ある侍女の回想録

ゾフィー王女様は、それは聡明な御方でした。f0018790_22353636.jpg
私はゾフィー様がお生まれになり、ツェルプストのお城にいらした時から、
お部屋係としてお仕えしておりました。
王女様の学才は、フランスからいらしたご教育係の
マドモアゼル・カルデルも舌を巻くほど。
フランス語の詩を流暢にお読みになり、
ご自身でもお作りになるほどでしたが、
王女様はどちらかというと、歴史や政治のお話の方に、
ご熱心でいらっしゃいました。
乗馬もとてもお上手で。
宮廷楽長のファッシュ様はいつも、
「ゾフィー様がもう少しクラヴィーアのお稽古に
時間を割いてくだされば、
ブリリアントな弾き手になられますものを…」と
嘆いていらっしゃいました。
でもゾフィー様、ロシアにいらしてから、
オペラの台本もお書きになっていらっしゃるのですよ。
ペテルブルクの楽長フォーミン先生が曲を付けてくださったそうです。
もっとも、このオペラがあまり人気が出なかったのは、
ゾフィー様の台本が良くなかったのだ、などと後世の人は言っているそうですが、
ゾフィー様にとっては、さぞかし心外なことでしょうね。

…ついついおしゃべりが長くなってしまいました。
私は、嬉しいのでございます。
あの、色白で華奢だったゾフィー様が、ロシアみたいな大国を束ねられるようになって、
このような見事な絵画を収集されて。
ゾフィー様の見識の高さは、ヨーロッパの列強を唸らせるのに充分なものだったと推察いたします。
ただ…この東の国での閲覧会に際しては、
私たちの故郷ツェルプストの名前がどこにも紹介されておりませんの。
「ドイツの中小領邦」なんて、ちょっと失礼ではありませんこと?

f0018790_22374311.jpgゾフィー様がロシアでエカチェリーナ2世となられてから、
さぞかしご苦労も多かったことでしょう。
娘を遠くへお嫁に出した母の気持ちは誰も同じ。
母君のヨハンナ様が半年とおかずに
お手紙をお送りになっていたお心、痛いほど分かります。
でもそれが、プロイセンからロシアと密通しようとした
スパイ活動と疑われようとは…

ツェルプスト=アンハルトはなくなってしまいましたが、
貫録のあるエカチェリーナ2世としてのお姿よりも、
ツェルプストのお城の隣の乗馬練習場で
お上手に馬を操っていたゾフィーさまのことを、
お部屋係の私はずっと覚えておりますよ。


(この記事はフィクションです。大エルミタージュ美術館展に行ってきました、のご報告でした!)
f0018790_22413062.jpg
f0018790_22413916.jpg



[PR]

# by cembalonko | 2017-06-06 22:46 | 知的好奇心 | Comments(1)

ケーテンのバッハと宮廷音楽~歴史的再現料理とともに~ 終了いたしました!

5月28日(日)に開催しました
「ケーテンのバッハと宮廷音楽~バッハ時代の歴史的再現料理つきレクチャーコンサート~」
無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
f0018790_22213495.jpg
そしてサプライズ・ゲストとしてご登場いただいたバロックダンスの平山絢子先生、
歴史的再現料理の調理担当の「音食紀行」遠藤雅司さん、
受付を快く引き受けてくださった田村早樹子さん、
最後に演奏で会を盛り上げてくれたバロックランチの会の皆さん、
皆様方のご協力がなければ、この会は実現しませんでした。
いろいろな条件が整わない中、最大限のお力を貸してくださり、
本当にありがとうございました。

このあと、すごく長文です。ご興味がある方はどうぞ・・・

この日は公開講座の前の10:30から12:30まで、非公開の演奏ワークショップ「バロックランチの会 in 要町!」を催しました。「管弦楽組曲」をテーマとし、組曲に含まれる舞曲の中からガヴォット・メヌエット・ブレを取り上げました。
f0018790_22034259.jpg
ワークショップの様子

初めにJ.=B.リュリ作曲の、実際に舞踏の振付がされている曲を、
参加者の弦楽器・管楽器の演奏家の皆さんと練習。
そこでバロックダンスの平山絢子先生にご登場いただき、
舞踏のステップから見た演奏法のヒントなどを解説していただきました。
f0018790_22060226.jpg
平山先生とバロックダンスの基本の動きを練習中!

