へろへろ

・・・な上、凹んでます。

今日は、いろんな方にお目にかかり、少し復活。

さて、おなかすいたから、夕飯の支度でもしよう。
15%オフで仕入れたマグロで、丼でも・・・
[PR]

by cembalonko | 2008-08-29 20:07 | 日々のいろいろ | Comments(5)

なんだか忙しいのよね

今年の秋は、色々あってですねー
これまでのように、
ゴールが見えないとスパートできない状態では
乗り切れなさそうな雰囲気。
いや、これまでだってさ、本当はこれではいけなかったのは
分かってるんだけど。

夏バテは、ここ2日の涼しさで、峠を越えたけれど、
寝不足&疲れ気味。
おまけに膝もちょい痛かったけれど、
がんばって柔術の稽古に参加。
ボーっとした疲れが、すっきりした疲れに代わるのが、心地よいです。
週に一度のエクササイズ。汗かいてきました。

♪  ♪  ♪  ♪  ♪

さて、秋のイべント第一弾! 
光と色の戯れ
渡邊佳子 水彩画 渡邊温子 ビーズアクセサリー 展
10月1日~6日
カフェギャラリー FIND (十条駅から徒歩5分)

期間中の音楽会を、オーガナイズしています。
木のぬくもりを感じられるアットホームなギャラリーで、
弦をはじく木の楽器の、優しい音色を、感じにいらしてください。

2日(木)14時 & 17時
「ひらめき☆きらめき」 ~小さなチェンバロで聴くバロックの名曲~ 
ヴァージナル・渡邊温子
ドリンク付1800円 ケーキセット付2000円 お食事付2100円

3日(金)14時 & 18時30分
「光の音のつむぎ」 ~ヘルマンハープと歌とピアノと~
ピアノ・林晶彦 ヘルマンハープ・林智子 ソプラノ・千曲風羽
ドリンク付2250円 ケーキセット付2500円 お食事付2750円

4日(土) 14時
「ゲーテが見た茜の空」 ~朗読と音楽~
朗読・野田香苗 音楽構成&ヴァージナル演奏・渡邊温子
ドリンク付2250円 ケーキセット付2500円 お食事付2750円

4日(土) 17時
「懐かしきイギリスの歌」 ~小さなハープと歌のアンサンブル~
フェストゥーン (アイリッシュハープ・菅沼安佐代 ヴォーカル・渡辺ゆき)
ドリンク付2250円 ケーキセット付2500円 お食事付2750円

5日(日) 10時30分~12時
「いろんな楽器にさわってみよう!」 
※子供も大人も、珍しい楽器を近くで見たり弾いたりしてみませんか?
  チェンバロ、クラヴィコード、
  ヘルマンハープ、アイリッシュハープで遊びましょう!
  デモ演奏もあります。時間内入退場自由。入場無料! 

5日(日) 14時
「ゲーテが見た茜の空」 ~朗読と音楽~
朗読・野田香苗 音楽構成&ヴァージナル演奏・渡邊温子
ドリンク付2250円 ケーキセット付2500円 お食事付2750円
[PR]

by cembalonko | 2008-08-23 23:03 | 日々のいろいろ | Comments(4)

オルガンと戯れる

午前中、オルガンの先生の所へ。
昨日、音楽教室の重~いオルガンで練習したのが逆効果。
先生に私の演奏をマネして頂くと、
笑っちゃうほど不自然な演奏になっていたのが分かり・・・あーあ・・・
チェンバロ以上に、個体差があるオルガンに対応しなければならないとは、
オルガニストはほんとに大変!と思った次第。

そのあと、速攻で打ち合わせを済ませ、
久しぶりに本郷にある輸入楽譜店へ。
かなり迷った結果、2冊ほど楽譜を仕入れる。
家に帰って、楽譜の最初から弾きまくりました。
でも、まだ指が重たいよぉぉーー(TT)

明日は、某所でポジティフオルガンの試奏です。
いろんな楽器に触れて、楽器から教えてもらう日々。
良い経験をさせてもらってます。
[PR]

by cembalonko | 2008-08-20 22:24 | 日々のいろいろ | Comments(0)

松本記念音楽迎賓館 楽器講座 終了!

夏休み企画の楽器講座が、すべて終了しました!
タニタ楽器の時とちがって、私一人で、
チェンバロ・ピアノ・オルガンをやってみたのですが、
・・・話す方が大変でした・・・
もっとたくさんチェンバロ弾きたかった。
でも、今回の企画は、3つの楽器を比べていただく趣旨なので、
まあ、こんなもので。

久しぶりに弾いたフレンチ。
やっぱり、良いわ~♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

木曜日には、川口リリアホールに、オルガンコンサートを聴きに行きました。
コンサート後半は、M.デュプレの「十字架の道行」全曲でした。
1曲ごとの場面の解説が、
修道服を着たホンモノの司祭様だったのが、印象的。
お姿も、声もまた、素敵で♪

