今日はハイドンの命日

あるアマチュアオーケストラのコンサートへ。

ハイドンが命日に演奏して欲しい、と望んでいたといわれる
交響曲第44番「悲しみ」が演奏されました。
きっかり200年前の、まさにこの日に天に召されたハイドンを偲んで。

指揮は、去年、ヨーロッパ留学から帰国されたばかりの、小森康弘さん。
小森さんは、先週の金曜日に演奏会があった
武蔵野合唱団の合唱指揮者で、
「楽譜に忠実な演奏をなさる」と、団員mちゃん一押し。
実際に聴かせて頂いて、なるほど、と思った。
素直な音楽。透明なサウンド。
疾風怒濤なところがありつつも、「きれい」なハイドン。

アマチュアオケとは思えない弾きぷり吹きっぷりには、圧倒されました。
低弦はもう少し!惜しい!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、次回の講座が近づいてきました。
皆様、お誘いあわせの上、ぜひいらしてくださいませ!

10倍楽しくなる!
チェンバロ「バロック講座」

6月4日(木)10:30~12:00

第2回 教会の鐘に誘われて(カンタータ)
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」、「目覚めよと呼ぶ声あり」  ほか
キリスト教は西洋音楽の生まれた原点でもあります。
バッハの有名な声楽曲をお楽しみください。

● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
● 受講料 2,500円
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910
[PR]

by cembalonko | 2009-05-31 23:54 | 音楽 | Comments(3)

あっという間に4日間終了!

秘密の修行が終了しました。
こんなものが頂けてしまいました。
f0018790_23411563.jpg
4日休まずに通えば、ほとんど誰でも頂ける物と分かっていても、
なんだか嬉しいものです。
小学校の頃の、「○○がよく出来たで賞」以来かも。
ダンナが早速、額縁をくれました!

まったく違う分野で、それぞれ、目覚しい活動をしていらっしゃる
素敵な女性たちとのと出会い。
音楽という狭い世界から、少しだけ外の世界を見せてくれました。

アロマセラピスト、カラーセラピスト、喫茶店経営者、
エステサロン技術者、お店経営者、ピアノの先生、などなど・・・
私にとっては、もし会わなかったら、「チェンバロ」という楽器の名前も
知らなかったかもしれない方々に、
臆せずに、いろいろお話し出来たことが、収穫だったかな。
(コンサートにも足を運んでいただければ、なお嬉しいですけどね)

f0018790_07118.jpg私の裏ブログを探し出せたラッキーな方は、
私がいったい何をしてきたかが分かるかもしれません。

講師の先生方と一緒に、ぱちり♪

[PR]

by cembalonko | 2009-05-29 00:09 | 日々のいろいろ | Comments(12)

バーンアウト・・・

・・・な状態が、珍しく2日も続いていまして。

今日は、とある講習会に参加したのですが、
初めてお目にかかる方々に対して、
めちゃくちゃ無愛想な輩と化していたと思われます。

さて、明日・明後日は、先週から続いているマル秘修行に参加。
その間に、ルイ15世と16世時代の資料なども読みつつ。
8月に予定されていたサロンコンサートが、
6月末に繰り上がり(!)、そっちの準備も、ぼちぼちと・・・

バーンアウトなんて言っていられない、この現実。

と、ここまで書いたところで、ダンナが郵便持ってきた・・・
来月アメリカから来るリコーダーの友人からの、楽譜の束。。。 だった。。。
[PR]

by cembalonko | 2009-05-26 23:12 | 日々のいろいろ | Comments(2)

ご来場ありがとうございました!

ギャラリーコンサート in 新紀元
 ~18世紀のフランス宮廷音楽 
  ヴィクトワール妃って どんなお姫さま?~



盛況のうちに終了いたしました。
当日にいらして下さった方も含め、ほぼ満席となりました!

