コンサート終了!(その2)

さて、開場時間前から多くのお客様が並んでいらしたらしく、
ドアが開くと、会場はすぐに、かなり埋まった印象になりました。
開演時間10分前くらいまで調律していました。
Gパンとブラウスというラフな格好で。。。
こんな格好で、あまり人前に出たくはなかったのだけれど、しょうがない。
そこにいた人たちは、絶対スタッフの一人だと思ったに違いない。。。

その後私も着替え、メイクを済ませて、
そーっと会場の後ろの席へ。
Joeの演奏の途中から、前半の終わり、Keithのオルガンの演奏までを聴きました。
Joeはダングルベールとフォルクレ、Keithはグリニーやバルバストルなどの作品を演奏。

私は、後半初めのStevenの演奏の間に、
控え室で集中する時間が持てるかな、と思っていたのですが、
休憩時間が終わるころ、Constanceが呼びに来て、
「アツコ、会場内で待ってて!」と。
いそいでトイレに行って、再び会場の後方の席へ。

Stevenは、クープランの第8組曲を演奏しました。
この曲は何度も弾いていて、隅々まで知っており、
もともと私も、このコンサートで弾きたかった曲でした。
で、当たり前のことながら、Stevenの演奏は
私のスタイルとは全く違ったので、
この演奏を30分フルに、自分の演奏前に聴き続けるのは、
正直、ちょっとしんどかったな。
まあ、オルガナイザーに従うしかなかった訳ですが。

さて、コールされて舞台へ。
舞台は、360度オーディエンスに囲まれる形で作られていました。
石造りの教会は、響きが良いものですが、
この会場、St. Mark`sは、
チェンバロの蓋側に座っても、正面側と殆ど変わらない音響だったのは驚き!
だから、チェンバロをぐるりと囲むセッティングができたのですね。

ちょうど2曲目を弾き始めた時、ふっと足下を見ると、
直径2センチくらいの大きさの黒い甲虫が、
私の右足に向かって歩いてくるのが見えてしまった。。。(アンタどっからきたのー!?)
その曲の前半は、甲虫のことで頭がいっぱい。。。(怖)
でも、3曲目まで弾き終わった時に拍手を貰って、
次を弾き始めようとしても、拍手が鳴り止まなかったので、
もう一度立ち上がって、それに応えなければなりませんでした。
こういう反応、日本ではあまりないので、嬉しかったですね〜!

一曲ごとに、ため息をつく人がいて、ちょっと気になったけれど、
あとで聞いたら、「それは、演奏が良かったから」と言われて、安心。
取り越し苦労だった。

デュフリの最後の曲「三美神」が終わった時も、
なかなか拍手が鳴り止まなくて、
アメリカ人の気持ちの表し方の大きさにこちらも感動しつつ、
最後のロワイエ作曲の「スキタイ人の行進」へ。

この曲は、始まればもう一気に弾き切ってしまうしかないようなテクニカルな曲。
どんなチェンバロに当たっても、
とりあえずうまく行くように選曲した作戦が当たって、
お客様には、とっても受けたようでした。
客席で聴いていた友人から聞いたところ、彼女の後ろに座っていた人が
「速いパッセージの部分になると、身を乗り出して、
目をまんまるに見開いていたわよー。」

コンサートの最後に、演奏者4人が舞台に出てカーテンコール。
その日が音楽祭の最終日だったので、
チーフのConstanceと特に貢献したスタッフへの花束贈呈があり、
コンサートと音楽祭が幕を閉じました。

舞台がはけた直後やレセプションでは、友人だけでなく、
始めて私の演奏を聴いて下さった全く知らない方々にも、
たくさん声をかけていただきました。
Constanceからも、
「あなたの演奏はいつも素敵だけれど、今年は特に良かったわ」と言ってもらえました。

とりあえず、役目は果たせたのではないかと思い、ほっとしました。。。

夜中12時近く、車の中まで降り注ぐ満月の光をあびながら、帰途につきました。
[PR]

by cembalonko | 2010-06-28 01:21 | コンサート報告 | Comments(4)

コンサート終了!

