カテゴリ:日々のいろいろ( 1160 )

『英雄たちの食卓』出版記念パーティ 演奏曲のすったもんだ

バロックランチの会にご依頼がきました。
「エリザベス一世かフェリペ二世かマリア・テレジアにまつわる曲を演奏してください!」
・・・ということで私たちは、マリア・テレジアが妹の結婚式のために
ハッセに作曲させたオペラ《イペルメストラ》を演奏することにしたんですね。
ちなみに音源はなく、現代における再演はチェコで2014年に行われているらしいです。
f0018790_01030123.jpg
IMSLPにあった当時の筆写譜(パート譜)を使っているのですが、
その楽譜がががが・・・
そのまま弾くと、あちこちで不協和音が。
一応前もって全パートをチェックし、修正箇所をメンバーの皆さんに
直してきていただいたにもかかわらず、合わせてみたら出るわ出るわ。
ウィーンの宮廷楽師たち、まさかこの筆写譜のまんまで弾いちゃったんじゃないよね!?
ハッセが聴いたら怒るよね!?・・・なんて心の中でツッコミいれながら、
みんなで協力して軌道修正。何とか形になりました。
f0018790_01034987.jpg
今日はバロックランチの会のお稽古日。
いつもの通り、爆笑のおしゃべりと美味しいパンとお菓子で
とっても幸せなひとときだったんですが、
3年分くらい頭使った気がしている私です。ふぅぅ・・・
f0018790_01041689.jpg
ところで、マリア・テレジアの妹さんの結婚式の新聞記事を発見しました。
それには式典の時にどこに誰がいたか(給仕や楽師の位置までも!)を図解してあったり、
宴会場の様子が、調度品やカーテンに至るまでこと細かに描写してあるのです。
新聞、っていうか週刊誌的なノリ?
ウィーンの18世紀の新聞もネットで読める時代なんですね~!
f0018790_01044490.jpg
1744年2月1日付のウィーンの新聞

この、歴史の一幕を彩る珍しい音楽と、
当時の豪華な再現料理をいただけるパーティーが4月5日にあります。
私たちが苦労して復元した《イペルメストラ》序曲、
ぜひ聞きにいらしてくださいませ♪





[PR]

by cembalonko | 2018-04-03 01:12 | 日々のいろいろ | Comments(0)

「暮らしつづれおり」 ラジオ出演のお知らせ!

2月12日(月・祝)11:10より30分ほど、
函館のコミュニティラジオ局・FMいるかの番組「暮らしつづれおり」に出演させていただきます。
著書の紹介や、チェンバロについてのお話などをさせていただく予定。
全国どこでもお聴きいただけます!聴き方はこちらをご参照ください。


ちなみに、ドイツ留学時代からの大親友のオルガニスト、
石崎理ちゃんが、毎週2本の音楽番組の制作をしているんです。
番組ブログを見ると、とても面白そう♪
もう20年近く。それを毎週、というのは、
情報収集や、番組の構成などに
どれだけ日々の努力を重ねていることでしょう・・・💦 頭が下がります。

今回の函館行きは、もちろん彼女(と飼ってる猫)に会うことが一番の楽しみ。
お遊びメイン、お仕事ちょっぴり、な旅です。

石崎 理(いしざき みち)さんがパーソナリティーを務める
「アポロンの竪琴」「あなたへの招待席」のブログはこちら!



[PR]

by cembalonko | 2018-02-08 12:54 | 日々のいろいろ | Comments(0)

2018年初めてのブログ更新です!

2018年が明けて、はや半月。
成人の日も、鏡開きも終わり、もう時間が経つのが速い速い~
リニアモーターカーもビックリのスピードですわー
ブログを更新する時間、今後もなかなか取れないかもしれませんが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

夕べ、同居人のいじめっ子が、私がブログを始める前の日記を読んで、
「あんなこと、あったんだー」
と、懐かしんでいました。
若気の至りっていうか、ヒマだったというか、
こまごまと、よく書いているものだーと、自分でも関心・・・
特にアメリカにいた3年間は、貴重な経験を忘れたくない思いもあったしね。

日記のほか、Yahoo!カテゴリーに登録された『ビケ♪とダンナのアメリカ珍道中♪』は、
今おもえば、『古楽をめぐる…』を執筆するための訓練になっていたのかもしれない・・・
(いや、単にヒマだっただけ。断言!)

