ツタン仮面

このネタで笑える人~?手ぇあげて~!

手ぇあげてくれた人は、そう!
○○○楽大学で「芸術Ⅲ」 通称「げーさん」 の授業を取った人ですね!
げーさんは、図像学の大家・鹿島享先生の、美術史の授業でした。
私が美術館に行って、絵を見て楽しめるようになったのは、
鹿島先生のげーさんのお陰なのです。
スライドで、たくさんの名画を見ながら、
それぞれの絵の見どころだけでなく、
同じ時代の絵画・同じ題材を描いた絵画などを見た時にも応用できる
たくさんのヒントを下さったのです。
この授業は、眠たくなる暇がありませんでした。

大学で学生に音楽の講義をするにあたって、私の目標は、
鹿島先生のような授業をすること!なんですね。
先生が私に、全く知らなかった分野を自分で開拓して楽しんでいくヒントを与えて下さったように、
私も学生たちに、音楽で、同じようなヒントをあげられたらいいな、と・・・

さて、いよいよ教壇に立つ日がやってきました。
一回目の授業は、「いつもより余計に」周到に練って行きました。
授業は12:45から。
なので今日は、12時に学校に着いて、軽くお昼を食べ、
ゆっくり準備をして授業に臨もう!という計画。のはずでしたが・・・
電車が人身事故で遅れて学バスに乗り遅れて喫茶もレストランもなーんにもない駅に40分置き去りにされて駅前のスポーツセンターの片隅でコンビニおむすびをパクつき次の学バスで授業の5分前に滑り込み講師控室に寄る暇もなくCDプレーヤーを引っ掴んで講義室へ直行ぅー・・・

ま、私らしいスタートと言えなくはない・・・ ヘトヘト・・・
出がけに神様に「今日は試練はいりませんのでよろしく!」とお願いしたのがまずかった!
でも、先週のうちに一度、学校を訪ねておいたことと、
もともと1台前の学バスに乗る予定にしていたことで、
自分がちょっと動揺したことはさておき、
危機管理は機能したと思います。 ふぅ。

今日の記事のタイトルですが、
有名な、エジプト王のミイラががぶっていた黄金のマスク。
このマスクについての、鹿島先生のありがたーいお言葉です。

「これをみんな ツタン仮面と思っているんですが、
ツタンカーメンですから」(ボソボソ・・・)
    ↑○音の人はモノマネでぜひ!(笑)


・・・同窓生同士で いつでも笑える話題も下さったおちゃめな先生に、感謝!
[PR]

by cembalonko | 2010-09-28 00:48 | 日々のいろいろ | Comments(4)

今日は、みなとみらいホールへ!

友達が出演している、アスターナ室内合奏団の演奏会へ行って来ました。

プログラムは、弦楽合奏としては超絶技巧のオンパレード。
バッハのブランデンブルグ協奏曲第3番、ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ、スークの弦楽セレナーデ。

・・・ハードだ・・・

ブランデンブルグ第3番の最終楽章になると、左手がムズムス。
チェロとチェンバロの左手が、かぶっているのですが
(バロック時代の合奏曲はみんなそうですが)
弾きにくくて合わせるの大変なの。
もし、通奏低音チェンバロのオケスタ(オーケストラ入団オーディション用の課題曲)があったら、
絶対出るよな、この曲・・・

さて、今日のビックリ!
女性トイレの前でならんでいたら・・・
バッタリ☆高校の友達と再開!
(なんでこんなところで・・・ ^ロ^;)
会ったの、何年ぶりかしらー?

友達のお子さんも中2になって手を離れつつあり、
少しずつ演奏活動もしやすくなって来ているとのこと。
・・・いつものことながら、友達の子供のことを聞くと、
月日の流れを感じるわー・・・

しかしなぜか、高校・大学時代の友達って、みんなホント変わらないんだわ。
まあ、音楽やさんは、年齢不詳の人多いですから・・・

ヴィオラ奏者☆芦川侑美ちゃんのサイトはこちら!
この記事を読んだ方 ↑ を3回クリックしないと、タ タ ラ  レ   マ   ス    ヨ   ~    

ジャッキー、アクセスアップ対策はこんなトコロでOK? (*^^)v





冗談ですので、ぜひみなさま、アクセスしてみて下さいね!
音楽好きな人のための、いろんな情報が満載です!
[PR]

by cembalonko | 2010-09-22 22:12 | 日々のいろいろ | Comments(0)

煮こごりになる前にヨコハマ~♪

しばらくぶりの更新です。
すっかり秋めいてきましたね。
みなさま、今年の異常な暑さ、無事に乗り切られたでしょうか?
私は、夜中に何度も暑くて目が覚めていたのに
急にぐっすり眠れるようになったら、
朝、異様に疲れ、かえって寝ざめが悪くなったことがありました。
それだけ、身体に負担をかけていた証拠でしょうか。

