中大混声合唱団 @ 今年は観客♪

土曜日、遅刻しないで行ったはずの古武術の稽古に、
更衣室で探し物をしているうちに、「礼」に間に合わなかった。
その後、どうしても会いたかった人に会いに行ったのに、
その方の体調不良で会えなかった。
おまけに、帰ってきたら、私も身体がだるくなって、
何も出来ない状態に・・・気候のせいかも。

日曜日(昨日)は、毎年、通奏低音を弾かせていただいている
中央大学混声合唱団の定期演奏会。
今年は、なんと10年目にして初めての「降り番」!
前日からの不調を引きずりつつ、どうしても行かねば!と、
客席で、演奏を楽しませていただきました。

パレストリーナ「聖マルチェルスのミサ」は、
練習を聴きに行ったときよりも、さらに強く
「祈り」としての言葉が伝わってきました。
みんなが、その瞬間瞬間に歌っている歌詞の意味を、
完全に自分のものとしているのが感じられました。

彼ら彼女らが、それらの「言葉」をダイレクトに
私たちの心に響かせてくれているのを
しっかりと受け止めながら、
ほとんどナミダ目のまま、前半を聞き終えました。
こんな世界にいられるのなら、ずーーっと聴いていたかった・・・
そう思わせる演奏でした。
人の声に包まれることで、人は本当に癒される。
でも、「美しく歌おう」とか「何かを表現してやろう」という
作為のある声では、それは半減してしまうのでしょう。

後半は、ベートーヴェン「第9」。
オーケストラの、透明感のある音には、びっくりしました。
あそこまで、声部がすべて聴こえてくる演奏は、初めて。
各声部に濁りがないゆえに、細部まで聴こえてくるのですね。
ちょっと情報量過多に感じるところもありましたが、
「あ、このパートは、こんなことしてたんだ!」と新たな発見があったりも。
第4楽章の、「歓喜の歌」のテーマを弦楽器のみで演奏するところは、
私がこれまで聴いた第9の中で一番、天国に近い感じがしました。

合唱団もオーケストラも、お疲れ様でした!
私も来年に向けて、頑張ろうっと。(来年は出番があるはず?)

by cembalonko | 2007-11-26 09:49 | 音楽 | Comments(0)

怖かったこと

昨日、奥多摩へいく途中、
乗り換え時間がギリギリだった
「ホリデー快速奥多摩行き」に乗るために、
新宿の埼京線ホームを走っていた。

階段を目指して走っていたのに、
一瞬にして、目の前に
止まっている電車の車両が迫ってきた。
腕から車両に激突。

ダンナがすぐに助け起こしてくれたが、
男の人が、私の後ろからぶつかり、
その拍子に、
私の体が、斜めにすっ飛ばされたらしい。
幸い、手にかすり傷、腕にあざで済んだが、
もう、人ごみが怖くて・・・
トラウマになりそうだ。

ホームはなるべく走らない。
周りの人にも注意しよう。

by cembalonko | 2007-11-24 17:36 | 日々のいろいろ | Comments(5)

今週のリハーサル その2

今日は、高校生のリコーダーとの合わせでした。
勢い余るヘンデル(偽作)。余りすぎかも・・・
10代のパワーに圧倒された先生がここに・・・
頑張りましょ~・・・

今週は、3回も、隅から隅まで、きちんと調律してあげたせいか、
今日442Hzに上げられた「お椀ちゃん」は、結構機嫌よく、
狂わずにいてくれました。

明日は、奥多摩へ行ってきます~(また青梅線の旅なのですが^^;)

by cembalonko | 2007-11-22 23:32 | 日々のいろいろ | Comments(0)

今週のリハーサル その1

昨日のバングラデシュの子供の支援団体について、
またまた、猫新聞を作ってしまった!
そんなヒマあったら、勉強しなければならないことは
常に抱えているのにねぇ・・・
(注・この一週間で私に会う予定の人は、強制的に猫新聞を渡される危険性があります)

さて、今日はヴァイオリンとの合わせ。
コレッリのソナタ、前回の続きですが、
作曲者自らが書いた装飾稿を、
ヴァイオリニストと一緒に、かなり詰めて勉強しました。
いつまでたっても、まだまだ、新たな発見があります。
果てがないから、面白いのかも。

