フェストゥーン & 青梅のお寺

土曜日は、イギリス民謡を歌う
ケルティックハープと歌のユニット、
「フェストゥーン」のコンサートへ。

実は、ハープの菅沼さんは、大学の同級生なのです。
もう何年も会っていなくて、
久しぶりに聞いた、彼女の演奏に、
ああ、彼女はこういう世界に行き着いたのだな・・・と、
感慨もひとしお。
イギリス民謡の、哀愁を帯びた、
なんとも懐かしい感じのするメロディーと、
ハープの繊細な音色に、鼻水が・・・(目頭が熱くなったってことです^^;)

ハープやリュートを聴いてしまうと、
チェンバロやめたくなる瞬間があります。
繊細さは、かないません。本当に。

*******

今日・日曜日は、青梅のお寺、泉蔵院へ。 お墓参りではありませーん。
今度の語りの公演と同じ内容を、
一年ちょっと前に改築されたお堂で、
披露させて頂けるかもしれないとのことで、
場所の下見に行ってきたのです。
最寄りの二俣尾駅から、車一台がやっと通れる位の道歩いていくと、
周りには、民家と畑しかありませんでした。
f0018790_194454.jpg

お堂の中は、新しい木の香りがして、
赤いじゅうたんが敷かれ、
祭壇と会衆席の仕切りに、
ガラスでできた天女図と曼荼羅。
音響はとても良く、とりわけ気に入ったのは、
聴こえてくるのが雨の音だけ、っていうところ。
都会では味わえない静けさです。
f0018790_110949.jpg

帰り道、雨に煙った山々に低く雲がかかり、幻想的な風景でした。
やっぱり青梅って、心が洗われますわ。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-30 23:39 | 週末のお出かけ | Comments(0)

予期せぬお別れに

例の、公演負けないか心配なくらい、いい紙でできちゃった
「月の光に魅せられて」のチラシを、発送し終わり、
お返事のFaxやメール、お葉書が、ぼちぼち届き始めたある日、
ライトグリーンの封筒がポストに入っていました。
ある老人ホームからのものでした。

その中には、私の送った封筒が、
封も開かれずにそのままと、
職員さんの手紙が、入っていました。


「せっかく封書をお送りいただいているのですが、
Nさんは、6月7日にご逝去されました。」

・・・あの方は、去年の11月に立川で弾いた
J.C.バッハを最後に聴かれて、旅立たれてしまったのだ・・・


公演を聴きに来てくださる方が、
その場所で何を受け取られ、
どんな思いをもたれるかをすべて、知ることは、出来ない。
けれど、いつも、一期一会であることは、
忘れてはいけないんだ。

予期せぬお別れに、大切なことを思い出して、
襟元を正した次第。
Nさんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-29 14:24 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ヒミツの会合 ?

昨日、池袋の某所にて、
同時期にヴュルツブルグに留学していた3人の先輩方と飲みました。
(私はグレープフルーツジュースと梅酒を^^;)
そのうちの一人は、ドイツ以来初めて。
なーんと!11年ぶり!ヒョ~・・・

場所は日本の居酒屋さんなのに、
ヴュルツブルグでしか会っていないメンバーで一緒にいると、
場所も時間も、留学当時にスリップしてしまったような感覚でした。
f0018790_22212111.jpg
ワゴンに乗ってきた鮮魚 築地より一日早く入荷するのだとか

他の「同窓生」は今どうしている、とか、
お仕事の話、ドイツから帰ってきてからの話、
今熱中していること、などなど・・・話題は尽きず、
家に帰ったのが午前様になってしました。
f0018790_222713.jpg
さきほどのお魚の、なれの果て!

