不良主婦の夜・最終章はイケメン科学者とデート?!

今日は、成田空港まで行ってきました!
・・・って書くと、
みなさんは出張に行った誰かさんを迎えに行ったと思うでしょ!?
それが、違うんだな~・・・

アメリカ人の友人マイクが、遠路はるばる、カリフォルニアからやってきました!
本当は、アンも一緒に、東京を案内したかった。
いや、来てるかもね、もしかしたら。空の上から先回りしてるかも。

ダンナが出張中でなければ、うちに泊まってもらう予定だったのですが、
まあこういう状況なので、駅前のホテルに泊まってもらうことにし、
成田からそのホテルへお連れして、
一緒にディナーをして、さきほど帰ってきました。

今日は地元の老舗・トロ函にお連れしました。ディナーって感じじゃないな。
いきなりこの超・庶民的なお店で良いのか!?と思ったけど、
それなりに評判いいし、有名店なので、行ってみました。
マイクは、サザエのつぼ焼きは、いまいちの様子でしたが、
お刺身とか鮪のかま焼きとか、美味しそうに食べていたので、ホッとしました。
あと、意外に磯汁がうけていた・・・(謎)

空港からの電車内では、カリフォルニアの古楽事情とか、
彼が一緒にアンサンブルを始めた人たちの話とか、
引っ越し先のカリフォルニアのマンションから海が見える話とか、
いろいろなことをしゃべって。

アンが亡くなる間際まで、芯の通ったスピリットを見せていたこととか、
アンとの出会いの話もちょっと。
f0018790_21181881.jpg
f0018790_21182307.jpg
目の前の七輪で焼いて食べるので、熱かった 汗;

ダンナは明日の夜帰って来るので、
明後日は3人で遊べます♪
本日、無事に出張のお仕事日程を終えたダンナも、楽しみにしている模様。


[PR]

by cembalonko | 2014-10-30 21:26 | 日々のいろいろ | Comments(2)

不良主婦の夜 2日目・3日目

f0018790_19482373.jpg

昨日は午後から実家に寄り、
お夕飯をご馳走になって(一品は持参!)帰途につきました。
ところが、夜も11時になろうとする頃、
東小金井駅の下り線で人身事故。
お陰で家に着いたのは、12時半を回っていました。

今日は朝10時から夕方4時ごろまで、がっつり、風流楽(ふる〜ら)の合わせ。
う〜ん、濃いぃ練習内容に、へろへろになりました・・・

野田香苗さんの朗読との掛け合いも集中力を要しますが、
ヴィオラ・ダ・ガンバの藍原ゆきさんとマレ「迷宮」など、
音楽部門の曲目も、濃ゆいのです!

公演は11月9日(日)と29日(土)です。お時間がある方はぜひ!

これから、古武術の夜稽古に行ってきます・・・
月曜の振り替えです。
身体意識、鈍ってる感満載 汗;;

写真は、青梅の橋から見下ろした多摩川です。
[PR]

by cembalonko | 2014-10-29 19:48 | 日々のいろいろ | Comments(0)

ダンナの出張・不良主婦の夜!

f0018790_2034557.jpg

今日は、朝5:45から起きてます〜 (ρ_-)ノ
ダンナが、今の部署に来て初めての海外出張に出掛けていったので、
付き合って起きました。

ここ数週間というもの、彼の英語ヒアリング強化のため、
我が家ではニュースといえばCNNしか見てなくて、
シリアの戦闘とか各国に広がるエボラ出血熱とかに、
異様に詳しくなりました・・・汗;

彼が相当ナーバスになっているのは、端から見ていてもひしひしと伝わってきたのですが、
まあ私が出来ることといえば、
スーツにアイロンかけるとか、バス停までスーツケースごろごろしてってあげること位しかない訳で。

とはいえ、万が一の時のために、今日は古武術の朝稽古を休んで、
彼の飛行機の離陸時間まで、自宅に待機していました。
その間に、次の本番の曲をがっつりさらって、っと・・・

さて、離陸時間の40分前に、電話が鳴りました。
何事!?と、ダイビングキャッチの勢いで受話器を取ったら・・・
「空港に無事着きました行って参ります」電話だった・・・
そして、なんかお礼言われてしまった。
何もしてないんだけどねぇ。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

そんなわけで、今日から5日間、ご飯づくりから解放!
不良主婦・第1日目は!自宅から歩いて3分のサイ○リヤでグラタン食べてます!
フフフ・・・

さて、帰ってもうひと頑張り!書き物をしよう。
一人でパソコン占領できる夜は、貴重なのです。Ψ(`∀´#)

写真は、ドラマチック・バロック!で頂いたお花です。
ありがとうございました♪
[PR]

by cembalonko | 2014-10-27 20:03 | 日々のいろいろ | Comments(0)

「ドラマチック・バロック!」Vol.4 終了いたしました。

「ドラマチック・バロック!」Vol.4 ~バロック・ガラ~

1024日(金)19時 東京オペラシティ近江楽堂(初台)


80名以上のお客様に囲まれて、終了いたしました。

ご来場くださった皆様方、温かいお言葉・ご意見を頂いた皆様方、

ありがとうございました。


スタッフとして支えて下さった武蔵野合唱団の皆様方、

撮影のボックリ博士、

東京古典楽器センターの清水さんにも、

心より御礼申し上げます。


(写真・ボックリ博士)

f0018790_20054309.jpg

f0018790_20062419.jpg
f0018790_20064418.jpg
f0018790_20065800.jpg
髪がばさばさだよ・・・(笑)


実は今回のプログラム、かなり大変なプログラムで、

ここ一週間、ブログの更新はおろか、パソコンを開いてもメールチェックがやっと、

という状態で、相当なテンションで練習に集中して本番に臨みました。


本番を迎えることとは、自分と真剣に向き合うことです。

自分の弱さを抉り出して抉り出して抉り出して・・・

それは本当に、しんどい作業です。

「この演奏会が終わったら本当に辞めてしまいたい」と、思う瞬間が、毎回あります。


でも、それを続けてきたから、今の自分があることも事実。

そして、昨日は、支えて下さる方々がいらっしゃることの幸せををかみしめながら、

全力で、演奏させていただきました。

(演奏に集中しすぎて、照明の不具合に全く気付かなかったんです。本当です!)


