歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 第2回 ザンクト・ガレン 終了!

歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 第2回 ザンクト・ガレン の回は、
21名様のご参加をいただき、盛会のうちに終了いたしました。
ご来場くださった皆様方に、心より御礼申し上げます。
f0018790_22311187.jpg
ザンクト・ガレンの街並み

お話は、お料理の出来上がるタイミングを見ながら、
流動的に進めてまいりました。
主なトピックは・・・
・ザンクト・ガレンの街の様子と街の歴史
・修道士ノトカー・バルブルスの音楽と初めての記譜法
・修道院での写本製作について
・修道院での生活(聖ベネディクトの戒律、ザンクト・ガレン年代誌の記述から)
・グレゴリオ聖歌についてと、その後の発展について
f0018790_22383085.jpg
緑が美しいお庭に臨むダイニング

そして、お料理は・・・
中世スイス料理5品
1.チキンとりんごのミックスサラダ
2.ソラマメのポタージュ
3.スペルト小麦のパンケーキ
4.豚ロースのマリネ
5.ベリーミックスのコンポート
ドリンク…フレーバーウォーター、赤白スイスワイン
f0018790_22390404.jpg
お料理担当の遠藤雅司さんとばっはさん

f0018790_22584532.jpg
スペルト小麦のパンケーキ(遠藤さん撮影)

f0018790_22591739.jpg
ミックスベリーのコンポート (遠藤さん撮影)
りんごを切ったのは遠藤さん… その仕上がりに不満だったバッハさん…(笑)

終了後は、会場の松本記念音楽迎賓館の2階にある音楽ホールが空いていたので、
館長のご許可をいただき、見学ツアーをしました。
チェンバロとパイプオルガンのデモンストレーションも少しだけ実施。
ご参加のみなさま、ステンドグラスの光と、木の香りに包まれたホールの美しさに
感動されていたご様子でした。
f0018790_22572119.jpg
なにかを嫌がってるわけではない 笑(遠藤さん撮影)

また今回、初めてアンケートを実施いたしました。
いただいたご意見を参考にして、今後より良い催しになるように、
検討し努力していきたいと思います。
次回は、ランチの時間帯に開始ということもありますので、
先にお食事とデザート(計5品)を召し上がっていただき、
その後に講座をさせていただく、という流れでいきたいと思います。


f0018790_22452494.jpg

オマケ 昨日のお話から・・・

「中世の書籍の作り方」
ミヒェルスベルク修道院(バンベルク)の
写本(1150頃―1175)より

1.羊、子牛、山羊の皮を枠の上に張り、
   半月型の削る道具で肉と毛を取りのぞく
2.出来上がった羊皮紙(獣皮紙)を長方形に切る
3.複数の折りたたんだ獣皮紙を重ね合わせる
4.蝋板にテキストの下書きをする
5.ペンを削って作る
6.製本用のかがり台の上でひもで結びつける
7.手斧で木材を割り、表紙を作る
8.金具(留め金)を金床の上で打ち付ける
9.手書きの写本書籍が完成し、
10.講義で使われる


[PR]

by cembalonko | 2018-04-22 23:06 | 公開講座報告 | Comments(0)

『英雄たちの食卓』出版記念パーティ 演奏曲のすったもんだ

バロックランチの会にご依頼がきました。
「エリザベス一世かフェリペ二世かマリア・テレジアにまつわる曲を演奏してください!」
・・・ということで私たちは、マリア・テレジアが妹の結婚式のために
ハッセに作曲させたオペラ《イペルメストラ》を演奏することにしたんですね。
ちなみに音源はなく、現代における再演はチェコで2014年に行われているらしいです。
f0018790_01030123.jpg
IMSLPにあった当時の筆写譜(パート譜)を使っているのですが、
その楽譜がががが・・・
そのまま弾くと、あちこちで不協和音が。
一応前もって全パートをチェックし、修正箇所をメンバーの皆さんに
直してきていただいたにもかかわらず、合わせてみたら出るわ出るわ。
ウィーンの宮廷楽師たち、まさかこの筆写譜のまんまで弾いちゃったんじゃないよね!?
ハッセが聴いたら怒るよね!?・・・なんて心の中でツッコミいれながら、
みんなで協力して軌道修正。何とか形になりました。
f0018790_01034987.jpg
今日はバロックランチの会のお稽古日。
いつもの通り、爆笑のおしゃべりと美味しいパンとお菓子で
とっても幸せなひとときだったんですが、
3年分くらい頭使った気がしている私です。ふぅぅ・・・
f0018790_01041689.jpg
ところで、マリア・テレジアの妹さんの結婚式の新聞記事を発見しました。
それには式典の時にどこに誰がいたか(給仕や楽師の位置までも!)を図解してあったり、
宴会場の様子が、調度品やカーテンに至るまでこと細かに描写してあるのです。
新聞、っていうか週刊誌的なノリ?
ウィーンの18世紀の新聞もネットで読める時代なんですね~!
f0018790_01044490.jpg
1744年2月1日付のウィーンの新聞

この、歴史の一幕を彩る珍しい音楽と、
当時の豪華な再現料理をいただけるパーティーが4月5日にあります。
私たちが苦労して復元した《イペルメストラ》序曲、
ぜひ聞きにいらしてくださいませ♪





[PR]

by cembalonko | 2018-04-03 01:12 | 日々のいろいろ | Comments(0)