台は宮中、登場人物も、子役以外はみな女性。
なので、これぞ歌舞伎!という華やかさがあり、飽きずに見られました。
後半の、男性ばかりが登場する台詞劇のとこでは・・・
・・・寝ました・・・^^;

みどころの一つは、女形の役の中でも、
最も難しい役どころといわれる、乳母役「政岡」。
それよりも、私は、
政岡の息子をなぶり殺しにしてしまう
意地悪ばあさん「八汐」の役が、
コミカルだけれど恐ろしくて、良かったと思いました。
「八汐」を演じたのは、片岡仁左衛門。
仁左衛門は、後半では、
悪者たちをお白州でかっこよく裁く若い管領「細川勝元」役も演じ、
同じ役者さんが演じる二役を比べるのも、興味深かったです。

すごい!!!と思ったのは、仁木弾正を演じた團十郎。
もう何年も前に、團十郎の襲名公演の「外郎売」を見たのですが、
そのときと比べて、芸の格が全く違って感じました。
一言も台詞を語らずに、妖術使いの不気味さをかもし出すところとか・・・
超一流の役者さんでも、なおも成長し続けられることに、ショック。
その陰の努力は、いかばかりかと・・・

・・・あ、私はあんまり詳しくないのに、えらそうなこと言っちゃったかな?
ま、でも感じたままです。
もっと詳しい方のブログ、見てくださいねー  

そのあと、こちらも久しぶり、麻布十番のレ・シューへ。
メインは、蝦夷鹿のステーキ。
薄く切ったりんごと一緒に食べると、おいしいんだなーこれが。
以前私だけが食べた時に、あまりに美味しくて、
ダンナに一切れも分けてあげなかったことを、
一生恨みに思われているので、
今回はたっぷり食べさせておきました。(^^)v
デザートは、洋ナシのコンポート赤ワイン煮、
マロン入りのクリームブリュレ、フランボワーズのシャーベット。
ご機嫌♪

******

さて、今日(日曜日)は、先輩のピアニスト、
宮坂純子さんのコンサート。
1曲目は、弦楽四重奏だけでドボルジャーク「アメリカ」・・・
・・・寝ました・・・(笑)
だって、純子さんを応援に行ったんだもん。
というより、弦のアンサンブル自体の、
音色の変化に乏しいような気がして。
チェロは、支えが利いた、いい音でしたが。
(どうしても低音部聴いちゃうのは職業病)
2曲目、モーツァルトのピアノコンチェルトKV.414の室内楽版。
さすが、純子さんのピアノが入ると、
なんとなく、がさがさした感じだった弦楽アンサンブルも、
ふくよかな音楽を奏でていきます。
後半は、ピアノ四重奏曲ト短調。
これ、大好きな曲です!
1曲目には、ボーっとしていた脳ミソが、
すっかり覚醒されて、元気をいっぱいもらって帰りました。

明日からまた、がんばるぞー!
[PR]

by cembalonko | 2006-11-26 23:09 | 週末のお出かけ | Comments(2)

メキシコ料理&新宿の夜景

都庁に勤めているお友達、Kさんと、
新宿のセンチュリーサザンタワーにある
エルトリートに行って来ました。
アメリカにいたときには、メキシカンは、そこら中にあったので、
ファーストフードでもスローフードでも、よく食べに行きましたが、
日本に帰ってきてからは、初めてでした。
トルティーヤ(具を包んで食べる、薄いパンみたいなもの)が
入ってきた容器が、「あー!アメリカのと同じ!」
・・・そんなことで感動したり・・・
メキシカンシーザーサラダと、チキン&ビーフのファヒータを
1つずつ注文して、2人で充分な量がありました。
コースにしたら大変なことになっていたと思われます。
トルティーヤも、最初に出てくるチップスも、お変わり自由でした。
飲み物も頼んで、2人で4000円弱なり。

そして、新宿駅周辺は、すっかりクリスマスムード。
女性2人で来てる場合じゃないぞ!って雰囲気ではありました。

f0018790_0341241.jpg

f0018790_034319.jpg
このハウスに入ると、天井のモニター映像を見ることができます。
何が映るかはお楽しみ♪
[PR]

by cembalonko | 2006-11-25 00:37 | 週末のお出かけ | Comments(4)

