これからの活動予定

これからのコンサートは、こちらをご覧ください。 NEW! 
これからの公開講座は、こちらをご覧ください。 NEW!  

f0018790_020432.gif無料メルマガ「月刊バロック通信」のご登録は、こちらからどうぞ!


[PR]

# by cembalonko | 2017-11-30 10:58 | これからのコンサート | Comments(4)

11月22日(水)ラジオ番組に出演いたします!

【ラジオ出演情報】
11月22日(水)20:00~20:55、music book cafeという番組に出演、
著書『古楽でめぐるヨーロッパの古都』の紹介をいたします。

ラジオでお聞きいただく場合、首都県内では
東京都
調布市 ちょうふFM 83.8MHz
立川市 FMたちかわ 84.4MHz

神奈川県
横須賀市 FMブルー湘南 78.5MHz
横浜市戸塚区 エフエム戸塚 83.7MHz
大磯市 湘南マジックウェイブ 85.6MHz

千葉県
成田市 Radio NARITA 83.7MHz
八千代市 ふくろうFM 85.8MHz

で直接お聞きいただく事が出来ます。

また、お手持ちのスマートフォンやPCでも、こちらを開いていただき、
再生ボタンを押して頂ければお聞きになる事が出来ます!
(一部android端末では再生できない場合があるそうです)

あまりないチャンスだと思いますので、お時間が合う方はぜひ、
お聴きいただければ幸いです。よろしくお願いいたします!
f0018790_21591981.jpg
実は収録が前倒しになって、前日に「明日来てください」と・・・
なので、ちゃんと喋れているか、心配。いらんことを口走っていないかも、不安。
本の魅力が伝わってるかも、疑問。もんもん・・・|д゚)




[PR]

# by cembalonko | 2017-11-19 22:09 | 日々のいろいろ | Comments(0)

『古楽でめぐるヨーロッパの古都』公開講座 2017年 秋季 終了!

チェンバロ生演奏とともに聴く
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』公開講座 第19クール(2017年秋季)
全日程終了いたしました。
お越しくださいました皆様方に、心より御礼申し上げます。

今期もほぼ毎回、初めて足を運んでくださった方々がいらっしゃいました!
そして今期が第19クールということは…来期は記念すべき第20クール!
つまり、10年来の常連さんもいらっしゃいまして…もう、感謝の言葉しかありません。

2018年の春季は4月開講、テーマは拙著『古楽でめぐるヨーロッパの古都』第6~10章です。
皆様方のご来場を、心よりお待ちしております♪

では、ご報告をしていなかった第3回~第5回でご紹介した音楽を記録しておきます。

第3回 リューベック(ドイツ)
ブクステフーデ作曲 モーレ・パラティーノ(チェンバロ演奏)
ブクステフーデ作曲 トッカータ ヘ長調 BuxWV157(聖マリエン教会のオルガンでの録音)
ブクステフーデ作曲 ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ Op.1-7 ニ短調 より
ブクステフーデ作曲 コラール楽曲《我が父のもとである御空に向かいて》BuxWV 32
f0018790_00065533.jpg
リューベックの街角

第4回 セビーリャ(スペイン)
カベソン作曲 騎士の歌によるディフェレンシアス(チェンバロ演奏)
エンシーナ 他 作曲 スペインの世俗歌曲
アラオホ作曲 《第2旋法によるティエント・デ・メディオ・レヒストロ・ドス・ティプレス》
       《第1旋法によるティエント・デ・レヒストロ・エンテーロ》「オルガン技法」より 
ゲレーロ作曲 モテット《めでたし、この上なく聖なる処女よ》
ゲレーロ作曲 モテット《あがない主の恵みふかい御母》
f0018790_00144625.jpg
サルバドール教会(セビーリャ)©Grez
第5回 プエブラ(メキシコ)
ゲラウ作曲 《カナリオ》 フレスコバルディ作曲《バレット、チャッコーナ》(チェンバロ演奏)
カベソン作曲《パヴァーヌと変奏》* 
アラウホ作曲《第4旋法によるティエント》*   *メキシコシティ大聖堂のオルガンでの演奏
グレゴリオ聖歌&ベルムーデス作曲 《神よ、私の救いに》
パディーリャ作曲 《正しき者よ、主によりて喜べ》
フェルナンデス作曲 《眠れ、眠れ、幼子よ》
ムルシア作曲 《クンベ》 
ムルシア作曲 《海辺のハカラ》
メールラ作曲 《チャッコーナ》
セスペデス作曲 《グァラチャ》 
f0018790_00262329.jpg
聖フランシスコ聖堂(プエブラ近郊)



