今月は古武術月間~♪

6月は、古武術の稽古に3分の1くらいしか参加できなかったので、
7月は、意を決して一度も欠席せずに頑張りました!
8月も、今のところは欠席せずに行けそう。なぜなら、
お盆休みは道場もお休みだから~ (^^)v

今稽古しているのは・・・

♪ 服気法(良い「気」を体内に取り入れるための、
  呼吸法と結びついた業と瞑想)
♪ 準備業(受け身や捌き技など)
♪ 短刀術
♪ 杖術
♪ 柔術(武器を使わない技)

杖術は、始めたばかりなので、まだとーっても無様・・・(-_-;)
杖の扱い方に、やっと慣れてきたところかしら。

柔術では、「第2の腰」と呼ばれている
「胸鎖関節」だけを使って技をかける稽古をしています。

実はこの「第2の腰」、楽器演奏に応用できるのではないかと思って、
試しているところなんですけど・・・
音色、変わります!面白いほどに!
チェンバロはタッチによって強弱の差が出ない、
っていうのは、真っ赤な「嘘」だということも
大分浸透してきましたが、
この鳴り方の違い、弾き手もビックリするほどです!!!
それが楽しくて・・・という不純な動機で(笑)
楽器の方もすこしは弾いてます~・・・汗;

さて、ここからは単なる覚書ですので、スルーして下さいませ・・・

== 杖術の型 ==
一本目 平構 正面受け 正面打ち
二本目 中段構 打ち落とし 脇突き
三本目 下段受 巻き落し 中段突き
四本目 脇構 正面受け 正面打ち
五本目 中段構 体捌き 横面打ち
六本目 平構 体捌き 横面打ち
七本目 太陽構 正面受け 正面打ち
八本目 無構 打ち落とし 脇突き
九本目 立構 体捌き 下段突き

・・・書いたら覚えられるかと思って。
[PR]

by cembalonko | 2013-07-31 16:43 | 古武道 | Comments(0)

チェンバロ教室・レッスンのご案内 埼玉

チェンバロ教室(浦和)のご案内

ヨーロッパの宮廷で、300年ほど前に演奏されていた鍵盤楽器・チェンバロ。
チェンバロは、だれにでも易しく弾くことができ、
楽器をお持ちでなくとも、すぐにレッスンを始められます。
ピアノやキーボードなどでの練習も可能です。 

レッスン会場

タニタ楽器 北浦和東口センター
(JR京浜東北線 北浦和駅東口より徒歩3分)

お問い合わせは、タニタ楽器浦和支店まで
お電話でお願いいたします。
Tel. 048-831-0910

※ タニタ楽器では、無料体験レッスンを随時実施しています。
  気軽に楽器と触れ合うチャンス!
  お電話でご予約の上、この機会をぜひご利用くださいませ。

※ 同会場で「バロック音楽講座」を、春・秋各5回ずつ開催中です!
  第15期は2014年5月22日開講予定。
[PR]

by cembalonko | 2013-07-26 22:25 | チェンバロ教室 レッスン 埼玉 | Comments(0)

今日のメニューは♪

f0018790_23113182.jpg

今日は、ヴァイオリンのまりちゃんと、定番バッハ・コレッリ・ヘンデルを演りました!

そしてその前、楽器をさらいもせずに煮込んでいたモノは、
・・・ラタトゥーユ。

スープというより、おかず系になってしまいましたが・・・(笑)
[PR]

by cembalonko | 2013-07-25 23:11 | 日々のいろいろ | Comments(0)

チェンバロとともに聴くクラシック音楽講座 第13クール終了!

本日もお暑い中、いらして下さった皆様方には
心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
今期は、ちょうど真ん中にアメリカ公演をはさむ形になりましたが、
お陰ざまで時差ボケにもめげず(?) 
無事、5回の講座を終えることが出来ました。

以下、第13クールで取り上げた楽曲一覧です。

1. 鍵盤楽器のいろいろと 当時求められた理想の響き
ピッチニーニ (1566-1638) Partite variate sopra quest'aria francese detta l'Alemana(テオルボ)
モーツァルト (1756-1791) アンダンティーノK.236 (588b) グルックのオペラによる(クラヴィコード)
モーツァルト クラヴィーアのためのソナタK.570(フォルテピアノ)
セイシャス (1704-1742) ソナタニ長調 (フォルテピアノ)
J.S.バッハ (1685-1750) 平均律クラヴィーア曲集第1巻より プレリュード数曲 (チェンバロ・オルガン)