無事、コンサートが終了しました!
一夜明けましたが、まだ興奮覚めやらず。

昨日は、午前中はだらだら過ごし、午後4時に会場入り。
まだ、その前に会場で行われていたワークショップが終わっていなかったので、
待っていたら、音楽祭チーフのConstanceと4年ぶりの再会!
彼女は中世からルネサンスのハーピストで、
オルガニゼーションを殆ど一人で担う、スーパーウーマン。私が尊敬する女性の一人です。

4時45分頃から30分遅れでリハーサル開始。
コンサートで使うチェンバロのタッチが、固い〜!重い〜!(泣)
前の日に、Joeの家で弾いた同じ製作者の楽器では、完璧だったのに。。。
これでは、リハ時間内でJoeの楽器と同じレベルまで慣れるのは無理と判断。
この楽器なりのベストをつくすことにシフトチェンジ。

そのうち、オハイオからこのコンサートのために帰って来た
Joeが到着。再会を喜び合う。
久々に会った家族と一緒だった彼に、先にリハーサル時間を譲る。
前日会えなかったElenaとも会えて、嬉しかったけれど、
Momとパワーストーンの話で大盛り上がりしたことを聞いたらしく、
「どこで習ったの?」「どうしてそんなに興味があるの?」と質問攻めに。。。(笑)

Joeのリハが終わって、また少し指慣らしをしていたら、
チェンバロのオーナー、Stevenがやって来ました。
Stevenはピアニストでもあり、調律が苦手と言っていたので、
本番調律を私が、休憩時間の手直しをJoeがすることに決定。
Stevenがリハしている間に、持って来たおにぎりを食べ、6時30分から調律開始。

下鍵盤の調律が終わったところで、
このコンサート唯一のオルガニスト、Keithが到着。
「2分だけ、楽器触らせて!」と言うので、先に弾いてもらうと、
ほんとに3分でリハ終了!さすが。できる人は余裕があるわー。。。

奏者が全員そろったので、チーフのConstanceと軽く打ち合わせ。
私はその後も、調律を続けて、開場後に調律終了。
調律の途中で、最初の演奏者のJoeが
「大丈夫?ナーヴァスになりそうだったら、僕がかわるから」
と言いに来てくれました。
そういう心遣いをしてくれるだけでも、こちらは結構気が楽になるものです。。。
みんなそれぞれ、演奏前はナーヴァスになるし、できれば何もしたくないはずなのにね。。。

(つづく)
[PR]

by cembalonko | 2010-06-28 00:37 | 音楽 | Comments(2)

練習に行ったはずなのに。。。

なぜか、そこのお母さんと意気投合して、
パワーストーンの話で大盛り上がり!
いったい何しに行ったんでしょう?

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日は、夫婦でチェンバリストのJoeとElenaのお家で練習させてもらいました。
でも、2人とも家には居なくて、
台湾から訪ねて来ていたElenaのお母さんと、2人の子どもたちがいました。

チェンバロのお部屋には、スコブロネックのジャーマンと
ダウドのフレンチが並んでいて、まずはジャーマンの方で
バッハやらフロベルガーやらを試してみました。
音色はとても甘く、重い鍵盤に慣れた指では弾きこなせない位、
繊細な楽器だということが感じられました。
45分くらい頑張ったけれど、まだまだ弾きこなし切れなくて、悔しかった。。。

コンサートのプログラムは、ダウドの方で練習。
明日の楽器もダウドなので、こちらは安心できる仕上がり。
早めに練習終了!

その後、なぜだかElena`s Momの人生相談、
アメリカとアジアのカルチャーギャップの話になりー
やっぱり国際結婚をした娘を持つお母さん、いろいろ心配みたいで。
そのうちに、彼女もパワーストーン好きだということがわかり、
彼女の持っていた、ものすごくレアな石のコレクションを見せてもらったり、
お家に置いてある巨大な木の化石を触らせてもらったり。。。
すっかり意気投合して、メルアドまで交換してしまいました!
アメリカに来て、台湾人のお母さんとお友達になるとはね!
[PR]

by cembalonko | 2010-06-26 06:20 | | Comments(0)

元気です!

おはようございます♪
昨日は、午前中にゲイサースバーグのチェンバロ工房で練習、
その後、フォールズチャーチのチェンバリスト、ヴェラさんの家で練習、
夜はmarikoさんとご主人と、ベトナムレストランに行きました。
これから、コロンビアのジョーの家で練習に行ってきます!
いよいよコンサートは明日です。
楽しんで弾きたいと思います♪
[PR]

by cembalonko | 2010-06-25 22:16 | 日々のいろいろ | Comments(0)

では、行ってきまーす!