怪獣からの復活

昨日は、起きたら12時36分だった・・・
声はやっぱり怪獣で、おまけに、発作的に激しい咳もでるし。
体が重くて、頭だけは「あれも!これも!」と思っているのに、
何もできず、一日終わってしまいました。
っていうか、午前中は無かったんですけどね・・・

夕食後、駅の構内で500円で売っていた、
「誰がために鐘は鳴る」のDVDを見ました。
上演時間170分!長っ!
古き良き時代の映画って感じ。
セットはまるで、ウルトラマンのそれみたいに
ちゃちなのだけれど、だからこそ、
俳優さんの魅力が際立ちますね。
それぞれの人間味あふれるキャラクターの
描き出し方が、良いな~と思いました。
ああいう映画は、現代ではもう作れないのではないかしら。

*****

今朝は、お陰さまで、怪獣声から復活しました。
さて、再起動です。
また固まるかもしれないけどねぇ・・・ うちのPCみたいに・・・^^;
[PR]

by cembalonko | 2006-11-24 08:59 | 日々のいろいろ | Comments(0)

遠方より・・・

友来る。

・・・ということで、ワシントンDC滞在中にお世話になった
Marikoさんと、フィアンセのJoeさんにお会いしてきました。
Marikoさんは、ヴァージニア州フォールズチャーチ市の、
セント・パトリクス教会の音楽監督で、
私のコンサートを企画してくださった方なのです。

赤羽駅近くの、お気に入りのパスタ屋さんへ。
Joeさんは、ギネス・ドラフトの看板に喜んでいましたが、
実際には、ドラフトは無くて、とてもがっかりした様子・・・
牡蠣とほうれん草のクリームパスタ、めんたいことシーフードのパスタ、
なすとミートソースのドリアを頂きながら、
音楽の話、家族の話、旅の話など、尽きない話題で、
6月以来の再会を楽しみました。

今回、お2人は、めったに日本に帰ってこられない
Marikoさん関係の法事やお見舞いなどのための、
5日間の短い滞在。
その、忙しい合間を縫って、
会いに来てくださって、本当に嬉しかったのでした。

*****

昨日、プラネタリウムコンサートが終わりました。
トークをしているうちに、どんどん声がハスキーになっていき、
最後はハスキーじゃなくて、怪獣?という状況ではありましたが、
無事、2回の公演を終えることが出来ました。
このサイトを見てきてくださった方もいらしたのです!嬉しかった。

*****

これで、11月のコンサートは終了しましたが、
3年分くらいの宿題をもらった感じです。
変化していく自分と、
その変化に対応するためにするべき事を、
今以上に真剣に見つめなくてはいけない、
そんなことを考えました。

家族をはじめ、本当に、いろんな方のサポートがあってこそ、乗り切れました。
うまく行かなかったことは、真剣に対策をします。
時間がかかっても、それが、「本物」になるのに必要な道なら、
結果が出るまで、追求していきます。

とりあえず、怪獣声をなおそうっと。
[PR]

by cembalonko | 2006-11-22 16:55 | 日々のいろいろ | Comments(2)

繭蔵 コンサート終了!

青梅・繭蔵でのコンサート、終了しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
そして、サポートしてくださった繭蔵のスタッフの皆様、
東京古典楽器センターの佐藤さん、
企画全般をしてくださった岡本さんファミリーに、
心より、お礼申し上げます。

また、ボックリ博士こと中村さんが、撮影をしてくださいました。
ありがとうございました。
写真はこちら こちらも
この世にただひとつの、手作りポスターにもご注目ください!

さて、11月のコンサートは、
あさってのプラネタリウム・コンサートを残すのみとなりました。
まだ、若干名、中央区に在勤・在住の方以外もご来場いただけます。
ご希望の方は、管理人まで至急メールでご連絡ください。
入場料300円のところ、ご招待させて頂きます♪

2006年11月21日(火)14:00~16:00

中央区立 プラネタリウム
「タイムドーム明石」

星空の下で聴くチェンバロ(演奏・渡邊温子)
チェンバロの製作と歴史(解説・チェンバロ製作者・安達正浩さん)
プラネタリウム番組「星の王子様」(←お勧めです♪)
[PR]

by cembalonko | 2006-11-19 10:29 | 音楽 | Comments(4)

展覧会 終了!

f0018790_8593068.jpg

f0018790_859478.jpg

母・渡邊佳子の個展が終了しました。
たくさんの方にご来場頂き、ありがとうございました。

会場の「新紀元」は、ご覧のように、明るくて開放的な空間。
アートに囲まれながら、ゆったりとお茶することができる、
「隠れ家的カフェ」でもあります。
挽き立ての豆で淹れてくれるコーヒーが、また美味しいのですよ!
私も、打ち合わせに使ったりしています。
お近くの方はぜひ、寄ってみてはいかがでしょうか。


*****


全くお話は変わりますが・・・

我が家の家宝
f0018790_9432072.jpg

・・・違った!こっちだ。
f0018790_965473.jpg
北海道に帰られたメンバーの皆様、お疲れ様でした!
また東京に来てください!


