これからの活動予定

これからのコンサートは、こちらをご覧ください。 NEW! 
これからの公開講座は、こちらをご覧ください。 NEW!  

f0018790_020432.gif無料メルマガ「月刊バロック通信」のご登録は、こちらからどうぞ!


[PR]

# by cembalonko | 2018-11-30 10:58 | これからのコンサート | Comments(4)

『英雄たちの食卓』出版記念パーティ 演奏曲のすったもんだ

バロックランチの会にご依頼がきました。
「エリザベス一世かフェリペ二世かマリア・テレジアにまつわる曲を演奏してください!」
・・・ということで私たちは、マリア・テレジアが妹の結婚式のために
ハッセに作曲させたオペラ《イペルメストラ》を演奏することにしたんですね。
ちなみに音源はなく、現代における再演はチェコで2014年に行われているらしいです。
f0018790_01030123.jpg
IMSLPにあった当時の筆写譜(パート譜)を使っているのですが、
その楽譜がががが・・・
そのまま弾くと、あちこちで不協和音が。
一応前もって全パートをチェックし、修正箇所をメンバーの皆さんに
直してきていただいたにもかかわらず、合わせてみたら出るわ出るわ。
ウィーンの宮廷楽師たち、まさかこの筆写譜のまんまで弾いちゃったんじゃないよね!?
ハッセが聴いたら怒るよね!?・・・なんて心の中でツッコミいれながら、
みんなで協力して軌道修正。何とか形になりました。
f0018790_01034987.jpg
今日はバロックランチの会のお稽古日。
いつもの通り、爆笑のおしゃべりと美味しいパンとお菓子で
とっても幸せなひとときだったんですが、
3年分くらい頭使った気がしている私です。ふぅぅ・・・
f0018790_01041689.jpg
ところで、マリア・テレジアの妹さんの結婚式の新聞記事を発見しました。
それには式典の時にどこに誰がいたか(給仕や楽師の位置までも!)を図解してあったり、
宴会場の様子が、調度品やカーテンに至るまでこと細かに描写してあるのです。
新聞、っていうか週刊誌的なノリ?
ウィーンの18世紀の新聞もネットで読める時代なんですね~!
f0018790_01044490.jpg
1744年2月1日付のウィーンの新聞

この、歴史の一幕を彩る珍しい音楽と、
当時の豪華な再現料理をいただけるパーティーが4月5日にあります。
私たちが苦労して復元した《イペルメストラ》序曲、
ぜひ聞きにいらしてくださいませ♪





[PR]

# by cembalonko | 2018-04-03 01:12 | 日々のいろいろ | Comments(0)

「暮らしつづれおり」 ラジオ出演のお知らせ!

2月12日(月・祝)11:10より30分ほど、
函館のコミュニティラジオ局・FMいるかの番組「暮らしつづれおり」に出演させていただきます。
著書の紹介や、チェンバロについてのお話などをさせていただく予定。
全国どこでもお聴きいただけます!聴き方はこちらをご参照ください。


ちなみに、ドイツ留学時代からの大親友のオルガニスト、
石崎理ちゃんが、毎週2本の音楽番組の制作をしているんです。
番組ブログを見ると、とても面白そう♪
もう20年近く。それを毎週、というのは、
情報収集や、番組の構成などに
どれだけ日々の努力を重ねていることでしょう・・・💦 頭が下がります。

今回の函館行きは、もちろん彼女(と飼ってる猫)に会うことが一番の楽しみ。
お遊びメイン、お仕事ちょっぴり、な旅です。

石崎 理(いしざき みち)さんがパーソナリティーを務める
「アポロンの竪琴」「あなたへの招待席」のブログはこちら!



[PR]

# by cembalonko | 2018-02-08 12:54 | 日々のいろいろ | Comments(0)

バロックランチの会 2018年の初回開催!

2018年1月31日、ブルームーンでスーパームーンで皆既月食という
記念すべき日に、今年最初のバロックランチの会、開催しました~!

メニューは、ヴァイオリンの岡田邦子ちゃんが
歴メシ!から、中世イングランドのアーモンドライスを作ってきてくれました。
私はミネストローネスープを。いつものことながら、おやつも充実!
(なぜいつも食べ物が先なのか・・・笑)
f0018790_22293981.jpg
そして演奏曲は・・・まず、ジェミニアーニの音階練習から。
古典音律のチェンバロに合わせながら、一人ずつ弾いていただきました。(G-DurとF-Dur)
ジェミニアーニに取り組んで今回で3回目ですが、
今回はとくに練習の効果を実感できました。
練習はその後、ファッシュのオーボエとヴァイオリンのコンチェルト
(今回はオーボエパートをフルートのまこさんが演奏)、
管弦楽組曲G-Durと続きました。
f0018790_22382996.jpg
最後の方で、ルッツァスキの《ヴェネツィアのカンツォーナ》
(ルネサンスのポリフォニー曲)を演奏した時、
響きがピタッとまとまったのが感じられました。
ヴィオラ・ダ・ガンバのコンソートみたいで、ちょっと驚き・・・
演奏している皆さんも、何か感じたり、掴めたりしたみたい。

美味しいものに目がないだけじゃない(笑)
このアンサンブル、これからの展開が楽しみです。
(写真は岡田邦子ちゃん&宮田麻沙代ちゃん提供。ありがとうございますm(__)m)
f0018790_22410153.jpg
そして夜は皆既月食!
バロックランチの会は、帰った後もラインで月食観察しあって盛り上がりました~!
(撮影 邦ちゃん。ブルームーン風、ですって…)

[PR]

# by cembalonko | 2018-02-01 22:54 | 音楽 | Comments(0)

歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 第1回ヴェネツィア 終了いたしました!

