<   2016年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

手巻き寿司パーティー!

今日はDC滞在最後の日。
Reikoさんのお友達が6人訪ねてきてくれて、
みんなで手巻き寿司パーティー!

午後中ずっと、食べたりおしゃべりしたり、
私のスピネットとReikoさんリコーダーの演奏を聴いてもらったり。
いっぱい笑って、また一つ楽しい思い出が増えました。
f0018790_09174614.jpg
手巻き寿司の具♪
f0018790_09181861.jpg
私たちが作ったポテトサラダと、みんなが持ってきてくれた前菜
f0018790_09185727.jpg
演奏風景 with Reikoさん

ワシントンDC滞在日記にお付き合いくださり、
ありがとうございました。
明日、日本に帰ります!See you soon!



[PR]

by cembalonko | 2016-05-30 09:26 | | Comments(0)

ケネディセンターにモダンダンスを見に行きました。

今日はワシントンDCの街中にある、
コンサートホールとオペラハウスと劇場のコンプレックス、
ケネディセンターへ、Paul Taylor Dance Companyを見に行きました。
f0018790_09065647.jpg
ケネディセンターのテラスから見た景色

Paul Taylorは、1954年からダンサーとコレオグラファーとして活躍する、
コンテンポラリーダンスの巨匠、らしい。

f0018790_09071423.jpg
劇場内の様子はこんな感じ

作品は3つ演じられ、最後の作品はケネディセンター・オペラハウスオーケストラの生演奏つきで、
バッハのヴァイオリンコンチェルトに振り付けがなされたものでした。

うーん…ダンサーは素晴らしかったけれど、
使う音楽もコンテンポラリーだったら良かったのに…
というのが、正直な感想。
それから、それがこのカンパニーの様式なのだろうけれど、
身体表現のイデオムが、決まりきっているように見えてしまって。

…すみません、ダンスのこと良くわからないのに勝手なこと言ってますm(__)m
でも、こういうローカルなアメリカ人が大事にしているものこそ、
アメリカに来なければ見られないもの。貴重な経験でした。



[PR]

by cembalonko | 2016-05-28 11:33 | | Comments(0)

ボルチモア・シンフォニーのバッハ《ロ短調ミサ》

ストラットモア・ホールにバッハ《ロ短調ミサ》を聴きに行きました。
このホールは郊外にあるため、周りには緑があふれ、
だだっ広い公園の中にホールが建っているといった雰囲気。
とてもいいお天気だったので、
開演前にはテラスで飲み物をいただいたり、
周囲を散歩したり。とても贅沢な時間を過ごしました。
f0018790_21425707.jpg
風景画のような夕空
f0018790_21422709.jpg
テラスでワイン・・・ならぬスプライトのグラスを傾ける(笑)
f0018790_21433359.jpg
開演前にはゆったりお散歩を楽しむ
f0018790_21502470.jpg
お散歩の途中で会ったカナダ雁の親子

演奏者は、指揮Nicholas McGegan、ソプラノYulia Van Doren、カウンターテナーChristopher Ainslie、
テノールThomas Cooley、バスDashon Burton、ボルチモア・シンフォニー・オーケストラ。

f0018790_21443432.jpg
3階席より 開演前の様子

推進力のある指揮で「絶対に眠いなんて言わせない!」的な勢いを感じました(笑)
終始前のめり気味の、あっという間の2時間15分(休憩あり)。
声楽も器楽のソリストもみんな良かったけれど、特に金管は素晴らしかったです。
合唱のボリュームにぴったりマッチした、トランぺットの柔らかい音色はヴラーヴィでした。

[PR]

by cembalonko | 2016-05-27 22:11 | 音楽 | Comments(0)

リコーダーコンサート終了!

昨夜はリコーダー教師Carole Rogentineさんのお宅で行われたコンサートで
G. Sammartiniのソナタを弾いてきました。
これで今回のワシントンDC滞在中の本番はすべて終了!
あとは、泊めていただいているReikoさんのレッスンと、
3年前にお世話になったWashington Recorder Societyの皆さんとの
ワークショップだけ。少し気が楽になりました。

♪♪♪♪♪

月曜日から泊めていただいているReikoさんの家には、
2匹のニャンコがいます。
私が着いた時には、駆け寄ってきてすりすり・・・
熱烈歓迎されました!(犬みたいな猫たち・・・)
そして、その日の夜にはなんと、私のベッドに入ってきてくれて、一緒に寝ました。
心地の良いベッドに、添い寝してくれる猫付きのお宅ってもう、
猫好きにはたまりませんわ~(ハート)

そうそう、今回もチェンバロ製作者のMark Adler さんの
美しいスピネットをお借りしました。
f0018790_22481076.jpg
猫たちは、スピネットの音が大好き。
弾いていると寄ってくるばかりでなく、ちょっと目を離すとこんな有様に・・・
f0018790_22543611.jpg
あ~らら~そんなとこにいていいのかしら~?
f0018790_22582959.jpg
チェンバロだーい好き♪

Markさんがこれを見ていないことを祈る・・・(笑)

3年前の猫たちの様子はこちら

[PR]

by cembalonko | 2016-05-26 23:12 | 音楽 | Comments(0)

メリーランド名物、ハードシェルクラブ!

