土合公民館ふれあいコンサートで演奏してきました!

今日、さいたま市桜区の
中島小学校の体育館で行われた、
「土合公民館ふれあいコンサート」で演奏してきました。
大雪が懸念されていましたが、雨にも降られず、ラッキーでした。
が!!!小学校の体育館は、とにかく寒かった!
でも、チェンバロを初めて聞くという方が多いところで
演奏することができたことは、本当に良かったです。
いつものごとく、演奏前後の楽器の周りには、黒山の人だかり・・・
楽器を貸してくださった菅野充さま、ありがとうございました!

前半には埼玉大学の教育学部の学生さんの演奏が5組あり、
ユーフォニアム、トランペット、ヴァイオリンの独奏や、
ピアノ連弾、ソプラノ独唱のフレッシュな演奏でした。
このような形で、地元の音楽専攻の学生さんたちが
舞台に出る経験が積めることは、とても良いことだと思いました。
大学と地域とが連携することで、
学生さんは経験が積めて、聴きに来たお客様は喜ばれる。
音楽を楽しんでいただく間口を広げることにもなります。

また今回、このコンサートの相談役をしていらっしゃり、
埼大生を率いていらしたのは、
現代音楽の権威でいらっしゃるピアニストで教授の
蛭多令子先生でした。
控室でお話させていただきまして、
昨日の記事はもう削除したい・・・という気持ちになっております(恥;;
矢代秋雄氏によるバッハ平均律クラヴィーア曲集の楽曲分析の書籍を
出版していらっしゃいます。

最後に、今回共演させていただいた、
さいたま市を中心に、300校近い学校で
子供のためのコンサートを実施していらっしゃる
オーボエの千葉敏幸さんにも、感謝をお伝えしたいと思います。
[PR]

by cembalonko | 2016-01-30 17:51 | コンサート報告 | Comments(0)

今日の腹筋ヒクヒク!

大学の講義の準備で、
ひざびざに現代音楽のピアノのCDを聴いています♪
・・・う~ん、良いわ~・・・
古楽と現代曲って親和性があるという話をよく聞くけれど、
とうとう私もその境地に達しつつあるのかしら? ←多分一過性。

ところで、そのCDに入っている
サルヴァトーレ・シャリーノ(1947- )のピアノソナタ第2番は、
このCDを演奏しているピアニスト、
マッシミリアーノ・ダメリーニに捧げられているのだけれど、
このピアニストの名前でかれこれ4・5分ほど腹筋ヒクヒク・・・
ダメリーニって💦
「最大級のダメ男」っていうイメージがっっ💦 すばらしいピアニストのお名前に、ごめんなさい。<m(__)m>

ちなみに。
私の見つけたCDでは作曲者名が
「シャリ―ノ」じゃなくて「スチアリーノ」になってた。
イタリア語を英語読みに・・・
昔はこういうので通用していたのかぁ・・・
かれこれ20年ちかく前の、現代音楽のCDのお話でした。←20年前の現代曲は現在でも現代曲なのか?
f0018790_22034307.jpg
「腰、痛ってぇ~!」 マグデブルク大聖堂の聖歌隊席を支えている人。
写真は本文とは関係ありません。



[PR]

by cembalonko | 2016-01-28 22:10 | 日々のいろいろ | Comments(0)

遅ればせながら…今年もよろしくお願いいたします!

2016年が明けてはや10日。
遅ればせながら…今年もよろしくお願いいたします!

年末年始は、大みそかから元旦にかけて実家へ行っただけ。
しかもPC持参で。
あとはひたすら、資料に埋もれながら
PCに向かっていたのですが・・・

・・・昨日ついについに!!!
初書籍の原稿、脱稿しました~~~!!!
一年間、よく頑張りました~~~!!!
しかしまだ、終わった気がしていないのです。
校正作業や、画像のキャプション入れなど、
数カ月かかるだろうし、
ほころびとか落とし穴とか崖崩れとかありそうな気がするのです・・・とっても。

一昨日は、バロックランチの会。今年の第一回目でした。
メニューは、蕪としめじのシャンタンスープ。
練習曲目は、マレのトリオソナタと、ラモーのコンセール。
たまたま執筆中の章がフランスだったから・・・(笑)

f0018790_23183774.jpg
写真は通っている陽明洞道場のお玄関の生け花。
今年は古武術の稽古にも、より真剣に取り組みたいです。


[PR]

by cembalonko | 2016-01-10 23:25 | 日々のいろいろ | Comments(0)