本当に時間は飛ぶように過ぎて行きます。
明日、いよいよワシントンDCに向けて出発~♪
ざっと、こんな予定です。ほとんど人と会う、というか、遊んでもらう予定ばかり・・・^^;
合間を縫って、ナショナルギャラリーにはもう一度行きたいなぁ。

22日(火)DC到着。Reikoのオフィスを訪ねた後、Reiko宅へ
23日(水)SusanとNaomiとランチ。夕方、Markのチェンバロ工房で練習
24日(木)午後、Veraの家で練習。夜、Marikoとディナー
25日(金)Joe&Elenaの家で練習。スコブロネック弾かせてもらえる♪
26日(土)WEMFコンサート
27日(日)Reikoとお出かけ&合わせ練習
28日(月)Mike,Charlotte, Reiko, Anne, Tilakとカンタータの宴
29日(火)DianeとMiltonとお出かけ。夜Reikoとアレクサンダーテクニックのクラスに参加
30日(水)日本に向けて出発・7月1日(木)帰宅

私の携帯には、日本と同じ料金でつながりますので、
緊急の方はどうぞ。
自宅電話の留守電にメッセージは入れられません。

では、行ってきまーす!また7月にお会いしましょう!
[PR]

by cembalonko | 2010-06-22 00:18 | 日々のいろいろ | Comments(2)

プレッシャーを楽しむ

いよいよ、出発まで一週間を切りました。

ワシントン古楽祭の、最終コンサートの最終走者奏者になったことが分かったのが、
先週のこと。
この話をすると、みんなに「北島三郎」って言われる~ ^^;
もう、お神輿でも大漁舟でもなんでも出しましょうかいっ!?ってな気分デス。
今日会った人のひとこと 「十二単もっていった方がいいんじゃない?」
だめです。衣装だけで手荷物持ち込み重量オーバーですっ!!!

コンサートでの使用楽器、私以外の2人のチェンバリストの
どっちの楽器を使うかで、もめてるみたい。
私はお借りする立場だから、何にも言えないのだけど、
楽器の色が分からないと持っていく十二単衣装が決まらないのは深刻な問題。

あまり書きません。が、結構苦しんでます。
プレッシャーの中で演奏することは、実は楽しみだったりもしますが。ここだけはM。
「アンタ何者?そんな姿で人前に立つつもり?」そういう心の声は常に聞こえてきます。
自分と向き合う。見たくない自分を見る。弱い自分から目をそらさない。
この数年間、私に課せられてきたこと、そして私が乗り越えてきたこと。
そのすべてを、音に託し切ります。
[PR]

by cembalonko | 2010-06-16 23:18 | 日々のいろいろ | Comments(2)

本番が終わると・・・

f0018790_2241015.jpg

こんなモノが待っていた・・・
ダンナ手作りの、抹茶クッキーです^ロ^;

前回、ホワイトデーの
ボリュームたっぷりすぎクッキーから、
確実に進化してるところは、エライ!

生地に抹茶を練り込み、棒状にしてから、
輪切りにして焼いたらしいです。

ねぎらいのつもりらしかったので、
ありがたく頂きました!
[PR]

by cembalonko | 2010-06-14 22:41 | 日々のいろいろ | Comments(0)

朗読コンサート、終了!

三鷹市 山本有三記念館の朗読コンサート、終了いたしました。
会場は満員!抽選倍率は、1.5~2倍だったそうです!
たくさんのご応募そしてご来場、本当にありがとうございました。

3時半、会場着。チェンバロはもう到着していたのですが、
4時の会場入れの時点で、運送車の中が高温になっていて、
冷房の効いた会場に入れてもすぐには調律できないと判断。
ソロの曲を先にリハーサルしてしまってから、調律開始。
5時に、朗読の野田さんと、2人が絡む部分を中心にさくさくっとリハーサル。
調律は思ったよりももってくれたので、一安心。5時半開場・5時45分開演。

開演時に舞台側の空調を切ったため、
私がソロを弾く段階で、会場の気温はかなり上がっていました。
楽器の方はOKだったのですが、
前列で聴いて下さっている方が汗を拭いているのが見えて、
聴いている方が暑くないかしら、と心配しながら演奏していました。

今回、1時間きっかりの時間を計っていたのですが、
心配のタネは、チェンバロのお話。
長くならないように細心の注意を払い(笑)
そのお陰で、終わったのはほぼ定刻ぴったりの、18時45分!セーフ!

