クレオパトラのスープとヴァイオリンソナタの昼下がり

今月20日にワシントンDCで演奏する予定のヴァイオリンソナタを、
バロックランチの会のヴァイオリンチームのみなさんと一緒に練習させていただきました。
(バッハのト長調BWV1021、ホ短調BWV1023、ヘンデルのニ長調HWV371)
f0018790_23245574.jpg
パンが中心の写真に・・・(笑) 撮影:岡田邦子さん

いつもは8人の編成で、ベースも内声も充実しているバロックランチの会ですが、
それと比べると、チェンバロとヴァイオリンの一騎打ち的な緊張感は、
とても集中力が要りました。
ガチでソロソナタを勉強するのは久しぶりで、本当に充実した良い時間。楽しかったです~♪

この3曲、名曲中の名曲。
それだけに通奏低音パートの比重が半端なく、
特にバッハのホ短調は、私は通奏低音の中では最も難しい曲の一つと思っていまして、
今日はさすがに終わった後、電池切れました・・・(笑)

さて、クレオパトラのスープとは?
ニンニク・玉ねぎ・モロヘイヤの入った古代エジプトのスープ。
出版記念パーティーで演奏させていただいた、
遠藤雅司さん著『英雄たちの食卓』のレシピで作ってみました。
ニンニクパワーで体が温まって、美貌と元気に効くかも!?
f0018790_23233530.jpg
こちらのレシピで作りました♪ 撮影:岡田邦子さん






[PR]

by cembalonko | 2018-05-01 23:26 | 音楽 | Comments(0)