ムフフ・・・

f0018790_19325697.jpg

f0018790_19325687.jpg

4ヶ月ぶりくらいに、音楽友達Mちゃんとデート。

で、これ、頂きました(笑)メモパッド。

スケボーするバッハ、最高ー!おまけに鍵盤だし!!!

そういうMちゃんのバックは、ケルントナートーア劇場の前で飛ぶ、
ベートーベン柄でした。
[PR]

by cembalonko | 2013-02-25 19:32 | 日々のいろいろ | Comments(2)

無料マルマガ「月刊バロック通信」明後日22日17:00配信!

無料メルマガ「月刊バロック通信」、
明後日夕方5時に配信です!
テーマは・・・当然!イタリアですよ~ ご登録はこちらまで!


ご無沙汰いたしました。m(__)m

10日くらい前に左の肋骨を痛めてしまったのですが、
晴れ時々曇くらいの確率で、
痛かったりそうでもなかったり。(←謎)
医師の話だと、1・2カ月はかかるらしいので、
気長に治します。

グレン・ウィルソン チェンバロ公開講座、
近づいてきました。
あんたもう、うざい!とお思いでしょうが、
ぜひぜひ、いらして下さいませ!
いらしてくださるまで、私はあきらめませんよ~~~
特に、ピアニストの方、ピアノレスナーの方!
フレスコバルディ?なにそれ美味しいの?の皆さん、
鍵盤弾くのに、それは許されまっせ~ん絶対!!!
(ほーらほら、どんどんうざくなるよ~)

オルガン音楽普及サイト「ブルーベルの森」で
公開講座のことを紹介して頂きました。\(~o~)/
ありがとうございます!

[PR]

by cembalonko | 2013-02-20 23:27 | 日々のいろいろ | Comments(0)

グレン・ウィルソン チェンバロ公開講座 タイムテーブルを追加しました。

グレン・ウィルソン チェンバロ公開講座 2013f0018790_1142480.jpg
 主催/グレン・ウィルソン公開講座実行委員会 協賛/日本チェンバロ協会
 Glen Wilson氏のプロフィールはこちら!

●日時・会場 

東京 2013年3月9日(土)10:00-18:00 サロン・ドゥ・ミューズ
東京都世田谷区北沢2-7-9 

大阪 2013年3月17日(日)10:00-17:30 ノワ・アコルデ音楽アートサロン
大阪府豊中市服部本町2-5-24

●聴講料

4,000円(1日) 日本チェンバロ協会会員 1割引
 ※レッスン受講はただ今キャンセル待ちです。事務局までお問い合わせください。

●タイムテーブルと受講曲

東京
3月9日(土)下北沢:サロン・ドゥ・ミューズ
開場 9:45 
10:00-10:30 Wilson先生によるレクチャー
「イタリア初期バロックの鍵盤音楽を中心に」
10:30-11:30 G.M.Trabaci Toccata prima,
        T.Merula Capriccio cromatico del primo tono
11:30-12:30 T.Merula Toccata in g
        M.Rossi Toccata no.7 in d
12:30-13:30 昼食休憩
13:30-14:30 G.Frescobaldi Toccata Seconda (primier libro)
14:30-15:30 【Recorder】D.Castello Sonata Prima
15:30-16:00 休憩
16:00-17:00 G.Frescobaldi Toccata Prima (secondo libro)
17:00-18:00 G.Frescobaldi Toccata terza (primier libro)

大阪
3月17日(日)豊中:ノワ・アコルデアートサロン
開場 9:30
10:00-11:00 W. Byrd Fantasia in a
11:00-12:00 G. Frescobaldi Cento Partite sopra Passacagli
12:00-13:00 昼食休憩
13:00-14:00 G. Frescobaldi Ricercale No.1
        J. S. Bach W.F.バッハのためのクラヴィーア小曲集よりBWV928、925   
14:00-15:00 J. S. Bach Toccata BWV911 
15:00-15:30  休憩
15:30-16:30 【Vn, Cemb】A. Corelli Sonata Ⅹ in fa maggiore
         1. Preludio 2. Allemanda 3.Sarabanda 
16:30-17:30 【Vn, Cemb, Theo】G. A. Pandolfi Mealli Sonata, Op. 3, No. 2, La Cesta

●東京講座での使用楽器
島口孝仁製作 17c.イタリアンモデル 一段鍵盤 音域GG-d3

●申し込み方法
東京での受講をご希望の方は東京事務局へ、
大阪での受講をご希望の方は大阪事務局へ、
氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、レッスン受講・聴講の別を
Eメールでお送り下さい。受理し次第、詳細をご案内致します。

●お申し込み・お問合せ 
グレン・ウィルソン公開講座実行委員会 
東京事務局(代行 コンチェルト・パバーヌ)
cembalonko2004@excite.co.jp
グレン・ウィルソン公開講座実行委員会
大阪事務局
yukoaki37@ares.eonet.ne.jp

そろそろ期日も迫って参りました。ぜひお早めにお申込み下さいませ。
多数のご参加を、お待ちしております。

[PR]

by cembalonko | 2013-02-04 15:40 | 音楽 | Comments(6)

耐久リハのち、音楽修辞の講座へ

今日は、モダンのVn.Va.の友人と、
バッハのトリオソナタ2曲をどっぷり3時間リハ。
その後超特急でダンナの夕食を作り、
とある音楽講座へ行ってきました!

「音楽修辞」と言うと、なにやら難しそうに聞こえますが、
要は声楽曲の歌詞が、作曲法とどのように結びついているかを学ぶ講座。
すっごく面白いです!今はメサイアの第2部をやっていますが、
歌詞の内容が、旋律線の動き(横)やハーモニー(縦)によって、
どれだけ緻密に表されているかが分かります。
基本的には、ルネサンスの対位法の規則からどれだけ「逸脱」しているか、
ということが、尺度となります。

聞くところによると、受講者はほとんどが歌の方で(当たり前か・・・)
鍵盤の人はほとんどいないとのこと。
でもでも!弦・管の方でも毎年弾く人は多いでしょうし、
頭の中で全パートを鳴らせるくらいに覚えてはいても、
自分にとって新しい視点から楽曲の秘密を教わるのは、
本当に新鮮で、楽しいと思います (^^)

ヘンデルって、チェンバロ曲は好きと嫌いの中間より
ちょっと○○寄りなんですが(あ、言っちゃった?セーフセーフ ^_^;)
声楽曲は、ほんと、天才!

そうそう、前回の音楽講座で教わった、
メサイア第2部第2曲に主音上のナポリの6度が出てくるところを、
一緒にリハしてた友人に喜々として話したら
「おんちゃんって、オタク」って言われたぁー(;一_一)
・・・私ごときはまだまだオタクとは言わないのだよ・・・

今日は、3時間耐久リハの頭ウニ状態で、
勉強なんか絶対無理!って思っていたけど、
行ったらあっという間の2時間でした。
古武術に続く、最近の私のオススメ(^◇^)b

講座の詳細はこちら!
http://ongakukouza.blogspot.jp/
[PR]

by cembalonko | 2013-02-01 00:24 | 音楽 | Comments(0)