いらして下さった皆様、
ギャラリー新紀元のスタッフの皆様、
そして、東京古典楽器センターのSさん、
本当にありがとうございました。


まず始めに・・・
昨日、アンコールで演奏した曲は、
コレッリ作曲 ヴァイオリンと通奏低音のソナタOp.5-10より
プレリュード でした。言うの忘れてごめんなさい!


新紀元は、チェンバロを聴くには、本当によい響き。
大きさもちょうど良くて、大好きな会場の一つです。
今回の母の絵は、明るく柔らかい色彩の水彩画だったこともあり、
会場の明るさに、心安らぐ「色」がプラスされて、
心地よい空間が出来上がったのではないかな~、と思いますが、
如何でしたでしょうか・・・


ここでの演奏は、今回で3回目でしたが、
ひとつだけネックになることがあるんですね・・・それは・・・

エレベーターの天井が、ほんのちょっとだけ、低いこと!

この日お借りしたフレミッシュタイプのチェンバロ、
普通なら楽勝でエレベーターに載るそうですが、
なんと!載らなかったのです!!!
結局4階まで階段で担ぎあげて頂くことに・・・
(Sさん、スタッフの方々、本当になんと申し上げたら良いのか・・・m(__)m)


母の個展は、31日までやっていますので、
お近くの方や、通りがかりの方も、ぜひぜひ、お立ち寄りくださいませ!
癒されます。コーヒーも美味しいです。

Gallery新紀元 (JR中央線 立川駅北口徒歩1分)


コンサートの記録 * 2009年5月24日(日)15:00開演
ルイ15世の王女で、すぐ上の姉の影に隠れて目立たなかった、
ヴィクトワール妃。
心優しい彼女に捧げられた作品を集めてみました。
(全部が、という訳ではありません)
F.クープラン     フランスのフォリア あるいは ドミノ (第13組曲より)
J.デュフリ       ラ・ヴィクトワール、ラ・フェリックス、三美神、ラ・デリクール
W.A.モーツァルト ヴァイオリン伴奏つきクラヴィーア・ソナタ K.7 ほか

チェンバロ 渡邊温子  ゲスト・ヴァイオリン 生方真里

☆ 渡邊佳子 個展’09 (5月21日~31日) 会期中イベント
[PR]

by cembalonko | 2009-05-25 12:48 | コンサート報告 | Comments(0)

半分終わりました♪

ヒミツの、○○修行。
課程の半分が終了。 でもまだ内緒なの♪
受講者は、本当に魅力的な方が多いと思う。
目標を持って、何かを学ぼうとする皆様の姿勢には、刺激を受けるものです。
全く違う分野のお友達が増えそうなのも嬉しい。

明日からまた、血を入れ替えて、
いつもの自分に戻ろうっと。
[PR]

by cembalonko | 2009-05-21 22:31 | 日々のいろいろ | Comments(3)

コンサート前だけど。

音楽とは、全く関係ないことを、
今週と来週と2日ずつ、計4日間かけて、
勉強してこようと思います。

行くところまで行ってみないと、気が済まないので・・・
竹林に篭って古武術の修行・・・とかじゃないですよ!(そーゆーのもやってみたーい)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今日は、コンサートのプログラムを、
トークも含めて、通してみました。
あとは、話の内容をもう少しまとめてっと。
楽しい内容になれば・・・と思っていますので、
ご予約がまだの方はぜひ、
メールか非公開コメントにて、お知らせくださいませ!

直前に何か入っちゃってるときの方が、
いつもはできない準備が早く出来ちゃったりする。 人生そんなものかもね~
[PR]

by cembalonko | 2009-05-19 23:58 | 日々のいろいろ | Comments(0)

濃いぃ日々

なかなか更新できず、申し訳ありません m(__)m

ブログに書きたい事はいろいろあるのですが、その前に
実生活で片づけなくてはならないこともいろいろ・・・
濃すぎて追い付かず、ってところで。

テュラテュラテュラテュラテュラュララ~♪ (mちゃんのコピペじゃないよ!)

