美容院に行ってきました

やっと一息ついたので、髪を切ってきました。
といっても、長さはほとんど変えず、
量だけ減らしてもらった感じ。すっきりしました!

仕事先から最寄駅までの間で、
雷と大粒の雨に当たってしまいました。
せっかくマキシ丈のスカートはいて行ったのにね~
2駅先は、道路も濡れていなかった(怒)
不運だ・・・
[PR]

by cembalonko | 2009-07-30 23:35 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ホームページ移転のお知らせ

Yahoo!ジオシティーズでホームページを公開していましたが、
10月にサービス終了となるため、下のURLに移転しました。
お手数をおかけいたしますが、ブックマークなどの変更をお願いいたします。

新URL
http://www.cembalonko.com/
[PR]

by cembalonko | 2009-07-29 13:03 | 更新報告 | Comments(0)

一日音楽探検隊 終了!

タニタ楽器・夏休みの親子イベント、
「はじめての楽器とお友達になろう!」は、盛況のうちに終了しました。
今年は一回公演のみで、大人と子供あわせて約40名、お集まりいただきました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました! \(^0^)/

オープニングは、ハープとチェンバロのデュオで、
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」を演奏。

その後、ハープとチェンバロは、
楽器の構造や材質、演奏技法について、生演奏をまじえてお話をし、
ピアノの構造については、調律師さんが、鍵盤を外に出して
普段見られない、アクションを見せながら、説明して下さいました。

去年やらなかった新しいこと。それは!
ピアノの鍵盤を、外に出しているときに、
チェンバロの鍵盤も、その横に並べて置き、
両方の鍵盤(キーレバーそのもの)の
重さや色(チェンバロの鍵盤はピアノと黒白反対タイプ)を比べてもらったこと!

また、ピアノ・ハープ・チェンバロ それぞれの弦を、
触って比べてもらったりもしました。

残念ながら、カメラも携帯も忘れた!ドジな私・・・

なので、もう一つの、今年お初の試みは、
再現写真を撮りました。
題して、「プレクトルム製作実演販売
では、どうぞ~♪


f0018790_18105214.jpg
プレクトルムとは、チェンバロの弦をはじくピックの役割をする部分です。
これはガチョウの羽ですが、本当はコンドルやカモメなど、もっと大型の鳥の羽で作ります。

まず、羽の芯だけ残して、後の部分をカットしてしまいます。(右側がカットした後)

そして、羽の芯の表側の硬い部分だけ残して、裏側の比較的軟らかい部分を削り取ってしまいます。
f0018790_18151062.jpg
これは、裏から見たところ。
白く見えるのが柔らかい部分で、透き通った硬い部分のみを残して、削り取ってしまいます。
そして、形を整えて、ジャックという、鍵盤の弾く側と反対の部分に乗っている木の枠に差し込みます。
f0018790_1817638.jpg
鍵盤が押されると、このジャックが上方向に上がり、弦を下から上へと弾きます。
こんなに薄くても、弾力性といい強さといい、繊細な弦をはじくには、丁度良いのです。
(音を出す仕組みについては、こちらのページの下の方にも詳しく書いています。)


いかがでしたか?もし、ご興味を持たれましたら、ぜひ、次回をお楽しみに!




♪ ♪ ♪ 公演の記録 ♪ ♪ ♪

一日音楽探検隊!
~はじめての楽器とお友達になろう!~
 満員御礼!
2009年7月28日(火)11:00~12:30
タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)

普段なかなか見ることの出来ない、
チェンバロ、ハープ、ピアノなどの
楽器の内部の構造を見ながら、
実物の楽器に触れて頂く体験ができます。
楽器についての面白いエピソードや、講師による生演奏もあります。
ぜひ、この夏休みの自由研究対策に利用されてみてはいかがでしょうか。
● 参加費 親子で¥1,000 お一人でご参加の場合¥500
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel 048ー831ー0910
[PR]

by cembalonko | 2009-07-28 18:30 | コンサート報告 | Comments(2)

虹・・・

f0018790_016710.jpg

息をのむほど、鮮やかな七色に輝いていました。
帰りがけに、かなり強い雨にあたり、
自転車をスーパーの駐輪場に置いてきちゃった。
徒歩で帰宅直後の、家のベランダより。

♪♪♪♪♪

明日は、タニタ楽器浦和東口店で、「夏休み 一日音楽探検隊」!
何するかって言うと・・・
チェンバロ分解 & プレクトルム製作実演販売 売らない売らない・・・
チェンバロの弦をはじく、厚さ約0.5mmの「ピック」を、
鳥の羽根から、削って作っちゃいます~

昨日、突然「鳥の羽根、買って帰るぅ」と言い出しても、
全く不思議に思わなかったM嬢、さすが。わかっていらっしゃる。


楽しい会になりそう!
子供たちのきらきらした目が、すでに心に浮かんでいますのよ~ ふふふ♪
[PR]

by cembalonko | 2009-07-28 00:16 | 日々のいろいろ | Comments(4)

