カテゴリ:音楽( 195 )

グレン・ウィルソン公開講座 2日間終了いたしました。

台風の影響が心配されましたが、
グレン・ウィルソン公開講座、無事に終了いたしました。
受講生および聴講生の皆様方、スタッフ、関係者の皆様方、
ありがとうございました。

至らないことが多かったと思いますが、
たくさんの方に助けて頂いたお陰で、
素晴らしい公開講座になったと思います。

今後の参考に、ご意見・ご感想を伺えれば嬉しいです。
[PR]

by cembalonko | 2012-09-30 20:47 | 音楽 | Comments(0)

明日の夜はぜひ、近江楽堂へ!

夕方になって、大分風が涼しくなってきましたね!
助かります♪
明日は、初台で19時からコンサートです!
まだ若干数お席がありますので、お時間がおありになる方はぜひ、
いらして下さいませ♪

ドラマチック・バロック! Vol.2
7月20日(金)19:00
東京オペラシティ 近江楽堂(京王新線 初台駅 すぐ上)
ソプラノ:秋吉邦子 チェンバロ:渡邊温子
入場料:¥3,500(全席自由)
A.スカルラッティ「あなたが私の死の栄光」
L.ルッツァスキ:おお春よ
G.F.ヘンデル 「小舟は海と戯れる」(オペラ「ロタリオ」より)、
G.F.ヘンデル 「愛らしく美しい小川」(オペラ「セルセ」より)
C.P.E. バッハ ソナタ イ短調Wq.49-1 ほか
お問合せ:OFFICE TAKEDA 042-385-5773
f0018790_20039100.jpg
お待ちしています!

ついでに、ニャンコ・ファンの皆様へ!
こちらに、ワシントンのニャンコ画像UPしてます!
[PR]

by cembalonko | 2012-07-19 20:04 | 音楽 | Comments(0)

チェンバロのローズの例

f0018790_9512644.jpg
イタリアンタイプ

f0018790_1041176.jpg
ジャーマンタイプ

メルマガにご登録の皆様、いつもありがとうございます!

これからのコンサートは、こちらをご覧ください!
これからの公開講座は、こちらをご覧ください! 
[PR]

by cembalonko | 2012-02-22 16:55 | 音楽 | Comments(0)

クラシック音楽講座第3回「ハイドン」明日10:30より!

先日、スーパーでスィートチリソースを見つけました。
スィートチリ、と言えば、生春巻き!
生春巻きの皮も一緒に買ってきて、
春雨と細切りキュウリと、いろんな具を巻き巻きして、
スィートチリで頂くのが、最近のマイブーム。(←死語?)

さて、チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座
お題「ハイドン」明日です!

ハイドンの鍵盤曲は、チェンバロのために書かれたものも多いのです。
なかなか聴く機会のない、ハイドンをチェンバロで・・・
どんな印象を持って頂けるでしょうか?楽しみです。お待ちしております!

そして、22日は、月刊バロック通信発行日。
ご登録まだのかたは、ぜひぜひお願いいたします!


===清里の写真 追加=== 
f0018790_922318.jpg
オルガネッタこじまおさむさんと、八ヶ岳を背景に・・・
f0018790_9221468.jpg
楽器製作者・脇田さんと協議中
脇田さんが持っているのがオルガネッタ演奏用のブック
結局一か所修正して頂いて、Goサイン!
f0018790_9222936.jpg
交渉成立! 記念撮影
f0018790_9285599.jpg
ほっとしたところで かんぱーい!
f0018790_9224157.jpg
ボックリ博士が撮った富士山 徹夜のお仕事の合間に同行して下さいました
(この記事の写真はすべてボックリ博士撮影)
[PR]

by cembalonko | 2011-10-19 09:38 | 音楽 | Comments(0)

も、も、もったいないよぉぉ~~~!!!

ドイツ留学時代の恩師、グレン・ウィルソンが、
桐朋学園大学の招聘によって、せっかく初来日していたのに!

今日、午後4時から約3時間、桐朋学園大学で公開講座があり、
グレンは、2組のアンサンブルのレッスンをしました。
(クープランのコンセール第8番と、ボワモルティエのフルート5本のためのコンチェルト)
バロック時代のレトリックに触れ、フレーズの作り方、音楽の構築の仕方などを
とてもpreciselyに仕上げていくレッスン。
学生さんたちには多少厳しく感じられたかも知れませんが、
聴講している方は、彼の指導によって、ぼやけていた音楽の輪郭が次第にはっきりし、
曖昧模糊としていた音楽が初めてその姿を現す様子を、目の当たりにしました。
久しぶりに聴く恩師の言葉の一つ一つに、私は自分の学生時代を思い出し、
そういう風にpreciselyに教え込まれた有難さをかみしめていました。

この講座は、基本的に桐朋内部の学生さん向けだったようで、
桐朋学園大学のサイトには、掲載されませんでした。
私はグレンの来日を少し前から知っていましたが
そういう訳で、生徒さんや興味のありそうな知り合い数人に声をかけるにとどめ、
ブログにもツイッターにも書きませんでした。

でも、本当は、真剣に古楽を勉強しているたくさんの人に聴いて欲しかった。
チェンバロを弾く人にはぜひ、レッスンを受けて欲しかった。
彼の音楽に対するアプローチに、一人でも多くの方が密に触れられるように
もっと力を添えられたら良かったのに・・・と、残念でなりません。
その前に、グレンのモチベーションの問題はあったのですが。

という訳で。なんともやり場のないフラストレーションを、
とりあえずここにぶつけときます。
ほんと、もったいないよぉぉぉ~~~! \(ToT)/
[PR]

by cembalonko | 2011-10-08 01:14 | 音楽 | Comments(3)

ドラマチックバロック!10月5日は近江楽堂へ!

