突然ですが、生徒さん募集中!

JR北浦和駅からすぐの、タニタ楽器では、
チェンバロの生徒さん募集中です。
6月に、無料体験レッスンがあります!
ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ。
(6月4日、5日、11日、12日、18日、19日)
お問い合わせ タニタ楽器 浦和支店 Tel 048-831-0910

======

また、渡邊の自宅での個人レッスンをご希望の方も、
ご相談に応じます。
レッスン料は、条件によって変わりますので、
この記事に非公開コメントを残してくださるか、
母屋よりメールにて、お問い合わせください。

======

今までの経験ですと、
生徒さんは、楽器をお持ちでない方がほとんどです。
また、ピアノも含めて楽器を習うのは初めての方、
小さい頃にピアノを習っていらした方、
今もピアノを習っているけれど、バロック音楽はチェンバロで弾きたい方、
など、さまざまな方がいらっしゃいます。

レッスン毎に、その時間内で、
ある程度のテクニックが身に付くようにご指導しています。

「あの美しい楽器に触れてみたい!」という方、
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-29 09:24 | 日々のいろいろ | Comments(0)

もうだめかも~

昨日は、子供のための新しい企画の打ち合わせ。
で、暑い中、自転車で最寄り駅に向かう。
駅のホームで、なんとなく鞄をごそごそ。 す る と ・  ・   ・

な  い   ・   ・   ・

またしても、お財布を忘れた。
こんな私は、死海にでも沈めてしまいたい。沈まないねぇ。しょっぱいだけだわねぇ。

*****

お話は戻りますが、土曜日に、M嬢と久しぶりにデート。with ダンナ。
そのあと、私も来月に出店しようと思っている「手作り市」の会場へ。
某音大がすぐそばの、鬼子母神の境内でした。
ところが、そのイベントは16時までだったのに、
私が17時までと、すっかり勘違いしていて、
行った時には、もう終了していたっていう・・・

こんな私は、もう冥王星でも連れてって埋めてくれ。ほんと。

******

そうそう、お財布忘れた打ち合わせの後、
鍼を打ってもらいに行きました。
以前行ったところでは、効かなかったのですが、
ここしばらく、接骨院でお世話になっている、
気心の知れた先生だったら、大丈夫かも、と思って、
お願いすることにしました。

打った後は、心地の良いだるさ。
夜は、よーく眠れたので、良かったけれど、
一夜明けた今日も、なんとなく、ぼんやり気味。
でも、午後になって、だんだんに調子が出てきました。
首の痛みはよくなり、ずっと治らなかった肘も、痛みが減り、
体が軽くなっていることに気が付きました。
よかったよかった。

******

「神の為し給ふ所は皆その時に適ひて美麗(うるわ)しかり。」
いいですね、この聖句。mちゃんありがとう!
[PR]

by cembalonko | 2008-05-27 22:26 | 日々のいろいろ | Comments(6)

一つ終わった宿題

首はまだ、痛いでーす。
だからぁ~、早くぅ~、「宿題」をすませたいんだけれどぉ~・・・

一つ終わった宿題、書いてみますね。
それは、ネガティブな気持ちは、痛みを強め、
反対に、ポジティブな気持ちが、痛みを和らげるってこと。

*****

金曜日の午前中、溜まった家事を片付けようと、
掃除に洗濯にと、せかせか働いていました。
とにかく、歩くだけでも、首に響いて痛かったので、
思ったより時間がかかりました。
「ここまでやって出かけよう!」と思っていた仕事も出来ず、
イライラは、つのるばかり。
そして、こんなときに限って、
出掛けてから、お財布を忘れたことに気が付き、
取りに帰っていたら、いつも乗る電車に乗れず、
「あー遅刻だ。こんなことで遅れる私なんか、
北極海に沈めてしまいたい!!!」

と、めちゃくちゃ自分を責める私。
その間中、首は脈打つように痛んでいました。

最初の電車に乗り遅れたにもかかわらず、
乗り換えの時に、いつも乗っている電車に乗れてしまいました。
「良かったー!遅刻せずに済んだ~♪」と思った途端、
すーっと首の痛みがひいていきました。
もちろん、完全に痛くなくなったわけじゃないけれど、
その瞬間の感覚は、まさに「重荷が降ろされた」って感じでした。

すべての事は、完璧なタイミングで起こる。良いことも悪いことも。
・・・って、いつも自分に言い聞かせているつもりですけど、
悪いことが起きれば、自分を責めたり、他人を貶したり。
それほど、人間出来ているわけじゃないね。
でも、それがなくなれば、もっと楽に生きられるのにね。

*****

以上、学んだことその1、でした。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-25 11:31 | 日々のいろいろ | Comments(2)

寝違えた。

一週間ほど、夜中になると咳が出て、
苦しかったのですが、
3日前に、咳きこんだ勢いで、首を寝違えてしまいました。
すぐ治る、とタカをくくっていたけれど・・・

痛いですぅ・・・ (TT)

「痛み」とは。
文字通りの意味からでも、比喩的な意味からでも、
そこから、学ぶべきことが完了しないと
治らないもの。

私が学ぶべきは、「忍耐」?「我慢」?何なに~~~??? イタタタ・・・
[PR]

by cembalonko | 2008-05-23 11:33 | 日々のいろいろ | Comments(4)