留学中は、バタバタあがいていたので、
その時一緒にいた人たちとは、
苦労を共にしてもらったというか、
見られたくない姿を見られてしまってたというか、
そういう結束感があるような気がします。

本当に、本当に、楽しかった。
気がついたこと。やっぱり一番成長のない私なのでした・・・^^;
みんな凄いです。私ももっと、がんばらなくては。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-28 22:28 | 日々のいろいろ | Comments(4)

月夜のあとは・・・

・・・眠いにょろ。

最近、夜更かしが多くて、寝不足気味です。
最近ご無沙汰の北国の某ギタリストの方に比べたら、たいした事ないですけどね・・・

昨日は、仲秋の名月。
ベランダに反射するほどの、明るい月夜でした。

私は、「竹取物語」の楽譜の清書をしていました。
手書きの譜面の間に、
野田さん(語り)が打ち直してくれた原稿を貼りこみ、
このノート一冊あれば、世界中どこでも公演できる!
って状態になりました。(^^)v
各国からのオファー、お待ちしておりますわん♪

午前3時ごろ、全ての作業が終わったのですが、
目がさえて、なかなか眠れず。
寝室の遮光カーテンの間からも、月明かりが・・・
パワーもらいすぎ。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-26 10:34 | 日々のいろいろ | Comments(2)

秋の庭園散歩

浜離宮恩賜庭園  東京湾の海水を引く潮入の池 ― 案内チラシ表紙より

土曜日午後より、庭園散歩に出かけました。
徳川家の鴨場があり、大名庭園としての名残をとどめる、
広々とした庭園です。

今は、彼岸花やキバナコスモスが見ごろ。

f0018790_224647.jpg

f0018790_261794.jpg

池を見ていると・・・
ピョ~ン! ピョ~ン! と水面に小魚がはねていました。
これが、妙にツボにはまってしまい、
全長118m総檜造りの「お伝い橋」の ど真ん中にしゃがんで、
ぼーーーーっと、眺めていました・・・
こういう時間が、幸せだぁ・・・

f0018790_234393.jpg

汽水(海と川の水が混じった水)に生息する
ハゼやボラなどが住んでるとのこと。
はねていたのはボラだということが、後になって判明。

f0018790_241458.jpg
右・キバナコスモス 左・普通のコスモス (もう一息!)

帰り際、入り口近くで、大道芸のパフォーマンスをやっていました。
番傘の上で茶碗や枡を回したり、
独楽を開いた扇子の上で回したり・・・
口上も巧みで、かなり大きな人だかりとなったお客様たちを
沸かせていました。
f0018790_2191846.jpg
なにか分からないけど、妙にかわいかった実 秋を感じます
[PR]

by cembalonko | 2007-09-25 02:20 | 週末のお出かけ | Comments(0)

もー最悪!自分!

今日は、母の所属する合唱団の本番。
私は、受付の手伝いを頼まれていました。
西国分寺のいずみホールに、集合時間の12:50に到着!時間ぴったり!

ところが、ホール前の立て看板が、違うのです。
お琴の演奏会になってる。ザーーー・・・(血の気が引く音)

慌てて母のケイタイに電話。出ない!当たり前だ、ゲネプロ中だし。
父はケイタイ持ってるけど携帯しないし。
(今日ほどその無意味さを実感したことはない。(ーー;))
自宅も実家も誰もいないし。
仕方ないので、仕事中のいもーとに連絡。(じゃましてごめんよ)
「もしもし、母の会場ってどこっ!?」

なーんと、府中の森だったぁー! (@_@;)

慌てふためいて、いずみホールから府中の森までの最短ルートを考える。
で、西国分寺から府中本町まで武蔵野線に3駅乗って、
タクシーで駆けつけた。

お陰で、集合時間には25分の遅刻だったが、
会場時間の15分前に着けた。けれども、
他のお手伝いの皆様方、本当に申し訳ありませんでした・・・m(__)m

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

母は、モーツァルトのレクイエムで、ソリストだったのです。
自分の母ながら、舞台の上の存在感に驚きました。
ってこーゆー風に身内のこと褒めちゃうなんて、
普通しないよね。日本人なら。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

話は戻りますが、受付業務のひとつに、
合唱団がお世話になっている先生のご案内役というのがあって、
それが、結構重責っぽかったのです。
私は母から、そのことを聞いていたのですが、
他のスタッフには、詳細が伝わっていなかったようで、
自分の最初の失敗を心理的に引きずってた私は、
その重責のこともあり、なんだかずっと、
ぴりぴりしたままで、一日終わってしまいました。