さて、世間は連休。私達は今日の午後、横浜に遠足に行ってきました!
約2時間のサンセットクルーズ(レストラン船にご飯抜き乗船!)と、
中華街での夕食を楽しんで帰ってきました。
バラバラに投稿した写真をまとめまーす!
f0018790_23452571.jpg

f0018790_23453995.jpg

f0018790_23454919.jpg

f0018790_2346296.jpg

f0018790_23461041.jpg

ここしばらく、大学の授業や、秋冬のコンサートの準備で、
目の前にはやらなければいけないことが山積しています。
考えすぎると、もう自分では良いのか悪いのか分からなくなるという堂々巡り。
そういう時には、気分転換をして、
何か違った「空気」を体に入れた方がよいですね~♪ (その時間の余裕があれば・・・汗;)
煮詰まって煮こごりになる前に、
一旦火を止めて寝かせる時間も必要。

煮詰まる、といえば・・・
ブログについても、いろいろ考えすぎていて。
「Twitter」や「なんとかつぶやき」や「なんとかなう」とかで目にする、
切れ切れの言葉に、少々食傷していて、
それじゃあ、私が読みたいものってどんなもの?と考えてみたところ、
書きかけのブログ記事がいくつも、ワードファイルに保存されることになってます。

私にとって、今がたまたま、
outputではなくinputの時期なので、
素直に「書いちゃえ!」とは思えないのかもしれません。
たかがブログですが、人様の目に触れるものを、
自分が納得する程度ではありますが、きちんと書くのは、
意外と時間がかかるのです。

無理にハードルを上げているのかもしれません。
ま、無理しないで行きまーす~♪ っと。
[PR]

by cembalonko | 2010-09-20 00:08 | 週末のお出かけ | Comments(0)

古武術でまた目からウロコ・・・

最近のいろいろ。
半年以上ガマンして使っていたプリンタをようやく、買い換えました。
明日届くの。決断に要したのは、たったの3日間!決めたら早いよ!

今日は、フルートの上野由恵さんのコンサートへ。
ギタリストとの共演で、スペインの香りを堪能。
上野の森美術館の、絵に囲まれた空間で、珠玉のひとときでした。

もどって、昨日。2週間ぶりに柔術の稽古へ。
とりあえず、弱いながらも技が掛かるようになってきた私とパートナーのHさんのところに
師範が回ってこられ、こう仰いました。

「今送っているエネルギーを1本とすると、
それを2本、3本、4本・・・と、イメージの中で増やしていけば、
それだけで強いエネルギーで技が掛かる

師範が教えて下さるときは、もちろん、実演付き!
技をかけて頂くと、受け身をする暇がないほどの勢いで吹っ飛びます・・・(怖)

私  「でもその力を鍛えるためには、○○○(前に習った他の技)の訓練を
    沢山しなければいけないんですよねェ?」  ←ぜんぜん信じてない人
師範 「いや、鍛えなくても良い。イメージだけで、出来るから」

師範に言われたように、稽古を再開すると、確かに!
パートナーのHさんは、かなりの勢いのエネルギーを出せていました。
私は・・・というと・・・
初めは、どういう風にイメージするかを、アタマで考えてしまって、
結果、あまり技がかからなくなってしまいました。
Hさんにも、いろいろアドバイスしてもらって、
ようやく、エネルギーの強さはそれほどでもないけれど、
スピードがある技が掛けられるようになりました。

イメージすれば、出来る

徹底的に「思考」を排除するっていうのは、本当に、難しいし、
徹底的に「脱力」するのも難しい。
でも実はすべて、演奏している時と同じ状態 な の よ ・ ・ ・ 
これ、本当に体得出来たら、ひょっとしてひょっとするかもよ!?
乞うご期待! と一応書いておこう^^;
[PR]

by cembalonko | 2010-09-13 00:38 | 日々のいろいろ | Comments(0)

朝から豊作♪

f0018790_22232934.jpg

まだ飽きずに牧場やってますが・・・^ロ^;
カラフルに一杯なった収穫物にほっこり。

ちゃんとしたブログも書きますから(汗)
[PR]

by cembalonko | 2010-09-12 22:23 | 日々のいろいろ | Comments(0)

空から降ってきたメロディ 台風の大雨と一緒に♪

いや、それは嘘だな。
正確に言えば、空から音が降ってきたのは、
今日じゃなくて昨日。
実家方面への電車に乗っている時に、突然、降って湧いてきた。
それを今日、楽器の前で書きとめる作業をした。
窓の外は雨で煙った灰色。

書いている時間に浮かんでくるメロディが追いつかない!
ってな経験を初めてした。
シューベルトが寝てる時に思いついたメロディを、
起きる暇がもったいなくて枕に書いちゃった気持ちが、ちょっと分かった。
あ~らやだ、すっごいおこがましいこと言ってる~(;一_一)アタシッタラ・・・

あっという間に数時間がたってしまった。
どうしても、旋律らしきものにならないー
チェンバロは私にとって、鍵盤楽器ではなくて弾弦楽器、つまり
ハープとかリュートとかと一緒のイメージなので、
微妙な弦の振動の重なり合いを、楽しんでしまう。
だから、いざ音を書き留めてみると、
なんとなく、いつも同じようにアルペジオっぽかったり
和音の移り変わりで出来ているようなモチーフばかり。

きっと明日になったら笑っちゃう様なものなんだろうけど。
メロディメーカーの大御所さまたちは、
音の線を、どのように紡いでいるんだろうか???