捨てられない。

おうちにたまった「宝」(=ガラクタ)の山。
ほこりをかぶった人間関係。
たくさんたくさんお伝えしたい、バロック音楽の魅力。

私は、捨てられない人です。あーあ。

*****

バロック音楽講座、第3クールの第3回目が終了しました。
昨日、今日の講座の内容をしゃべってみて、
90分に収まりそうになかったので、少しカットはしたものの、
お話ししながら、やっぱり気持ちが、せかせか気味でした。 反省・・・

聴いて下さる方にとっては、情報&音楽満載でお得だとは思いますが、
それだけで終わりたくないのよね~ 私の芸風としては。
・・・と、ただのひとりごと、デシタ。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-22 14:43 | 日々のいろいろ | Comments(2)

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン

f0018790_2375249.jpg

・・・という名前の手作り石鹸を買いました。
しばらくは液体ソープばかりを使っていて、
固形石鹸とは縁遠い生活をしていましたが、
最近になって、アメリカの知り合いからもらった
手作り石鹸を使ってみたら、
泡がきめ細かで、香りが良く、長持ち。
それ以来、手作り石鹸と聞くと、
触手、じゃなかった、食指が伸びるんですねー
(いや、食べないから安心してね。食べても害ないらしいけど)

そして、この名前ときたら!!!買うしかないでしょう!
中世ドイツの音楽家であり、博学の長。
この時代の女性で、彼女ほどの知識と技術を持った人に、
もし、キリスト教の後ろ盾がついていなかったら、
おそらく魔女とされ、その運命はいかに・・・

ひとつの石鹸を前にして、
しばし古の修道女に思いを馳せました。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-14 23:07 | 日々のいろいろ | Comments(8)

コンサート終了!

青梅市美術館のコンサート、無事に終了しました!
会場には、お庭の長い竹があしらわれ、
背景には、美術館所蔵の屏風が立てられ、
素晴らしい雰囲気を作って頂きました。
f0018790_22582285.jpg
f0018790_2393811.jpg
撮影・ボックリ博士

~屏風の画家について~
田中以知庵(たなか いちあん)
日本画家。東京生。名は兼次郎、別号に咄哉州・一庵等。上原古年に画の手ほどきを受けたのち松本楓湖に師事し、巽画会・紅児会等で活躍する。また釈宗活について禅を学び、朝鮮半島に渡るなど数年にわたって求道的な生活を送る。晩年は風景画に独自の画境を拓き、飄逸な絵画世界を展開した。春陽会会友・日本南画院同人・日展審査員。昭和33年(1958)歿、65才。

======

当日は、大雨。
17時40分ごろ、本番調律を開始すると、
18時20分の開場時間まで、まだ30分以上もあるのに、
閉め切られたガラスの自動ドアの前に、
開場を待つ人の列ができ始めたのが見えました。傘をさしたままで・・・
「これは、早くしないと!」と思い、
できるだけ丁寧に速く調律を終えようと、がんばりました。

本番、会場に出て行った時に、ふと、
私たちの公演を聴くために、
寒くて濡れる中を、長時間並んで下さった方のことを思って、
胸が熱くなりました。
また、聴いて下さる方々の、一音も逃さずに聴こう、という集中力が
ひしひしと伝わってきて、
それが私の「気持ち」の背中を押してくれました。

とてもいい経験をさせて頂きました。
いらして下さった100名余りの皆様方に、
心より御礼申し上げます。

======

出演者3人とも送って下さったボックリ博士に、感謝!
[PR]

by cembalonko | 2008-05-11 23:10 | 音楽 | Comments(0)

コンサート @ 青梅市立美術館

竹取物語
~歌*チェンバロ*語りの彩~

日本最古の物語と言われる「竹取物語」と
バロック時代の宮廷楽器チェンバロが
女性演奏家3名のコラボレーションによって出会います。

5月10日(土) 午後7時開演 (午後6時20分開場、午後8時終演予定)
青梅市立美術館ロビーにて

出演  千曲風羽(ソプラノ) 渡邊温子(チェンバロ) 野田香苗(語り)
入場料 大人200円 小・中学生100円 (展覧会観覧券として)
定員   80名(イス席)
※ 事前予約なし、当日直接会場へお越し下さい。(先着順)

お問合せ 青梅市立美術館 0428-24-1195

※ この記事はしばらくトップに置きます。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-10 23:03 | 音楽 | Comments(2)

明日は演奏会!

ずいぶん遠くから、大学時代の友人が来てくれることとか、
しばらく演奏会に来られなかった生徒さんが、来て下さることとか・・・

・・・嬉しいです♪

背景は、ガラス越しの新緑、という舞台。
美術館の雰囲気にふさわしい公演になるように
あまり頑張りすぎずに いきたいです。

柔術の稽古を、また休まなくちゃいけないのは残念だけど~
[PR]

by cembalonko | 2008-05-10 00:31 | 日々のいろいろ | Comments(2)

講座終了!

バロック音楽講座、第3クールの第2回目が終了しました。
新しい方がお2人お見えでした。
楽しんでいただけたようで、
次回のご予約も頂き、
嬉しい限りでございます♪♪♪
受講して下さった皆様方、ありがとうございました!

*****

昨日は、ドイツ人オルガニストの公開レッスンを聴講に。
先生のバイタリティーと、熱心さ、
また、演奏に対する真摯な姿には、感動しました!
そして、鍵盤を操る人としての「天才」とは、こういう人なのかと。
・・・どんなレベルの生徒さんにも、
そのレベルに合った指導ができる方だから、
やはり、努力されて、あそこまで、
表現するための100%確実な技術を
得られたのかもしれません。
[PR]

by cembalonko | 2008-05-08 23:03 | 音楽 | Comments(1)