<受胎告知>の見方 ー 完全受け売りヴァージョン!

もう2週間前のことですが、国立新美術館 「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」に行ってきました。
その日は運よく、展覧会の監修者・越川倫明教授の講演を聴くことができたのですが、
なかでも特に、これからの美術鑑賞の役に立ちそうだったのが
「受胎告知の見方」でしたので、ご紹介します。

受胎告知の主題は、新約聖書のルカによる福音書第1章第26節から第38節 に書かれている、
乙女マリアのもとに天使ガブリエルが突然現れて、神の子を身籠ることを伝える場面です。
越川先生いわく「天使が17・8歳の女の子にむかって
『あなた、もうすぐ妊娠するわよ!』と言いにくるわけです・・・」
非常に分かりやすい!イメージ沸く!(笑)

このルカによる福音書の記述の中には、
マリアの中に起こる4つの異なった感情が現れます。
1.恐れ 2.戸惑い 3.疑問 4.服従(神の御業に対しての)
「受胎告知」を鑑賞する場合には、この4つの感情のうち、
どれにフォーカスして描かれたかを見ると、
画家の意図や表現の技術が、よりよく分かる、とのことでした。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さて、この講演全体の内容は、
今回の展示の目玉でもあるティツィアーノ後期の作品「受胎告知」について(カタログ番号20)でした。

f0018790_22591838.jpg
講演は次の5項目にそって進められました。

1.線的様式(linear)と絵画的様式(painterly)
  ※レオナルド・ダ・ヴィンチはlinear、ティツィアーノはpainerly
2.ヴェネツィア派の技法の展開
  ※・1470年代の油絵技法の導入・下絵から自由に変更して描く・緻密な描写から荒い筆触へ
3.ティツィアーノ晩年様式の同時代人の評価
  ※ヴァザーリはじめ、おおむね批判的
   (筆触が見えるものは完成しているとみなされなかった)
4.受胎告知の主題と表現の伝統  
5.再びティツィアーノ「受胎告知」を見る

ティツィアーノの「受胎告知」には、他にも興味深いお話がありました。
この絵でマリアと天使のポーズを見ると、マリアは右手を上げ、頭にかけたベールをあげています。
一方、天使は胸の前で両腕を交差させて合わせています。

この絵から遡ること30年(?記憶が曖昧)ほど前に、
スペイン宮廷のために、彼が同じ主題で書いた絵がありました。
(原画は散逸、その絵をもとにした版画が現存)
その絵の場合、構図はほぼ同じなのですが、
天使とマリアのポーズが入れ替わっているとのことです。
天使は腕を上げて、高らかに神の御業を伝え、
マリアは胸の前で腕を合せている。
マリアが胸の前で腕を合せた場合、
これは「服従」の感情を表している、とのことです。

さて、今回展示されている「受胎告知」をX線投影したところ、
この絵も、もともとは天使は腕を上げ、
マリアは胸の前で腕を合せる、というポーズで描かれていました。
ところが、製作途中でティツィアーノはこのポーズを変更し、
マリアが腕を上げ天使が腕を組むポーズに描き直したということです。

その意図は、どこにあったのでしょうか。
恐れ・戸惑いが起こる前の「はっ」とした一瞬を描きたかったのか・・・
天使の言葉を傾聴して自身の運命を受け入れつつある瞬間を描きたかったのか・・・
越川先生いわく、「右側の書架に向かって本を読んでいたマリアが
左側に振り向いた瞬間であり、
日常から非現実の世界へといざなわれる瞬間」とのことでした。
見る人それぞれの感性をかきたてられる作品です。

この「受胎告知」に会えるのは、東京では10月10日までです。



[PR]

# by cembalonko | 2016-09-03 23:22 | 知的好奇心 | Comments(1)

ポンピドゥー・センター傑作展に行ってきました!

水曜日、酷暑の上野へ・・・

この展覧会は、パリにあるモダンアートの殿堂・
ポンピドゥー・センターの収蔵作品が、
1906年から1977年まで、年を追って一年に一作品ずつを
選んで展示するという方法がとられていました。(計71作品)
ピカソ、マチス、シャガールなどの巨匠の作品とともに、
そこまでビッグネームではないアーティストの作品も。
4分の3世紀の中での、フランス前衛芸術の流れを
おおまかにとらえることが出来る、
見ごたえのある展覧会。
f0018790_22320365.jpg
左からシャガール、ボッチチェリ(紛れこんだ映画『メディチ家の至宝』のチケット(笑))
カンディンスキー、ヴァザルリ、マチス、ピカソ

個人的には、上記の3人の他に、

セラフィーヌ・ルイ《楽園の樹》(1929年)
・・・正式に絵画の勉強をしていないのに、力強い造形と色彩が印象的。
幹に茂った大きな葉に水玉模様が!勝手に草間彌生と命名(笑)
ヴィクトル・ヴァザルリ《アーニー(影)》(1967年)
・・・ただ□や○の中に、隣と微妙に違う色を塗っているだけなのに、
ホログラムのように見える驚き!
ヴァシリー・カンディンスキー《30》(1937年)
・・・白と黒の市松模様に並ぶ30個の正方形の中に、象形文字のような、
記号のような不思議な造形が並ぶ。じーっと見入ってしまう作品

などが、特に印象に残りました。

私にとっては、知らない人ばかりの印象でしたが、
フランス近代美術の層の厚さを感じさせてくれる、
珠玉の作品がそろった展覧会でした。楽しかった!

