人気ブログランキング |

ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!

ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました。
お越しくださった皆様方、会場でお手伝いいただいたKさま、Hさんファミリー、
そして撮影+αのボックリ博士に、心より御礼申し上げます。

このコロナ禍において、一番神経を使わなければならないのが声楽、という状況。
コンサート開催に対して、かなりネガティヴな感情になっていた時期もありました。
しかし表現をする者として、発信を全く止めてしまう、という選択肢が思いつかず、
感染対策としてできる限りのことを二人で考え、
事前に会場に赴いてシミュレーションもした上で、当日を迎えました。

会場の客席を減らしましたが、50席がほぼ満席となり、
いらしてくださった皆様の温かな気持ちが伝わって参りました。
生の演奏が聴けて良かった、とのお声を沢山いただき、
無事に開催できて良かった、と安堵いたしました。

冬場を前にして、感染拡大が再び勢いを増している中、
今後の動向は注視しなければなりませんが、
これからも演奏する者として、出来ることを続けていきたいと思っております。
(写真:ボックリ博士)
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11454969.jpg
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11460053.jpg
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11460711.jpg
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11463482.jpg
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11465410.jpg
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_11470005.jpg
ご来場ありがとうございました。

===コンサート報告===

●ドラマチック・バロック!Vol.10●
日時:2020年11月7日(土)13:30開場 14:00開演
場所:東京オペラシティ 近江楽堂 
出演:秋吉邦子(ソプラノ)渡邊温子(チェンバロ)
曲目:パーセル ひとときの音楽、もし音楽が愛の糧であるなら、 ヘンデル オンブラ・マイ・フ、オペラ《ジュリオ・チェーザレ》より<この胸に息のあるかぎり>、ヴィヴァルディ 《グローリア》より<ドミネ・デウス>、私はジャスミンの花、ブクステフーデ 組曲ハ長調 ほか
ドラマチック・バロック!Vol.10 終了いたしました!_f0018790_21345100.jpg


# by cembalonko | 2020-11-08 11:24 | コンサート報告 | Comments(0)

お月見バロックコンサート、終了いたしました!

バロックランチの会 お月見コンサート、終了いたしました。
ご来場くださった皆様方には、心より御礼申し上げます。

コロナ禍の中、自粛期間中もバロックランチの会のメンバーは
リモートアンサンブルに挑戦したり、動画制作をしたりと、
みんなで支え合って、音楽を奏で続けてきました。
そして、この状況の中で、6月鴻巣、9月ムジカーザ、そして10月Space415と
コンサートを重ねられたことは、奇跡に近いと思います。
アンサンブルは、コンサートを重ねるごとに、より成長していけるもの。
それがここ数ヶ月で実現できたことは、私たちにとっての貴重な財産となりました。
関わってくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

いつも楽しく、時に厳しいメンバーのみんなにも感謝!
これからも、知られざる名曲をいろいろ発掘していきましょう!
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_11090777.jpg
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_11081773.jpg
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_11094988.jpg
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_11095721.jpg
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_11110688.jpg

===コンサート報告===

●バロックランチの会 お月見コンサート●
日時:2020年10月23日(金)18:30開場 19:00開演
場所:Space415  http://space415.info/access/
出演:バロックランチの会(オーボエ 宮田麻沙代、ヴァイオリン 五十嵐彩子 / 生方真里 / 岡田邦子、チェロ 多湖あかね、ヴィオラ 芦川侑美、チェンバロとお話 渡邊温子)
曲目:ブレード 2つのカンツォーナ、オトテール トリオ・ソナタ、グラウプナー ヴィオラ・ダモーレ協奏曲、J. B. バッハ 管弦楽組曲 第4番 ほか

お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_21285238.jpg
お月見バロックコンサート、終了いたしました!_f0018790_21333180.jpg


# by cembalonko | 2020-10-24 10:58 | コンサート報告 | Comments(0)

バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!

バロックコンサート in ムジカーザ、無事に終了いたしました。
すっきりしない天候の中、そして何よりも、このコロナ禍の中でありながら、
ご来場くださった多くの皆様方に、心より御礼申し上げます。
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23470963.jpg
また、受付や会場見回りのお手伝いをしてくださった4名の方々、
撮影&録音に加え、証明や空調を整えてくださったボックリ博士、
チェンバロの運搬を手伝ってくださったヴァイオリン岡田邦子さんのご主人様、
お力を貸してくださって、本当にありがとうございました。
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23473165.jpg
このコンサートは、オーボエの宮田麻沙代さんの生徒さんに、
多大なご支援をいただき、実現したものでもありました。
恵まれた環境で演奏をお届けできたことは、私たちにとっても
かけがえのない経験となりました。感謝申し上げます。
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23475366.jpg
生徒さんセレクトのお弁当 こちらは前日リハーサルのサンドイッチ
コンサート当日は、名店八竹の茶巾寿司~♪ 恵まれすぎて涙;;

====

コロナ禍の状況下、いろんなことを考えています。
実際に行動を変えなければならなかったり、
慣れないことを強いられたり。
でも、こうして一緒に演奏の場を作れる仲間がいてくれることが、
本当に恵まれていると思う。感謝しかない。。。
これからも、この状況を果敢に攻めていきたいです。