終わりましたぁ~

キリスト品川教会でのコンサート、
終了いたしました!
補助いすまで出る、超満員でした。

Michikoさんが、写真入でレポートしてくださっています。(7月24日の記事)
若干、チェンバロご贔屓気味ですが・・・ 
(Michikoさん、ありがとう♪)

昨日は終演後、楽器を運送屋さんの車に載せ、会場から送り出した後、
打ち上げにも出られずに、一人さびしく、電車で品川から青梅へ。
青梅駅に到着したのは、23時52分。ほとんど真夜中だったのですぅ・・・ ぐったり・・・

結局、私が到着する前に、楽器が着いてしまい、
運送屋さんと生徒さんとで、搬入を済ませて下さった上、
生徒さんが運送費を立て替えて置いてくださったのでした・・・ 感謝!

さて、今日は、実家でお昼を食べ、
午後にひとつお仕事を済ませて、夕方帰宅。
昨日、ダンナのために作っておいたハッシュドビーフで、お夕飯。楽しちゃった。



♪♪♪ 演奏会の記録 ♪♪♪

第8回 児玉洋介 テノールリサイタル
バッハとヘンデルで語る - キリスト(救世主)の生涯 -
2009年7月24日(金) 19:00開演
キリスト品川教会

テノール 児玉洋介
オルガン 石崎 理
チェンバロ 渡邊温子
室内合奏団「クレメンティア」
J.S.バッハ「クリスマスオラトリオ」より  ~喜べ、羊飼いたちよ~
G.F.ヘンデル「メサイヤ」より  ~もろもろの谷は高くせされ~
ヘンデル/モーツァルト「メサイヤ」より  ~喜びの歌に目覚めよ~ ほか
[PR]

by cembalonko | 2009-07-25 23:52 | コンサート報告 | Comments(2)

会場でリハーサル

f0018790_20572948.jpg
調律中 舞台から客席をみると、こんな感じ 背中側に十字架があります

キリスト品川教会は、ビルみたいに見える(?)
大規模な教会です。
聖堂は、400人くらい収容できるとのことでした。

朝8時半に、青梅から車で送り出したチェンバロを待つ間、
教会のロビーには、何かの行事に参加するらしい
大勢の幼稚園児とお母さんたちの声が、賑やかに響いていました。

会場の響きは、なかなかよいです。
舞台の上は、ライトが当たると、結構熱い。
かなり広いスペースに、
テノールと弦楽四重奏+フルート・オーボエ、オルガン・チェンバロ。
この編成だと、なんだかみんな、とっても遠い感じがしたり・・・
でも、客席で聴くと、きっとステレオ効果満点だと思います!

チケットは、完売だそうです。あしからず。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


オマケ ・ スカーレットちゃん in 泉蔵院
f0018790_21103459.jpg

[PR]

by cembalonko | 2009-07-22 21:29 | 音楽 | Comments(3)

明日は外泊

明後日は、朝の8時半に、
実家近くに住む生徒さん宅に預かってもらっている、
「スカーレットちゃん」
(フレミッシュ一段鍵盤チェンバロ・色は赤)の搬出。

スカーレットちゃんは、
先日深谷で弾いた楽器の、お姉さん楽器です。
といっても、20歳離れてます・・・
(ということは、私がチェンバロ弾き始めて20年経つってことよね・・・●▽※□▲・・・)

なので、明日は、練習が終わった後、
そのまま東京の西ぃ~の方に直行し、
実家に外泊(笑)。

スカーレットちゃん、この前はお寺で、
今度は教会でのお披露目。
初めての会場で、どんな響きを奏でてくれるか・・・ ドキドキ・・・
[PR]

by cembalonko | 2009-07-20 22:47 | 日々のいろいろ | Comments(5)

幸せな時は

なんと!私の手作りブレスレットをつけてすぐに、
恋人ができた方がいるのです!!!
一応、その方のご要望が、「恋愛運UP」だったので、
ピンクの石をいろいろ入れて、
女の子っぽく、可愛~く仕上げたのですよねー

それが、もう、数か月も前の話。
スタッフも、周りの人も、みーんな知っていたのに、
私がその知らせを受けたのは、つい最近のこと・・・ ぐすん・・・
そういうコトは、一番に報告しておくれ~~~(涙)

別に、ブレスレットの効果ですっ!
なんて言うつもりは、さらさらないですが、
他の人の幸せに貢献できた「気分」だけでも味わうのは
悪くないかも。

幸せな時は、思いっきり、その幸せを味わってほしいと思いまーす♪

******

さて、20日からリハーサルが始まるので、
ちょっと籠り気味で、通奏低音ばかり、さらっております。
事情があって、チェンバロのふたは閉め、
ふたと鍵盤の間も、楽譜で覆って、もこもこ弾いてます。

ちょっと愚痴。ヘンデルさんには悪いけど、
「メサイア」の中の「Rejoice」って、
名曲中の名曲のはずなのに、
通奏低音を弾いてても、ちっとも楽しくないのよねぇ。
早く合わせがしたい。ぶつぶつ・・・

[PR]

by cembalonko | 2009-07-19 00:42 | 日々のいろいろ | Comments(2)

講座、今期終了!

