皆様へ・・・

今年も、この拙ブログに遊びに来てくださり、
ありがとうございました。

良いお年をお迎え下さいませ!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-31 14:14 | 日々のいろいろ | Comments(0)

「楽譜庫」から「書斎」へ昇格!

「床が楽譜で見えない」状態。

・・・音楽を生業としているそこのアナタ!経験あるでしょ!?
一昨日、打ち合わせでご一緒した某氏に至っては、
「膝の高さまで、楽譜が積みあがってます・・・」

昨日は一日かかって、
「書斎」という名の「開かずの間」を片付け。
黄色いトルコ絨毯の面積がだんだん増えていく~♪
そして、本棚も整理。
引っ越しの時に、とりあえずサイズ別に
本棚に突っ込んだままの書籍たち。
音楽書も一般書も、ごちゃ混ぜだったので、
本棚を別に一つ組み立て、スペースを増やし、
やっとのことで、使う目的別に本を分けることが出来ました!
まるで、宝探し。
あ、この本、こんなとこにあったんだー!とか・・・ ^^;

今日は、寝室とお風呂場を大掃除。
お風呂場って磨き甲斐があるわ~♪
でも、お陰で腰が・・・ (←オババです)

年末に慌ててしなくてもいいかもしれない、と思いつつ、
大掃除している途中、
一年間のいろんな思いも
一緒に整理している自分がいました。
[PR]

by cembalonko | 2007-12-30 23:11 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ほっ・・・

この年末は、本当に落ち着きませんでした。
ブログを書く気力も、なかなか湧かず・・・スミマセン・・・
一昨日、3時間耐久レクチャーコンサートを終え、
昨日と今日とで、来年の公演のための大事な打ち合わせを終え、
やっと、ひと心地ついた感じです。
それもこれも、長引いた体調不良のせいなので、
まあ、仕方がないのですが・・・


それにしても!!!
物事、うまく行く時は、いろんなことが
すべて、良いタイミングで起きるものです。
今日も、楽器レンタルの件で、
とってもいいオファーが頂けて、
それだけでもう、すっごくうまく行きそうな気がしています!
(その前にさらえばー?という天の声が・・・ ーー;)

忙しい毎日ですが、新年までもう一息!がんばりましょー!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-29 00:28 | 日々のいろいろ | Comments(2)

今年最後の本番終了!

今年最後のレクチャーコンサートをしてきました。
同じ内容を、4サイクル。
聴いて下さる方の雰囲気に、微妙に影響される自分を発見。
なかなか出来ない経験で、面白かった。
なによりも、たくさんの方に
チェンバロの魅力に触れて頂けた事が、うれしかったです。

そして初めて、モダンチェンバロにも触りました。
プレイエルの、ランドフスカ・モデル。
もちろん、私には弾きこなせないけれど、
楽器としては、いい楽器だと思います。
これを専門に勉強した方に、
実際に演奏していただくところを、
ぜひ、聴いてみたいと思いました。

緊急連絡 再び
エキサイトのメールが開けない状態になっています。
急用の方は、他の方法でお願いいたします。テレパシー以外で!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-26 23:15 | 日々のいろいろ | Comments(0)

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

f0018790_9202895.jpg

            Merry Christmas!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-24 09:21 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ダンナのベランダガーデニング

f0018790_7482885.jpg
プリムラ・ジュリアンです。
なんと!猛暑の夏にひたすら耐え、
ほとんどの葉っぱを葉ダニに食べられる
という苦難をのり越えて、
こんなに立派に花を咲かせてくれました!
f0018790_751071.jpg
翌日になってから帰ってくるような生活をしていても、
ジュリアンちゃんへの水遣りのことは、いつも気にしているダンナ。偉い!


緊急連絡
昨日の朝からエキサイトのメールサーバーがダウンしていて、
メールチェックが出来ておりません。
もし急用の方がいらしたら、別の手段で試してみてください。
テレパシーは現在、圏外となっておりますのであしからず!

※23日夕方復旧しています。お騒がせしました!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-22 07:52 | 日々のいろいろ | Comments(2)

サプライズ!

