アーチ型に削られた岩

f0018790_9441198.jpg

f0018790_9441113.jpg

f0018790_9441153.jpg

カーボ・サン・ルーカスには、とても大きなマリーナがあり、
今まで見たことがないくらい、沢山の船が停泊していました。

写真は、波に削られた岩を、海から近づき、見に行った時のもの。
ペリカンやオットセイの群れも見られました。
[PR]

by cembalonko | 2013-12-31 09:44 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ビバ!メキシコ!

f0018790_6353444.jpg

f0018790_6353472.jpg

f0018790_6353499.jpg

最初の寄港地、カーボ・サン・ルーカスに来ました。

大型船は直接着岸出来ないので、救命ボートに使う小舟(30人乗りくらい)で順に陸地へ。

写真は旧市街の様子。メキシコの町の広場には必ず3枚目の写真のような
舞台?みたいな建物があります。
[PR]

by cembalonko | 2013-12-31 06:35 | 日々のいろいろ | Comments(0)

いよいよ出航時間です!

f0018790_10252744.jpg

f0018790_10252787.jpg

2枚目は空母ミッドウェイです。
[PR]

by cembalonko | 2013-12-29 10:25 | 日々のいろいろ | Comments(0)

サンディエゴで船に乗りました!

f0018790_928861.jpg

まだ電波通じます。昨日、ロサンゼルス経由でサンディエゴに来ました。
先程船に乗りました。
では、行ってきまーす!
[PR]

by cembalonko | 2013-12-29 09:28 | 日々のいろいろ | Comments(0)

良いお年をお迎え下さい!

昨日は、家で今年最後の合わせ。
ストラデッラのシンフォニア(トリオソナタ編成)を2曲。
いや~年の最後に、宿題が残っちゃったなぁ。
意外と南極難曲でありました・・・
きっちりした対位法で書かれていて、
偏執的凝り性が見え隠れしています。

・・・で、ストラデッラの生涯を調べてみましたら・・・はちゃめちゃでしたです・・・
興味のある方は、Wikiで見てみて下さい~
(日本語に限らす、英語・ドイツ語・イタリア語も大した情報量は無いですが)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、今年も一年、お世話になりました。
このブログを訪ねて下さった皆様、お一人お一人に、
感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
来る年が、どうか幸せいっぱいの年でありますように。
また来年も、よろしくお願いいたします。

ちょっと早いですが、年末のご挨拶とさせて頂きます。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

今日(12月27日)の夜より1月6日まで、
サンディエゴよりメキシコ方面へ、船旅に行ってきます!
ホーランド・アメリカ ラインの客船に乗るのは2回目です。1回目の様子はこちら!
基本洋上ですが、3か所の寄港地があり、そこはメキシコ領内。
メキシカン・リヴィエラといって、
カリブ海に代わるリゾートとして開発された所だそうです。

期間中、メールも携帯もインターネットも繋がりません。
携帯メールは、状況によっては数回程度チェック出来るかもしれませんが、
返信は基本的に1月6日以降となりますので、ご了承くださいませ。
以上、完全冬休み宣言でした m(__)m
f0018790_01472291.jpg


[PR]

by cembalonko | 2013-12-27 01:52 | 日々のいろいろ | Comments(2)

メリークリスマス!

f0018790_893923.jpg

素敵な一日をお過ごし下さい☆

私は今年最後の古武術の朝稽古に向かっています。
空気が澄んだ、寒い朝です。
[PR]

by cembalonko | 2013-12-25 08:09 | 日々のいろいろ | Comments(0)

Frohe Weihnachten!  Merry Christmas!

Ich wünshe Ihnen frohe Weihnachten und ein gutes neues Jahr!

Merry Christmas and a happy new year!

素敵なクリスマスをお過ごしください♪
f0018790_1972289.jpg

f0018790_1972265.jpg

Wie geht es Ihnen? Hiro und mir geht es gut. 

Endlich haben wir nur 4 Tage üblich bis zum Urlaub!

 Wir werden in Urlaub mit dem Shiff um das mexicanischen Strand fahren. 

Wir freuen uns darauf sehr.

Alles gute!


How are you? Hiro and I are fine. 

We will be on the cruise ship sailing around the Mexican Riviera in this New Year's vacation. 

We are very excited about it. 