昨日は「チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座」に
たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました!
次回は少し間が空きますが、10月20日(木)10時半より、
お題は「ハイドン」です!お楽しみに!

さて、今日はこれから、10月5日のリハーサルへ行ってきます!
10月5日(水)19時 東京オペラシティ 近江楽堂にて、
ヘンデルのオペラ・オラトリオ、イタリア古典歌曲集などを、
ソプラノの秋吉邦子さんと共にお届けします。
お待ちしております!
[PR]

by cembalonko | 2011-09-30 08:50 | 音楽 | Comments(0)

本邦初公開!オルガネッタの「四季」in清里

清里行き、10月16日(日)に決定しました!
そこで、私がオルガネッタのために編曲したヴィヴァルディの「四季」が
初めて演奏されます!
その日に、たまたま清里にいらっしゃる方はぜひ、
萌木の村博物館 ホール・オブ・ホールズ」内
手回しオルガン工房」を覗いてみてください。
多分、お昼前後になると思います。

★お知らせ★ 今週木曜日より、浦和のクラシック音楽講座が始まります。
初回は、モーツァルト。
モーツァルトの晩年って、本当に極貧だったの?を検証しつつ、
後期の名曲に迫ります。
皆様のお越しをお待ちしております!

10月5日(水)19時 東京オペラシティ近江楽堂
「ドラマティック・バロック!」のリハーサルも進行中!
詳しくは「これからのコンサート」をご覧ください。

f0018790_23141547.jpg
写真は、クルーズ初日の夕焼け。島影の上に鮮やかな色彩が、刻一刻と変化していきました。
今回のアラスカ旅行中で晴れたのは、たった2日だけだったので、貴重な夕焼け写真。

[PR]

by cembalonko | 2011-09-12 23:25 | 音楽 | Comments(2)

ワシントン古楽祭から正式にご招待がきました!

来年(2012年)6月に、ワシントンDCで行われる古楽祭への
出演が決まりました!
今度はもしかしたら、マスタークラスをすることになるかも!えぇ?
英語力は大丈夫なのか!?自分・・・

演奏者の足元に甲虫が遊びに来たり、
ペットボトルのお水が会場で売っていたり、
いろいろと面白い音楽祭。(全然紹介になっていない 汗;)
主要会場のSt.Marks Episcopal Churchには、
ティファニー製のステンドグラスがあり、
石造りの重厚な感じの教会。雰囲気がステキなのですよねー☆
今から楽しみです~ サイト→Washington Early Music Festival

去年のコンサートの様子はこちら!
[PR]

by cembalonko | 2011-07-26 00:48 | 音楽 | Comments(2)

本日、メールマガジン創刊します!

このたび、メールマガジンを創刊することになりました。
もちろん無料です~

これまで、コンサートの度に作品について調べたことや、
バロック音楽講座の「脱線話」の中から
ためになる話・ためにならないけど(?)ちょっとおもしろい話を、
毎月一話ずつお届けいたします。
もしよろしければ、こちらからご登録下さいませ。
「月刊バロック通信」 カテゴリー:エンターテイメント→音楽→クラシック
第一回目の配信は本日17時を予定しています。

配信予定のトピック
第一回(今日)「バッハには何人の子供がいたの?」
第二回 7月「ヴィヴァルディの時代にもあった、赤ちゃんポスト」
第三回 8月「24時間戦っていた?時代の狭間の作曲家たち」
・・・以下、月刊で配信いたします。

よろしくお願いします!m(__)m
[PR]

by cembalonko | 2011-06-22 10:19 | 音楽 | Comments(3)

日本初演・作曲家リストーTADウィンドシンフォニー

今日、友人が出演するウィンドシンフォニーオーケストラの
コンサートに行こうと思うのですが、
プログラムの中に、知ってる作曲家がいなーい!!! こりゃまずい(汗;
ということで、リスト作ってみました。

TADウインドシンフォニー第18回定期演奏会
2011年6月17日(金)19時、目黒パーシモンホール

日本初演 「オーストリアの大地」マーティン・エレビー(イギリス、b.1957)
日本初演 「ロキの復讐」ネイソン・タノウエ(アメリカ、b.1972)
「華麗なる舞曲」クロード・スミス(アメリカ、1932-1987)
日本初演 「勝利のファンファーレ」ジャスティン・レインズ(アメリカ)
「ワーグナーのポラッツィの主題による変奏曲」アルフレッド・リード(アメリカ、1921-2005)
日本初演 「交響曲第2番・サバンナシンフォニー」フィリップ・スパーク(イギリス、b.1951)
[PR]

by cembalonko | 2011-06-17 09:37 | 音楽 | Comments(2)