[PR]

# by cembalonko | 2017-11-10 00:38 | 公開講座報告 | Comments(0)

『古楽でめぐるヨーロッパの古都』公開講座2017秋 第2回 終了いたしました。

今日は浦和での公開講座、今季第2回目。
テーマは「画家ルーベンスが聴いた音」として、
拙著第3章アントウェルペン(ベルギー)を取り上げました。

多くの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。

チェンバロ独奏では、アントウェルペン出身のチェンバロ製作家・
ルッカース一族が製作した楽器で弾かれたであろうレパートリーを、
ミーントーンの調律法を使って演奏しました。
スウェリンク トッカータ
作者未詳   シャンパーニュ地方の輪舞(スザンヌ・ファン・ソールトの鍵盤曲集より)

第3章アントウェルペンを公開講座で取り上げたのは、全10章+番外編の中で最も多く、
今回で4回目です。4回とも、違うお話と選曲をしています。
今日は、画家・彫刻家・有弦鍵盤楽器製作家・楽譜出版業者などが加入していた
「聖ルカのギルド」を中心に、
アントウェルペンで活躍していた画家と、ルッカース一族の意外なつながりなどについても
お話させていただきました。

そして今日も、初めて来てくださった方が2名いらっしゃいました!
そしてお二人とも、次回の参加予約もしてお帰りになられました。
嬉しいです♪

次回は2週間後、10月12日(木)10:30 テーマはリューベックです!
早くもお席が埋まってきていますので、ぜひお早めにご予約下さい。よろしくお願いいたします。
f0018790_22494756.jpg
アントウェルペンの中央広場グローテマルクト ©Maros


[PR]

# by cembalonko | 2017-09-28 22:59 | 公開講座報告 | Comments(0)

『歴メシ!』でめぐるヨーロッパの古都 @松本記念音楽迎賓館

『歴メシ! 世界の歴史料理を美味しく食べる』(柏書房)の著者・遠藤雅司さんと、
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(アルテスパブリッシング)の著者・渡邊温子とがタイアップし、
古楽の時代の音楽と料理を楽しんでいただこうという催しを、2018年中に6回企画しております。

『歴メシ!』でめぐるヨーロッパの古都 音楽×料理 
参加費:各回 アルコール有り¥5,000 アルコール無し¥4,000
お申込み・お問合せ cembalonko2002♪excite.co.jp(♪をアットマークに替えてください)

第1回 2018年1月28日(日)12:30開宴
ヴェネツィア(18世紀イタリア、ヴィヴァルディの時代)

第2回 2018年4月21日(土)12:30開宴
ザンクト・ガレン(中世スイス、単声聖歌の時代)

第3回 2018年6月17日(日)12:30開宴
アントウェルペン(17世紀ベルギー、ルーベンスの時代)

第4回 リューベック(17世紀ドイツ、ブクステフーデの時代)
第5回 セビーリャ(16世紀スペイン、大航海時代)
第6回 ヴェルサイユ(18世紀フランス、ルイ14世の時代)
(第4回から第6回の日程は、決定し次第こちらに掲載いたします)


f0018790_21465602.jpg
f0018790_21474480.jpg
f0018790_21480642.jpg
f0018790_21481998.jpg
●関連サイト
音食紀行 遠藤雅司さん主催の料理イベントのページ
松本記念音楽迎賓館 都会の中のオアシス 大人の隠れ家
●関連書籍
古楽でめぐるヨーロッパの古都』渡邊温子著 アルテスパブリッシング 2016年
歴メシ!世界の歴史料理を美味しく食べる』遠藤雅司著 柏書房 2017年

[PR]

# by cembalonko | 2017-09-25 21:50 | これからの公開講座 | Comments(0)