歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 第5回 セビーリャ 終了!

歴メシ!とめぐるヨーロッパの古都 第5回 セビーリャ、
お蔭様で盛会のうちに終了いたしました。
いらして下さった皆様方には、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!
f0018790_23420063.jpg
<音食紀行>遠藤さんと ばっはさん 今日も快調!
===メニュー===

1.ほうれん草のクリーム煮
  ひよこ豆やベーコンの入ったやさしいお味

2.アホ・ブランコ
  白いガスパチョらしい
  まかないまで残らず味見できなかった 泣;;
  アホとはにんにくのこと。
f0018790_23425546.jpg
語りまくる遠藤さん
3.鶏のマンハル・ブランコ
  「ブランコ」は白という意味。この通り、真っ白!そして甘い!
  食べたことの無い味。でも美味しい!
  これに綺麗な黄緑色の酸味の利いたソースをかけていただきます
  (ソースにはオリーブオイル、レモンなどが入っている)
f0018790_23424532.jpg
4.白身魚のステーキ
  今回のお魚料理も、初めて出会う味。
  オレンジとライムとレモンのソースの鱈って想像できます???
  新たな感覚が開かれました〜!

5.アロス・コン・レチェ
  ライスプディング。ドイツでいうミルヒライス(お米を牛乳とお砂糖で煮る)
  レモンの皮やシナモンが利いていて、美味しかった!

===レクチャー===
f0018790_23431517.jpg
1.街と地域の歴史

2.イスラムとキリスト教建築の融合
  オルガニスト コレア・デ・アラウホ(c.1584-1654)が活躍した教会は、
  彼が務めていた頃はまだ、モスクの建物がそのまま
  大聖堂として使われていた。
  ♪音楽♪ アラウホ《第2旋法によるティエント・デ・メディオ・レヒストロ・ドス・ティプレス》
      (タイトル長っ)
f0018790_23430755.jpg
3.アンダルシアのマリア信仰と音楽
  アンダルシア地方では、キリストの受難に対して、
  聖母マリアが亡くなり昇天する劇が演じられていたそうです。
  ♪音楽♪ フランチェスコ・ゲレーロ(1528-1599)めでたし、この上なく聖なる乙女よ》ほか
f0018790_23422134.jpg
4.新大陸から伝わった音楽
  サラバンダ
  チャコーナ バッハは無伴奏ヴァイオリンのための《シャコンヌ》を書いているが、
        もともとはチャコーナという舞踏歌。ダンスのリズムが中南米から伝わった。
  ♪音楽♪ サンティアゴ・デ・ムルシア(1673–1739)《浜辺のハカラ》
       タルクィニオ・メルーラ(1607-1616)《チャコーナ》

5.スペインの世俗音楽
  ♪音楽♪ フアン・デル・エンシーナ(1469-1533)《今日は食べて飲もう!》

次回は10月27日(土)最終回ヴェルサイユです。ぜひお越しくださいませ!
     

[PR]

by cembalonko | 2018-09-04 00:31 | 公開講座報告 | Comments(0)