親亀の上に、子亀をの~せ~て~~♪
子亀の上に、孫亀の~せ~て~~♪ (謎)


  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪


Mちゃんから、イッヒリーベディッヒの国と、
ニーハオの国のお土産が送られてきた。
イッヒリーべの国からのは、ピンクのアルファベットパスタ。(きゃー!ピンク!)
ニーハオの国からのは、ピンクのポーチ。(きゃー、こっちもピンク!)
さすが、Mちゃん、私のツボを心得ている。
嬉しくて、いそいそとお礼メール送信。


  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪


その日の夜。
飾っておいたピンクのポーチ、もったいないと思ったけれど、
袋から取り出してみました。
ちーーー、っと、チャックを開けてみたら・・・
f0018790_9402433.jpg
こんなん出ました!
開けても開けても、次から次へと出るわ出るわ!
Mちゃんの、人の心をくすぐる技にはいつも、脱帽!
2度も3度も美味しかったお土産でした。ありがとー!
[PR]

by cembalonko | 2007-12-21 09:42 | 日々のいろいろ | Comments(0)

音楽の力

昨日お目にかかった、ボサノバを歌われる方と、
こんな話をした。

人は穏やかに生きたいものなのだろうが、もし、
「情熱」がなくなったら、
音楽を演奏する人生は、成立するだろうか・・・と、
私はその方に伺った。

その方は、
「フラメンコのような、『怒り』を含む情熱を表現するのは
難しくなると思う」とおっしゃった。

そして、大富豪の息子として生まれ、何不自由なく
ボサノバの大家に育ってしまった作曲家を例にあげて、
「天国しか経験していない人が描き出す天国と、
天国に憧れた人が描き出す天国には、差があるでしょう」
とも。

自分はどこを目指していくのだろう。
自分の出来ることは何だろう。・・・と、しばし考えた。
[PR]

by cembalonko | 2007-12-19 22:20 | 音楽 | Comments(4)

最近のいろいろ

先週末は、高校生のリコーダーコンテストの伴奏でした。
本番で弾いた楽器は・・・
電子チェンバロ with エレクトーン風フカフカキーボード in 平均律・・・
・・・まあ、生徒さんにも、私にも、よい経験でした。

本番前、舞台袖で生徒さんと合わせをしようと思ったら、
リコーダー界の大家でいらっしゃる○○先生と再会!
あ~先生~お懐かしい~・・・ と振り向いたら・・・
先生、廊下から舞台袖に上がる段差につまづかれ、
思いっきりひざを打ってしまわれたご様子・・・(驚!)

先生のことも気になったけれど、
電子チェンバロ待ちの他のグループもいたので、
そこにしゃがんだままの先生には失礼して、
まずは、リハーサルを終わらす。

その後、楽屋にお尋ねしたら、まだ痛そうにしていらした。
先生は指揮をなさるので、コンテストと言う大事な舞台、
もし何かあったら、責任問題である。
まずは、コンテスト事務局に、救急箱の有無を訊きに走る。
でも、シップはないと分かり、
本番を控えた生徒さんとお母様をロビーにおいて、
急遽、薬局へとまた、走る。
なにせ、初めて来たホールである。
周りの土地勘がないので、
交通整理のおじさんや、コンビニ店員さんに訊いたりして、
やっと、薬局を発見!シップをゲット。

なんとか本番の集合時間に間に合う時間に帰ってこられた。
○○先生も、私の差し上げたシップのお陰で
痛みが取れた、とおっしゃっていたので、よかったよかった。
本番の思い出と共に、なんか運動したわーという感触、
そして、するべきことができて良かった、という安堵が残りました。

======

今日は、母校の図書館に5時間近く篭って調べ物。
集中力の限界まで・・・
夕方、寒くなりましたね。
私はまだ、咳がぬけません。
風邪には、くれぐれもお気をつけ下さいね。
[PR]

by cembalonko | 2007-12-17 21:57 | 日々のいろいろ | Comments(0)

お別れ

弔事は苦手である。
いや、得意な人がいたらそれは、ギリシャの泣き女くらいだろう。

旅立つ魂は、この世に未練はないのだろう、と私は信じる。
だから、お別れは言いやすい。
でも、遺された人の悲しみを心に刻むのは、本当に本当に辛いことだ。

同世代の男性が亡くなった。
学生時代に参加していた、M合唱団の団員で、
団内結婚で、奥様のEさんも知っている。
一度、お宅に泊めていただいたことがあった。

お焼香をする時に、私とほとんど変わらない年齢で
喪主となったEさんの顔が見えた途端・・・

もう、だめだった。
遺されたのが、娘だろうが妻だろうが母親だろうが、
こういうとき、自分なんか一番悲しくないから
泣いちゃいけない、と言い聞かせても、
私の涙腺は止まってはくれないのだ。
焼香台を前に、一生懸命目を上に向けて
すごい変な顔をしていたに違いない。

赤羽まで帰ってくるまで、
コンタクトが曇るくらい、止まらなかった涙。
もし、私が涙を流すことで、
一番悲しい思いをしている方たちの辛さが
少しでも和らげられるのだったら、
私はいくらでも、泣き続けたい、と思った。
でも、できることはもっと他にあるのだよね。
[PR]

by cembalonko | 2007-12-15 23:32 | 日々のいろいろ | Comments(0)