コンサートの前日、Marikoさんとご主人のJoeさんと一緒に
ワタリガニの叩き割り食堂に行きました!
f0018790_22394129.jpg
f0018790_22402348.jpg
今回は奮発してラージサイズを1ダース!
つまり、こんなに大きな蟹さんを、一人4つずついただける計算です。
f0018790_22410881.jpg
こんな木槌で叩き割って食べます。ワイルド!
蟹フォークはなく、ほぼ手づかみ状態です・・・
殻の上からスパイスがたっぷりまぶしてあります。
テーブルにお酢もありますが、溶かしバターをつけていただくのがこちら流。
f0018790_22414535.jpg
そして戦いの後はこんな状態・・・
4つなんて無理~と思っていましたが、
最後まで美味しく完食!ごちそうさまでした!

[PR]

by cembalonko | 2016-05-25 22:49 | | Comments(0)

お友達とランチ&明日のリハーサル

f0018790_09214714.jpg
今日は、13年来のお友達の素敵なレディ方とランチをしました。
お互いに初めて会ったときと変わらないわね、なんて言いながら…
(いやお世辞でなく…(^^))

最後にお会いした3年前から、身辺に大きな変化があっても、
常に活動的で美しい。人生の良き先輩方です。

そして夜は、明日のリコーダーのコンサートのリハーサル。
帰ったら少しはさらわなきゃ!

写真は、残念ながら工事中だったUSキャピタルです。
白亜の姿が見たかった…
[PR]

by cembalonko | 2016-05-25 06:37 | | Comments(0)

ナショナルギャラリーに来ました!その2

f0018790_559396.jpg


f0018790_559362.jpg


f0018790_559339.jpg


レンブラント、ダ・ヴィンチ、フェルメール…

オーディオガイドを借りて、他の代表作もほぼ制覇。
お腹いっぱいな感じです(笑)



[PR]

by cembalonko | 2016-05-24 05:59 | | Comments(0)

ナショナルギャラリーに来ました!

f0018790_112272.jpg

f0018790_11225.jpg

3年ぶりに晩年のレンブラント(の自画像)に再会。
ナショナルギャラリーに来ると、まずレンブラントの部屋に行きます。
そして、オランダ17世紀絵画の部屋もまだ全て見切れないまま、
午前中が終了・・・(;´Д`)
お昼を食べています。



[PR]

by cembalonko | 2016-05-24 01:01 | | Comments(0)

Odeon Chamber Music Series コンサート終了しました!

セント・パトリクス教会でのコンサート、
補助いすを動員するほどの大盛況で、無事終了しました!
Odeon Chamber Music Seriesの中でも、最大級の入場者数だったそうです!!!
OdeonのオーガナイザーのMarikoさん、
チェンバロを提供してくれたVeraと、Vera率いる女声声楽アンサンブルIllminareの皆さん、
そして様々な準備に携わってくださった皆様方に、心から感謝です。

写真は、Illminareのリハーサルの様子。
f0018790_11571595.jpg
私が写っている写真は、撮ってくださっている方がいるので
またUPしたいと思います。

いや~、Marikoさんといい、Veraといい、こちらで活躍する女性は
みんなパワフルです…ほんと… とりあえずへとへとなので寝ます…

===コンサートの記録===

Odeon Chamber Music Series (ワシントン公演)

Sunday, May 22, 2016 at 4 p.m.
Saint Patrick’s Episcopal Church (3241 Brush Drive, Falls Church, VA 22042)
2016年5月22日(日)午後4時開演 
セント・パトリクス教会(フォールズチャーチ、ヴァージニア州)

Program

1. Chiara Margarita Cozzolani (1602-1676/78) : Kyrie
2. Alessandro Grandi (1586-1630) : Ave Regina caelorum
3. Bernardo Storace (ca.1637-ca.1707) : Passagagli in a - Harpsichord solo
4. Claudio Monteverdi (1567-1643) : Venite - Duet
5. Giovanni Gabrieli (1554/7-1612) : Alma cortes
6. Monteverdi : Occhi miei
7. Monteverdi : Su, su, su pastorella
8. Cozzolani : Ave Regina caelorum

INTERMISSION

9. Cozzolani : Regna terra
10. Cozzolani : O gloriosa domina
11. Cozzolani : O dulcis - Duet
12. Claudio Merulo (1533-1604) : Canzona after "Petit Jacquet" - Harpsichord solo
13. Michelangelo Rossi (1601/02-1656) : Toccata Settima - Harpsichord solo
14. Cozzolani : Tu dulci

=====


[PR]

by cembalonko | 2016-05-23 12:00 | コンサート報告 | Comments(0)

これから教会の礼拝で演奏します。

f0018790_2335296.jpg

[PR]

by cembalonko | 2016-05-22 23:35 | 日々のいろいろ | Comments(0)