★★★今日の奇跡★★★
展示作品の絵ハガキを5枚買った人は一枚、
くじを引いて一枚シールをもらえることになっていました。
絵ハガキコーナーに草間彌生セラフィーヌ・ルイがなく、残念に思っていたのですが、
くじの箱に手を入れて引き当てた、その一枚は・・・・・・
私が欲しかった草間彌生セラフィーヌ!キター!!!
f0018790_10094444.jpg
水玉はあまりよく見えないけど

展覧会については、こちらのプログに詳しく出ています。
公式サイトはこちら

[PR]

# by cembalonko | 2016-08-12 22:52 | 知的好奇心 | Comments(1)

タニタ楽器秋の講座 『チェンバロとともに聴くクラシック音楽講座』 9月15日スタート!(全5回)

★★タニタ楽器 『チェンバロとともに聴くクラシック音楽講座』 秋の講座

f0018790_08495717.jpg
新刊書『古楽でめぐるヨーロッパの古都』をテキストに、以下の日程で講座を行います。(各木曜日・10:30-12:00)

●日時とテーマ

 9月15日 第1章 ザンクトガレン(スイス)/第2章 ニコシア(キプロス)
 9月29日 第3章 アントウェルペン(ベルギー)
 10月 13日 第4章 リューベック(ドイツ)
 10月27日 第5章 セビーリャ(スペイン)
 11月 10日 番外編 プエブラ(メキシコ)


●お申込み・お問合せ タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910

みなさま、お誘いあわせてのご参加をお待ちしております!
ペア割引あり!!!(2名同時申し込みの場合の割引です)

[PR]

# by cembalonko | 2016-08-10 09:05 | 音楽 | Comments(0)

バロックランチの会!

水曜日は「バロックランチの会」でした!

練習した曲はC. カンナビヒ(1731-1798)の六重奏曲。
(ⅠAndantino Expressivo、 ⅡAllegro)
f0018790_23535027.jpg
メニューは、牛肉とカリフラワーとトマトのスープ(中華)。
f0018790_23483339.jpg

Facebookでは2人のカメラマンによる
美味しそうな投稿ばかりに注目が集まり(笑)
いったい何の会か分からなくなりつつあるので(笑)
ちょっとは音楽の話題を書いておこうかな~~~?

・・・っというわけで・・・

カンナビヒさんから学んだ、今回の収穫 (^O^)/イエーイ‼f0018790_00230079.jpg

その1

通奏低音の譜面に書いてある強弱記号は、
fとpとcrescendo(!)なのですが、
fとpの意味が、当然のことながら50年前の盛期バロックの解釈とは違ってて、
同じfでも、
★スフォルツァンドの意味を表している場合と、
★メッサ・ディ・ヴォ―チェの一番音が膨らむ部分を表している場合
などがあることが、具体的に体感できました。
これは、実際に上声部を弦・管楽器の方に演奏してもらい、
お互いに意見交換をしながら、
演奏効果を試すことによって、はじめて気づくことが出来たこと。
とても腑に落ちました
通奏低音を弾いていても、
もはやイディオムがチェンバロよりフォルテピアノを想像させる時代なのです。

その2 

発想記号Espressivoが書かれている初期の曲。(バロック時代にはほとんどないと思われます)
第一楽章は4分の2拍子、Andantino Expressivo
(楽語辞典「表情豊かに」)の表記あり!
一緒に弾いてくださっているモダン楽器の皆さんは、
この表記を見て、遅めのテンポを思い浮かべられたようですが、
実際に音楽を鳴らしてみると、
私たちが普通に想像しやすいロマン派以降のExpressivoの意味を
適用するのには無理があることが分かります。
この時代のExpressivoの言葉は、どう解釈されたのか、もっと調べたくなりました。
発想記号が書かれてはいても、
音楽の様式を優先した方が、当時の演奏と近くなる可能性が確認できました。

・・・というわけで、ちゃんと音楽もやってるバロックランチの会でした!
f0018790_00074928.jpg
Mちゃんから頂いた「バロックランチ専用エプロン」♪
っていうか、演奏している写真はないの???



[PR]

# by cembalonko | 2016-08-06 00:27 | 音楽 | Comments(0)

古楽かふぇ 終了!

7月29日から31日まで、「古楽かふぇ」という、
古楽の好きな方々の集いにて、
書籍の出展をさせていただきました。
f0018790_13262069.jpg
3日間、熱心な古楽ファンの皆様、古楽に関するお仕事の方々、
演奏家・研究者の皆様に囲まれ、
会場にいた時間は短かったのですが、中身の濃い3日間でした。
売り子をやっていたおかげで、
2つの素晴らしい講座も聴くことができました。

たくさんの方に書籍をご紹介できたこと、
そして、実際に買ってくださった方も多くいらっしゃいました。
本当にうれしい限りです。
f0018790_13272159.jpg
売り子中・・・の図

このような、アマチュアもプロも何か「良いもの」を得られる
充実したイベントは、
これからの古楽界を、ますます元気にするものだと思います。
いろんな人々との交流、いろんな分野との交流によって、
新しいものが生まれる・・・
古楽かふぇを企画された主催者のじわさんに、
心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
f0018790_13283415.jpg
戦利品・・・またの名を散財ともいう💦


[PR]

# by cembalonko | 2016-08-02 13:30 | 日々のいろいろ | Comments(0)