音楽はいつ、神から人の手へともどってきたか

9月27日(月)、私の大学デビューが近づいてきました。

授業内容は、13回分ほとんど出来上がっていますが、
大事なのはやはり、第1回。そこの内容を、今、詰めている最中です。
物事、最初が肝心ですからね~

「非言語コミュニケーションとして見た西洋音楽」

という、大学からの「お題(観点)」を頂き、
改めてクラシック音楽の世界を眺めてみると、
今までと違った「景色」が見えてきます。

第1回目の授業では、

音楽表現において、言語的要素が担う役割は意外に小さいこと
  (声楽作品は、歌詞は言語による伝達を担うが、それよりも
   非言語的に伝わることの方がはるかに大きいこと)

を「体験」していただこうかと。その仕掛けは、当日までナイショです。

第1回目の授業の、もうひとつの柱が、

西洋音楽(書き残されている芸術音楽)は 誰に 何を 伝えるべきものか

「神」にさえ伝わればよかったものが、
「人」の心を動かすものに変わったのが、
ダ・ビンチ、ガリレイらが生きたルネサンス時代。
そして、それを権威の象徴として政治的に利用する
生身の人間の手中に完全に堕ちたバロック時代。(←悪い意味じゃないですよ^^;)

ここの、「神」から「人」への境目のところを今、調べ直しています。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

しかしですね・・・
ワタクシ、学術書を2時間読み続けると具合が悪くなるっていう・・・(←おいおい・・・)
さっきなんか、疲れてふっと絨毯の上に転がったら、
日本家屋に閉じ込められて、外から命を狙われているっていう、
超怖い夢まで見た。(←ほんと、大丈夫か?私)

で、気分転換で、ついったー見てたら、そこ経由で興味深い一文を発見♪
怪我の功名?
「メディアの発生-聖と俗をむすぶもの」という本を紹介した、あるブログの一文です。

「・・・浪花節にしても盆踊りにしても、耳や身体でその場、その時間に参加して味わうもので、
その形は固定されていません。ましてや旅ともなれば、自らの日常を離れて、
非日常的な空間・時間に自らの積極的な体験を通じて飛び込むことになります。
それは誰が受け取っても情報そのものには変化のないテレビやインターネットの情報とは異なり、
受け手の積極的な関与によっては情報の形そのものが変化するインタラクティブな性質をもった情報です。」

(DESIGN IT! w/LOVE
http://gitanez.seesaa.net/article/160359385.html
「メディアの発生-聖と俗をむすぶもの」)

この文を書いた方は
「このインタラクティブな性質をもった情報というのは、
さかのぼれば神との交信につながる」
というご意見をお持ちのようです。

その時その場限りで消えて無くなる運命にある、Performing Art。
西洋音楽でいえば、その源泉は単声聖歌にあり、
中世までは確かに、神への交信または発信
(神から何かを受けとることを前提としていたかは分からないので)であった訳です。

それが、どのような経緯をたどって、
生身の人間の心を動かすように方向転換をしたのか、
そこのところを、もうちょっと、虫めがねや顕微鏡で覗いてみたい!と思っております。

でも閉じ込められるのも命狙われるのもいやだぁぁぁ~~~
[PR]

by cembalonko | 2010-08-31 00:42 | 知的好奇心 | Comments(0)

本格的☆台湾飲茶

f0018790_18372013.jpg

そう、本当に、お茶の繊細な味と香りを楽しむのがメイン。
小籠包も海老餃子もありません!

まずは、儀式のようにうやうやしく煎れたお茶の香りを、
香り専用(!)の細長い茶器で聞く。
そして、お猪口みたいな広口の茶器で、
味わい尽くす。

ほろ苦い鉄観音の寒天が入ったあんみつも
美味しかったけど、一緒に食べたい感じじゃなかったな。
甘味に舌も鼻腔もマヒしそうで、もったいない!
って思った。

kさんの○○祝い。北浦和駅西口前、翡翠館にて。
[PR]

by cembalonko | 2010-08-28 18:37 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ラタトゥーユの作り方♪

材料 (2人分ときどき3人分ところにより2人分の2日分)

にんにく1かけ(こきすりおろす) オリーブオイル適宜 ぺーコン(出来れば魂じゃなかった塊)
玉ねぎ大1個 カラーピーマン大1個 ズッキーニ1本 ナス2本 トマト大1個以上
エルブドプロバンス(乾燥ハーブのブレンド)適宜 クレイジーソルト適宜

1.トマトを(出来ればカラーピーマンも)湯むきする。
  材料を一口大に切る。ナスは切った後塩もみしてしばらくおき、水洗いしてあくを絞り出す。
2.オリーブオイルでこきすりおろしたにんにくを香りが出るまで炒める。
3.玉ねぎと一口大のベーコンの魂を入れて炒める。あ、魂だけじゃだめかも。
4.あとはてきとーに鍋に放り込みながら炒める。
5.エルブドプロバンスをてきとーに振り入れる。
6.味見しながらクレイジーソルトをクレイジーにならない程度に振り入れる。
7.蓋をして20分、弱火で煮込む。
8.出来上がり!

