クリスマスソングを弾いてるのに

ブログが紅葉っていうのはどうよ…と思い立って、
変えてみました。
どんピシャな候補が無かったのですが、とりあえずこれで。
12月入ってからクリスマスバージョンにしますかねぇ?

先週は、本当に、ハードだったのですが、
荻窪音楽祭が終了し、浦和の講座が終了し、
速い歩みではないけれど、ひとつひとつのことを、
丁寧に、大事に、クリアしていきたいと思っています。

次の日曜日は、
風流楽(ふる~ら)のコンサート。
朗読と音楽のオリジナル作品は、明日
もう一つ編曲をし直して、完成かな?

12月4日(日)は、優しい歌声と美しい日本語とチェンバロの音色を
素敵な洋館でお楽しみください。

コンサートの前後に、1500坪の庭園の散策もできますよん。
隠れキリシタン灯篭を探してみて下さい!(あ、ばらしちゃった?) 
[PR]

by cembalonko | 2011-11-28 01:14 | 日々のいろいろ | Comments(0)

バッハと同時代の巨匠たち ご来場ありがとうございました!

初めにお知らせ・・・♪
月刊バロック通信 本日17時配信です!ご登録よろしくお願いします♪

ご報告が遅くなりました!
「バッハと同時代の巨匠たち」
先週土曜日、雨と強い風という悪天候の中、
たくさんの方のご来場、本当にありがとうございました。
f0018790_9182446.jpg
f0018790_9185937.jpg
f0018790_9191690.jpg
以上 撮影 ボックリ博士

===コンサート報告===
第24回「荻窪音楽祭」参加公演
「バッハと 同時代の巨匠たち」 Sold out ありがとうございました!
出演 : 生方真里(ヴァイオリン)芦川有美(ヴィオラ)渡邊温子(チェンバロ)
曲目 : ブクステフ―デ ヴァイオリンとヴィオラのための2重奏ソナタ BuxWV255
テレマン トリオソナタ ト短調 TWV42:g15
    J.S.バッハ トリオソナタ ニ長調 BWV1028 ほか
日時 : 11月19日(土)14:00開演(13:30開場)
会場 : ギャラリー遊美(JR荻窪駅より徒歩5分)
チケット : 2,000円(当日2,500円)※未就学児のご入場はご遠慮ください。
主催 コンチェルト・パバーヌ  後援 荻窪音楽祭 
[PR]

by cembalonko | 2011-11-22 09:25 | コンサート報告 | Comments(0)

インフルエンザの予防接種を受けてきました!

一昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
いつも行く病院は、自転車で5分。
近いからそこへ行ってしまうのですが、どうも、相性が良くないようで。
以前も、ミニスカ女医の呪い<ウソ>で、
病院行った後、余計に具合が悪くなることがあったり・・・

今回も、接種を受けたその日の午後はだるくて、
昨日も引き続き、いまいちの体調・・・
(病院との相性じゃなくて、ワクチンとの相性?かもね?)

今朝は、ようやくすっきり♪
本番から少し日を空けておいて正解でした。

明日は、朝7時半に楽器搬出なので、実家に泊まりまーす。
夕方以降のご連絡は、携帯にお願いいたしまーす!
明日の公演は、ごめんなさい、満席でーす m(__)m

12月4日風流楽クリスマスコンサートは、昼も夜も、まだお席がございます。
ぜひ、お越しくださいませ。
[PR]

by cembalonko | 2011-11-18 09:11 | 日々のいろいろ | Comments(0)

古武術から西洋文化が探れるかも?

ご無沙汰いたしました!
書きたいこともたくさんある中、
更新の時間と心の余裕がなかなか持てず・・・ 
でも、とりあえず元気です!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

昨日、柔術の稽古に行ってきました。
師範と師範代はお見えにならず、
講義がなかった分、がっつり動きました!
Tシャツから道着にまで汗が染みてきました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

昨日の稽古の中で、
足の置き方について、助教の先輩からお話がありました。
柔術では、両足は平行か内向き(つま先側の幅を狭くする)に置くのが基本。
外向きにすると「気」が漏れてしまうのだそうです。

それを聞いた時、ふと、こんなことを思いました・・・

バレエのポジション(足の置き方)って、全て足が外向きですよね?
それはもともと、ルイ14世時代の宮廷舞踏からきており、
さらに遡ると、フェンシングの足のポジションがその源流なのだそうなのです。
    (これは、オーストラリア人のバレエダンサーから聞いた話で、
    ちゃんとソースを確認していません(^^ゞのであしからず・・・)


そしてルイ14世は、有名な肖像画の中で、
宮廷舞踏の第4ポジションで、優雅に威厳をもって立っています。

しかし、これらの足のポジションは、
柔術の身体運用法からみると、「気」がダダ漏れ状態・・・

柔術では、気力(エネルギー)を内に秘めて充実させるのがGoodな訳ですが、
では西洋では、気力(エネルギー)を常に発散させているのがGoodなのだろうか?

・・・ここで、ひらめいちゃったんです。
身体運用法の違いから、文化の本質を何か、見つけられないかな???って。
東洋と西洋、仏教・神道とキリスト教、島国と大陸。
思想や芸術の中でも、もっと身体と結びついたところに、
その本質を探るヒントがあるのでは?

もちろん、私の習得しようとしている身体運用法が、
全ての東洋文化にあてはまる訳ではないかもしれないけど、
東洋的な「気」の概念から、ダンスやスポーツや
パフォーミングアートを探っていける可能性も あるんじゃないかなー・・・
[PR]

by cembalonko | 2011-11-14 00:40 | 知的好奇心 | Comments(0)

今っていったい、いつなんだ?

昨日は、母校の図書館へ。
11月とは思えない気候。いいお散歩日和。
校舎は増えても、学校より古い桜の大木は残されていて、
緑豊かな母校に、ほっと安らぎを覚えたのでした。

さて、帰り道。
高田馬場の乗り換え改札をでると、目の前に花屋さんが。
そして、店頭には、クリスマスツリーが・・・ クラクラ…
前日にハロウィン終わったばかりじゃないですかー!?

さらに、地元の○ーカドーのエレベーターを降りると、
目の前には、しめ飾りが・・・ クラクラ…
季節先取りしすぎです!
今年のうちにチョコレートも売り出しそうな勢い・・・(それはないか・・・)

=====

ハロウィンのきっかけになった「万聖節」が、昨日。
そして、今日は「万霊節」。
亡くなったすべての方に思いを寄せる日だそうです。
[PR]

by cembalonko | 2011-11-02 09:20 | Comments(5)