『チェンバロの歴史』朝日カルチャーセンター新宿 終了いたしました。

朝日カルチャーセンター新宿での「チェンバロの歴史」講座、
無事に終了いたしました。
ご参加くださいました皆様方に、心より御礼申し上げます。

ご参加者の方のお一人から
「チェンバロのCDを聴くのが好きなので、
具体的な演奏方法について、もっと知りたくなった」
とのリクエストをいただきました。
そんなところにフォーカスした講座、実現すれば嬉しいです。

===公開講座の記録===

『チェンバロの歴史』 朝日カルチャーセンター新宿校

チェンバロとはピアノが生まれる遥か前、15世紀前半頃までにその形が整えられ、
主にバロック時代(1600年頃~1750年頃)に活躍した鍵盤楽器です。
この講座ではチェンバロという楽器について、画像資料とCD音源などを使いながら、
隅から隅までじっくり解説します。
チェンバロの成り立ち、楽器の構造、国や地域によるスタイルの違い、
またそれが音楽にどのように反映されたか、どんな場所・場面で演奏されたか、
演奏された曲種、そして実際の演奏方法の特徴などについて紐解いていきましょう。

● 日時 2018年6月6日(水)10:30-12:00
● 会場 朝日カルチャーセンター新宿校(新宿住友ビル内)
 


[PR]

by cembalonko | 2018-06-06 23:42 | 公開講座報告 | Comments(0)