====

おまけ🌸ある日の練習風景
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23551366.jpg
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_00024559.jpg
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23545469.jpg
ちっとも練習しとらんね・・・(笑)
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23552909.jpg
バロックランチの会からランチを取ったら、ただのバロックの会になってしまう(笑)
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_23554149.jpg

===コンサートの記録===

●バロックコンサート in ムジカーザ
日時:2020年9月24日(木)18:30開場 19:00開演
場所:ムジカーザ  https://www.musicasa.co.jp/information/index.html
出演:バロックランチの会(フルート 鈴木真紀子、オーボエ 宮田麻沙代、ヴァイオリン 五十嵐彩子 / 生方真里 / 岡田邦子、チェロ 多湖あかね、ヴィオラ 芦川侑美、チェンバロとお話 渡邊温子)
曲目:パッヘルベル カノンとジーグ、グラウン オーボエ・ダモーレ協奏曲、ホセ・プラ トリオ・ソナタ、ルクレール 《音楽の慰め》第1集より ほか
バロックコンサート in ムジカーザ 終了いたしました!_f0018790_21251220.jpg

# by cembalonko | 2020-09-27 00:08 | コンサート報告 | Comments(0)

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!

バロックランチの会 in 鴻巣 かわさとコンサートVol.3は、予想を上回るお客様にお越しいただき、無事に終了することができました。ご来場くださった皆様方に、心より御礼申し上げます。

また、コンサートを主催してくださったボックリ博士、チェンバロ運搬をお手伝いくださった博士の息子さん、そしてconpas代表で録音をしてくださった藤井宏直さん、大変お世話になり、ありがとうございました。

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_23365530.jpg

今回このコロナ禍を受け、管楽器のメンバー出演の見合わせの要請がありました。それでもコンサートをするべきかどうか、決断は易しくはありませんでした。最終的には、出演できなくなった2人が背中を押してくれました。

当日受付と物販に立ってくれた、フルートの鈴木真紀子さんと、オーボエの宮田麻沙代さん(&息子ちゃん)にも、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。同じ時間を共有してくれたことで、次回は絶対この会場で一緒に演奏したい!と思いを新たにしました。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


コロナウィルス感染拡大による自粛解除の後、初めてのコンサートは、私を含めメンバーそれぞれが、いろんな思いを持って臨んだコンサートでした。2か月半も演奏活動から離れるのを余儀なくされ、客席と客席の間が離れていることや、マスクをされているお客様の表情が見えにくいことなど、そんな些細なことを、ここまで演奏する側が敏感に感じとるものだとは、予想しなかったことでした。演奏というのはそれだけ深く、お客様との関係性の中に成り立っているものなのだと、認識させられました。

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_23371521.jpg

このイレギュラーな状況の中、私自身は「成功させなきゃ」という気持ちが強すぎて、悪いところばかり気になり、昨日の演奏会が成功だったのかどうか、終わった時点で全く自信が持てていませんでした。夕べは疲れ果てて早くベッドに入ったものの、いろんな思いが頭をめぐり、夜中に何度も目が覚めてしまいました。

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_23380589.jpg

コンサートから一夜明け、レッスンのお仕事に行って帰って、夜になって昨日の録音を聴いたのです。そこでやっと心が落ち着きました。自粛期間中、リモートアンサンブルをして、励まし合いながら困難の中、気持ちを保ってきたメンバーと、やっと一緒に奏でたのは、こんな音色がしていたんだ・・・じーん、と、熱いものがこみ上げてきました。

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_23383712.jpg

いつも一緒に演奏してくれるバロックランチのみんな、本当にありがとう。私ごときが百戦錬磨のプロ中のプロのみんなを引っぱっていくには、本当に不甲斐なさすぎるけれど、私も一緒に成長していきたいです。

まだ発展途上のアンサンブルですが、私たちが真摯に向かった音楽が、お客様の心にもまっすぐに届いていることを、祈らずにはいられません。

バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_23392720.jpg

===コンサートの記録===


バロックランチの会 コンサート in 鴻巣
日時:2020年6月14日(日)13:30開場 14:00開演
場所:花久の里
出演:バロックランチの会(ヴァイオリン 五十嵐彩子 / 生方真里 / 岡田邦子、ヴィオラ 芦川侑美、チェロ 多湖あかね、チェンバロとお話 渡邊温子)
曲目:パッヘルベル《カノンとジーグ》、ブレード《2つのカンツォーナ》、J.S.バッハ《ヴァイオリンと通奏低音のソナタ》ト長調より、ブクステフーデ《アルマンド ハ長調》、ヘンデル《水上の音楽 第3番》、ロカテッリ《コンチェルト・グロッソ ハ短調Op.1-11》、ルクレール《音楽の慰め》第1集より 序曲、フォルラーヌ、メヌエット、サラバンド、シャコンヌ
アンコール:中村義政《うつくしきかなこのひととき》 ヘンデル《水上の音楽 第3番》よりコントルダンス


バロックランチの会 in 鴻巣 終了いたしました!_f0018790_11492182.jpg



# by cembalonko | 2020-06-15 23:55 | コンサート報告 | Comments(0)