金曜日は、某所でお仕事の後、
グスタフ・レオンハルトの演奏会へ。

ああいうコンサートは、バタバタ駆けつけたりしてはダメ!(反省・・・)
自分が音楽を受け止める体制としてNGだったな~。もったいなかった・・・

と思いつつも、どの瞬間にも、五感全てを刺激するような
「熟した」音楽の世界を、音の一つ一つから味わいつくしました。 
あれ?音?だったのかしら・・・ 
耳で聴いているのではなかったものが流れていた。

テュラテュラテュラテュラテュラュララ~♪ (mちゃんのコピペじゃないよ!)

土曜日は、午前中、柔術の稽古へ。

今回は、指を取られた時に、
逆に、技を掛け返す練習でした。
他の生徒さんと2人で組んで練習していたときに、
師範代が見かねて、相手を代わって下さったのでした。

他の生徒さん方に悪いと思いつつ、めったにないチャンスに、
とにかく真剣に、身体感覚をつかもうと、必死!
この日のキーワード=「肉体を捨てる」

自分が「肉体を捨て」た時、相手はどう感じるかを、
実際に師範代から体験させて頂いた瞬間に、
私の中で、何かが変わりました。
ちょっとびっくりな体験だった。言葉にできないけれど。
この感覚は忘れない。 でも、自分にもいつか出来る日が来るの???

テュラテュラテュラテュラテュラュララ~♪ (mちゃんのコピペじゃないよ!)

日曜日は、午前中、アレクサンダーテクニックのレッスンへ。
この日のキーワード=「心と体がばらばらにならない」

身体の「ある一部分」を意識してしまった時点で、背骨が潰される。
もう3年近くやってきて、わかっちゃいるけど。
楽器の練習なんて、どこに力入れて、どこの力抜いて、どこを意識して・・・・の繰り返し。
だ・か・ら・
楽器を始めてこの方、30うん年間、背骨を潰し続けてきた訳です。

先生は「レッスンを続けてこられる方は、勇気のある方です。」
と、おっしゃる。
今までの自分、昨日の自分、1秒前の自分を捨てるということだからだ、と。
人とは「今」「この瞬間」しか認識できない。 逆説で、
どの瞬間にも新しい自分でいられることが、私は面白いと思うのよね。

午後は、バイカウントという、
イタリアの電気式オルガンメーカーのショールームでの、
浦和の教室のオルガン科の発表会へ。

オルガン演奏台が、6~7機種ずらーっと並ぶと、壮観です・・・
生徒さん方の演奏の後、試弾してよいとのことでしたが、
その後に、チェンバロを弾かなくてはならなかったので、
タッチが重い電子オルガンを「今日は弾くまい」、との決心もどこへやら。
やっぱり、音出してみたくなっちゃった・・・^^;
[PR]

by cembalonko | 2009-05-18 09:47 | 日々のいろいろ | Comments(2)

んもー飛び込まないでおくれ!

チェンバロ・バロック講座にいらして下さった皆様方、
ありがとうございました!
これからも、当日飛び込み参加、大歓迎でございます♪♪♪
(この記事のタイトルで、誤解されると困るので♪)

さて、今日は速攻で帰って、
リハーサルの準備をしなければならなかったのに、
某駅での人身事故のため、電車が止まった・・・
振り替え輸送で、違う路線の駅までバスで行ったのだけれど、
着いた先のバス停が、駅から結構離れていた・・・

疲れ倍増・・・ (と、またタダのひとりごとですみません・・・)

どんな事情があるにしても、命を粗末にするのは許せません。
もっと、自分を大事にしようよ。
というメッセージが届く人は、大丈夫なんだろうね。多分。
[PR]

by cembalonko | 2009-05-14 23:20 | 日々のいろいろ | Comments(4)