2. 「作曲家のコンサートを再現!」シリーズ 
>モーツァルト ピアノ協奏曲「戴冠式」初演の演奏会 
モーツァルト 交響曲第41番ハ長調 「ジュピター」K.551より第1楽章
パイジェッロ (1740-1816) オペラ<反対された恋または粉ひき屋の娘>より「うつろな心」
モーツァルト ピアノ協奏曲第26番ニ長調K.537「戴冠式」より第1楽章
モーツァルト パイジェッロ作曲オペラ「哲学者気取り」のアリアによる変奏曲K.398(416e)
>ベートーヴェン 「交響曲第1番」初演の演奏会
モーツァルト 交響曲第39番変ホ長調 K.543より第1楽章
ハイドン (1732-1709) オラトリオ「天地創造」より アリア 「いまや野は瑞々しい緑を差し出して」
ベートーヴェン (1770-1827) ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調Op.19より第1楽章
ベートーヴェン 7重奏曲変ホ長調Op.20より第3楽章
ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調 Op.21より第1楽章

3. 中部ドイツの小さな町の宮廷音楽 (ケーテン、ツェルプスト)
J.S.バッハ ブランデンブルク協奏曲第4番BWV1049
ファッシュ (1688-1758) リコーダー協奏曲 ニ長調

4. 知られざる作曲家
カステッロ (? -c.1630) ソナタ第1番
ビーバー (1644-1704) ロザリオのソナタ集より 第10番「磔刑」第11番「復活」第12番「昇天」

5. キリスト教の声楽曲
ハイドン (1732-1709) オラトリオ「天地創造」より 第1部

チェンバロ生演奏は・・・
フレスコバルディ トッカータ第1番
フレスコバルディ Bassa Fiamengaによるカプリッツィオ
D.スカルラッティ ソナタイ長調
ブクステフーデ  組曲イ長調
ハイドン       ソナタ第29番
・・・でした。

来期のスケジュールは、
10月10日、10月24日、11月7日、11月21日、12月5日
各木曜日10:30-12:00です。よろしくお願いいたします!

追記:今期を振り返ってみると、ウィーン古典派とドイツものが多かったですね。
次回はイタリア・フランスの作品も、より多く取り入れていきたいと思います。

f0018790_20382523.jpg
またまたちょっと涼し気な写真をどうぞ・・・
[PR]

by cembalonko | 2013-07-18 20:43 | 音楽 | Comments(2)

国立能楽堂

f0018790_19492325.jpg

久しぶりに、本格的なお能を見てきました。
演目は「清経」「蚊相撲」「松虫」「天鼓」。

あの、始まる前に舞台裏から笛の音幕が聞こえてくると、
幽玄の世界へ誘われますね。
狂言以外はどれも、シテが亡霊だったり、
亡くなった友を思いだったりと、
彼岸に思いを至らす演目。

こういう時間の流れを感じるのも、たまには良いものです。

お仕舞は素晴らしいの一言。
正中心がぶれない。
いつも思うのですが、和の身体運用法を極めた方々の存在感は、半端ないです!

「あ!今、シテが瞬間移動した?」

・・・と思ったら、単純に記憶が飛んでただけだった・・・
そんな、甚だ失礼な瞬間が2度ほどあったことは、
正直に告白しておきます・・・m(__)m
[PR]

by cembalonko | 2013-07-15 19:49 | 日々のいろいろ | Comments(2)

小休止

酷暑 お見舞い申し上げます! (汗; (汗; (汗;

先月の壮大なアウトプットの後、現在
しばらくインプット&チャージ中のため、
あまり更新できずに、すみません・・・
自分の心に静かに栄養をあげる時間も、
自分にとって、必要なことだなぁ、と思いまして。

7月18日(木)は、今期最後のクラシック音楽講座です。
来期のスケジュールも決定しております。
10月10日、24日、11月7日、21日、12月5日の5回、
(各木曜日、10:30-12:00)です。


よろしくお願いいたしまーす!m(__)m
f0018790_2218123.jpg
酷暑お見舞いにアラスカの氷河をどうぞ・・・
[PR]

by cembalonko | 2013-07-13 22:24 | 日々のいろいろ | Comments(0)

チェンバロとともに聴くクラシック音楽講座 第4回終了!

今日も90分間、楽しくお話させて頂きました~☆
ご来場の皆様方、いつも本当にありがとうございます!
終了後に、またまた「作曲家をめぐるヨーロッパの旅」ツアーが
出来たらいいのに・・・というお話で
盛り上がってしまいました。うんうん、私も行きたいですよぉ・・・!
(まずは積み立てだ。。。)

今日は、H.I.F.ビーバーの「ロザリオのソナタ集」を中心に、
17世紀に器楽奏者が音楽界に台頭するには何が必要だったか、を中心に
お話しました。
ビーバーの他、カステッロのソナタなども聴き、コレッリに至るまでの
カンツォーナやソナタの歴史にも触れました。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

これまで、使用曲目をチラシにも入れていなくて、
当日のお楽しみ!ということでやっていたのですが、
これからは、講座の前にちゃんと予告した方がいいかも?と
思い始めています。
でも、レジュメを作り始めてからも、最後の最後まで練るので~
講座の前日までどの曲を使うか、決め切れないこともあるのですが・・・悩む・・・

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

写真は、スーパームーンと信濃川の夜景です。(撮影・6月23日)
f0018790_23565325.jpg

[PR]

by cembalonko | 2013-07-05 00:05 | 日々のいろいろ | Comments(0)