先日実家に帰った時に、ビケ♪母から教えてもらったレシピ。
夏野菜たっぷりで、美味しいです♪
冷やしてもOKだそーです。 Let's try it!
[PR]

by cembalonko | 2010-08-27 23:13 | 日々のいろいろ | Comments(0)

それはどこか別の国の話

「誰にも迷惑をかけたくない」 じゃなくて、
「誰かのために何かしてあげたい!」という
ポジティヴな行動モチベーションって、いいよね!

そんなカッコいいことを言ってみた。

そのとおり行動してみた。

「誰もあんたにそんなこと期待しちゃいないよ」
と言われ続けた。

なーんていうのは、どこか別の国の話。 そうだよねー?
[PR]

by cembalonko | 2010-08-26 10:55 | 日々のいろいろ | Comments(0)

黒山三滝と関八州見晴らし台

ボックリ博士に案内して頂き、作曲家の林晶彦さん、ピアニストの林智子さんご夫妻、
ヴァイオリニストの堀江真理子さんと、こんな所に来ました。
f0018790_9402691.jpg
黒山三滝の男滝と女滝
f0018790_9411889.jpg
僧侶の指導のもと、修業をする女子3人組がいました。
黒山三滝は修験道の修行地だったそうです。
f0018790_1832246.jpg
関八州見晴らし台へ。
入道雲と遠雷が聞こえました。
f0018790_1832212.jpg
360°関東の山々が見渡せました。
f0018790_94883.jpg


お昼には、富士見茶屋で、
毎日少しずつしか作れないという手打ちそばを頂きました。
[PR]

by cembalonko | 2010-08-23 18:03 | 日々のいろいろ | Comments(0)

花火

f0018790_1557375.jpg

f0018790_1557360.jpg

世田谷と川崎の花火が同時に見られました。
[PR]

by cembalonko | 2010-08-22 15:57 | 日々のいろいろ | Comments(0)

帰ってきました!

清里から帰ってきました。

昨日の「遭難しそうな?ハイキング」がハードだったので、
今日はあまり歩く気がせず、
バスでハイランドパークへ行き、2基のリフトに乗って、
標高1900メートルからの景色を楽しみました。
冬はスキーのゲレンデになるところに咲く
夏の高原の花々にも癒されました。

昨日、あまりの長蛇の列で諦めた
清泉寮のジャージー乳で作ったソフトクリーム、
帰り際にバスを途中下車して、もう一度トライ!
今日は、午後1時ちょっと前でしたが、
私たちの前に並んでいたのは、5-6組。
お陰で念願かなって、食べられました!(^^)v
お味は、濃厚というよりは、練乳のような甘さ。
空きっ腹だったから余計にそう感じたのかもしれません。

帰りの電車の中では、
ひたすら、寝る。寝る。寝る・・・
久々に、心地よくも、かなり疲れた旅の印象。足まだ痛いし。。。
日頃からもっと運動しないと~ ーー;
[PR]

by cembalonko | 2010-08-17 22:27 | | Comments(2)

ロープウェーですよ!

f0018790_1147652.jpg

[PR]

by cembalonko | 2010-08-17 11:47 | 日々のいろいろ | Comments(0)

そうなん・・・ですか?

f0018790_23541421.jpg

あのですね、3つ前の「滝ですよ!」の投稿の時、
「川俣川渓谷自然観察園遊歩道」を歩いていたんですね。

このネーミングって、のどかな感じじゃないですか?

実際、遊歩道が始まるまでは、
木漏れ日を浴びながら、気持ち良く、
なだらかな林道を歩いていたんです。
それが次第に、勾配は急になるし、
土が水分を含んで滑りやすくなるし、
「滝ですよ!」の吐竜の滝から先は、
道無き道を行くような、ロッククライミングまがいの箇所が続き、
うっかりすると、本当にルートを外れてしまうという
アドベンチャラスなコースに変貌!

私達も、一度道を外れてしまって、
カモシカくらいしか登らないような岩肌にへばりつく羽目になったこともあり、
厳しい自然を存分に堪能いたしました!
お陰で足全体が筋肉痛ですぅ・・・

遊歩道っていう言葉に惑わされてはいけなかった。
だけどせめて、観光案内所で配ってるルートマップなどに、
「トレッキングシューズか軽登山靴をオススメします」くらい
書いておいてくれれば・・・

なーんて思っちゃうのは、過保護に慣れた悪い癖?

ちょっとハイキングのつもりでも、
ちゃんと事前に詳しく調べましょうー(汗)

写真は、まだのどかだった頃の林道の様子
[PR]

by cembalonko | 2010-08-16 23:54 | 日々のいろいろ | Comments(0)

美しの森から

f0018790_15513183.jpg

[PR]

by cembalonko | 2010-08-16 15:51 | 日々のいろいろ | Comments(4)