これからの公開講座『音楽で再現するルイ14世の一日』6月25日(月)18:30@六本木

『音楽で再現する ルイ14世の一日』

時代、楽器、作曲家を旅するように味わう1時間15分。
● 日時 2018年6月25日(月)18:30-19:45
● 会場 六本木グランドール・マンション2F 202号室(六本木駅2番出口徒歩2分、東京都港区六本木7丁目18-6)
● 受講料 1600円 (関連コンサートご入場者割引あり)
● お問合せ・お申込み info@viagalleria.or.jp
● こちらのリンクの2ページ目に講座の概要が記載されています。


歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 料理×古楽
(全6回・歴史的再現料理を味わいながら、古い時代の音楽について知るセミナー)

イタリア、スイス、ベルギー、ドイツ、スペイン、フランス…
音楽と旅する本『古楽でめぐるヨーロッパの古都』に登場する街6カ所を巡り、
そこで作曲された音楽を聴きながら、
作曲家も食べたかもしれない!?歴史的再現料理を味わいます。
会場は、都会のオアシス、松本記念音楽迎賓館
お腹も知性も満たされること間違いなし!

お話:渡邊温子(チェンバロ奏者、武蔵野学院大学・大学院講師、『古楽でめぐるヨーロッパの古都』著者)
調理:遠藤雅司(<音食紀行>主宰、『歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる』著者)
会場:松本記念音楽迎賓館(東京都世田谷区2-32-15)各回12:30開宴 
参加費:各回 アルコール有り¥5,000 アルコール無し¥4,000
お申込み・お問合せ cembalonko♪gmail.com (♪をアットマークに替えてください)
f0018790_00254198.jpg

第1回 2018年1月28日(日)12:30開宴
ヴェネツィア(18世紀イタリア、ヴィヴァルディの時代)終了!

第2回 2018年4月21日(土)12:30開宴
ザンクト・ガレン(中世スイス、単声聖歌の時代)終了!

第3回 2018年6月17日(日)12:30開宴
アントウェルペン(17世紀ベルギー、ルーベンスの時代)終了!

第4回 2018年7月28日(土)12:30開宴
リューベック(17世紀ドイツ、ブクステフーデの時代)

第5回 2018年9月2日(日)12:30開宴
セビーリャ(16世紀スペイン、大航海時代)

第6回 2018年10月27日(土)12:30開宴
ヴェルサイユ(18世紀フランス、ルイ14世の時代)



タニタ楽器北浦和東口センター 春の講座
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(その4)
f0018790_22202191.jpg
タニタ楽器 北浦和東口センターの音楽講座は、おかげさまで第20期を迎えました!
書籍『古楽でめぐるヨーロッパの古都』をテキストにした4回目。
作曲家ゆかりの「街」での音楽活動の様子や作曲家の生きざまを、
歴史や時代背景とともに探っていきます。
チェンバロの生演奏とCD音源で、テキストに登場する音楽もたっぷりお楽しみいただきます。
一回ずつ完結の講座ですので、ご都合やご興味に合わせてのご参加もお待ちしております。
(各木曜日・10:30-12:00)

第1回 5/31 第6章 クレモナ(イタリア)終了!
ヴァイオリン製作と北イタリアの宮廷
第2回 6/14 第7章 ツェルプスト(ドイツ)終了!
大都市からの客演奏者たち
第3回 6/28 第8章 マンハイム(ドイツ)
J.C.バッハの成功と失恋
第4回 7/12 第9章 ヴェルサイユ(フランス)
ダンスが好きな国王たち
第5回 7/26 第10章 ヴェネツィア(イタリア)
ヴィヴァルディにライバル登場!