こんな私ですが、これからも進んでいきたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]

by cembalonko | 2014-10-25 20:21 | コンサート報告 | Comments(0)

クラシック音楽講座 第3回 終了!

予告する間もなく、クラシック音楽講座第3回目が終了いたしました。
いらしてくださった皆様方、ありがとうございました!

本日の音楽は、
ヘンデル ユトレヒト・テ・デウムより
ヘンデル 水上の音楽 第2番より
ステッファーニ スターバト・マーテルより

ヘンデルをハノーファー宮廷に推薦したといわれる
A.ステッファーニが晩年に書いた
「スターバト・マーテル」、まだ耳の奥で鳴っています。
いつまでも聴いていたい、素晴らしい作品です。

この曲だけに絞ってもよかったくらいかも、でした。
少し、盛りすぎたかもしれません・・・ちと反省・・・

新ネタの時は、曲の魅力をうまく伝えきれるか、
いつもドキドキしながら臨んでいます。
次回は3週間後。
新世界への玄関口、セビーリャで活躍した音楽家のお話です。
ご興味のおありになる方はぜひ、
11月6日(木)10:30に、北浦和までお出かけくださいませ♪
詳細はこちら!
[PR]

by cembalonko | 2014-10-17 00:34 | 日々のいろいろ | Comments(0)

東京 台風の夜

皆様、不気味な空に生暖かい風が吹き荒れる今宵、
いかがお過ごしでしょうか・・・

11日から今日まで、本当なら高松に行ってて、
陶板で再現されたシスティーナ礼拝堂に
見とれていたはずだったのですが!
旅行、キャンセルして正解でした。
大型の台風19号のせいで、もう昨日の時点で、
高松ー成田便は欠航が決まりましたから。

しかし台風はどうやら、東京都内を
夜中のうちに通過してしまいそうですので、
ビジネスホテルには泊まらずに済みそう。
明日、早めに出ることにしました。ほっ。

☂ ☂ ☂ ☂ ☂

部屋の中にいて、サッシの外の
ゴーゴー吹いている風を聞いたり、
パラパラと打ち付ける雨粒を見たり、
嫌いじゃないんです。
不謹慎って言われてしまうかもしれませんが、
宇宙や自然界を前にすると
人間は本当に小さい存在だなぁ、って
たまーに思い出させてくれるの、悪くないな、と思うんです。

絶対に、安全なところで、ね・・・
[PR]

by cembalonko | 2014-10-13 23:06 | 日々のいろいろ | Comments(0)

わが街の月と夜景

f0018790_0195133.jpg

f0018790_020739.jpg

f0018790_032675.jpg

f0018790_0203274.jpg

f0018790_0323543.jpg

夜、散歩に出ました。
一時間半ほど徘徊しました。
夜って不思議。街角を、舞台に変える。
[PR]

by cembalonko | 2014-10-10 00:34 | 日々のいろいろ | Comments(4)

クラシック音楽講座、終了!

f0018790_18201960.jpg

ご来場くださった皆様方、ありがとうございました!

中世のキプロスの音楽―
多分、この手の音楽を初めて耳にされる方も多かったと思いますが、いかがだったでしょうか。
苦労して日本語に訳した歌詞もなかなか好評で、ほっとしました。

写真は、空き時間にふらっと散歩しに行った、
埼玉県営北浦和公園の噴水です。
なんと!音楽に合わせて水が噴き出すのです!
ラスベガスのベラッジォのかなーりちっちゃい版。
因みに私が見たのは、14時丁度から7分くらい。
ドナウ川のさざ波とか、ウィリアムテル序曲とか。
[PR]

by cembalonko | 2014-10-02 18:20 | 日々のいろいろ | Comments(0)

憧れのキプロス島へ・・・

明日はクラシック音楽講座 今期第2回目なのですが、
今回は、新ネタ仕込みが、大変でした~!

日本語で読める文献がない!
訳詞がない!

・・・一体私は何が専門なのか、と思うほど、
英語を訳しまくって、この一週間は過ぎました・・・
本当はフランス語から直に訳せたら一番いいのですが。。。
明日のお話は、キプロスのリュジニャン朝の音楽と
中世のアルス・スブティリオールについて、を中心に、
音楽史の全般を見渡す予定なのです。

そして、詩の訳っていうのがまたクセモノで、
本当は、一行ごとに訳したいところなのですが、
ヨーロッパの言語は、関係詞でどんどん後ろから前に修飾されるので、
日本語にすると、分かりづらい!
最終行の意味を、最初に持ってこなければならなかったりする。
結局、訳詞は2バージョン出来てしまいました。どっちがいいんだろう。。。

てなわけで、明日の午前10時半に、北浦和でお待ちしております!
中世広しといえども、
なぜか このトリノ国立図書館書架番号ms.Ⅱ.9の写本に残された
キプロスの音楽に、異様に惹かれる私です。
[PR]

by cembalonko | 2014-10-01 21:26 | 日々のいろいろ | Comments(0)