<音食紀行>遠藤雅司さんとのコラボで、
歴史料理のコースをいただきながら、
いにしえの音楽とそれが育まれた環境を探るセミナー、
第1回が1月28日(日)に終了いたしました。

6回シリーズの第1回でしたが、
お料理が出てくるタイミングに合わせて、
フレキシブルにトークを進めていきました。
途中で物販なども仰せつかり(笑)
楽しく2時間半のイベントが終了いたしました。

「歴史」「食」「文化」に鋭い感受性をお持ちの、
私のトークなんて釈迦に説法なのでは?とお見受けする、
深い教養をお持ちの紳士・淑女の皆様方にもお集まりいただきました。
同じテーブルになった方々同士で、
すぐに和やかに会話が弾んでいる様子を拝見し、
企画した側として、とても嬉しかったです。
楽しい時を過ごしていただくことはもちろんですが、
参加していただいた方々を
お繋ぎするきっかけにもなったのであれば・・・

お料理メニュー
1. 白身魚のマリネ
2. ポレンタ
3. 18世紀風グリーピースのリゾット
4. 鶏のトマト煮込み
5. ヴェネト風パスタ・エ・ファジョーリ

ドリンク
18世紀ヴェネツィア風フレーバーウォーター
ワイン ヴェネツィア・ジュリオ 赤&白

音楽メニュー
A.ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲「四季」  G.ガブリエリ:ダブル・エコー効果の12声のカンツォーナ T.メールラ:カンツォーナ<雌鶏>  M.ウッチェリーニ:4声のカンツォーナ A.ヴィヴァルディ:ソプラニーノリコーダーのための協奏曲RV443 同:2つのトロンバ・マリーナを伴うヴァイオリン、2つのリコーダー、2つのマンドリン、2つのシャリュモー、2つのテオルボとチェロのための協奏曲RV558 同:ヴァイオリン協奏曲ハ長調RV177 同:オペラ《狂気を装うオルランド》より「何を見るまなざしにも」「露に濡れた薔薇には」 B.マルチェロ:《詩と調和の霊感》より 詩篇10 同:オーボエ協奏曲ニ短調 ほか

次回以降の日程も決定しましたので、
ぜひお越しください!本当に楽しい会だと思います。自画自賛しちゃいます(笑)
f0018790_00565346.jpg
素敵なお屋敷のダイニング。私はセッティングを担当。
f0018790_01062164.jpg
遠藤さんと小川さん(フードコーディネーター)は厨房にて準備。
f0018790_01013155.jpg
白身魚のマリネ (ここからの写真は受講者の宮田麻沙代さん提供)
f0018790_00584136.jpg
ポレンタ(トウモロコシ粉のおかゆ 鶏のトマト煮込みと一緒にいただきました)
f0018790_01010111.jpg
鶏のトマト煮込み 18世紀にはトマトが食されていたそうで、現代のイタリア料理にかなり近いです。
f0018790_01040478.jpg
フレーバーウォーター レモン、リンゴ、シナモン、ミントなどが入っていました。
f0018790_01044713.jpg
お料理の合間に音楽トーク!プロジェクタでヴェネツィアの街を映しながら。
f0018790_01053979.jpg
1500坪の庭園に雪が残り、風情ある景観。

歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都
選曲とお話 渡邊温子
調理 <音食紀行>遠藤雅司

会場:松本記念音楽迎賓館
参加費:各回 アルコール有り¥5,000 アルコール無し¥4,000
お申込み・お問合せ cembalonko2002♪excite.co.jp(♪をアットマークに替えてください)

第1回 2018年1月28日(日)12:30開宴
ヴェネツィア(18世紀イタリア、ヴィヴァルディの時代)終了!

第2回 2018年4月21日(土)12:30開宴
ザンクト・ガレン(中世スイス、単声聖歌の時代)

第3回 2018年6月17日(日)12:30開宴
アントウェルペン(17世紀ベルギー、ルーベンスの時代)

第4回 2018年7月28日(土)12:30開宴
リューベック(17世紀ドイツ、ブクステフーデの時代)

第5回 2018年9月 2日(日)12:30開宴
セビーリャ(16世紀スペイン、大航海時代)

第6回 2018年10 月27日(土)12:30開宴
ヴェルサイユ(18世紀フランス、ルイ14世の時代)




[PR]

# by cembalonko | 2018-02-01 01:28 | 公開講座報告 | Comments(0)