「受け身」って能動的なものなんだ!

柔術の稽古にて。
いつも受け身が下手な私なのですが、
昨日、師範に言われたことで、目からウロコが落ちました!

「『受け身』は受動的なものではなくて、能動的なもの」

・・・技を受けた時に、能動的に自分の身を守る姿勢をとるのが
「受け身」、なんですねー
考えてみたら、当たり前のようでいて、
言葉にして頂いて初めて、腑に落ちました。 だからといって上手く出来る訳じゃないけどー^^;

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、明日は多摩市の観音寺で弾いてきます。
音楽作品の50パーセント以上がキリスト教音楽である
バロック音楽の世界にいながら、
今年に入ってお寺さんでの演奏は、すでに3回目。
日本人らしくてよろしい。ってことで、頑張ってきまーす!

「音楽現代」6月号 まだの方はぜひ読んでね~♪
「震災に際して、音楽家に何が出来るか」についての記事を書いています。
こちらから送料無料で買えるようですよ~!
f0018790_9331015.jpg

[PR]

by cembalonko | 2011-05-29 09:49 | 古武道 | Comments(0)

83歳 グスタフ・レオンハルト チェンバロリサイタル

昨日は、午前中は浦和の音楽講座、午後は30日のリハーサル、
夜はグスタフ・レオンハルトのリサイタルと、充実した一日でした。
講座にいらして下さった皆様、今回もありがとうございました!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

レオンハルトは御歳83才。満席の津田ホールで、
前半はスコブロネックのイタリアン後半はアンセルムのフレンチを使い、
フレスコバルディ、ルイ・クープラン、フローベルガーなどの作品を演奏。
アンコールは、ルイ・クープランのヘ長調のシャコンヌと、
フローベルガーの「来たるべき死に寄せる瞑想」←レオンハルトおじさんのウィット♪

チェンバロを鳴らす、歌わせるって、こういうことなのか・・・
今の人生の2倍近く生きたら出来るってものではないと思うけれど、
目指している方向の遥か遠くの先を見せてくれる人の存在は大きいです。

そして、チェンバロって・・・
どんな楽器を使っても、どんな会場であっても、どんなコンディションであっても。
その「人」が透けて見える。
そんな楽器だなぁ、と、強く感じたコンサートでした。

31日のトッパンホールも楽しみ♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて30日は多摩市の観音寺で演奏します。
演目は、朗読の野田香苗さんによる
「仏説父母恩重経(ぶっせつぶもおんじゅうきょう)」に、
私が音楽を付けたもの。
これは、父母の恩について、釈迦が弟子たちに語るという物語で、
テキストがかなり難しかったのですが、さすが、野田さん!
彼女の声にかかると、心にストン、と落ちる!感動~
昨日、音楽を入れてみたら、なかなか良いですよ~♪(自画自賛^^;)

・・・お寺関係者の皆様方、いつでも出張公演いたします(笑)
[PR]

by cembalonko | 2011-05-27 10:15 | 音楽 | Comments(0)

ダウン、そして復活!

先週は、毎日いろんな人に会った週でした。
美味しいものも食べられたし、いろんなお話も聞けたし、
新しい企画も進みそうだし、良か良か!

・・・と思っていた矢先、いきなりやる気0(ゼロ)状態に陥り、
変だなー、と思っていたら、頭痛でダウン。なんなんだー!?
昨夜は10時半に寝てしまいました。

熱とか咳とか鼻水とか、具体的な症状がないと、
体から「休め!」サインが出ていても休みにくい。
なので、今日はがんばりますよ~!

木曜日は「ヘンデル」さんのお話@浦和です!
ヘンデル諜報部員説(?!)お楽しみに。

f0018790_912810.jpg
4月末に行った羊山公園の写真をもう一枚・・・
[PR]

by cembalonko | 2011-05-23 09:00 | 日々のいろいろ | Comments(0)

新宿駅で撮鉄さんたちに遭遇!

f0018790_1171696.jpg

f0018790_1171655.jpg

懐かしい京浜東北線!
ナンバー撮ってた人がいたから、
こういうの重要なのかなー?と思って。
真似っこ。
[PR]

by cembalonko | 2011-05-17 11:07 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ジャーン!「音楽現代」6月号・明日発売♪

f0018790_2315273.jpg
クラシック音楽誌「音楽現代」6月号が、明日発売されます!
前にツイッターでつぶやきましたが、
総合音楽誌に初めて記事を書かせていただきました。

「鎮魂、そして復活、希望、未来 ~音楽・音楽家に今何が可能か」
という特集に、音楽評論家の方など13人が、
「鎮魂」「復活・希望・未来」にふさわしい曲の紹介と、
「今音楽家が何ができるか、今、音楽で何ができるか」というコラムを書いていまして、
そのうちの1人です σ(^^)ワタシ

今日、音楽教室のレッスンから帰ってきたら、
できたての一冊が届いていまして、
なんだかものすごく緊張しながら、雑誌を開きました。

・・・ムフフ・・・ 照れる(^^;;;;

嬉しかったのは、いつも居間のラグに寝そべって
文芸誌ばかり読みふけっている
文学中年の夫に褒められた事♪♪♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

他のコラムニストの皆さまの記事も、
さっきから穴が開くほど読ませていただいてます。

あ、この方ちょっと感性が似てるかも、とか、
こういうこと書きたかったけれどワタシの文章力では無理だったな、とか、
いろんなことを思いながらツッコミ入れながら読ませていただいてます。
いろいろな観点があって、ほんとに お・も・し・ろ・い!