10倍楽しくなる!
チェンバロ・バロック音楽講座



今期5回のシリーズが、終了いたしました!
いらして下さった皆様方、ありがとうございました!

次クールは、10月から12月まで、5回の木曜日の10:30~12:00の予定です。


* * * * *


今日は、忙しかったですぅ・・・
午前中に講座、午後にレッスン、夏休み「音楽探検隊」の打ち合わせとリハーサル、
その後、楽器店の支店長との打ち合わせ・・・

それでなくとも、気が張りすぎいて、
胃が痛くなったり、眠りが浅くなったりしていたもので、
夕方からは徹底的に休む!と、
ずっとお世話になっていて、
最近開業したばかりの、
鍼の先生の治療院に行ってきました。

梅雨明けと同時に、この猛暑だし・・・

皆様も、お体にお気をつけて。
[PR]

by cembalonko | 2009-07-16 22:40 | コンサート報告 | Comments(0)

草木染め体験

いつも、いろんな方から
いろんな方とのご縁をつなげて頂くので、
今回は、私がその、縁結び役をしてみよう!と思い、
フィトセラピー(植物療法)のYukoさんと、
優舎・優美さんの草木染め工房にお邪魔しました。
(素敵なお2人のブログは、うちのエキサイトブログに入っています。ぜひ、覗いてみてくださいませ!→ ↓)

私も一緒に、初めての草木染め体験、させて頂きました。
f0018790_923375.jpg
優美さん。作業中・・・ 青いつなぎ姿も 可愛いです♪

その日の午前中に、優美さんは、ご自分の畑から収穫してきた
レモンバームと、あと一つなんだっけ?2種類のハーブの生葉から、
染液を作っておいて下さいました。
染液は、鮮度が命で、時間がたつと、どんどん染まりにくくなるそうです。

f0018790_9242196.jpg
セージを抽出中。 優美さんも、セージは初めて、とのことでした。

ハーブ染めのいいところは、いい香り(ちょっと薬草っぽい?)の蒸気を、
ずっと吸い込みながら作業できるところかな。
よく、「ヨモギ蒸し風呂」とかありますよね。
あれを地で行ってる感じで、体によさそう~♪

さて、染液は、材料を20分くらい煮出すのですが、
同じ材料から、数回とれる場合もあるとのこと。
その一回ごとに、違う色の染液ができるそうです。濃さだけでなく、色味も。

もっと面白いのは、同じ種類の植物でも、
時期がちょっとずれただけで、全く違う色に染まるんですって!
例えば、ヨモギは、夏に近づくにつれて、
鮮やかな緑色が、どんどん渋い色になってしまうとか。
f0018790_924582.jpg
企業秘密? 袋に詰められた桜の葉、シラカバなど。 保存ができる材料は、良い色が出る時期にまとめて取っておくとのこと。

Yukoさんと私は、絹のスカーフを、レモンバームで染めました。
草木の染料は、たんぱく質に付着するため、絹はよく染まるのだそうです。
綿や麻を染める時には、牛乳や豆乳などに一度浸けて乾かす
下処理をすると、染まりやすくなるとのこと。

f0018790_926890.jpg
80度くらいで約20分煮込み(?)、
一度上げて、媒染液(今回はミョウバン溶液)に30分つけて、一旦色を止め、
さらに20分煮込みます。

染め上がり♪
f0018790_9263661.jpg

何とも優しい、緑がかったクリーム色になりました!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

Yukoさんとは、クリスタルのクラスでご一緒しました。
アロマセラピーや、ハーブを使ったハーバルセラピーなどをしていらっしゃいます。
優美さんの草木染めと、きっと素敵なコラボが実現するのでは?と、
仕掛け人の私、秘かに期待しております♪ 
「自然」から生まれたモノって、神様が作った芸術品だと思う。
目に見えるもの(色や造形)にしても、無いもの(香り、音)にしても。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

オ・マ・ケ!f0018790_22371582.jpg

帰ってきて、夕食を作っているときに、
小松菜とオクラを茹で、さらにトウモロコシを蒸かしたお鍋をみたら、
綺麗な黄緑色!
思わず周りを見回して、染められそうなものを探しちゃいました。
(影響されやすい人!)

そういえば、白い絹のパジャマがあったなぁ・・・
小松菜トウモロコシ染めパジャマができたら、この場で発表しますよ~♪
(何把茹でなきゃならないんだか)
[PR]

by cembalonko | 2009-07-14 09:27 | 知的好奇心 | Comments(4)