基本的なバロックダンスの動き
(膝を曲げて上体を低くする、もとにもどる、膝を伸ばして状態を高くする)を練習したり、
合奏を半分に分け、半分が演奏するのに合わせてもう半分が舞曲のステップを踏んで合わせてみたり。
一拍目に上体が上がるのか、下がるのか、跳躍したあとに片足で着地するのか両足でするのか、
そんなことで、拍のとらえ方が全く変わり、それが各舞曲のキャラクターを作っていることが良く分かりました。
その後、J.S.バッハ《管弦楽組曲第1番》より同じ3つの舞曲を、
平山先生にアドバイスをいただきながら練習し、午前の部は終了しました。
f0018790_22074833.jpg
ワークショップにご参加の皆様と

14:00からのレクチャーコンサートは、初めにケーテンの位置を広域地図で確認。
その後ケーテンの街の地図を見ながら、バッハが住んだ家やケーテンの教会、
宮廷の内部の様子などをスライド画像で見ていきました。
f0018790_22093308.jpg
バッハがケーテンで書いた主要作品を紹介し、
その中からケーテン候レオポルトの誕生日のために書いた
世俗カンタータ《いとも尊きレオポルト候よ》の曲例を聴きました。
(実際の音源はライプツィヒ時代に改作した教会カンタータ《高められた肉と血よ》BWV173を使用)

ここまでで45分経過。いよいよお待ちかね、歴史的再現料理のコーナー!
f0018790_22105169.jpg
お料理の説明をする遠藤さん

「音食紀行」遠藤シェフはこの日の朝、なんと4kgもの牛もも肉を煮込んでくださったのだとか。
メニューは ①アイゼナハ風焼きソーセージとりんごの煮込み
f0018790_22144656.jpg
②牛肉の赤ワイン煮(ライプツィヒの料理本1745年より)
f0018790_22135764.jpg
③ドイツパン5種類 ④フレーバーウォーター。
f0018790_22122818.jpg
想像していたよりもたっぷりの量を作ってくださったので、
ご来場の皆様には充分召し上がっていただけたのではないでしょうか。

後半は、チェンバロ独奏でフランス組曲第6番からアルマンド・サラバンド・ガヴォット・ジグを演奏。
このサラバンドとガヴォットに、平山先生にダンスの振付をお願いして踊っていただきました。
f0018790_22161879.jpg
少しの解説をはさみ、最後はバロックランチの会アンサンブルの皆さんと、
午前のワークショップでも取り上げた《管弦楽組曲第1番》からガヴォット・メヌエット・ブレを演奏しました。
アンコールにブランデンブルク協奏曲第5番第1楽章のチェンバロのカデンツァから最後まで演奏しました。
f0018790_22170459.jpg
******

主催者として・・・前半、歌詞対訳のワードファイルが拡大できない状態になったとか、
お料理を召し上がっていただく時間を少なく見積もり過ぎていて、
後半予定していたお話をほとんどをカットしなければならなったなど、
想定外のこともありましたが、
音楽とともに、その音楽が鳴り響いていた時代を包括的に再現するような催しをしたい、
という「夢」に一歩近づけて、本当に幸せな気持ちでした。
繰り返しになりますが、力を貸してくださった方々、
興味を持ってご来場くださった皆様方がいたからこそ、実現できたことです。
初めてのことばかりで、至らない点も多かったと思います。
いらしてくださった皆様方には、今後のために、
忌憚のないご意見・ご感想を頂ければ幸いに存じます。

(写真を使わせていただいたみなさま、ありがとうございました)

[PR]