現在は、曲がりなりにも学校で教える立場になっちゃったりして、
「学生に見られて困ることは、書くわけにはいかないよねぇ」と、
妙によそ行きの気持ちで、ブログやSNSに向かい合っている自分がいます。

そこで、こんな風にしてみよーかなー・・・と、思いつきました。
このブログは、敢えて必要なとき以外は、
FacebookとTwitterに連動しないようにしよう。
そして、知らない人が読んでも何の役にも立たない、
些細な毎日の心の機微も、ときには綴っていこうかと。

そもそもそんな時間あるのん?っていう疑問もありますが、
ゆる~い感じで、お付き合いいただければ幸いですm(__)m
f0018790_23091363.jpg
写真はニューイヤーのリトルインディア@シンガポール
大みそかから一夜にして、道路上に飾り付けが出現!!!







[PR]

by cembalonko | 2018-01-14 23:14 | 日々のいろいろ | Comments(0)

今年一年、ありがとうございました。

ブログの更新をしていなくて申し訳ありません💦

12月2日、風流楽(ふる〜ら)のコンサート、
満席まであと一席という盛会にて終了いたしました。
f0018790_10294576.jpg

12月10日、中央大学混声合唱団とのヘンデル《メサイア》
終了いたしました。終演後の写真です。
f0018790_10305569.jpg

12月15日、千葉県立高校音楽科教諭の方々対象の
レクチャー&公開レッスン&ミニコンサート、
熱心な受講者の皆様の熱気に包まれて終了しました。
写真は公開レッスンの様子です。
(チェンバロは、伊藤福一さん製作のフレンチタイプ) 
f0018790_10301997.jpg

昨日は、バロックランチの会。
キャロットスープを作りました。
昭和時代のレシピによると、
にんじんを煮たあとに裏ごしせよ、との指令が…
でも今回はフードプロセッサーを導入!
文明の利器って素晴らしい〜☆
f0018790_10462514.jpg

今年の12月は、1ヶ月が3ヶ月くらいに感じるほど、
充実しすぎていました(というか、全く余裕がなかった…)
でも、なんとか無事に走り抜けることができまして、
これからちょこっとシンガポールに逃避行して参ります〜✈💨

今年も一年、沢山の方の支えがあって、
無事に過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。
また来年も、どうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]

by cembalonko | 2017-12-28 10:26 | 日々のいろいろ | Comments(0)

11月22日(水)ラジオ番組に出演いたします!

【ラジオ出演情報】
11月22日(水)20:00~20:55、music book cafeという番組に出演、
著書『古楽でめぐるヨーロッパの古都』の紹介をいたします。

ラジオでお聞きいただく場合、首都県内では
東京都
調布市 ちょうふFM 83.8MHz
立川市 FMたちかわ 84.4MHz

神奈川県
横須賀市 FMブルー湘南 78.5MHz
横浜市戸塚区 エフエム戸塚 83.7MHz
大磯市 湘南マジックウェイブ 85.6MHz

千葉県
成田市 Radio NARITA 83.7MHz
八千代市 ふくろうFM 85.8MHz

で直接お聞きいただく事が出来ます。

また、お手持ちのスマートフォンやPCでも、こちらを開いていただき、
再生ボタンを押して頂ければお聞きになる事が出来ます!
(一部android端末では再生できない場合があるそうです)

あまりないチャンスだと思いますので、お時間が合う方はぜひ、
お聴きいただければ幸いです。よろしくお願いいたします!
f0018790_21591981.jpg
実は収録が前倒しになって、前日に「明日来てください」と・・・
なので、ちゃんと喋れているか、心配。いらんことを口走っていないかも、不安。
本の魅力が伝わってるかも、疑問。もんもん・・・|д゚)




[PR]

by cembalonko | 2017-11-19 22:09 | 日々のいろいろ | Comments(0)

新しい年に寄せて・・・

みなさま、ゆっくりとお正月をお過ごしでしたでしょうか
昨年、夫の母方の祖母が102歳の天寿を全うして旅立ちましたため、
新年のご挨拶を控えさせていただきました
皆様にとって素晴らしい一年でありますように、お祈りしております。