曲自体が、とりわけ親しみやすい、というわけではないけれど、
その解説と映像の効果も手伝って、
いらした方皆さんが、とても興味深く聴くことができたのではないでしょうか。
私はとっても、楽しませて頂きました。
心に栄養をもらった感じでした。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今秋は私も、オルガンを弾く機会が増えました。
今日がその第一弾だった訳です。今月末にもひとつ。
というわけで、今週は、オルガニストの方に
ご教授頂く機会を作りました。ドキドキですっ。
[PR]

by cembalonko | 2008-08-17 22:38 | 音楽 | Comments(0)

明日はオルガンコンサート♪

私が出るわけではないのですが、
楽しみにしているコンサートがあります!
これだけ聴けて、なんと入場無料!!! お得ですよ~奥さん!^^

======

教会オルガニスト達が奏でる祈りの音楽
パイプオルガンコンサート
2008年8月14日(木)午後1時30分開演(午後1時開場)
川口総合文化センター・リリア 音楽ホール
入場無料 どなたでもお気軽に、直接会場へお出かけください♪

第一部 パイプオルガンの楽しみ
--J.S.バッハとその先駆者たち--

トッカータBuxWV165 : D.ブクステフーデ
甘き喜びのうちに BWV751 : J.S.バッハ 
愛するイエスよ、われらここにあり BWV706 : J .S.バッハ
あかつきの空の美しい星よ:J.C.バッハ
われらキリストをたたえまつらん BWV696 : J.S.バッハ
小プレリュードとフーガハ長調 BWV553 : J.S.バッハ
小プレリュードとフーガヘ長調 BWV556 : J.S.バッハ
小プレリュードとフーガト長調 BWV557 : J.S.バッハ
いと高き神に栄光あれ : F.W.ツァハウ 
来たれ聖霊、主なる神 : A.アルムスドルフ 
われ 心よりこがれ望む : J.G.ワルター
われ おのがことは神にゆだねぬ BWV708 : J.S.バッハ
心の底より : J.C.バッハ
天におられる私たちの父よ BWV737 : J.S.バッハ
わが頼みはイエス BWV728 : J.S.バッハ
マグニフィカト第九旋法 BuxWV205 : D.ブクステフーデ
トッカータとフーガニ短調 BWV565 : J.S.バッハ

第二部 言葉・映像・オルガンで描くイエスのパッション--
M.デュプレ 十字架の道行 op.29 全曲--

山田早苗(第1・7・11・14留)、児玉真弓(第2・13留)、
八木映子(第3・8留)、高原幸子(第4・5・12留)、
矢内直子(第6・9・10留)祈りの賛助出演 古里慶史郎(フランシスコ会司祭)

〈プログラムは変更されることもありますことをご了承ください〉

オルガンと教会音楽を学ぶ会は、
カトリック北浦和教会のオルガン大規模保守と
カトリック高崎教会のパイプオルガン導入をきっかけに始まりました。
2000年春より毎月欠かさずに、
さいたまと高崎でオルガンを学び続けている仲間たちです。
主日のミサや冠婚葬祭などの典礼にふさわしい奏楽ができるよう、
学びつつ練習を重ねてまいりましたが、
「たまには、別のこともやってみようか」
「大きいオルガンを弾いてみたいなぁ」という声が上がり、
コンサートをすることになりました。
神を愛し、音楽を愛する仲間たちと共に、
楽しいひと時をお過ごしいただければ幸いに存じます。

=======

以上、オルガニストのhildyさまのサイトより引用させて頂きました。
[PR]

by cembalonko | 2008-08-13 21:57 | 音楽 | Comments(2)

ひきこもりたい

そうなのだ。
ひきこもりたい症候群のアタクシ。

いろんな人と会って、
外でアクティヴにお仕事してるのは、好きなのだが、
たまに、じっくりひきこもらないと・・・

キィーーー ▽※★◇■△!!! 

 ・・・となり、近づく人になんらかの危害を加える可能性大。
(演奏する人間って、そういうとこ、ない?)
[PR]

by cembalonko | 2008-08-12 01:35 | 日々のいろいろ | Comments(0)

一日音楽探検隊! 終了~♪

タニタ楽器浦和支店の「一日音楽探検隊」、
無事に、すべて終了いたしました!

今日来てくれた子どもたちは、
反応がよくて、先生もビックリ!の感想や質問を
沢山してくれました。
子供の感性に、脱帽でした。楽しかったです。

私の演奏に合わせて、メロディじゃなくて
左手のベースラインをずっと歌ってくれた男の子!
ぜひチェンバロに転向したまえ!
将来、素晴らしい通奏低音奏者になるぞ!
(・・・そのうちスカウトに行きたい・・・)

講座の評判も、なかなかよかった、と
音楽教室のスタッフから伺い、ほっと一安心。

昼食のあと、撮ったばかりのビデオを見て、
反省点などをチェックしてから、帰ってきました。

次は、17日に松本記念音楽迎賓館です。
今度は私一人で2時間たっぷり歌って踊って・・・じゃなく、
弾いてしゃべりまくりまーす!がんばりまーす!
[PR]

by cembalonko | 2008-08-07 21:57 | 音楽 | Comments(2)

志賀高原から帰ってきました!