Take Care!


Best Regards, Atsuko


[PR]

by cembalonko | 2013-12-24 10:07 | 日々のいろいろ | Comments(0)

モンテヴェルディ 「オルフェオ」

ここしばらく、メルマガでモンテヴェルディの生涯について書いています。

先月、川口リリアホールでアントネッロによる
音楽寓話劇(オペラ)「オルフェオ」の公演がありました。
これは、1607年に初演された、
モンテヴェルディの最初の本格的な劇音楽(オペラ)。
前回のメルマガに登場しましたよね!何とタイムリーな!!!

この公演、歌い手の皆さんの言葉さばきや
当時の演奏習慣による歌唱法の切れの良さなどは言うに及ばす、
器楽部のリアライゼーションが興味深かったです。
低音部の管楽器が充実していて、特に地獄の場面の演出に貢献していました。
通奏低音の和弦楽器の豊かなヴァリエーション
(チェンバロ、オルガン、ハープ、キタローネ、レガールなど。レガールも「地獄」担当)や、
指揮者自らがリコーダーを演奏する場面など、見どころが多かったです。

でも何といっても!音楽自体が良く出来ていて(←偉そうですみません 汗;)
これを聴いた当時のマントヴァの貴族(識者)たちの熱狂ぶりにも思いを馳せました。
その音楽を、演出やリアライゼーション(解釈)は
現代人がよみがえらせたものであっても、
実際に生の音で聴けた、この幸せ♪
この時代に生まれてきて良かった~♪
アントネッロのモンテヴェルディ公演は、
3月に「ウリッセの帰還」があるようです。

モンテヴェルディの生涯は、あと2回くらいで完結予定です。

[PR]

by cembalonko | 2013-12-19 09:55 | 音楽 | Comments(0)

「弓と禅」

横浜にいる間に、ぼーっと海を見ながら、
ずっと読みたかった本を、やっと読み終えることができました。
E.ヘリゲル著「弓と禅」。
ドイツ人の哲学者ヘリゲルが、6年間の日本滞在中に、
東北帝国大学で教鞭をとりながら、弓道の師範に弟子入り。
弓道の修行を通して、
禅の奥義に触れる過程が記された本です。

弓と禅」は、10月の演奏会を聴きにいらして下さった
陽明洞道場の師範代から頂いたものでした。
師範代も20代の頃より大事にされてきたご本だそうです。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

私は、物心ついた頃から
西洋の考え方を教えられて育ちました。
ピアノやチェンバロを弾いて、
とにかく夢中で、西洋音楽を理解しようとしていたので、
冷静に考えれば無理なのに、
脳内だけでも、西洋人そのものになれたら・・・
なんて、思っていたこともあったかも。
ドイツ語を話すことで、性格が変わったことも経験しましたしね・・・

けれども、この歳になって、古武術に触れ、
日本人の精神基盤の「金の鉱脈」を掘り当てた気分です。
と同時に、自分の中途半端さにも気付かされました。
私みたいな中途半端な東洋人が
日本や東洋的な精神の本質を学ぶのに、
外国人が日本について記したものは、
まさに、ピッタリでした!

他に、鈴木大拙という仏教学者が「禅」について書いた、
膨大な英語のエッセイや論文の日本語訳
(日本人の英語の日本語訳ってのが面白い!)などもあることが分かりました。
これは彼が外国人に向けて、日本人の精神基盤について本気で伝えようと記したもの。
図書館に予約を入れてあるので、これから読んでみようと思います。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

日本の伝統芸能や武道の世界などに触れたことがない人でも、
弓と禅」、オススメですよ~!
第2章から最後まで読んで、第1章に戻るといいかもです。
(私にとっては、第1章が異様に難しくて つまずいたので・・・汗;)

[PR]

by cembalonko | 2013-12-10 23:59 | 古武道 | Comments(0)

今日のランチは・・・

f0018790_11482124.jpg

f0018790_114821100.jpg

やっぱり気になって、クリスマスマーケットに来てしまいました。
で、チューリンガーヴラートヴルスト!懐かしい味!

さて、この後はシーバスで横浜駅まで、束の間の船旅を楽しんで、
日常に戻ることにしましょう。
[PR]

by cembalonko | 2013-12-09 11:48 | 日々のいろいろ | Comments(0)