(こんなことしているヒマがあったら、
完璧に出来ている作品を沢山弾いた方がずっと、自分の栄養になるんだろうなぁ)

[PR]

by cembalonko | 2010-09-08 21:21 | 日々のいろいろ | Comments(0)

コラーゲン入りレモンジュース、出来た♪

買い物をサボったので、フルーツを切らしてしまい、
珍しく殊勝な心掛け。デザートを自作しよう!と決意。(そんな大げさな・・・^^;)
レモン汁を薄めて蜂蜜で甘みを付け、
分量のゼラチンを熱湯で溶かして混ぜて、冷蔵庫へ。

・・・はや、5時間経過。

すっかり冷えてる筈なのに、固まりませーん!
美容と健康に!コラーゲン入りレモンジュースはいかが?
・・・って、そんなもん作るつもりじゃなかったんだけど。
レモン汁って、ゼラチンで固まらないのねぇ???
[PR]

by cembalonko | 2010-09-06 22:58 | 日々のいろいろ | Comments(2)

夏風邪?だるー

2日間寝込みました。

一昨日から激しく胃が痛み、
身体もだるくて、動くのがとてもしんどかった。
でも、午後は無理やり仕事に行きました。
体調の悪さって、人と接していると、意外と忘れます。

昨日は柔術の稽古もお休みし、一日寝ていたけれど、
夜になっても、ちっとも良くなった感じがしない。
それどころか、熱が出てきたし・・・

今日は、薬を飲んで、午前中は少し仕事出来たかと思ったら、
午後からやっぱりダウン。
今日は冷房を入れず、送風のみで、自力で汗をかいた。
そうしたら、少しすっきりしたような気がする・・・

いい加減、復活しないと!忙しい秋はもう、目の前だっっ!
[PR]

by cembalonko | 2010-09-05 22:42 | 日々のいろいろ | Comments(0)

お話の続き。

音楽って、本当に最初は、神のために作られたものだった???
神様を喜ばせれば良いだけのものだった???

Yes, and No.
もともと音楽には人の心を揺さぶる力があったんだよねー

砂漠の乾いた空気も届かない、パレスチナの深い洞窟の奥。
弾圧されていた、初期キリスト教の祭司が、
キリストが十字架上で苦しむくだりを、声を張り抑揚をつけて朗誦する。
暗がりに居並ぶ信徒たちは、それをじっと聞いている。
エコーしながら雷のように響く、聞いたこともない声音の波。
それに呼応して、信徒たちもいつの間にか、
叫びともむせび泣きともつかない声をあげていた・・・

「音楽」が、人を非日常に引きずり込むっていう
その底力を認めていたからこそ、
初期キリスト教の聖職者たちは、信徒を増やすために、そして
異教からの改宗者を固定するために、それを「利用」したんだよねー

でも・・・その底力は、同時に、恐れられてもいた。

なぜなら、当時の有識者(=聖職者や研究者)には、
「教会で歌われる聖歌は、人の心を喜ばしてはいけない」
っていう、ギリシャの哲学者から受け継がれた「呪縛」があったから。

アリストテレスもプラトンも、「いい音楽を聴かないと正しい人間は育たない」
と考えていた。
アリストテレスは
「もし、人が卑劣な感情を目覚めさせるような音楽をいつも聴いていると、
その人の性格はゆがめられる」と言ってるし、
プラトンは「正しい人間を生みだすには、肉体を訓練するために体育を、
精神を訓練するために音楽を推奨する。
しかし、もっとも適切に魂に供されるべき音楽はほんの一握りしかない」と言ってる。
要は、音楽は「そのものが美しいから」「心を動かすから」という理由で
聴かれる対象ではなかった、ということなのよ。
逆に、心を揺さぶられることは「悪」で「罪」だった訳。

だから、聖アウグスティヌスみたいに悩んじゃう坊さんが現れる。
その声を聞いてみよう。

「私は、教会で歌を歌う習慣を認めたい。
それは、耳の楽しみを通じて、弱い者の心を敬虔の念に目覚めさせるためです。
しかし、歌われる内容よりも歌そのものによって心が動かされるようなことがあれば、
その時私は、許し難い罪を犯しているのです。」

・・・いや、そんなに悩まなくても・・・あなたのせいじゃないからさ・・・

さて、音楽はいつ、神から人の手へともどってきたか。

これは、言い換えれば、
人々がいつ、プラトン以来の呪縛から解かれ、
音楽の美しさに心を動かされても「罪」と思わなくなったか、ということなんじゃないか?
人間がいつから、「音楽そのものの美しさを享受してもいいんだ!」って
認められるようになったか、ということなのでは?

プラトンの「神の美を思い出させるためにだけ存在するこの世の美」が、
「この世を享受するために存在する私たちの美」に変わったのは、いつ?

今日はこの辺で! (^^)ノ” see ya!

(今日は絨毯の上でうなされなかったよー ←やっぱり寝たんかい!?)
[PR]

by cembalonko | 2010-09-01 01:05 | 日々のいろいろ | Comments(10)