終演後に、チェンバロの周りにお客様が集まり始めたので、
楽器のそばに戻り、音の出る仕組みを、部品を取り出したりして説明しました。
皆さんに興味を持っていただけて、うれしかったです♪

終演後、野田さんと、今回お世話になった記念館の職員のWさんと、
ピザとスパゲッティーのお店で打ち上げ。
Wさんのお話ですと、なんと群馬から来た方もいらしたとか!
そして、たくさんの方にアンケートにご記入頂いたのですが、その中で、
最初丸をつけたらしい 2.良かった に×をして、
1.とても良かった に直してあるものがあったそうです。

そういうお話はうれしいのですが、
どの方にも100点満点を着けていただけるとは思っていません。
いろんな方の反応を知りたいです。

最後になりましたが、三鷹市山本有三記念館の職員の皆様方、
チェンバロ運搬の北中運送さん、本当にありがとうございました。

山本有三記念館 朗読コンサート
2010年6月12日(土) 17:45開演
三鷹市 山本有三記念館

朗読 野田香苗  チェンバロ 渡邊温子
「兄弟」(朗読)
チェンバロ演奏とお話
「ストウ夫人」より(朗読と音楽)
[PR]

by cembalonko | 2010-06-13 00:37 | コンサート報告 | Comments(0)

美容室へ・・・

髪、バッサリと切ってきました。すっきり~☆

その前に、何年ぶりかで、チェンバロの師匠を訪ねました。
音楽祭コンサートに、
友人の実力派チェンバリストJoeが参戦することになって、
にわかに気合を入れなおしたということです。
先生のお宅へ向かうバスの中では、本当に本当に緊張して、
「もう、今日は絶対に弾けない!帰るぅ~涙;;」な気分。
学生のときと変わらないじゃん。

でも、まだ「磨ける」部分をたくさんご指摘いただけたし、
緊張感の中にも、「ああ、ここが勉強できて良かった」という
楽しさ&安堵感の方が勝っていました。(←タジャレたつもりじゃないんだけど^^;)
ここは、ただレッスンが怖かっただけの学生時代と変わったところかも。

明日は、12日の最終リハーサル。
もう、参加申し込みの期限は過ぎてしまいましたが、
こんなご案内ページを作っていただいていました。感謝です。
[PR]

by cembalonko | 2010-06-09 22:48 | 日々のいろいろ | Comments(0)

朝から「ミナミの・・・」

朝からなぜか、竹内力の「欲望の街」の
コードネーム聴音にはまる。
午後から12日のリハーサルだったのにー
こういう、ちょっと切羽詰った時に限って、
その時しなくてもいいことをしたくなるのは
小学生のときから変わっていない。

ほら、ピアノのレッスンの前日にわざわざ図工の宿題やりはじめたりさ・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ワシントンDCの友人たちへ、
「26日は絶対コンサート来てね♪こられなくっても、どこかで会いたいね♪」
と、メールを撒いたら、
真っ先に返信してくれたのが、マイケル・グリーン。(皆さんが知っているあの方ではないです^^;)
科学者でアマチュアのオーボエ&リコーダー奏者。
DCにいた頃に、ほかのアマチュア奏者の方々とうちに来て、
よく一緒に演奏していました。

「Atsukoが来るんなら、うちでチェンバロを借りるから、
みんなでカンタータを演奏しよう!」

この号令に、たちまち数人のアマチュア奏者がエントリー。
そして、コンサートの翌々日の28日に、
マイケル宅で、大カンタータ宴会・開催の運びとなりました。

こんな風に思ってもらえるなんて、嬉しいなぁ~♪
マイケル曰く 「28日は一日空いているから、何時に来てもいいよ♪」

・・・早く行ったら行っただけ、ずーっと伴奏弾かなきゃならなくなるに違いない・・・
本当に、演奏するのが好きな方々なんです。
5時間でも6時間でも平気で演奏し続けます。
彼らのパワーは、半端ないから。ほんと。
[PR]

by cembalonko | 2010-06-07 23:13 | 日々のいろいろ | Comments(0)