# by cembalonko | 2017-05-31 22:25 | 公開講座報告 | Comments(0)

風流楽 春のコンサート

2017年5月20日、気持ちのいい晴天と鮮やかな緑に囲まれて、
朗読と音楽のコラボレーション「風流楽」(ふる~ら)第41回目のコンサートが無事、終了いたしました。
ご来場くださった皆様方に心より御礼申し上げます。
f0018790_23261212.jpg
また、お手伝いのスタッフの佐藤さん、干潟さん、撮影のボックリ博士、
松本記念音楽迎賓館館長・横田様、いつものように厚いサポートを、ありがとうございました。
f0018790_23161832.jpg
プログラムの初めに、田中カレンさん作曲「香草の庭(1989年)」より
《ニオイスミレ》を演奏させていただきました。
その時に、アロマセラピストでハーブの研究をされている堀川真規様のご協力を得、
なかなか手に入れることのできない高価なニオイスミレの精油を、
会場に炊いていただくことができました。
f0018790_23083092.jpg
堀川さんによると、この香りはマリー・アントワネットも好んだとのことで、
田中カレンさんが《ニオイスミレ》に添えられた
”Early spring flowers with seductive scent"という言葉どおり、
スミレの花から想像される「可憐さ」というよりは「妖艶さ」を感じさせる香りでした。
f0018790_23192646.jpg
その後、前半はバッハ(ソロ)「野ばら」(朗読)バッハ(デュオ)、
後半はクープラン(ソロ)「月夜と眼鏡」(朗読と音楽)ドビュッシー(デュオ)と続き、
「花の香り」から始まり、「花咲く野原を照らす月の光」で終わる、といった、
プログラム全体を一つの流れの中で演じきれたような気がしています。
f0018790_23103780.jpg
風流楽のコンサートは、今回で41回目。
これからも、皆様の心の琴線に触れる新たな作品づくりに挑戦していきたいと思います。
(写真はボックリ博士撮影)

★朗読の野田香苗さんのコンサート報告「なごみの風の~おはなし道しるべ~」
★香りの演出をしてくださった堀川真規さんのブログ「ハーブな贈りもの」

===コンサート報告===

風流楽(ふる~ら)春のコンサート

●日時 2017年5月20日(土)14:00開演(13:30開場)
●会場 松本記念音楽迎賓館(東京都世田谷区)
●出演 野田香苗(朗読)渡邊温子(チェンバロ)ゲスト:生方真里(ヴァイオリン)
●演目 朗読と音楽 小川未明『月夜と眼鏡』(音楽構成:渡邊温子)
 音楽 J.S.バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番ロ短調 BWV 1014、
 田中カレン《Jardin des herbes》(1989)より、
 C.ドビュッシー《月の光》(ヴァイオリン&チェンバロ編曲ヴァージョン)ほか

●メッセージ
風流楽(ふる~ら)は2007年にソプラノ、朗読・語り、チェンバロのユニットとして結成されました。
美しい日本語・穏やかな弦の響きのコラボレーションを追い求め、
これまでに40回の公演を重ねてまいりました。
代表作には「竹取物語」(再演5回)があり、
その他「散らない桜の木」「お釈迦さま」「ゲーテ詩集」「木を植えた男」など
朗読と音楽による作品を数多く生み出しました。
今回は、2013年に共演していただいたヴァイオリニスト生方真里さんを再びお招きし、
ヴァイオリンとチェンバロによるバロック時代の名曲もたっぷりお聴きいただきます。


[PR]

# by cembalonko | 2017-05-21 22:30 | コンサート報告 | Comments(0)

チェンバロの日!2017 第1日目に行ってきました!