打ち上げのエビのチリソースが、美味しかったなぁ・・・
[PR]

by cembalonko | 2007-09-22 23:45 | 日々のいろいろ | Comments(2)

カフェに入れなかった話

コンサートがあった日は
ダンナは夕食がいらなかったので、
スーパーのお寿司を買って帰る。
一人の夕食の後、本番の録音を聴いて、ちょっとふて寝。

夜中に、翌日のリハーサルに向けて、
「竹取物語」に付けた曲を、いくつか直し、
3時近くまでかかって、一箇所につき数通りの音楽を書いた。

・・・翌日(昨日)。
身体やアタマの疲れが、取れてはいなかったが、
午後から夕方まで、リハーサル。
終わった後、急いでダンナの夕飯を作り、
ダンスカンパニー「コンドルズ」の公演を見に。

今日は、自分の勉強のために、ある講座に出席。
その後、新宿の百貨店で行われている
生け花とお茶室と日本画の展覧会の招待券をもっていたので、
同じ講座に来ていたヴァイオリンのmちゃんを、いきなりお誘い!

展覧会は、素晴らしく、光を使って水の反射を白い壁に映す作品などは、
癒されて、ぼーっといつまでも見ていた気分に・・・



・・・・・

・・・ゴメンなさい、眠くて限界です。Good Night・・・
[PR]

by cembalonko | 2007-09-21 23:58 | 日々のいろいろ | Comments(2)

終了!

松本記念音楽迎賓館でのレクチャー演奏、
無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

しかし・・・人様のイベントに出演させていただくのは、
身内とはいえ、プレッシャーがかかることではあります(汗;
久しぶりに、とっても緊張しました。
(実はね・・・そうは見えないでしょうけどね・・・)

去年大学院を卒業されたばかりという、
ピアニストの方も、
狭い会場なのに、決して鳴り過ぎない、
とてもステキなドビュッシーやショパンを
聴かせてくださいました♪

明日は、「月の光に魅せられて」のリハーサル。
バテてなんていられません!がんばります!
[PR]

by cembalonko | 2007-09-19 22:39 | 音楽 | Comments(0)

つぶやき

思いなおした。

どんな人にも、欠けている所なんて、
ほんとうは一つも無いんだ。



========

明日は、ぜひこちらへ! お待ちしています♪

音楽鑑賞サロン 特別セミナー
「鍵盤音楽を楽しむ」 ~チェンバロからピアノへの移り変わり~

9月19日(水)14時~16時
松本記念音楽迎賓館
入場料 会員3000円 非会員 3300円 
※Tea&スィーツ付

お申し込み・お問合せ
コミュニティクラブたまがわ事務局 03-3708-6125
[PR]

by cembalonko | 2007-09-18 17:40 | 日々のいろいろ | Comments(0)

大物!

9月15日(土)15時15分。
私は、すみだ○リフォニーホール 大ホール入り口前に立っていた。
半月ほど前、某氏から、
新日フィルの公開リハーサルが抽選で当たったから、と、
誘われていたのだった。
某氏は、前に予定があるため、
タクシーでぎりぎりに駆けつけるということだった。

しかし、入場時間になっても、現れない。おかしい。
携帯メールで、待ち合わせ場所の確認をすることにした。

『(待ち合わせって)小ホール?』

・・・50秒後、某氏から電話。

『ごめーん、昨日だったぁ~~』

ええ~~~!昨日だったって、分かってたんなら、
何で連絡くれないのぉぉ~~~?

『私も、今、ビ♪ちゃんからのメールを見るまで、
公開リハーサルのこと、すっかり忘れてた~のよ~

いやはや、大物・・・
腹を立てる気も失せてしまった。
某氏は、それでも駆けつけてくれて、
ホール前のカフェ・○・クリエで
終演の予定だった時間を遥かにオーバーするまで、
だべりんこ。

まあ、私は午前の武道の稽古で、
体よれよれだったから、
リハーサル聴いても寝てたかもしれないし、
かえって、良かったのだと思う。

すべてのことは、ベストなタイミングで起こるものなのだ。
いい事も悪く見える事も。うん。
[PR]

by cembalonko | 2007-09-17 00:30 | 週末のお出かけ | Comments(2)