ちょうど昇ってきた月

f0018790_18325438.jpg

本当はもっと赤いのですが。
[PR]

by cembalonko | 2013-01-28 18:32 | 日々のいろいろ | Comments(0)

書類の山が~片付かな~い♪

確定申告やってます。
午後中やっても、終っわらな~い!
・・・妙にハイテンションになってきてまぁ~す・・・
[PR]

by cembalonko | 2013-01-27 21:13 | 日々のいろいろ | Comments(0)

喜びすぎず。

前回、雪の高速道路8時間から生還!と更新して以来
旅行ブログの方にうつつを抜かしておりまして・・・
こちらがお留守になっておりました。スミマセン!
お陰さまで、凍りついた道路でコケることもなく、
元気にしております。

アメリカ移民局より、正式に
アメリカでのプロ活動を認める旨の許可が下りた、
との連絡を頂きました。

「何であなたが!?」

と思う方は多いでしょう。本人も、そう思っています。
今回の手続きに関わって下さった方も、ほぼ皆さん、
「移民局は難しいのよね・・・」と思っていたみたいですから・・・

でも、これは、事実なんです。
私のために、ものすごく煩雑な手続きを助けて下さった
たくさんの方々がいて下さったお陰・・・
なんというかもう・・・私は、お礼の言葉が見つかりません。

推薦状を書いて下さった先生方、
A45枚にびっしりの履歴書をすべて翻訳して下さったRさん、
手続きを漏れのないように仕切って下さったEさん、
ライブの度にきちんとCDやDVDの記録を撮って下さったボックリ博士、
そして、今まで17年の間に私と一緒に音を出して下さった皆様方、
コンサートを作って下さった皆様方・・・
(今までの活動を全て、申告していますので)

本当に、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
私は、喜びすぎず、心静かに、
皆様のして下さったことに報いるよう、しっかり頑張ります。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

実は、去年後半から、自分の中には穴があいていました。
基本的に楽観的な自分も、
ある出来事を相当引きずり続け、
自分が音を出す意味をも、見失いかけていました。

もちろん、コンサートでも講座でも、
自分の心に鞭打って、弾いていました。
でも、今までなら、楽器に触れられなければ
指が気持ちが悪くてしょうがなかったはずの、
年末年始の旅行の時も、全く平気。
むしろ、楽器から離れられてほっとする・・・

こんなことは、今までで、初めてでした。

でも、今回の一件で、
私を必要としてくれているところがあったんだ、と
再び、心を奮い立たせることが出来そうです。
後からこのことを振り返った時、このことで私はきっと、
救われたのだろうな・・・

本当に、感謝、という言葉しか出てきません。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

明日はメルマガ「月刊バロック通信」の配信日です!
ご登録がまだの方はぜひ!
毎回、結構マジメに書いております・・・
http://www.mag2.com/m/0001306010.html
[PR]

by cembalonko | 2013-01-21 23:51 | 日々のいろいろ | Comments(5)

ようやく自宅に帰りつきました!

f0018790_2222387.jpg

私達も疲れたけれど、バスの運転手さんはどれだけ・・・

ともあれ、事故もなく帰りつきました。感謝!
[PR]

by cembalonko | 2013-01-14 22:02 | 日々のいろいろ | Comments(2)

浦和で高速から降りました。

f0018790_19205351.jpg

だけど・・・まだのろのろ。
さっき、大手運送会社のトラックその他3台が、
スリップして下がって行ってた・・・
もう、麻痺状態ね・・・
[PR]

by cembalonko | 2013-01-14 19:20 | 日々のいろいろ | Comments(0)

バスが動かないー!

f0018790_15355719.jpg

こんな具合で・・・読む本持って来て良かった。
いつ、帰り着けるんだろう(泣)
[PR]

by cembalonko | 2013-01-14 15:35 | 日々のいろいろ | Comments(0)