音楽講座のご案内

チェンバロ「バロック講座」
バッハやヴィヴァルディなどの、有名なバロック音楽を
さらに楽しく聴ための「ツボ」をおさえ、
作曲家の笑えるエピソードなどを交えたお話とともに解説。
チェンバロの生演奏とCD音源で名曲を聴きながら、
お昼前の優雅なひとときをご一緒しませんか?
(各回とも木曜日・10:30~12:00)

第1回 5/14 「春」~競い合う楽器たち(コンチェルト)
ヴィヴァルディ「四季」、バッハ「ブランデンブルグ協奏曲」 ほか
一つまたは少数の楽器がオーケストラと張り合うコンチェルト。
その発祥と魅力に迫ります。

第2回 6/4 教会の鐘に誘われて(カンタータ)
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」、「目覚めよと呼ぶ声あり」  ほか
キリスト教は西洋音楽の生まれた原点でもあります。
バッハの有名な声楽曲をお楽しみください。

第3回 6/18 音楽は愛を語る(オペラ)
ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」、モンテヴェルディ「オルフェオ」 ほか
オペラが生まれたのはまさに、バロック時代のイタリア。
CMでも使われた有名なアリアなどを聴きます。

第4回 7/2 踊る音楽(組曲)
バッハ「G線上のアリア」、ヘンデル「水上の音楽」 ほか
イタリアが「歌」なら、フランスは「ダンス」。
フランスの宮廷舞踏から影響を受けたジャンルを取り上げます。

第5回 7/16 季節はずれのクリスマス(オラトリオ)
ヘンデル「メサイア」、バッハ「クリスマス・オラトリオ」 ほか
「ハレルヤ・コーラス」で有名な「メサイア」を中心に、
宗教音楽のオペラともいえる「オラトリオ」の華やかな世界にご案内します。

● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
● 受講料 5回シリーズ受講 ¥12,000
   一回毎の受講も可能です。(1回¥2,500)
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910


一日音楽探検隊!
~はじめての楽器とお友達になろう!~

普段なかなか見ることの出来ない、
チェンバロ、ハープ、パイプオルガンなどの楽器に触れ、親しんで頂く企画。
楽器の内部の構造を見ながら、どうやって音が出るのかを、
実物の楽器に触れて頂くことで体験します。
楽器についての面白いエピソードや、講師による生演奏もお楽しみ頂けます。
その他、タニタ楽器コンサートチューナーによる、ピアノの内部構造の解説もあります。
また、お子様にも分かりやすい資料をご用意いたしますので、
ぜひ、この夏休みの自由研究対策に利用されてみてはいかがでしょうか。

体験する楽器 チェンバロ、ハープ、パイプオルガン、ピアノ

1.どうやって音が出るの? ―  講師と調律師による楽器の説明
2.音を聴いてみよう!    ―  講師による生演奏
3.楽器を弾いてみよう!   ―  参加者の皆様に楽器に触れていただくコーナー

● 日時 2009年7月28日(火)11:00~12:30
● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
● 親子で¥1,000 お一人でご参加の場合¥500
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910


チェンバロ無料体験レッスン
チェンバロの曲って、易しくても、すぐに高貴な響きで奏でられるのがステキ♪
楽器演奏の経験がない方、
楽譜が読めない方も、お気軽にどうぞ!

● 随時受け付けております。
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910
[PR]

by cembalonko | 2009-05-14 09:30 | 音楽 | Comments(0)

気が抜けない日々・・・

同時進行で、やらなくてはいけないことが重なり、ちょい多忙な日々。
ブログらしいブログを書いていませんね~ スミマセン・・・

日曜日は友人のクラリネットリサイタルを聴きに行き、
月曜日は一日籠って、家事・事務作業・練習。その割には進まず。
火曜日は出張レッスン、
今日は音楽教室でレッスン、
明日は、バロック音楽講座。
帰ってきたらすぐ、24日のリハーサル。
帰って来てから、調律直す時間あるかな・・・ ブツブツ… (ホントにただのひとりごとだわ、こりゃ)
[PR]

by cembalonko | 2009-05-13 23:42 | 日々のいろいろ | Comments(4)