昨日は チェンバロの日!2017 第1日目に参加してきました。

1つ目のコンサートは、本間みち代さんによる「モダンチェンバロの魅力」。
使用楽器はランドフスカ・モデルのモダンチェンバロ。
初めにバッハの2曲を、ワンダ・ランドフスカの使用したレジスターで演奏。
モダン楽器を歴史的な視点で聴いているというのが、興味深く感じる瞬間でした。
その後は20世紀の作品がつづき、
私はオアナ作曲《クラヴサンのための2つの曲「ワンバ」「コンガ」(1983)》が印象に残っています。
ラテンのリズムや響きは(モダン・ヒストリカルにかかわらず)親和性があるのかも。
ランドフスカが1925年にパリに創設した古典音楽学校で彼女の息のかかった人のために、
20世紀にモダンチェンバロのための多くの作品が生まれたという事のようです。

2つ目のコンサートは、秋山裕子さんによる、有名フレンチ作品。
チェンバロに携わる人ならだれでも知っている名曲集で楽しめました。
その中にも、20世紀のフランセ作品が含まれていて、
曲集「昆虫」から《ミズグモ》《のみ》が演奏されました。
《のみ》に関しては、ボワモルティエの作品(原題のフランス語は違うけど両方《のみ》)
との比較が楽しかったです。

3つ目のコンサートは、岡田龍之介さん(チェンバロ)中村恭子さん(フルート)、
佐々木友子さん(ヴァイオリン)による、主に20世紀のアンサンブル作品。
それぞれボリュームがあり、楽器編成も楽曲の様式もコントラストのある4作品が選曲されていました。
ヒストリカルのジャーマンチェンバロによる演奏。
シュニトケ《古い様式による組曲(1912)》は
解説にも「現代曲にしては異例の<判りやすい>作品」と書かれていましたが、
その他のハルフテル《牧歌(1973)》イベール《二つの間奏曲(1946)》も、
それぞれ個性的なアンサンブルのサウンドが引き出されていて、
とても興味深かったです。

3つのコンサートを聴いて、催しとしてのバランスがとれていて、とても良かったと思いました。
現代曲のように、今まで聞いたことのない音楽に触れるのは、
それなりに緊張感を伴うことかと思いますが、
真ん中の有名曲オンパレードでホッとすることも出来て。
構成の妙だったと思います。
f0018790_09495754.jpg
運営委員の方の手作り チェンバロブローチ!


[PR]

# by cembalonko | 2017-05-14 09:51 | 音楽 | Comments(0)

「スメタナ《わが祖国》とミュシャ《スラヴ叙事詩》」の公開講座

今日は、加藤浩子先生の
「スメタナ《わが祖国》とミュシャ(ムハ)《スラヴ叙事詩》」の講座に行って参りました。
ミュシャ(チェコ語名ムハ)が、
ボストン交響楽団が演奏するスメタナの《わが祖国》を聴いたことが、
連作絵画《スラヴ叙事詩》の構想を後押しした経緯が分かりました。 

しかし、時代は移り、民族主義が盛り上がっていた時期に
《わが祖国》が熱狂的に受け入れられたほどには、
《スラヴ叙事詩》は人々に受け入れられず、
1963年まで人目に触れることなく田舎町に眠り、
プラハに展示されるようになったのはたった5年前とのことです。

なにせ古楽の人になってから、19世紀後半の超有名曲を改めて聴こう、
なんていうことから遠ざかっていましたが、
そんなのもったいなーい!!!と心から思った次第。
講座では一部しか聴かなかった《わが祖国》を、全部聴きたくなりました。

f0018790_00505581.jpg
ミュシャとスメタナについては、先生の最新のご著書
『音楽で楽しむ名画』(平凡社新書)にも出ています。
この文庫本サイズのご本は、音楽と絵画、または音楽家と画家の関係について、
さまざまな時代からのエピソードがまとめられており、
各単元が短いのがうれしいです。
でも、各単元ごとにカラーの絵画作品が3~4例、時には7例も掲載されていて、
単元が短い分、情報量は多いです。
夕べも一気に半分くらい読んでしまって、
寝不足でコンタクトレンズも入れられない有様に・・・(笑)

今日の私は、といいますと・・・
憧れの著者の先生と初めて直接お目にかかれて、すっかり舞い上がっておりました・・・
加藤浩子先生の『バッハへの旅』みたいな本を書きたくて、『古楽でめぐる…』が生まれたのです。
ご著書にサインいただいて目が(♡v♡)ハート♪
f0018790_00510729.jpg


[PR]

# by cembalonko | 2017-03-28 00:52 | 知的好奇心 | Comments(0)