日光・神橋

f0018790_1331489.jpg

大雪の中、高速バスで栃木から都内に向かっています。
事故車と立ち往生している車を見かけました。
運転なさる皆様、どうぞお気をつけて!
[PR]

by cembalonko | 2013-01-14 13:03 | 日々のいろいろ | Comments(0)

雪国?

f0018790_1053570.jpg

f0018790_1053637.jpg

f0018790_1053620.jpg

一昨日より、奥日光に来ていました。
もうすぐ帰りのバスに乗ります。

3枚目の写真は昨日のもの。
昨日の青空が一転、
今朝はすっかり雪景色です。
[PR]

by cembalonko | 2013-01-14 10:05 | 日々のいろいろ | Comments(0)

お別れのとき

私は、いい顔をしていただろうか。
夜帰ってくる夫に「いってらっしゃい!」と言った時。
毎週やってくる生徒さんに、「また来週ね!」と言った時。
ひと月に一度訪ねる実家の親に「じゃあ、また来るからね~!」と言った時。
一年に一度しか会えない海外の友人に「See you then! Take care!」と言った時。

海外で生活した経験があると、
「知り合い」から「心の友」となる人たちもいる。
でも、ずっとそばにいられるわけではなくて、
私が日本にもどってきた後は、当然、
お互いに別の場所で別の生活を送りながら、
お互いのことを思いやる時間の方が長くなる。

年月が経つと、数年に一度くらいその「心の友」を訪ねる機会も出来、
現地で、彼女(彼)との再会を喜び合えることもある。
でも同時にそれが、その彼女(彼)とまみえる
最後の時になるということも、増えた。

そして、不思議なことに気がついた。
海外の友人を訪ねて、いよいよ帰国する時、
ある時は友人の家で、ある時はカフェで、
ある時は空港で交わした「See you!」が
期せずして、最後の別れの言葉となってしまった人は、
だれもが、とびきりの笑顔・晴れやかな表情で
見送ってくれていたということに。
心の中には言いようのない寂しさを湛えているにもかかわらず、
「元気でね。」と・・・
「I miss you…」と涙・涙でさよならを言った人とは、実は
また会えている。

心の家族としか言いようのない友人との悲しい分かれが、
この年始にもあった。
去年の夏に会って、お別れした時の、その方の
穏やかさ、その方らしい立ち居振る舞い、ユーモア、
そのすべてを含んだとびきり素敵な表情が、
スナップ写真のように、私の目に焼き付いている。

年齢が上になればなるほど、
自分にいつ何があっても・・・という覚悟のようなものが、
日常的に出来てくるものなのかもしれない。
しかし人間はいつか、
誰とも会えない所に行ってしまう、ということは、
老いた者にも若き者にも全く平等に訪れる真実。

私は、そんなこと、普段は忘れている。
でも、考えざるを得ない事実に、どきっ、と
たびたび遭遇する年代になった。

私は今日、またすぐ会うはずのだれかとお別れした時、
いい表情をしていただろうか。
本当に今夜、本当に来週、本当に来月、本当に来年、
確実にまたその人と会えるなんて、
誰も約束することはできない。
[PR]

by cembalonko | 2013-01-10 09:09 | 日々のいろいろ | Comments(0)

初詣

f0018790_1582158.jpg

f0018790_1582184.jpg

午前中、柔術の初稽古へ。

去年の暮れは、風邪でほとんど参加できなかったので、
今日は行けて良かった!
気力が充実して、なんとなく清められた気がします。

稽古に行く途中に通る、平塚神社が、期せずして今年の初詣になりました。


稽古の帰りに、お守りゲット!
かわいいピンクの「夢叶守」。

お守りはかわいいですが、
ここに祀られているのは、平安後期の武将・八幡太郎 源義家命。
立身出世や、武芸の上達などにご利益がある武人なのです!

義家命とともに、次男と三男も祀られているのですが、
三男・義光命は笙の名手でもあったとか。

私はそちら方面のご加護にも期待したいですねー(^^)
[PR]

by cembalonko | 2013-01-05 15:08 | 日々のいろいろ | Comments(0)