======

明日は、リコーダーとの合わせ。
コンテスト参加者の伴奏です。
名門高校の生徒で、学校の音楽の先生に勧められて、
コンテストに出ることになったそうです。

「学校の威信を背負う」とかそういうのは、苦手ですから、私。
人の心を打つために誠実に音楽と向かい合う事と、
全く関係のないプレッシャーなど、
あっても毒になるばかり。

by cembalonko | 2007-11-21 23:18 | 音楽 | Comments(0)

バングラデシュの子供たちへ

2000年のある日、ひょんな縁から、
あるチャリティーコンサートをお引き受けすることになりました。
それは、アジアでもっとも貧しい国、
バングラディシュの聴覚障害者のためのコンサートでした。
私自身、その時までは、気にとめることもなかった国のこと。
しかし今回、サイクロン被害の、
あまりの凄まじさに、再び、支援団体のことを思い出しました。
f0018790_10503795.gif

バングラディシュの子供たちと共に歩む会(通称:ミーナの会)
 
アジアで最も貧困に悩むバングラディシュでは、
生活習慣や医療の不備などにより聴覚障害者がとても多いそうです。
しかも、識字率が低く、会話がおもなコミニュケーションの手段なので、
耳が聞こえないということは、
社会参加への道を絶たれる、ということになります。
ところが、健常者さえ生活が大変な国のこと、
障害者教育が後回しになっているのが現状です。
 
そんな子供たちのために、私達が出来ること。

1.書き損じのハガキを寄付する
2.ミーナの会の会員になる(年会費、たったの3600円)
3.募金をする  etc…
 
書き損じハガキの送付先
ミーナの会事務局 Tel. 042-541-0753
〒196-0022 東京都昭島市中神町1232(昭島幼稚園内)

年会費・募金の振込先
郵便振込 口座名「バングラデシュの子供達と共に歩む会」
口座番号 00160-5-721008

大変な状況に置かれた子供たちに、
私達の幸せをほんの少し、分けてあげませんか?

by cembalonko | 2007-11-20 10:48 | 日々のいろいろ | Comments(0)

たくさんの、知りたいこと

更新しました! 山梨旅行記 その1 その2

======

いろいろ知りたいことが増えてきています。
音楽に関することばかりではなく、
私と音楽の関わりに結果的には繋がるけれど、
もっともっと、本質的なこと。
そのために、いろいろな人に会いたいし、いろいろな話を聞きたい。
今なら、そのパワーがあるのですが。

======

今日は、2週間前、関孝弘さんのピアノリサイタルで
初めてお知り合いになった歌い手の方が、
うちの「お椀ちゃん」に、会いに来て下さいました。
「お椀ちゃん」に熱い視線を注いで下さったり、
「お椀ちゃん」やその仲間の生い立ちについて、質問してくださったり、
私が「お椀ちゃん」と遊ぶのを聴いてくださったり。
いや、単に私の雑談を聞いて頂いただけのような気がするなぁ・・・^^;
でも、ここでまたひとつ、何かの「種」が撒かれたのなら、嬉しいのです。

======

今週も、リハーサルが2つあります。
先週よりは、よいセッションになるように、頑張ろう!

======

それから・・・
今日は、自分に正直に生きていなかった瞬間があり、
その結果、人を不愉快な思いにさせた、と思います。反省。ごめんなさい。

by cembalonko | 2007-11-19 21:47 | 日々のいろいろ | Comments(0)