● 会場  タニタ楽器浦和支店北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩4分)
● 受講料 5回シリーズ受講 ¥12,000(2名様同時申込みで1名\10,000
  ※1回毎の受講の場合、\2,500(2名様同時申込みで1名\2,000)
● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910


旅に役立つ教養講座「教会と音楽セミナー」 

次回は7月7日!J.S.バッハが尊敬していた大オルガニスト・
ブクステフーデが活躍したリューベックや、
バッハの息子が活躍したハンブルク・ベルリンなどのお話です。

第4回 北ドイツめぐり・リューベックからベルリンまで 詳細はこちら!
2018年7月7日(日)10:30-12:30 会場:Space415(東京都中野区新井2-48-12)
※開始・終了時間が30分遅くなりました

人口のほとんどが仏教徒の我々日本人にはあまり馴染みがない教会の存在も、
歴史や背景、特徴、教会をとりまく音楽などが理解できれば、ヨーロッパの街めぐりがもっと楽しくなります。
はじめは総論として教会とクラシック音楽の変遷について、その後はそれぞれの街にフォーカスした内容で。
「教会をとりまく音楽と街と人とのつながり」を、バロック音楽の専門家がわかりやすくひも解きます!

参加費:各回¥3,500 ペア券:2名様で¥6,500
お申込み・お問合せ アイ・トラベル・スクエア info@i-travel-square.tokyo、Tel 03-6706-4700

第1回 総論1:教会の変遷 終了! セミナーの記録はこちら!
2018年2月24日(土)10:00-12:00 会場:Space415(東京都中野区新井2-48-12)

第2回 総論2:クラシック音楽の変遷と教会 終了! セミナーの記録はこちら!
2018年3月10日(土)10:00-12:00 会場:Space415(東京都中野区新井2-48-12)

第3回 チェコ・ブルノ市をめぐる 終了! セミナーの記録はこちら!
2018年4月8日(日)10:00-12:00 会場:Space415(東京都中野区新井2-48-12)


『チェンバロでイタリア歌曲を歌う会』

会場:東京古典楽器センター スタジオ ほか
☆受講をご希望の方は、メールまたは非公開コメントでお問い合わせください☆

チェンバロは、ピアノと比べて、和音の持つ性格がきわだって聴こえます。
その理由は、倍音の豊かさにあります。
チェンバロの伴奏で「歌う」ことによって、
バロック時代の様式感をつかむだけでなく、より豊かな「ハーモニー感覚」が養えます。
また、通奏低音(伴奏)を知ることで、より歌詞と音楽の結びつきが深く理解できます。
古典歌曲の本来の姿を知るチャンス!プロの方もアマチュアの方も大歓迎!

★ひとこと・・・鍵盤楽器の方で、バロック時代当時の伴奏の様式について
        知りたい方にもオススメ!ぜひぜひ、お気軽にお問合せください!
f0018790_22062010.jpg
ケーテンにあるバッハ像



[PR]

by cembalonko | 2014-09-13 23:53 | これからの公開講座 | Comments(6)

Commented by いがちゃん at 2016-08-04 21:44 x
どうもすいません。パソコンが苦手で、いろいろと失敗してます。10/13に会社を休んで、講座に行こうかなあと思ってたら、スクールの「パイプオルガンを弾く会」が川口リリアホールであって、行けません。ついてないなあ〜〜。( ; ; )
また講座をやっていただける時に参加します。リリアホールではブクステフーデのシャコンヌBuxWV159を弾く予定です。
Commented by cembalonko at 2016-08-05 23:09
> いがちゃんさま

同じ日に発表会なのですか!?それは残念・・・本当にすごい偶然ですね。リリアと浦和、目と鼻の先なのに・・・頑張ってくださいね。
Commented by いがちゃん at 2016-08-06 09:39 x
どうもすいません。当日は午後半休でリリアに行きます。お友達も出ますので、いろいろな方々の演奏を聴きたいと思ってます。また、別の機会にぜひ参加させてください。
Commented by cembalonko at 2016-08-06 13:09
> いがちゃんさま
はーい!またぜひ、お待ちしております♪
Commented at 2017-02-09 05:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cembalonko at 2017-02-21 22:39
非公開コメント様、お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
詳細情報をお知らせいたしますので、恐れ入りますが、
cembalonko2002♪excite.co.jp(♪をアットマークに替えてください)までメールをいただければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。