今回のようなテーマで文章を書くことになった時、
これは、選曲を含めて、自分がどんな人間かっていうのを
あからさまに世間にさらすことになるぞ!っていう怖さはすごくあったんです。
でももし被災された方が、私の選曲に触れる機会があっても、
何を思って選んだかは多分伝わるかしら、と思っています。

お時間のある方はぜひ、この特集記事、読んでみてくださいマセ!
私のだけじゃなくてね。 お願いしまーすm(__)m
[PR]

by cembalonko | 2011-05-14 23:46 | 日々のいろいろ | Comments(2)

この母にしてこの娘

今日は雨模様の中、浦和のチェンバロ・音楽講座にいらして下さった皆様、
ありがとうございました。
今日欠席だった皆様、もったいなかったですよ~ (ごめん、意地悪いですね^^;)
大バッハの息子たち3人(ヴィルヘルム・フリーデマン、カール・フィリップ・エマヌエル、
ヨハン・クリスティアン)の音楽と生きざまの違いをたっぷりお届けしました。
3人とも鍵盤弾きなので、生演奏での曲例も盛りだくさんな回となりました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、先日るりいろ工房で製作したガラス器の焼成が完了し、
送られてきました。
自分でも信じられないくらいの出来の良さに、感動!
・・・単に使ったガラスが良かっただけなんですが・・・^^;

焼成前
f0018790_2245337.jpg

焼成後
f0018790_22492766.jpg


頭に乗って写メを撮り、一緒に作りに行った母にメール。
「お皿来ました!私って天才かも!
って思うくらい、キラキラのパステルカラーが効果的です。
写真じゃあまりわからないけど。」

母からの返信
「ステキ!やっぱり天才の娘ね!(笑)」

・・・そんな天才(?)母の作品は、こうなりました!

焼成前
f0018790_22533545.jpg

焼成後
f0018790_22535354.jpg

[PR]

by cembalonko | 2011-05-12 23:13 | 日々のいろいろ | Comments(0)

昔は、マジメだった・・・

ヨハン・クリスティアン・バッハ シンフォニー全集
全5枚組・ボックス入りCD、収録時間5時間余!
・・・こんなん、一生全部聴かないよ~・・・

このCDセット、ずいぶん前に、
その中のたった一曲を演奏するための資料として、買ったのでした。
若い頃は何でも「未来への投資!」と思えた瞬間があったものです・・・(遠い目・・・)

さて、明日の講座でバッハの息子たちを取り上げるので、
久々に箱を開け、聴きなおしてみました。
(ちなみにクリスティアンはJ.S.バッハの6人の成人した息子のうちの6番目)
そうしたら、楽器編成の違う版が2種類収録されている曲があり、
それを聴くと、まさに、バロック音楽から古典派への
オーケストラに求められた響きの変化が分かる!

・・・「聴いて分かる」のは、私の講座の目的にぴったり♪ 使えるっっ!
とまあ、たまには投資しておいた分が帰ってくることもあります~
しかし、マニアックなCDだったわ~

他にも、生演奏で聴いて分かる!
解説を聞いたら、もっと分かる!話題も笑いも満載!
バロック(だけじゃない)音楽講座、明日10時半に北浦和でお待ちしておりまーす。
来てね~!!!
[PR]

by cembalonko | 2011-05-11 09:20 | 音楽 | Comments(2)

6月のコンサート&講座

チェンバロ音楽講座 作曲家たちの旅
第4回 「テレマン ~ハンブルク・パリ~」

6月9日(木)10:30~12:00 
タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
¥2,500

震災チャリティコンサート in 大宮公園
2011年6月11日(土)14時開演 
県営大宮第二公園ギャラリー(電話 048-645-9605、開館時間8:30~17:00)
アクセス 公園HP

出演 ソプラノヴォーカル 千曲風羽  チェンバロ 渡邊温子  オルガネッタ こじまおさむ
ヘンデル オンブラ・マイ・フ、泣かせて下さい
スカルラッティ すみれ
日本の歌・夏のメドレー(茶摘み、椰子の実、浜辺の歌、ほか)(以上ソプラノ)
バッハ プレリュードとフーガ イ長調(チェンバロ、平均律クラヴィーア曲集第2巻より)
トリッチトラッチポルカ、自動オルガンのためのアンダンテ(以上オルガネッタ)
・・・などなど、他にも盛り沢山なプログラムをお届けします!
¥1,500 ご予約・お問い合わせは会場まで!


チェンバロ音楽講座 作曲家たちの旅 
第5回 「モーツァルト ~ザルツブルグ・ウィーン~」

6月23日(木)10:30~12:00 
タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩3分)
¥2,500
[PR]

by cembalonko | 2011-05-09 17:03 | 音楽 | Comments(0)

チャリティーコンサートのご報告

今日は、昨日とは打って変わって日射しが眩しく、
半袖で丁度良い、汗ばむくらいのいいお天気でした。

11時と14時の2回公演で、合計30739円の義援金が集まりました。
ご協力ありがとうございました。
f0018790_0175639.jpg

f0018790_0175681.jpg
大宮公園内のボックリ博士の展示ブース。
松ボックリばかりでなく、長さが1.5メートルになる、
南の島のマメのさやなども!
[PR]

by cembalonko | 2011-05-09 00:17 | コンサート報告 | Comments(4)

チャリティーコンサート終了!

f0018790_16103081.jpg

大宮公園のステンドグラス
[PR]

by cembalonko | 2011-05-08 16:10 | 日々のいろいろ | Comments(0)