ちなみに、じゃがポックルは、地元の方でも
なかなか手に入らない、幻のお菓子なのですよ~
M***嬢が大変な思いをして買って来てくれたお土産だから、
もったいなくて食べられない~(最後の一袋なのよね、これ↑)
[PR]

by cembalonko | 2006-11-16 09:09 | 日々のいろいろ | Comments(4)

ご来場ありがとうございました。

今日、立川・新紀元のコンサートにいらしていただいた皆様、
本当にありがとうございました。
当日券をお求め頂いた方も多くいらして、嬉しかったです。
自分のリサイタルでは、たくさん課題も見つかります。
それらを、今後に生かして、さらにいい演奏を目指して
自分を磨いていきたいと思います。

母の絵画展は、明日(14日)が最終日です!
お近くの方は、ぜひ見にいらしてくださいませ。

*****

さて、昨日、自分のコンサートの合間をぬって、
ぜんぜん分野の違うライブを聴きに行きました。

きっかけは、支笏湖に旅行した時に、たまたま聴いたライブ。
感動して、そのアーティストのサイトを探し、
結局、ネット上のお友達になってしまった訳なんです。
(こちらでもおなじみ、さいとうさん)

その方がサポートメンバーとして参加しているバンド、
The kojing revueが、
北海道大会で優勝し(コンクールみたいなものですね)、
全国大会に出る!これは、応援せずにいられますか!ってことで、
昨日、恵比寿のガーデンホールに行ってきたのです。

演奏後、M***嬢と2箇所の演奏者出口で張り込み、
M***嬢が、汗だくで出てきたさいとうさんを発見!
感動の、ミニ・オフ会状態になりました。
その後、ボーカルのYさん、キーボードのHさんともお目にかかれ、
持って行ったKojingのCDに、3人のサインを頂いて、幸せでした。
家宝にしようと思います。^^

さて、このライブはコンクールみたいなものなので、
11グループが2曲ずつ歌うのですが、
Kojingの前後のバンドは、ただ叫んでるだけに聴こえてしまい、
???
こういうのって、スタイルの流行り廃りがありそう。
いや、それ以前に、あの発声で、のど、大丈夫なのか!?
まあ、私は全くの門外漢なので、
自分が好きなものは好き!でいいと思ってますが。
Kojingだけのライブを、いつか聴きたい~
[PR]

by cembalonko | 2006-11-13 23:05 | 音楽 | Comments(5)

いろいろ感動♪

昨日、中央大学混声合唱団の定期演奏会
「メサイア」の公演が終わりました。
・・・緊張しました。
急に、責任感じちゃったんだわね。
毎年、4年生=中大混声最後のステージとなる人がいる、と思うとね。
それと・・・本調子じゃない時期を経て、
演奏の場面で、いつもよりも周りが、
よく見えるようになったような気がしました。

合唱団の皆様は、毎年の通り、本番が一番良かったです。

個人的には、指揮の白石先生は言うに及ばず、
後半が始まる前に、緊張してる私の気持ちを
○○トークでほぐしてくれた、高校の同級生オーボエM君とか、
拙い通奏低音をカバーしてくれようと、いろいろアドヴァイスをくれた
コントラバスのMさんとか、感謝してます。ありがとう。

*****

そして、今日、The kojing revueの東京ライブを聴きにいきました。
2曲だけだったけど、行って良かったです。
このことについては、また書きますね!
書きたいこと、いっぱいあるので。

*****

さて、明日はリサイタルです。
立川・新紀元にて、2時~と6時半~です。
お近くの方は、ぜひいらしてくださいませ!
(母屋のコンサート案内を参照してください)
[PR]

by cembalonko | 2006-11-12 23:02 | 音楽 | Comments(0)