クラブツーリズムの格安バスツアーで、
志賀高原の温泉旅館に2泊してきました。

1日目
朝8時10分に新宿発、現地に13時過ぎに着。
バスに乗りっぱなしは、楽チンでよかったけれど、
心配だったのは、運転手さんのこと。
6時間近く運転しっぱなしで現地に到着した後、
1時間の休みもないまま、
帰りのツアー客を載せて帰る、とのこと。
前に、高速バスの乗務時間過剰による事故もあったし、
少し、怖い気がしました。まあ、そこはプロだものね。お任せしてればいっか。

泊まったのは、発哺温泉「薬師の湯」。
かなり古い旅館らしく、突っ込みどころ満載の旅館ではありました。
キーワードは、徹底した経費削減
お部屋の洗面所にはティッシュはありません。
コップも一つだけ。
崖のフェンスは、錆びててボロボロでした。
露天風呂に下りる階段(野外)には、
夜、灯りが当たってなくて、お年を召した方には危ないと思う・・・

そうそう、露天風呂といえば・・・
混浴、だったんです!
私にはカルチャーショックでした。
「混浴なんて平気!」になっちゃったら、
女は終わり、なんて思っちゃう私ですが、
一般的には、そうでもないのかなぁ?

お宿の良かったところは、
お部屋が広々してたところと、
夕食が思いのほか、良かったところでした。
願わくば、てんぷらが温かくて、デザートのケーキが冷たかったら!おしい!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

さて、宿に着いた後、部屋で一休みしてから、
東館山高山植物園へ。
f0018790_23292657.jpg
宿のすぐそばから出ているロープウェーで
標高2000mの植物園に、アクセスできるのです。
植物園では、蜜柑色のニッコウキスゲや、
薄桃色のシモツケソウなど、
たくさんの種類の花々が、文字通り、百花繚乱。
冬はゲレンデになる傾斜地を彩っていました。
f0018790_23295964.jpg

散策中、子育て中の母子野猿の群れに遭遇!
十数頭はいそうな群れで、笹を食べたり、
子猿を背中に乗せたり、抱っこしたり・・・
もう植物園なのか、サファリパークなのか分かりません!
f0018790_23303076.jpg

帰り道、グルーミングを始めた母子猿に、
道の真ん中を占領されてしまいました。
近づいても、逃げる様子がありません。
子育て中の動物は、狂暴らしいので、
彼らが動く気になるのをひたすら待っていました。
f0018790_23391279.jpg

そんなわけで、お花の写真よりも、
お猿さんの写真が多かった植物園散策。
子供って、どんな動物でも、
仕草や好奇心旺盛な様子が、たまりませんね!
癒されました。(^^)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

18時に夕食。
そのあと、21時から22時までの、
露天風呂の女性専用時間をねらって、
温泉に浸かりに行きました。
星が、とにかく明るく見えたのが印象的でした。
金星(だと思う)なんか、
向いのホテルの照明かと思ったくらい・・・

(2日目に続く・・・かも)
[PR]

by cembalonko | 2008-08-05 23:36 | | Comments(3)

お猿の親子

f0018790_17371691.jpg

・・・何のひねりもないタイトルです。
少し早めの夏休みで、志賀高原に来ました。
今日は、ロープウェーで標高2000mにある、
東館山高山植物園に散策に行ったのですが、
子育て中の母子野猿の群れに遭遇!
お花の写真よりも、猿の写真ばかり撮ってしまいました。

子供って、どんな動物でも、
仕草や好奇心旺盛な様子が、たまりませんね!
いつまで見ていても、飽きません。
癒されました。(*^_^*)
[PR]

by cembalonko | 2008-08-03 17:37 | 日々のいろいろ | Comments(0)

オルガン クラヴィコード ヴァージナルに触れる会

子供に無料で小型のチェンバロやクラヴィコードなどを
貸し出していらっしゃる、
楽器製作家・山野辺暁彦さんのお宅で、
オルガン クラヴィコード ヴァージナルに触れる会」が
催されました。
f0018790_16296.jpg
普段はピアノを弾いている小学生から高校生までの子供たちが、
初めてチェンバロやクラヴィコード、ポジティフオルガンで
演奏を披露する、という企画。
それぞれの生徒さんが、藤原一弘先生から、
アドヴァイスを受けていました。

いや~、時代は変わりましたね~・・・
小学生からチェンバロやクラヴィコードを弾ける環境があるなんて・・・
これは、山野辺さんの情熱がなせる技だと思いました。

カベソンを弾きこなしてしまう小学4年生とか、
楽譜は書けないが、即興演奏を覚えて、
頭の中に「作曲」した作品がすべて入っている高校生、など・・・
f0018790_110143.jpg
みんな、弾きたくて弾きたくて、
遠慮なんかしていないところが素敵♪
ホンモノの音楽家だわ・・・と思いました。

29日にあの子たちと演奏するのかと思うと、
安易に「弾きます!」なんて言わなきゃ良かった、と思った。
かなり本気で。

******

明日から火曜日まで、留守にします。
[PR]

by cembalonko | 2008-08-03 01:10 | 音楽 | Comments(2)