今年はどんな一年に?そんな目標を発表し、
バリバリ実現していくパワフルな皆様の中にいると、
私も何か目標を立てなければいけないような気になりますが、
まずは、周りをしっかり見て、自分の周りにいる人々を大切に、
お仕事で関わってくださる方々を大切に、音楽に愛情をもって、
こんなところでゆる~くいきたいと思います。
あと、一カ所でも多く「初めて」の場所でチェンバロを弾くことや、
音楽のお話をすることも、目標の一つに挙げておきます。

元旦の夜に自宅に戻って以来、
7日神戸、8日高槻のコンサートの準備、ラストスパートです。
神戸はすでに満席ですが、高槻の方はまだお申込みできますので、
ご都合のつく方はぜひお越しくださいませ。
詳細はこちら!

[PR]

by cembalonko | 2017-01-05 23:20 | 日々のいろいろ | Comments(0)

今年一年、ありがとうございました。

2016年最後の日、
本当ならこの一年を振り返って
新年への決意を新たにしたいところですが、
11月に8回のレストランライブ、
12月に中央大学混声合唱団のロ短調ミサの公演、
その間にちょっと気持ちをとられる出来事があり…
一ヶ月ぶりのブログを、
電車の中で更新していること自体が、
この一年を象徴しているのかもしれません。

今年一番の出来事は、何と言っても、
研究者でもライターでもない私の
初めての本が、出版されたことでした。
その本、専門家の方ばかりでなく、
たくさんの音楽愛好家の方からも
これ以上ないほどの好評価をいただきました。

お陰さまで、新たな活動範囲も広がりました。

出版されてからの数ヶ月を振り返ったとき、
応援してくれる人が、こんなにもたくさんいるんだ…
ということに、胸が熱くなります。
言葉にならないほどの感謝です…
本当に、本当に、ありがとうございます。

来年も気をゆるめず、
でもあまりアップアップしすぎないように
いけたら良いな、思います。

来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

f0018790_21591271.jpg



[PR]

by cembalonko | 2016-12-31 21:18 | 日々のいろいろ | Comments(0)

あっという間に12月! なので・・・

f0018790_22273551.jpg飛ぶように過ぎていった11月を
飛ぶように振り返ります。

11月21日
恒例、バロックランチの会。
メニューはミネストローネスープ。
メンバーのダブルお誕生日のプチお祝いなど・・・
ルネサンスの名曲、ジョスカン・デ・プレの「千々の悲しみ」や、
バッハと同時代のファッシュの管弦楽組曲の一部などを練習。
ルネサンス、よいですわ~(バロック飽きてきた?)

11月20日
母校、国立音楽大学附属高等学校の同窓会へ。
同級生の猛プッシュのお陰で、書籍、売れる!
懐かしい同級生と再開し、近況を聞いたり、
みんな頑張っている様子に、大いに刺激を受けました。

11月19日(日付、なぜ遡る・・・?)
永田斉子さんのリュートと朗読の公演
『ろばの王子』と
「武蔵野合唱団」のコンサートを、
ダブルヘッダーで聴きに。
『ろばの王子』は最後まで聞けずに残念!
リュートの音って、その音があるだけで、
懐かしいような、とても綺麗な世界に引き込まれ、
心が洗われました。
武蔵野合唱団は、《ペルシャザールの饗宴》は、
ド迫力の演奏!
合唱指揮をしているソプラノ歌手・秋吉邦子ちゃんから
「ドラマチック・バロック!」のリハーサルのたびに
苦労話を聞いていたので、
迫真の演奏に胸が熱くなりました。

f0018790_22304793.jpg11月24日 関東地方、大雪!!!
この日は、実家の両親と
妹と私、4人が久しぶりにそろって
鎌倉に紅葉狩りツアーを
申し込んでいたんです。
そうしたら、期せずして
雪見&紅葉ツアーとなり・・・
寒かったけれど、
良い思い出になりました。
鎌倉山ローストビーフ美味しかった♪

11月27日 


・・・そんなこんなで、突っ走った11月でした。

今は、12月18日(日)八王子いちょうホールでの
ロ短調ミサにむけて、さらに突っ走り中!
年明けにもイベントが目白押しです。
みなさま、応援よろしくお願いします!