山梨バスツアーその2

f0018790_1948344.jpg

ワイナリーの後は、キムチ製作過程が見られる、漬物屋「昇谷」へ。こちらは、商売熱心さが伝わるキムチの説明がありましたが、試食したら、私たちには甘すぎた味だったので、買いませんでした。ちなみに600g1000円でした。その代わり、赤かぶ漬けをゲット。
その後、「荒川ダム」見学(写真)。山梨県の方々の飲料水になるだけあって、湖水は澄んでいて、きれい。水鳥が波紋を残しながら滑る湖面は、ところにより、深いエメラルドグリーンにも見えました。
さて、この旅最後の散策地は、「昇仙峡」。昨日、「アド町」で取り上げられてた影響か、比較的混んでいました。遊歩道にたどり着くまでに、今話題のパワーストーンのお店が多かったのは、驚き!お土産店街を通り過ぎ、長い階段を下りて、仙が滝へ。そして、うまく写真に収まらないほどの巨石がごろごろしている渓谷づたいに、石門、覚円峰等を見て、片道30分を往復。紅葉は、滝から石門の辺りまでは、終わりに近い感じでしたが、長田円右衛門の碑より先は、まだまだ綺麗でした。
1時間の散策を終えて、パワーストーン屋さんを何件か冷やかし、早い夕食。メニューは、ほうとう鍋、豚肉とお野菜の陶板焼き、小鉢が3種と、煮貝入り御飯!今回は2食とも、予想をはるかに上回るクォリティーで、嬉しい番狂わせでした!
さて、現在19時45分。行楽日和の日曜日、夕方の高速上り線といえば・・・見事に渋滞にはまっております・・・
という訳で、ケイタイから、旅行速報でした!
親指疲れた・・・(おわり)

※トラックバックの旅行ブログには、写真満載です!ぜひ見てください♪

by cembalonko | 2007-11-18 19:48 | | Comments(0)

山梨バスツアーその1

f0018790_18561979.jpg

クラブツーリズムのバスツアー「2食付!甲州五大紅葉めぐり」に参加してきました。
8時に上野出発。10時には、もう昼食の「アナゴひつまぶし弁当」が配られました。それもそのはず。夕食の「ほうとう鍋」は、4時ごろに頂くんだそうで・・・
最初の見学地は、通仙峡(写真)。この季節だけ、歩行者に限って通行できる、深い渓谷添いの道を、小さなダム湖「みずがき湖」まで、約40分の散策。黄色っぽい木の葉が、いっぱいの日差しを浴びて、美しく輝いていました。ときどき強く風が吹き、散りゆく木の葉が舞うのが、また良い風情でした。
紅葉橋は、車窓からの見学。つづいて、「シャトレーゼ」という洋菓子会社がやっているワイナリー「ベルフォール」を見学。自分の好きなワインを、好きな量、ミニ樽からついで飲むことが出来ました。カップはこんにゃくゼリーの入れ物くらい、小さかったですが。あと、チーズが4種とチーズケーキ、ジュースなどの試食・試飲コーナーもありました。「買わなきゃいけない」プレッシャーが全くなく、お店の外ではぶどう畑や南アルプスが一望でき、バスツアーに付き物のお土産店巡りの中では、意外と純粋に楽しめた場所でした。(その2へつづく)

※トラックバックの旅行ブログには、写真満載です!ぜひ見てください♪

by cembalonko | 2007-11-18 18:56 | 日々のいろいろ | Comments(0)

練習見学

昨日(金曜日)は、恒例の音楽講座に参加し、
そのまま、夜には中央大学混声合唱団の練習を
見学に行くことになっていました。
午前中、ばたばた練習し、ばたばたダンナの夕飯を作り、
お昼過ぎに、Let's go!

講座が終わってから練習見学まで、
時間がたっぷりあることを見越して、
中大混声が今年の定期演奏会で取り組んでいる
パレストリーナの「聖マルチェルスのミサ」についての、
読みかけの英語論文を持って行きました。
多摩センターの京王プラザホテルのラウンジに、
2時間半ほど居座って、
欲しい情報のところまで、何とか読み終えた・・・
(そうでもしなきゃ、読めないです・・・家では誘惑が多すぎる。
すぐコーヒーいれたりとか、畳に寝っ転がったりとか・・・)

f0018790_22435944.jpg
多摩センターはすっかりクリスマス気分・・・デシタ!

さて、中央大学の混声合唱団とは、
かれこれ10年のお付き合いで、
毎年、通奏低音を弾かせていただいていますが、
今年は初めての、降り番。
でも、自分も勉強したくて、練習を見学させていただくように、
指揮者の先生にお願いしておいたんです。
6月にバッハのモテットを共演したときから、
見違えるような成長ぶりを見て、
本番がますます楽しみになりました。

by cembalonko | 2007-11-17 22:57 | 日々のいろいろ | Comments(0)