[PR]

by cembalonko | 2016-12-06 22:47 | 日々のいろいろ | Comments(0)

身の丈以上のこと

7月に本が出て以来、おかげさまで好評です。
本を読んでくださった本人から直接伺う感想も、
ブログやAmazonに書いてくださった感想も、
書いた本人にとっては、かけがえのない、嬉しいことです。
些細なことでも、反応していただけた時が、
何より「報われた」と思える時です。

メジャーなクラシック音楽誌に書評を載せていただけたことは、
思いもよらぬプレゼントでした。
教育関係や旅行関係の雑誌にも取り上げていただいたことも。

『音楽の友』に書評が載った時、実は身構えました。
ちょっと待てよ・・・
これはあきらかに、身の丈以上のことが起こっている。

こういう時は、要注意なのです。
自分は変わっていないのに、でもひょっとして
周りの目が変わるかもしれない。
これは怖いことだ。私はどうしたらいい?
身の丈以上のふりして通す?

これまでも、いつもちょっとだけ、背伸びをするように生きてきました。
それでやっとプラスマイナスゼロになると思っていました。
初めて世に問うた本が、認めていただけたのは、
もしかしたらそうしたものが、積み重なった結果がなのかもしれないけれど、
やっぱり私は、あくせくしているし、
今自分が求められていることを、せいいっぱいやっていくことで
いっぱいいっぱいです。
認めていただいたことは、素直にうれしい。
でも、そういうときこそ、足元を見つめて、
今、誰かのためになることを、せいいっぱいやる、
そういうことに、邁進していきたいと思います。

なんだか決意表明みたいになっちゃったな・・・(笑)

====

最近の出来事・・・
9月終わりに、水戸にアンサンブルの指導に行きました!初水戸!
コーチングといって、通奏低音の立場からアンサンブルの指導。
アメリカにいた頃はよくやっていた形態です。
弦楽器や管楽器の技術的なことはあまり申し上げられないのですが、
バロック音楽の基礎・通奏低音から音楽の作り方を一緒に考えていくことは、
メロディー楽器の方々にとっては楽しいらしいです(^^)
f0018790_23394224.jpg
f0018790_23384863.jpg
写真は水戸奏楽堂のロビーとオルゴール。ホール内には久保田彰氏製作のチェンバロが置いてあります。

バロックランチの会!
10月14日に、月に一度のバロックランチの会を開催!
お腹に優し目の野菜たっぷりスープを煮込み、
マンハイム宮廷楽団のコンサートマスター、トエスキの作品を練習しました。
楽譜の筆写をした人が、ところによりいい加減…
パートによって小節数が違ったり、強弱記号の位置が違ったり…
でも、みんなであーでもないこーでもない言いながら
音楽を形にしていくのは楽しいです。美味しいパンと、
各地の銘菓と、手作りのブローチを頂き、幸せなひとときでした!
(写真はバロックランチオフィシャルフォトグラファーあかねさん&邦ちゃん)
f0018790_23445208.jpg
f0018790_23451116.jpg



[PR]

by cembalonko | 2016-10-20 00:01 | 日々のいろいろ | Comments(0)

古楽かふぇ 終了!

7月29日から31日まで、「古楽かふぇ」という、
古楽の好きな方々の集いにて、
書籍の出展をさせていただきました。
f0018790_13262069.jpg
3日間、熱心な古楽ファンの皆様、古楽に関するお仕事の方々、
演奏家・研究者の皆様に囲まれ、
会場にいた時間は短かったのですが、中身の濃い3日間でした。
売り子をやっていたおかげで、
2つの素晴らしい講座も聴くことができました。

たくさんの方に書籍をご紹介できたこと、
そして、実際に買ってくださった方も多くいらっしゃいました。
本当にうれしい限りです。
f0018790_13272159.jpg
売り子中・・・の図

このような、アマチュアもプロも何か「良いもの」を得られる
充実したイベントは、
これからの古楽界を、ますます元気にするものだと思います。
いろんな人々との交流、いろんな分野との交流によって、
新しいものが生まれる・・・
古楽かふぇを企画された主催者のじわさんに、
心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
f0018790_13283415.jpg
戦利品・・・またの名を散財ともいう💦


[PR]

by cembalonko | 2016-08-02 13:30 | 日々のいろいろ | Comments(0)